墓石の字体はどうするべき?字体の種類と彫り方・色についても解説!

墓石の言葉や字体は何か決まりや慣習があるのでしょうか。自分の好きな言葉や好みの字体にしたいと思っても、字体の種類や色のことなどが分からないと、どのように決めたらよいか悩ましいですね。この記事では、墓石の字体について、字体の種類と彫り方・色を含めて解説します。

目次

  1. 墓石の字体って何がいいの?
  2. 墓石に入れる言葉や字体は基本自由です
  3. 一般的に使われる墓石の字体
  4. 他とは少し違った字体の選び方
  5. 墓石の字体を決める際の注意点
  6. 一般的な墓石の字の彫り方
  7. 墓石の字の色について
  8. 墓石の字体まとめ

墓石の字体って何がいいの?

お墓

墓石に刻む文字の書体や言葉をどうするか考えたことはありますか。
墓石には家の名や家紋、埋葬されている方の戒名や命日などが彫られていますが、墓石に彫る言葉や字体について何か決まりや慣習があるのでしょうか。

そもそも墓石に使う字体はどんなものがあるのか、また墓石の彫り方や文字に使う色はどんなものがあるのでしょうか。
自分の好きな言葉や好みの字体にしたいと思う方もいらっしゃるでしょうが、一般によく使われている字体や色のことなどが分かっていないと、どのようにしたらよいか悩みますよね。

そこで、今回終活ねっとでは、墓石の字体について、以下の事項を解説します。

  • 墓石に入れる言葉や字体は自由に選べるのか?
  • 一般的に使われる墓石の字体は、どんなものがあるのか?(楷書体・行書体・隷書体)
  • 他とは違った字体の選び方は、どのようにしたらよいか?
  • 墓石の字体を決める際の注意点としては、どんなことがあるのか?
  • 一般的な墓石の字の彫り方は、どんな方法があるのか?
  • 墓石の字の色は、どんな色が使えるのか?

墓石の字体について、字体の種類と彫り方・色を含めて分かりやすく解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

また、終活ねっとではお墓探しのお手伝いもさせていただいております。
全国の墓地・霊園を様々な条件から検索することができるだけでなく、霊園に資料請求することも、見学予約することも可能です。
ぜひご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

墓石に入れる言葉や字体は基本自由です

お墓

墓石に入れる言葉や字体は自由に選べるのでしょうか。
お墓参りなどに行ったときに周りのお墓をご覧になると、お墓の形は同じものが多く、墓石には「○○家之墓」とか「南無阿弥陀佛」などという文字が刻まれていることが多いでしょう。
しかし、墓石に彫刻する言葉や文字の字体などについては、絶対に守らなければならない特別な決まりがあるわけではありません

実際に洋形墓石が多い霊園などでは、墓石の形も少しずつ違っていますし、墓石に刻まれている字体や言葉もいろいろなものを見つけることができます。
つまり、ご自分の好きな言葉や好みの字体で彫ることは、特に問題になることではなく基本的には自由に墓石に彫る言葉や字体を決められるのです。

一般的に使われる墓石の字体

お墓

それでは一般的に使われている墓石の字体は、どのような字体が多いのでしょうか。
墓地・霊園で通常よく見かける書体としては、楷書体、行書体、草書体、隷書体、ゴシック体などがあります。
いずれも日常よく使われる書体で誰もがなじみ深いと思います。

ただ、お墓の文字は代々にわたり末永く残されて行くものですから、何時の時代でも誰が見ても分かりやすい字体がよく使わます。
ここでは、数ある字体のうちでも墓石の文字として特によく使われることが多い楷書体・行書体・隷書体について、それぞれどのような書体なのか説明しておきましょう。

楷書体

楷書体(かいしょたい)は、字画を続けずに切り離して書く四角形に近い輪郭の書体です。
誰が見ても分かるように、点や画(かく)をはっきりと書きわけますので、読みやすい癖のない字体になります。
日常生活においても挨拶状や年賀状などでも用いられる書体で、墓石の正面に刻む文字としては最もよく使われています。

