伝統的な和型のお墓の特徴や各部の名称について解説します!

伝統的な和型のお墓の特徴や各部の名称について解説します!

お墓には様々な種類があります。その中でもこの記事では、古来より日本で親しまれてきた和型のお墓について詳しく解説していきたいと思います。和型のお墓の特徴や名称などに焦点をあてて解説させていただきますので、これを機会により知識を深めてみませんか?

最終更新日: 2018年04月09日

和型のお墓について

お墓

お墓には様々な種類があります。
デザイン性に富んだお墓や洋風のお墓など、近年ではお墓の種類もデザインもとても増えています。

そんななかで、古来より日本で親しまれてきたお墓が和型のお墓です。
日本でお墓と言えば、和型のお墓を想像される方も多くいらっしゃるかと思います。
洋風のお墓が注目されてきている昨今ですが、それでもやはり和型のお墓は根強い人気があります。

そんな和型のお墓についての解説や紹介をこの記事でさせていただきたいと思います。

  • 和型のお墓の特徴

    和型のお墓とはどのようなものなのかを解説します。

  • 和型のお墓の構造

    和型のお墓を構成する各部分の紹介をします。

  • 和型と洋型どちらがよいのか?

    新しくお墓を立てる際に、どのような点に着目してお墓を選べばいいのかについて解説します。

以上の3つにポイントを絞り、記事を進めていきたいと思います。

わかりやすく簡単にご紹介させていただきますので、まさに今現在お墓を購入しようとされている方や、終活中で情報をお集めの方など、ぜひこの記事を参考になさってくださいね。

和型のお墓の特徴

お墓

それではまず、和型のお墓の特徴について解説していきたいと思います。
そして、和型のお墓でよく使われている石材についてもご紹介させていただきます。

和型のお墓の特徴

和型のお墓の特徴としてまず挙げられるのは、背が高いということです。
洋型のお墓に比べると、背の高さは断然和型のほうが高く設定されています。

なぜこのように背が高く設定されているのかというと、お釈迦様の遺骨を納めている仏舎利塔や五輪塔を簡略化して作られているためです。
そのため背が高く、格式が高いデザインとなっているのです。

和型のお墓によく使われている石材

和型のお墓によく使われている石材は、花崗岩(かこうがん)です。
その次に、安山岩(あんざんがん)、班レイ岩(はんれいがん)、閃緑岩(せんりょくがん)と続きます。
どの石材もとても頑丈で、自然劣化にも強いとされています。

墓石の石材として最も有名なものは、御影石かと思います。
御影石も石材としての質はとても高く、現在でもお奥の墓石に使われています。

現代では、中国など海外からの石材を使うことも多くなりました。
ここでひとつポイントとなるのが、海外産の石材が安く、国産の石材が高いと思われている方も多くおられるかと思いますが、決して全てがそうではありません。
海外産の石材にも、国産の石材よりも高価なものもたくさんあります。
そして高価な石材が必ずしもよい石材であるということではありませんので、墓石選びの際には注意が必要です。

和型のお墓の構造

お墓

続いては、和型のお墓の構造について解説いたします。

和型のお墓は、複数の石材が組み合わさってできています。
そのため一見複雑そうに見えてしまいますが、一つ一つの部分の役割などを把握しておけば、そこまでややこしくありません。

先祖代々のお墓をお持ちの方も、これからお墓を作られる方も、構造についてあまり考える機会はないのではないでしょか?
ですのでこの機会にぜひ、一つ一つの部分の構造や役割などを考え、名称を覚えてみてくださいね。

和型のお墓の各部名称

それでは、和型のお墓の各部の名称とその部分の解説をさせていただきます。

和型のお墓は、宗教や宗派によって役割の違いなどもあります。
ですので、今回ご紹介させていただくのは、あくまで一般的な和型のお墓の部分についてですので、その点をご了承ください。

竿石

竿石とは、お墓の一番上にある、一番目立つ部分の石のことです。
「○○家之墓」や「先祖代々之墓」という文字を刻む場所でもあり、お墓の中でも特に大切な部分です。
そして、この竿石はご先祖さまや故人様の魂が宿る場所と考えられている部分でもあります。

和型のお墓は「天地人」に見立てているとされています。
この竿石の部分は、事業や金銭などを示す、天の石と呼ぶことがあります。

上台

上台とは、竿石を乗せている部分のことです。
お墓によって違いはありますが、この上台に家紋を刻むこともあります。

この上台は、寿命や家庭を示す、人の石と呼ぶことがあります。

中台

上台の下にある部分がこの中台となります。
この中台は、お墓を建てた日や建てた人の名前を刻む部分でもあります。

中台は、財産や家などを示す、地の石と呼ぶことがあります。

下台(芝台)

