墓石の値段の平均はどれくらい?相場や値段が決まる要因を詳しく紹介

墓石の値段の平均はどれくらい?相場や値段が決まる要因を詳しく紹介

お墓について考える時、費用の問題を避けては通れません。皆さんは墓石の値段の平均はどれくらいかご存知ですか?今回は、墓石を建てる際の値段の平均や値段が決まる要因について詳しく紹介していきます。地域別の墓石の平均値段比較も見ていきますのでぜひ最後までご覧ください。

最終更新日: 2019年04月24日

墓石の値段の平均ってどれくらい?

お墓

皆さんは、墓石にはどのくらいの費用がかかるかご存知ですか?

一口に墓石といっても様々な種類のものがあり、昨今の墓石はデザインや形など多様性に富んでいます。
代々受け継がれていく大切な墓石ですから、自分たちにあった個性的な墓石を建てたいという方も多いと思います。
では、どれだけの費用を用意すれば気に入った墓石が用意できるのでしょうか?

そこで今回「終活ねっと」では、墓石の平均的な値段について、墓石の値段を決定する要因や墓石を購入する際の注意点も含めて詳しく紹介していきます。

今回ご紹介する内容は以下の通りです。

  • 墓石の値段の平均について

  • 墓石の値段を決定する要因とは?

  • 墓石を購入する際の注意点

  • お墓を建てる際に墓石代以外にかかる費用について

墓石にかかる費用について詳しく紹介するだけでなく、墓石代以外にお墓を建てる際にかかる費用などについても詳しく紹介していきます。
新しくお墓の建立をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

今回ご紹介する内容が少しでもお墓のことでお悩みの皆さんのお力になれれば幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

また、「終活ねっと」ではお墓探しのお手伝いもさせていただいております。
全国の墓地霊園を様々な条件から検索できるだけでなく、無料で資料請求・見学予約することも可能です。
ぜひこちらもあわせてご利用ください。

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

墓石の値段の平均

困った人々

墓石の価格は一体どのくらいが相場なのでしょうか?
実際にお墓を購入する際にあわてなくても済むように、前もって気にしておくことは大変意義のあることです。

ここからは、墓石にかかる値段と平均について詳しく紹介していきます。

お墓購入費の価格別割合

まずは、お墓購入費の価格別割合について見ていきましょう。

お墓を建てるためにどのくらいの費用をかける人が多いのでしょうか。
実際に購入した人の支払い額を参考にして見ていきましょう。

近年の調査によると、

  • 100万円以下:23%

  • 100万円〜150万円:30.5%

  • 150万円〜200万円:31.5%

  • 200万円〜300万円:11.5%

  • 300万円以上:4.0%

という結果が出ています。
150万円以上200万円以下の割合が最も多く、平均すると180万円ほどを購入費に充てる方が多いことがわかります。

お墓にかかる費用についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

地域別の平均墓石購入費

では次に、地域別の平均墓石購入費についてご紹介します。
墓石の購入費にはどれくらいかける方が多いのでしょうか。

以下の結果が出ています。

  • 東京都:130万円

  • 神奈川県:145万円

  • 千葉県:170万円

  • 埼玉県:135万円

  • 愛知県:110万円

  • 大阪府:110万円

  • 京都府:115万円

  • 兵庫県:110万円

  • 広島県:100万円

  • 福岡県:200万円

このように、墓石にかかる費用は地域や都市によって異なります。

全国平均で墓石の値段は約130万円となっています。

やはり、地価の高い都市部で全国平均を上回る傾向があることが見てとれます。
また、立地条件のいい場所や、お墓を建てるために必要とする区画面積が他の地域よりも大きい地域において、お墓の値段が高額になる傾向があります。

お住まいの地域はいかがでしたでしょうか。
ぜひお墓を建てる際の参考にしてみてください。

墓石代の内訳

最後に、墓石代の内訳についてご紹介します。

墓石代の内訳は主に以下の通りです。

  • 外柵・棹石・納骨棺・香炉・花立などの墓石を構成する石材製の基本的な一式

  • 家名・題目・建立者・建立日などの基本彫刻料

  • 線香皿・花立て・ろうそく立てなどの金属製の付属品

ここで言う墓石代とは、墓石の代金だけでなく、彫刻料や付属品などの代金を含む総額を指しています。

墓石の値段を決定する要因

お墓

ここまでお墓の平均的な値段について紹介してきました。
一口にお墓といっても、様々な条件によって費用が変わってきます。

ここからは、墓石の値段を決定する要因について詳しく紹介していきます。
墓石の費用を左右するポイントである石材の種類や、使用量・墓石のデザイン・施工費用などについて解説していきます。