行書体

行書体(ぎょうしょたい)は、楷書の字画を少し崩して続けて書く書体で、字画の一部を省略したり、場合によっては字形も多少変えることがあります。
行書体は字に流れがある優雅な字体ですが、本来の字形を大きく変えるものではありませんので、楷書体と同様に誰が見ても分かりやすい書体と言えます。
なお、行書体をさらに崩して流れるように続けて文字を書く草書体がありますが、草書体は字の崩しが大きく誰もが読めるというものではありませんので、墓石に使われることはあまりありません。

隷書体

隷書体(れいしょたい)は、文字の左右の払いを波打つように書きますので横長の字になりますが、線の太さはほとんど変わりませんので、はっきりとした印象があります。
隷書体は独特の雰囲気がありしかも読みやすい人気がある書体で、お札や認印にも使われています。

他とは少し違った字体の選び方

お墓

お墓を建てるなら、他のお墓とはちょっと違った独自性のあるお墓にしたいと思われる方も多いでしょう。
そこで、ここでは他とは少し違った字体の選び方を説明しておきましょう。

自分でネットで調べてみる

最近はインターネットで使うことができる書体は何十種類もあります。
どのような書体があるのかはインターネットでも直ぐ調べられますし、無料でダウンロードできるものも多いです。
自分で気に入った字体を探してみるのもよいですね。

どうしても気に入る字体がないときは、パソコンで字体をつくるソフトもありますので、ソフトをダウンロードしてご自分で好みの字体を作ってみるのも良いでしょう。

ローマ字や英語などのアルファベット

お墓の文字は漢字が圧倒的に多いのですが、最近はローマ字や英語などのアルファベットを使う例も増えています。
特に洋形墓石であれば横長のものが多く、好きな言葉をローマ字で書いたり、印象的な英語の言葉をアルファベットで彫り込んでも、まったく違和感なく納めらるでしょう。

書道家や自分の書にする

墓石に彫り込む字を書道家に書いてもらったり、ご自分で書いた書を使うこともできます。
手で書いた文字はパソコンなどで作った文字とは違い、やはり迫力や趣が異なり他にはない字体で思い出深いものにできます。

一方で優れた書であっても、余りに線が細すぎるとその部分はきちんと彫れないこともありますし、字にかすれが多いとかすれを上手く表現して彫ることは難しいです。
ですから、書道家にお願いするときはあらかじめ墓石の文字であることと、彫る際には難しい点があることをはっきりと伝えておきましょう。

イラストを入れる

最近は、墓石にイラストを彫る方も増えています。
故人が生前好きだった花などのイラストや故人の趣味に関係するイラストなどご希望のイラストを彫り込めば、個性的なデザインの墓石を作ることができます。

一方でイラストの彫刻がある墓石の出来上がりのイメージは、通常の文字だけの墓石と異なりなかなか想定しにくいものです。
実際に墓地に墓石を立てたときのイメージが当初思っていたのとは大幅に違うこともありますので、完成後の雰囲気、周囲との調和などもしっかり考えて検討した方がよいでしょう。

墓石の字体を決める際の注意点

お墓

次に墓石の字体を決める際の注意点をまとめておきましょう。
以下のような注意点がありますが、細い文字やかすれが多すぎる文字はイメージどおりに彫れないこともありますので、できるだけ避けた方がいいでしょう。

彫刻後は修正が難しい

墓石に彫った文字は、一度彫刻したら後から修正することは極めて難しいものです。
墓石は代々残るものですから、彫った文字に誤字や脱字があったり、彫った場所が間違っていたときは、例え小さな間違いでも彫刻した部分を削り取るか埋め戻して彫り直すことになります。
しかし、石の場合はいくら修正しても石を元通りのイメージに戻すことは困難です。

一端設置した墓石の文字の修正作業は、通常であれば墓地に出向いて墓石を取り外し、間違えた部分を修正して磨きなおして正しい内容に彫りなおし、元の場所に据え付けます。
墓地の立地条件が良ければ墓地に機器を持ち込んで現場で修正作業を行うことが可能な場合もありますが、作業内容によっては作業所などに墓石を持ち帰って作業しなければなりません。
墓石の文字の修正は、このように技術面でも費用面でも大変な負担を伴う難しものになります。