中台の下にあるのが下台です。
竿石と上台を支えるのが下台となります。
一番下に位置している部位なので、地面に接しています。

この下台は、花立や水鉢の台になっていることが多く、カロートと呼ばれるご遺骨を納める場所を保護しているのもこの下台となります。

香炉

香炉と呼ばれる部位は、お線香を立てるための場所です。
仏様はお線香が大好物とされているので、お線香はできるだけ頻繁にあげるようにすると良いとされています。

和型のお墓では、お線香を立てるタイプの香炉を選ばれる方が多いとされています。
屋根付きなども選べるので、お墓に合わせて設置できます。

水鉢

水鉢とは、下台に設置されているくぼんだ部位のことで、仏様に水をお供えするための部位でもあります。
上記の香炉の部分でも触れましたが、仏様はお線香が好物であるとされています。
そして仏様のもうひとつの好物とされているのがお水です。
ですのでお線香同様、お水も絶やさないことが大切とされています。

その他にもこの水鉢には、ご先祖様や故人様のお顔を映す水鏡の役割があるという説や、参拝者と故人とを結ぶ役割があるという説もあります。
そんな水鉢ですが、宗教や宗派によっては設置しない場合もありますのでご注意なさってください。

花立

下台の左右に設置されているのが花立です。
お花を挿すためのもので、お墓を華やかに彩ることができます。

着脱式になっているのもが多く、水の交換や掃除なども簡単に行うことができるようになっているため、清潔に保つこともでき、お花も長く保つことができます。

神道式のお墓との違い

神道式のお墓は、竿石の一番上の部分が尖っているのが特徴です。
これを兜巾(ときん)と言います。
このことから、神道式のお墓はトキン型とも呼ばれています。

その他には、神道ではお線香をあげないことから香炉はなく、お供え物を置くための「八足台」と呼ばれる、八本の足のついた台があります。

そして、刻む文字にも違いがあります。
仏教では「○○家之墓」と刻まれることが多いですが、神道式の場合は「〇〇家奥津城」や「○○家奥都城」と刻みます。

それ以外にも自然石に家名を刻んで墓石にしたり、お墓の前に鳥居を設置したものなども神道式のお墓の特徴となります。

神道のお墓について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

お墓は和型と洋型どちらがいいのか

困った人々

これまで和型のお墓について解説させていただいましたが、ここでは洋型のお墓についても少し触れていきたいと思います。
近年では、洋型のお墓を選ばれる方も多くおられ、デザインもとても豊富になっています。

洋型のお墓と古来より親しまれてきた和型のお墓、一体どちらを選べば良いのでしょうか?
そんな疑問を持たれている方もおられると思いますので、洋型と和型のお墓の特徴などを比較してみたいと思います。

洋型のお墓の特徴

洋型のお墓の特徴は、なんと言っても背が低くコンパクトなことです。
和型のお墓と比べると一目瞭然だと思いますが、だいたいの背の高さは大人の腰ぐらいの高さが一般的です。
使われる石材の量も、和型と比べるととても少ないことも特徴のひとつです。

そしてデザイン性に富んでいるので、墓石の形を個性的なものにしてみたり、刻む文字を工夫してみたりと、比較的自由にデザインできることも洋型の特徴となります。

洋型のお墓のメリット

洋型のお墓のメリットは、上記でも少し触れましたが、使われる石材の量が和型に比べると少ないので、墓石代を抑えることができます。
そのうえ背が低くコンパクトなお墓が多いので、掃除なども比較的楽に行えることもメリットのひとつだと思います。

その他にも、デザイン性が高く比較的自由にデザインできることで、故人様の想いやご家族様の想いなどをそのままお墓に表現することも可能ですので、その点もメリットと言えるのではないでしょうか。

和型のお墓のメリット

和型のお墓のメリットは、やはり日本人には親しまれてきたお墓ですので、ご家族様やご親族様に受け入れられやすいということだと思います。
洋型のお墓は近年人気を増してきて、建てられる方も多くなりましたが、まだまだ認知的に見れば低いように思います。
親しみやすい和型の方がよいのでは?という意見をお持ちの方も多くおられるのも事実です。

そして建てる場所についても、和型のお墓の場合は制限がないことが多いです。
墓地や霊園によっては、洋型のお墓を建てられない場合もあります。
そういった心配がいらないのも、和型のお墓のメリットだと言えます。

和型のお墓についてまとめ

人々

いかがでしたでしょうか?
古来より日本では馴染み深い、伝統的な和型のお墓についていろいろと解説させていただきました。

そこで注意点をひとつ付け加えますと、この記事でご紹介したことは、あくまで一般的な和型のお墓についてのことです。
宗教や宗派、住まわれている地域によっては、多少の違いなどがあるかと思います。
その点を十分ご注意なさって、確認してからお墓を建てるようにしてください。

それでは、この記事を簡単にまとめさせていただきたいと思います。

  • 和型のお墓の特徴とは?

    仏舎利塔や五輪塔を簡略化して作られているため、背が高く作られているので格式高く見える。使われる石材は花崗岩が人気である。

  • 和型のお墓の構造とは?

    和型のお墓の主な構造物は、竿石、上台、中台、下台、香炉、水鉢、花立となっている。

  • 和型と洋型のお墓はどちらがよいのか?

