お墓の建立祝いって一体何?マナーや服装・持ち物などを解説します!

お墓の建立祝いって一体何?マナーや服装・持ち物などを解説します!

お墓の建立祝いについて、詳しいことはご存知ですか?お墓の建立祝いに参加する際、どんなマナーがあるのか等、知っておきたい点は多くありますよね。今回はお墓の建立祝いについて、知っておくべき基本知識やマナーについて解説します。最後までじっくりご覧ください。

最終更新日: 2020年12月17日

お墓の建立祝いについて

お墓

お墓の建立祝いについて、詳しいことはご存知ですか?

お墓の建立祝いに参加する際には、どんなマナーがあるのか、どんな物が必要かなどについて、知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
事前にお墓の建立祝いについて、知っておきたい点は多くありますよね。

そこで今回、「終活ねっと」ではお墓の建立祝いについて、

  • お墓の建立祝いとは?

  • お墓の建立祝いに参加する際のマナー

  • お墓の建立祝いのお包みについて

以上の事について解説します。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

お墓の建立祝いについての解説から、お祝いのお包みについてまで詳しく触れていますので、最後までご覧ください。

お墓の建立祝いとは?

困った人々

この章では、お墓の建立祝いについて以下の事を解説いたします。

  • お墓の建立祝いって一体何をするものなの?

  • お墓の建立祝いを行うタイミング

  • そもそもなぜお祝いするの?

  • お墓の建立と同時に納骨を行う場合

  • 生前にお墓を建てる場合

お墓の建立祝いをしたり、参加する際には知っておきたい基本知識となります。

お墓の建立祝いって一体何をするものなの?

お墓の建立祝いでは「開眼供養」という儀式が行われます。

開眼供養とは、お墓を新しく建てた際に、僧侶から読経してもらい、建てた墓石に魂を宿らせる儀式の事を指します。

開眼供養をする前までは、墓石を用意してもお墓という存在ではなく、ただ石を建てただけになります。
この開眼供養の儀式を経て初めて、建てた墓石がお墓として機能するとされています。

お墓の建立祝いを行うタイミング

生前にお墓を建てる場合は、特に決まりはありません。
お墓を建てたタイミングでお墓の建立祝いを行っても問題ないとされています。

しかし、亡くなった人のために急遽お墓を建てた場合はお祝い事ではありませんから注意しましょう。

そもそもなぜお祝いするの?

お墓の建立祝いは、新しくお墓を建てたり、別の場所に移動するために建て直したりする際に行います。

お墓という単語から、暗い印象を持ってしまいがちですが、故人の魂が住まう場所ができたという意味でお祝いとなります。
決して悲しむ事柄ではありません。

お墓の建て直しについても同様で、お墓を新しく綺麗にするという意味で、喜ばしいこととされるためお祝いをするのです。

お墓の建立と同時に納骨を行う場合

お墓の建立と同時に納骨を行うのは、すでにご遺骨があり、お墓を建てるのを待っていたという場合がほとんどでしょう。

お墓の建立である慶事と、納骨である仏事を同時に行う際は、仏事を優先するのが一般的です。
慶事と弔事が重なった場合は、弔事が優先されますので、お墓の建立と同時に納骨を行う場合は不祝儀袋を使用します。

お墓の納骨する場所や納骨の手順について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

生前にお墓を建てる場合

生前にお墓を建てる場合は、慶事に当てはまりますので、お墓の建立祝いを行って問題ありません。

諸説ありますが、生前にお墓を建てることは「寿陵(じゅりょう)」と言い、長寿を招く行為で縁起がいいとされています。

お墓の建立祝いに参加する際のマナー

葬儀

お墓の建立祝いに参加する際のマナーについて、服装と持ち物について解説いたします。

お墓の建立と同時に納骨を行う場合と、建立を生前に行う場合、納骨とお墓の建立祝いを分けて行う場合とではマナーが少し異なってきます。

生前に行う場合と、納骨とお墓の建立祝いを分けて行う場合はお祝いごとになりますので、同じマナーになります。

服装

服装のマナーは以下の通りになっています。

  • お墓の建立と同時に納骨を行う場合

    お墓の建立祝いと納骨を同時に行う場合は、服装は喪服若しくは黒色のスーツが一般的です。
    法要と同時に建立祝いを行う場合も、服装は法要に準じます。

  • 生前に行う場合(納骨とお墓の建立祝いを分けて行う場合)