ですから字体を決めるときは後で修正することにならないように、事前にその字体でよいのか現地にも赴いて現場の雰囲気も確かめながら、納得のできるものをしっかりと検討しましょう。
また字体を決める際は特に石材屋さんとの意思の疎通が大切です。
石屋さんにご自分の希望を細部を含めて間違いのないようにきちんと伝えたうえで、石屋さんの意見をよく聞いて問題がないか確認したうえで進めましょう。

奇をてらいすぎない

墓石の字体は基本自由に決められますが、そうは言っても墓地や霊園にはそれぞれの雰囲気があり、周囲の雰囲気との調和も大切です。
他とは少し違った字体やデザインにしたいと思われる気持ちも分かりますが、余りに奇をてらい過ぎると周りのお墓の方からクレームを受ける恐れもないとは言えません。
そうでなくても場合によってはお墓の周りの雰囲気や霊園のイメージを損なってしまい、折角のデザインが台無しになることもありますので、奇をてらい過ぎないよう注意しましょう。

墓石のデザインや費用のことなどについては、こちらの記事もぜひ参考にされるとよいでしょう。

こちらも読まれています

墓石の彫刻に迷う方必見!彫刻のデザインや費用を詳しく紹介します!

墓石にはスタンダードな和形の墓石からオリジナルなデザインの墓石まで、様々な形のものがあります。家族の象徴とも言われるお墓ですから、他とは違うオリジナルなものにしたいという方も多いと思います。今回は、墓石の様々な彫刻例や彫刻にかかる費用について詳しく紹介します。

一般的な墓石の字の彫り方

お墓

墓石の字の彫り方は、いろいろあります。
従来から一般的に行われている墓石の文字の彫刻作業は、伝統的なノミを使い手作業で行いサンドブラストで仕上げる方法などがあります。
サンドブラストは、圧縮空気と研磨剤を吹き付けて墓石を削る方法です。

ただ近年はコンピューターなどを使った新しい手法もいろいろ出てきており、必ずしも統一的な方法や彫り方の決まりがあるわけではありません。
また彫り方の名称は石屋さんによって違うこともありますので、その彫り方がご希望どおりの彫り方なのかは、墓石の実例や写真などを見て確認した方がよいでしょう。

ここでは、手作業を中心とした一般的な墓石の字の彫り方を説明しておきます。

彫り込み

彫り込み」は字のとおり石を彫り込むもので最も一般的な文字の彫り方です。
墓石の正面の家名などの大きな文字を彫るときに使われます。

彫り込みは浅く彫る方法もありますが、基本は文字幅と同じくらい深く彫ります。
筆の止めや押さえの部分を深く彫り込みますので、力強い立体感のある文字になります。

平彫り

平彫り」は、文字の周りの輪郭を強弱をつけないで平らに彫る方法です。
字の部分を深く彫るものではありませんので、雨水が溜まりにくいメリットがあります。
仮に多少水が溜まることがあっても短時間で乾きますので、劣化する恐れもほとんどありません。

ただ一方で文字の周りの輪郭を彫るだけですので、好きな書体を選んだり文字のかすれなどをうまく表現できない難点はあります。

敷石彫刻

敷石彫刻」は、彫りの深さが約1mm程度と極めて浅い彫刻方法です。
それでもご自分が好きな書体を選ぶことができますし、文字のかすれなどを丁寧に表現することができます。
彫りの深さが浅いため雨水は自然に流れ落ちますので、墓石が斜めや平らに置かれる洋風のガーデニングなどのお墓によく使われますが、彫った文字はどうしても目立ちにくい点は否めません。

スプーン彫り

スプーン彫り」は、スプーンを滑らせ彫った跡のように丸く浅く滑らかに彫る方法です。
スプーン彫りも雨水などが溜まりにくい彫り方です。

立体彫り

立体掘り」は、花のイラストなどを立体的に彫る手法で、花弁などの繊細な部分を含め様々なものを立体的に表現できます。
イラストの周囲も彫り込んで立体性を強調することもあります。

墓石の字の色について

お墓

墓石の字を彫ったときに字に色を着けた方がよいのでしょうか、また色を着けるとしたらどのような色がよいのでしょうか。
仏教には釈迦如来の体や教えなどを象徴的に表すとされる五色(ごしき)と言われる色があります。
五色は「白」・「黒」・「赤」・「青」・「黄」の5つですが、墓石に入れる文字の色もこの5色を基本とすべきとの考えもあります。