    洋型のお墓のメリットは、費用が低く抑えることができ、デザインも自由度が高い。逆に和型のお墓は、誰にでも受け入れてもらいやすいことや、建てる場所を選ばないことなどがメリットとされている。

などのことが、この記事でわかりました。

現代の和型と呼ばれるお墓は、江戸時代中期の頃から日本で親しまれてきたお墓です。
お墓と言えば和型のお墓を想像される方が多いのは、それほどの歴史があるからなのかもしれません。
長い歴史により伝統となっている和型のお墓は、とても自然に私達日本人に寄り添ってきた存在だとも言えます。

この記事が、そんな和型のお墓について、今一度知識を深めることが出来る機会になればと思います。
これからお墓を建てようとお考えの方、先祖代々のお墓について知識を深めたいとお考えの方、終活中でお墓にご興味のある方、そんな方々にとってこの記事がお役に立てることを願っております。

ご拝読、誠にありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • デザインにこだわりたい、メモリアルアートと呼ばれるお墓のサムネイル画像
    デザインにこだわりたい、メモリアルアートと呼ばれるお墓

    お墓にも、こだわりや故人の趣味を生かしたい。そんな思いから始まったデザインお墓。オシャレなお墓には、その人の趣味や人生を形に表したものをデザインにした墓石が人気となっています。

  • 彫刻の自由度が高い洋型墓石のデザインについて詳しく紹介します!のサムネイル画像
    彫刻の自由度が高い洋型墓石のデザインについて詳しく紹介します!

    皆さんはどのような形のお墓を建てたいですか?最近では生前墓や個性的なデザインの洋型墓石を建てる方も多く、お墓の建て方は多様化し、今までとはお墓の捉え方も変わってきています。今回は、様々な部分で自由度の高い、洋型墓石のデザインについて詳しく紹介していきます。

  • お墓の構造を徹底解剖!種類や部位の名称まで載っていますのサムネイル画像
    お墓の構造を徹底解剖!種類や部位の名称まで載っています

    お墓の種類は多数ありますが、その構造はどうなっているのか気になったことはありませんか? この記事では、お墓の構造やそれぞれの名称を、わかりやすくご説明いたします。お墓の種類についても解説していますので、必見ですよ!

  • 墓石の形にも意味がある?墓石の種類や歴史を紹介!のサムネイル画像
    墓石の形にも意味がある?墓石の種類や歴史を紹介!

    霊園や墓地に行くと同じお墓でも墓石の形が違うことに気づかれるかと思います。その違いの意味を皆さん知っていますか?墓石の形って一体どのような決まりがあるのでしょうか?今回は墓石の形の種類とその歴史についてまとめてみました。

  • 様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像
    様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

    死後ご遺骨を納める場所として最も一般的なお墓ですが、昔と比べて様々な形式のものが生まれています。お墓を建立することができる場所からお墓の形、お墓の在り方などに変化があります。この記事ではお墓に関する色々な形式と違いをまとめ、比較してみました。

  • 今大人気の洋型のお墓について徹底的に解説します!のサムネイル画像
    今大人気の洋型のお墓について徹底的に解説します!

    生き方の多様化とともに、最近ではお墓も多様化しています。今人気なのは、洋型のお墓です。用型のお墓にはどのようなものがあるのでしょうか?メリットやデメリット、購入の際の注意点は?洋型のお墓について解説していきます。

  • 墓石のデザインの種類・特徴を解説!デザイン墓石とは?のサムネイル画像
    墓石のデザインの種類・特徴を解説!デザイン墓石とは?

    墓石のデザインが多様になった背景としましては主に、墓石は「自分らしさや故人らしさを表現するもの」と考えられ始めているためです。その他にも宗教関係なども幅広くなったことも理由のひとつです。それでは、墓石のデザインについて、ご紹介したいと思います。

  • マンション型のお墓とは?そのメリットや掛かる費用を紹介しますのサムネイル画像
    マンション型のお墓とは?そのメリットや掛かる費用を紹介します

    墓地不足やお墓の後継者の問題から、都市部を中心にエレベーターのような装置を備えたマンション型のお墓が注目されています。マンション型のお墓とはどのようなお墓を指すのでしょうか?メリットや費用の相場についても詳しく解説します。

  • おしゃれなお墓を建てるにはどこで個性を出せばいいのかご紹介しますのサムネイル画像
    おしゃれなお墓を建てるにはどこで個性を出せばいいのかご紹介します

    近頃では時代の変化に合った自分らしいお墓を希望する方が増えています。個性がきらりと光るおしゃれなお墓は、自分らしさを演出できます。今回はおしゃれなお墓を建てたいと考える方に向けて、デザインの工夫や個性の発揮の仕方について詳しく解説いたします。

  • 今話題のマンション型のお墓について、費用やオススメのお墓を紹介!のサムネイル画像
    今話題のマンション型のお墓について、費用やオススメのお墓を紹介!

    終活をしていてマンション型のお墓があることを知って、どんなものなのかと気になっている人もいるでしょう。 今までにない供養方法では、本当に利用しても良いものなのかと不安や疑問があるかと思います。 そこで、ここではマンション型のお墓について紹介します。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事