指定石材店の有無

まず、お墓を建てる墓地霊園に指定の石材店があるかないかで値段が変わってきます。
墓地霊園によっては、自身で選んだ石材店ではなく、指定の石材店の墓石を使用しなければならない場合があります。
自分で選び見積もりを取ってもらった石材店で自由に比較検討できないということは、金銭面においても自由が利かないということになります。

一般的に公営霊園では石材店の指定がないことが多く、自由に墓石を選ぶことが可能ですが、民営霊園では石材店が指定されている場合が多くなっています。
寺院墓地は、指定の石材店がある場合とない場合の両方のケースがありますので、事前の確認が必要です。
自由にオリジナルの墓石を建てたいという方は、公営霊園を選ばれると良いでしょう。

一般的な墓石の価格は、約100~200万円が相場になります。
ご自身で石材店に見積もりを依頼し、墓石を比較検討する場合は金額の調整をすることができますが、指定石材店がある場合は金銭面の自由が利かなくなりますので、指定石材店の有無で金額も大きく変わってきます。

石材の種類

次に、石材の種類によっても墓石の値段は大きく変わってきます。

どの石材を使うかということは、墓石の価格を決定する最も大きな要因となります。
国内産だけでなく外国産もあわせると、墓石の種類は数百から数千に上るといわれており、最近では国内での墓石の産出量の減少などの理由により輸入石材も多く用いられるようになってきています。

墓石に適した石材にはいくつかポイントがあります。

  • 硬度が高い

  • 耐久性が高い

均一な石質を持ちムラやヒビがなく、水を吸いにくい長持ちする石が良いとされています。
したがって、石質の高い石は自ずと価格も高くなります。

墓石の価格の参考として、お求めやすい石材として有名な中国産白御影石と最も高価な石材の有名な香川県高松市で採掘される庵治石の値段の相場を比較してみましょう。

  • 中国産白御影石・・・約20~30万円

  • 庵治石・・・約200~300万円

ご覧のように極端な例ではありますが、この二つの石だけで言えば約10倍の値段の差があります。
このように、墓石は石材の種類によっても大きく費用が異なりますので、墓石を決める際は、実物を見ながら石質などのポイントを意識して専門家の方と相談しながら決めると良いでしょう。

お墓きわめびとの会では、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、最高品質の国産墓石を提供しています。
国産墓石の購入を考えている方は、ぜひこちらもご覧ください。

石材の使用量

石材の種類に続いて、石材の使用量も値段を左右する要因となります。
当然、墓石のサイズが大きければその分平均的な値段も高くなります。

また、墓石の下部の台石をつけたり、外柵や墓誌といった墓具を墓石に付属でつける場合も石材の使用量は増えるため、その分価格は増します。

一方で、お墓を「低床型」にするなど、石材の使用量を少なくして費用抑える方法もあります。
費用をなるべく抑えたいとお考えの方は専門家に相談してみましょう。

墓石のデザイン(特別な加工の有無など)

墓石のデザインも平均的な値段に影響してきます。
特別な加工を施したり、凝った彫刻をオーダーすると値段は当然上がります。
複雑な形状になるほど技術料がかかるので、より高価となります。

また、同じ彫刻内容でも彫刻方法によって値段が変わることがあります。
墓石の彫刻方法には、通常の彫り込みの他に、グラデーション彫り・浮かし彫り・中彫り・線彫りなど様々な彫刻方法があります。

その彫刻に要する技術の難しさや特別な素材や道具の有無によっても、費用は大きく異なってきますので注意が必要です。

意匠は予算に応じて考えていきましょう。

お墓の立地条件(施工費用)

お墓の規模や型に加えて、墓地霊園の立地条件や環境も施工費用という形で値段に影響してきます。
例えば、道が整備されてない、道幅が狭いなどといった環境では施工の難易度が上がり、費用もかさむことになります。