    お祝いごとになりますので、男性の方であれば、黒色のスーツに白色のネクタイが一般的です。
    女性の方は、黒色のスーツに肌色のストッキングでも問題ありません。
    スーツでなくとも、華美な服装でなければそこまで神経質になる必要はありません。

持ち物

開眼供養の際にはご僧侶にお経をあげていただくので、主催の方はお寺への「お布施」を用意しなければなりません。
お布施は「お墓の建立と同時に納骨を行う場合」と「生前に行う場合(納骨とお墓の建立祝いを分けて行う場合)」のいずれでも必要になります。

お墓の建立と同時に納骨を行う場合は、御仏前を用意します。
お墓の建立祝いも用意する必要がありますが、祝儀袋に入れて渡すのは失礼に当たる可能性がありますので、御仏前に建立祝いのお金も一緒に入れるというのが一般的です。

生前に行う場合(納骨とお墓の建立祝いを分けて行う場合)は、御仏前は必要ありませんので、建立祝いのお包みだけ用意します。

お墓の建立祝いのお包みについて

お金

お墓の建立祝いのお包みについて、のし袋の書き方やお包みの金額の相場を紹介します。

お墓の建立祝いはタイミングによっては喜ぶべき行事でありますが、故人が亡くなった直後では弔事であるといったことを先で解説してきました。

のし袋の書き方やお包みの金額の相場はそれぞれの場合によって異なるのでしょうか?

のし袋の書き方

のし袋の書き方も、お墓の建立と同時に納骨を行う場合と、生前に行う場合とで書き方が違ってきます。
使用する水引も、それぞれ異なってきますので注意する必要があります。

  • お墓の建立と同時に納骨を行う場合

    納骨を同時に行う場合はお祝いではなくなりますので、お金を包む際は不祝儀袋を使用し、表書きには「御仏前」と書きます。
    水引きは黒白・白銀・白黄色のものを使用します。

  • 生前に行う場合(納骨とお墓の建立祝いを分けて行う場合)

    生前にお墓の建立祝いを行う場合はお祝い事になるので、祝儀袋を使用してください。
    表書きには「建碑御祝」と書きます。
    この際、水引にはお目出度いというを表す赤白色を使用します。

お包みの金額

お墓の建立祝いのお包みの金額の相場は1万円~3万円辺りです。
一人当たり1万円が目安で、ご夫婦などで参加される場合は2万円を包むのが一般的です。

こちらの金額はあくまでも目安ですので、もし金額で迷ってしまう場合には一緒に参加される方などに相談してみるのもいいでしょう。

お墓の建立祝いまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?

今回「終活ねっと」では、お墓の建立祝いについて以下の事を解説してきました。

  • お墓の建立祝いには開眼供養を行う。

  • お墓の建立祝いのタイミングは人が多く集まることができる時期が良い。

  • お墓を建てたタイミングによって服装などのマナーが変わる。

  • お墓の建立祝いのお包みの金額相場は一人当たり1万円が目安。

お墓は死を連想させるものではありますが、お墓を建てることがお祝いになるというのは驚きですよね。
ただし、先述したとおり、お墓を建てるタイミングによってはお祝いをするのはタブーとされますので注意は必要です。

お墓の建立祝いがどのようなものか、今回の記事でご理解いただけたのではないでしょうか?
不明なところがあればもう一度こちらの記事を読み直して参考にしてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