ただ、お墓の文字の色については、墓石の字体と同様に明確に決まったルールがあるわけではありません。
ですから、五色を念頭におきながらご自分の好きな色を選ばれても特に問題はありません。

ここでは一般に墓石の文字によく使われる色の意味やそれぞれの色に合う墓石の色、各地で使われる色の違いなどをまとめておきましょう。

特に色はつけずに自然な石材の色にする

一般にお墓の文字は色をつけずに、自然な石材の色をそのまま生かすことも多いです。
墓石の字などを彫った部分に色を加えると、家名や家紋などが遠くからでもはっきりと見えて見栄えしてよいものです。
しかし、最初のうちは良くても時間が経つにつれて風雨の影響で色が次第に落ちてきて、着色した部分が汚れてしまうこともあります。

もちろん色を塗りなおして適切に管理していれば問題はないのですが、お墓の掃除や維持管理は思いのほか簡単なことではありません。
ですから、むしろ自然なままの石の色を生かして石の醸し出す趣を楽しむ方も多いのです。
特に黒色や濃い色の墓石では自然のままの方がかえって文字がはっきり見えますので、色を加える必要性はあまりありません。

白色

白色」は仏陀の歯の色とも言われ、清らかな心で諸事を浄める清浄な色とされています。
ただ経年劣化すると汚れが目立ちやすくなり、また白や淡色の墓石では見えにくいこともあります。

それでも、白色はどんな色の石に使っても違和感がなく、また周りの雰囲気にもなじみやすいので、色を入れないと寂しいと感じる方などにとって使いやすい色です。
特に黒御影石などに使うと文字がはっきり見えますので、関西などを中心に人気があります。

黒色

黒色」は仏陀の袈裟の色と言われ、どっしりと落ち着いた雰囲気がありお墓にふさわしい無難な色といえます。
特に白い御影石に用いれば遠くからでも家名などの文字をはっきり見ることができますので、一般によく選ばれる色です。

白色よりは汚れが目だたないメリットもあり、特に関東地方でよく使われています。
ただ墓石が黒御影石の場合は、色が同化してしまいますのであまり使われることはありません。

金色

金色(黄色)」は仏陀の体の色とされ、確固とした揺るぎなさの金剛を表すとされています。
黒御影石などの黒系統の濃い色の石に金色の文字を彫り込むと格調高く荘厳な感じがします。

墓石の文字に金色を用いるのは九州地方が多く、中でも出島のある長崎で金色の文字が人気があると言うことです。
その理由は、隣国の中国に金をもやして霊を送る風習があり、その風習が長崎の出島に伝わり、形を変えて墓石に金色を施す習慣ができ九州全域に広がったと言われています。
金色の文字の墓石は関東周辺ではあまり見かけませんが、強調したい文字などに使う方もおられるようです。

赤色の字はまだ生きている人に用いる

赤色」は仏陀の血液の色と言われており、慈悲の心による救済、精進を表すとされています。
墓石の赤の文字色は、生前に戒名をいただいたときにつける色です。
ですから墓石に赤字で俗名や戒名が書かれている方は、まだ存命の方ということになります。

それでは、名前を彫られている方が亡くなったときは赤字はどうするのでしょうか。
生前に彫った赤字の俗名や戒名は、その方が亡くなったら赤字を抜くか、白または黒に塗り替えるのが一般的なことです。
決まり事ではありませんが、赤字のまま残しておきますとまだ存命と思われてしまいますので、赤色は抜くか塗り替えた方がよいでしょう。

一方で、建立者名は生前の戒名という意味で彫ったものではありませんので、亡くなられたしても必ずしも赤字を抜かなくても良いとされています。

墓石の文字の色は地方よって使われる色に違いがありますし、宗派による慣わしもありますので菩提寺の意向なども確認して選ぶようにしましょう。

墓石の種類についてご興味がある方、あるいはさらに詳しいことをお知りになりたい方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

こちらも読まれています

お墓を買う前に見てください!墓石の種類理解していますか?