あらかじめお墓を建てる場所を下見し、車両が通れるかなど工事の難易度に関係しそうなことを確認しておきましょう。

墓石の値段についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

墓石を購入する際の注意点

人々

ここからは、墓石を購入する際の注意点について紹介していきます。

墓石を購入する際のポイントとして費用や素材、立地条件などについて紹介してきましたが、特に注意すべき点を解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

墓石の値段だけを石材の判断材料にしない

ここまで墓石の値段について見てきましたが、墓石の値段が安く済ませればなんでもいいという考え方は早計です。

昨今では、通販カタログやインターネットで墓石の完成品を購入することができます。
こういったお店では人件費や店舗の維持に必要な費用を抑えられるので、商品価格を引き下げやすいと言われています。
しかし、こういったところではイメージしていたものと実物に差異があったり、アフターサポートが十分ではなかったりといったトラブルも発生しています。

また、墓地・霊園によっては通販の墓石を使ってお墓を建てることができない場合があります。
安物買いの銭失いとならないように慎重に決めていきましょう。

では、高価な墓石を使えば安心なのかというとそうとも限りません。
石質によるものではなく、付加価値によって高値となっているケースもあります。
例えば、皇室で使用された歴史のある石材は付加価値によってとても高値で取引されることがあります。

購入するお店の評判や墓石に使用するのに必要な性質を把握しておくことが、適正な墓石選びにつながるといえます。

墓石の購入を急がない

墓石選びは、お墓を建てる上で重要な要素ですが、値段だけを見て急いで購入することは控えましょう。

お墓は墓石だけあれば完成するものではありません。
購入を決める前に墓石以外にも、経済的な面や残される子供のことなど様々なことも考慮してみましょう。

お墓は一生に一度の買い物です。
値段のこともじっくり考えつつも、選ぶ墓地・霊園の立地、環境、設備などを確認して納得のいくお墓を建ててください。

お墓を建てる際に墓石代以外にかかる費用

お金

お墓を建てるということは墓石だけを買えば済むというものではありません。
その他の費用のことも視野に入れておきましょう。

ここからは、墓石以外にかかる費用について紹介していきます。

永代使用料

永代使用料は、お寺や霊園にお墓を建てるための土地料金です。

気をつけなければならないのは、永代所有権はあくまで「土地を使わせてもらう権利」であり、「土地を自分のものにする権利ではない」ということです。
永代使用料は地域や立地により大きく異なります

管理料

管理費は、敷地内の掃除や整備にかかる維持費です。
あまりに管理費を滞納すると「無縁墓」扱いとなり、使用権は失われてしまいますので気をつけなければなりません。

管理費はお墓を建てたお寺や霊園によって変わってきますが、平均で約3千円~2万円となっております。

また、以下の記事ではお墓の建立~相続、費用の内訳などお墓のあらゆる内容について解説しています。
墓石にかかる費用だけでなく、お墓に関する様々な費用についてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧ください。

墓石の値段の平均ってどれくらいまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では、墓石の平均的な値段について、墓石の値段を決定する要因や墓石を購入する際の注意点も含めて詳しく紹介してきました。

今回ご紹介した内容は以下の通りです。

  • 全国の墓石の平均購入価格は全国平均ではおよそ130万となっているが、墓石にかかる費用は地域や都市によって異なる。

  • 墓石の値段を決定する要因は取扱店・石材の種類、使用量、墓石のデザイン、施工費用などが挙げられる。

  • 墓石を購入する際は、墓石の値段だけを石材の判断材料にして購入を急がず、様々な部分に目を向けて考えることが大切である。

  • 墓石代以外にかかる費用として永代使用料と管理料がある。

ご紹介したように、墓石には様々な種類のものがあります。
代々受け継がれていく大切な墓石ですから、費用だけで購入を決めるのではなく、硬度や耐久性など様々な部分から墓石を選ぶようにしましょう。

今回ご紹介した内容が少しでもお墓のことでお悩みの皆さんのお力になれていれば幸いです。

また、「終活ねっと」では他にもお墓に関する様々な記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

墓石・お墓の費用についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事