お墓をお探しの方は
「DMMのお墓探し」で

DMMのお墓探しでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • お墓を建立するまでの流れとは?建立祝いやお布施のマナーも解説のサムネイル画像
    お墓を建立するまでの流れとは?建立祝いやお布施のマナーも解説

    皆さんが終活をしていく中で、生前にお墓を建てるべきかどうかは重要な問題ですよね。では、お墓はどのような流れで建立すれば良いのでしょうか?今回は、お墓の建立の流れを中心に、開眼法要や建立者の名前の彫り方、建立祝いのマナーなどについて詳しく解説します。

  • 新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!のサムネイル画像
    新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!

    お墓を建てることは、日本の習慣として以前より続いてきました。 お墓を建てる時、お墓を建てる場所や、霊園の種類、かかる時間や費用など 気になるポイントを集めてわかりやすく説明いたします。参考にしてください。

  • 様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像
    様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

    死後ご遺骨を納める場所として最も一般的なお墓ですが、昔と比べて様々な形式のものが生まれています。お墓を建立することができる場所からお墓の形、お墓の在り方などに変化があります。この記事ではお墓に関する色々な形式と違いをまとめ、比較してみました。

  • お墓を建てる方必見!お墓を建てる方法や建碑祝いについて解説しますのサムネイル画像
    お墓を建てる方必見!お墓を建てる方法や建碑祝いについて解説します

    お墓を建てるというのは、墓地を決め、そこに墓碑となる墓石を建立することです。 お墓を建てるには墓地の場所や時期、費用、墓石など様々なことを決めてゆかなければなりません。ここではお墓を建てる際にしなければならないことを解説します。

  • お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!のサムネイル画像
    お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!

    先祖代々続くお墓。いったいあと何人入れるんだろう?お墓に入れる人数について考えたことはありませんか?もしいっぱいになった場合、どうしたらよいのでしょうか?今回は、お墓に何人入れるのかを含め様々な疑問について解説していきます。

  • お墓の建立者について解説!名前を彫る順番と赤字で彫る必要性のサムネイル画像
    お墓の建立者について解説!名前を彫る順番と赤字で彫る必要性

    和型や洋型などお墓のスタイルは多様化しています。どんなお墓を選んだ場合でも必要になるのが、お墓の建立者の名前です。今回はお墓に彫る建立者の名前について詳しく説明します。建立者の連名は可能なのか?赤字で名前を彫るのはどのような場合か?といった疑問にお答えします。

  • お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像
    お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

    お墓の購入は、家と同様に一生の買い物であるといわれています。終活の一環としてお墓を建てられる方も多くいらっしゃいますが、お墓を建てるには適した時期と避けるべき時期があるのをご存知でしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓を建てる時期について詳しく解説していきます。

  • 生前にお墓を建てることのメリットとデメリットをまとめました!のサムネイル画像
    生前にお墓を建てることのメリットとデメリットをまとめました!

    生きているうちに自分のお墓を建てることが注目されてきています。お墓を生前に建てることにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。生前墓の特徴から、生前にお墓を建てる際の費用相場や節税対策・注意点についてもご説明します。

  • お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説のサムネイル画像
    お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説

    お墓といえば一家で1つ持つものと考えている方は多いのではないでしょうか?しかし、実はお墓は別に1つでなくても2つ以上あっても差し支えはないといえます。今回は、お墓を2つにするための方法やそれにまつわる理由について見ていきましょう。

  • 永代供養の個別墓とは?永代供養墓の種類・特徴をご説明します!のサムネイル画像
    永代供養の個別墓とは?永代供養墓の種類・特徴をご説明します!

    自分がお墓に入った後のお墓の管理について心配する人は多いです。お墓の管理を気にすることなく、自分一人や家族で同じお墓に入りたいと考えている方に知ってもらいたいのが、永代供養の個別墓です。この記事では、永代供養の個別墓についてご紹介します。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事