近年では墓石の種類はかなり増えてきました。だからこそ、後悔しないお墓選びをしましょう。今回は知っておくと役に立つ、墓石の種類をご紹介。

墓石の字体まとめ

お墓

今回終活ねっとでは、墓石の字体について、字体の種類と彫り方・字体の色を含めて解説してきました。

今回の記事の要点をまとめると以下のとおりです。

  • 墓石に入れる言葉や字体は基本自由である。
  • 一般的によく使われる墓石の字体は、楷書体・行書体・隷書体がある。
    楷書体は、点や画をはっきり書くので分かりやすく最もよく使われる。
    行書体は、やや崩して続けて書くが分かりやすい書体である。
    隷書体は、独特の雰囲気があり人気がある書体である。
  • 他とは少し違った字体の選び方は、自分でネットで調べる、アルファベットを使う、書道家や自分の書を使う、イラストを入れるなどがある。
    イラストを入れるときは、完成後の雰囲気、周囲との調和をしっかり検討した方がよい。
  • 墓石の字体を決める際の注意点は、彫刻後は修正が難しいこと、奇をてらいすぎないことなどがある。
  • 一般的な墓石の字の彫り方は、彫り込み・平彫り・敷石彫刻・スプーン彫り・立体彫りなどがある。
  • 墓石の字の色は、石の自然な色のままにすることも多いが、墓石の色などに応じて白色・黒色・金色などが使われることもある。
    赤色の字は、通常存命の人に用いるものである。

いかがでしたでしょうか。
墓石の字体や墓石に入れる言葉は自由に選べることがお分かりいただけたでしょうか。
まだ自分には関係ないこととお考えかもしれませんが、いざお墓を作る段になるといろいろなことをご自分で決める必要があります。

ですから、お墓のことはできるだけ早いうちから考えておいた方がよいでしょう。
墓石を建てる必要がある方をはじめ、これからお墓を探そうと思っておられる方は、この記事をぜひ参考にしていただければと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは、他にも様々な解説記事を掲載しています。
墓石の彫刻などにご興味のある方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

こちらも読まれています

墓石を彩るお花のデザイン彫刻について詳しく紹介します!

墓石と言うとどんなイメージが思い浮かびますか?以前に比べて、最近では故人を偲ばせるデザイン墓石が増えてきています。その中で一番人気なのはお花のモチーフです。今回は、少しでも皆さんの墓石選びの手助けになるよう、そんなお花のデザイン墓石について詳しく紹介します。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓石・字体」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「墓石・字体」についてさらに知りたい方へ

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識のサムネイル画像

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?のサムネイル画像

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?

墓石に彫刻する【文字の例】どんなものがあるの?のサムネイル画像

墓石に彫刻する【文字の例】どんなものがあるの?

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方のサムネイル画像

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方

墓石に彫刻する文字は人それぞれ…その一例を紹介します!のサムネイル画像

墓石に彫刻する文字は人それぞれ…その一例を紹介します!

墓石に名前を彫るときに必要なことを全て解説。色や消し方などのサムネイル画像

墓石に名前を彫るときに必要なことを全て解説。色や消し方など

墓石のデザインって自分で決められるの?費用はどれくらい?のサムネイル画像

墓石のデザインって自分で決められるの?費用はどれくらい?

墓石に刻む言葉について。宗派別・文字数別、好まれる例文集まとめのサムネイル画像

墓石に刻む言葉について。宗派別・文字数別、好まれる例文集まとめ

墓石には一体どんな言葉を入れればいいの?のサムネイル画像

墓石には一体どんな言葉を入れればいいの?

墓石に名前を彫る値段の相場やタイミングを解説します!のサムネイル画像

墓石に名前を彫る値段の相場やタイミングを解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓石・字体」についてさらに知りたい方へ

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識のサムネイル画像

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?のサムネイル画像

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?

墓石に彫刻する【文字の例】どんなものがあるの?のサムネイル画像

墓石に彫刻する【文字の例】どんなものがあるの?

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方のサムネイル画像

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方

墓石に彫刻する文字は人それぞれ…その一例を紹介します!のサムネイル画像

墓石に彫刻する文字は人それぞれ…その一例を紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと