墓石への彫刻の値段はいくらくらい?詳しい相場をお教えいたします

墓石への彫刻の値段はいくらくらい?詳しい相場をお教えいたします

墓石の文字の彫刻の値段について気にしたことはありますか?経済面を考慮してできれば安くしたい、墓石の彫刻費用は一体いくらくらいなのか見当もつかないなどという方は多いのではないでしょうか。今回は墓石の彫刻の値段と詳しい相場について解説していきます。

最終更新日: 2020年02月18日

墓石への彫刻の値段について

お墓

あなたの家のお墓の彫刻は何が彫られていますか?
あまり気にしたことがないという方もいると思います。

最近では、自分の好きな言葉を掘る場合もあり、個性のあるお墓を建てることが可能になってきています。
そのような場合、どれくらいの値段がかかるものなのでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では、墓石の彫刻の値段について

  • 墓石に家名を彫刻する場合

  • 墓石に戒名彫刻をする場合

  • 墓石にイラストなどを彫刻する場合

以上の3つの場合についての値段の相場についてまとめてみました。
ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっと」ではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続、費用の内訳などお墓のあらゆる内容について解説しています。
今回の記事と合わせてぜひ以下の記事をご覧ください。

墓石に家名を彫刻する

お墓

日本の多くのお墓で墓石に家名が彫られています。
「○○家之墓」と彫られていることが一般的でしょう。

ここでは、墓石に家名を彫刻する場合の値段について見ていきます。

家名とは何か

よく「○○家之墓」や「○○家先祖代々之墓」と彫刻されている墓石を見かけますよね。
これは、家名を彫刻しているパターンです。
墓石とは別にある墓誌に、個人の戒名や俗名、生年月日などが記載されています。

家名とは、父から子供へ代々受け継がれており、それぞれの家に付けられた名称のことです。
日本人が苗字を名乗り、それが家名と定められる以前は家名を苗字として使用していました。

しかし、現代では少子化問題も相まって女系家族になることも少なくはありません。
一人娘がお嫁に行ってしまうことを考えて、両家墓にするケースもありますが、あまり知られていないようです。
両家墓とは名字が違う同士のお墓を一つのお墓として祀ったものです。

中には、お墓を建てるにあたって、条件として跡継ぎを確定しなければならないという霊園もあるそうです。

家名を彫刻する値段は?

お墓を建てる際にかかる費用は、主に「永代使用料」「墓石代」「管理料」となります。
イラストなどを入れる際は別途費用がかかることがありますが、家名を彫刻する費用は主に、墓石代に含まれています。

墓石の平均価格は134,92万円、もう一つのデータでは170.4万円であったとの統計があります。
そのため、墓石代にかかる値段は平均して70~200万円ほどが相場となっています。

なぜこんなにも値段の差が生じるかというと、地域性の違いや石材店の違い、公営・寺院・民間霊園かによって違うと考えられています。
地盤が弱い土地には基礎工事として杭が必要になる場合もあり、墓石代には、石材費と工事費が含まれることがあります。

墓石に戒名彫刻する場合

お墓

次に、墓石に戒名彫刻を行う場合について確認していきましょう。
戒名の意味から説明していきます。

戒名とは何か

戒名とは、厳しい戒律のもと、仏門に入ったという証のため、出家して仏様の弟子となる際に授けられる名前のことをいいます。

本来は生前に戒を受け、仏教者として過ごすことが理想とされていました。
生前に戒名を受けることを「生前戒名(せいぜんかいみょう)」といいます。

現在では亡くなってから戒名がつけられることが通常であり、納棺までに僧侶に付けてもらいます。
いずれも、戒名をつけることで成仏できた証になると考えられているのです。

浄土真宗では「法名」と呼びます。
これは、浄土真宗には戒律がないためです。
墓誌のことも「法名板」と呼んでいます。

ほかにも、日蓮宗系では「法号」と呼んでいます。
日蓮宗は、信者は戒は受けずに霊山浄土に生まれ変わると信じられています。

また、戒名には位号(ランク)があり、亡くなった方の宗派や社会、寺院への貢献度により分かれています。
現代の戒名の一般的な長さは10~15文字程度です。
院号、道号、戒名、位号を繋げて構成します。

戒名の位号を決めるポイントとしては、ご先祖様と同じお墓に入る場合はご先祖様よりも高い位の戒名はつけないこと、同じお墓に夫婦で入る場合は、2人の戒名の位を揃えるということです。
新しくお墓を建てる場合は、ご先祖様の位を気にすることなく自由に決めてかまいません。

戒名彫刻の値段相場

それでは、[emp1]戒名彫刻の値段相場[/emp1はどれくらいなのか具体的に確認していきましょう。

戒名をつけてもらった際のお布施の相場

戒名をつけてもらった際のお布施の相場ですが、2万~100万と幅広いです。

ちなみに、お布施とは読経や戒名をしてもらった僧侶へ御礼として金品を渡すことをいいます。
寺院や戒名の位号によって大きく金額が異なります。
菩提寺(先祖代々お世話にになっているお寺)がある場合はその菩提寺が定めた金額をお布施としておさめることになります。

一般的な戒名では、「信士・信女」で10~50万円程度であり、「院居士・院大姉」は100万以上となることが多いようです。
お布施は葬儀時の読経料とともにまとめて包んで渡すことが多いです。
そのため、一概に「戒名料はこの金額です」と言い切れません。

違うお寺にお願いするとなると、再度戒名を付け直さなければならないケースもあるため、お墓を建てる予定のお寺に戒名をつけることをお願いするのが良いです。

あくまでも、お布施を渡す際は施主の気持ちということになりますが、戒名の位と相場を踏まえた上でお布施は検討しましょう。

魂抜きをする際のお布施の相場

竿石(さおいし)に彫刻する際は魂抜きが必要です。

まず、竿石とはお墓の一番上にある縦長の石のことをいいます。

また、魂抜きとは、「お性根抜き(おしょうねぬき)」や「閉眼供養(へいがんくよう)」ともいい、お墓から遺骨を取り出すときや仏壇を片付けるときに行う儀式のことをいいます。

僧侶にお墓の前でお経を唱えてもらうことで、魂が宿っているとされる墓石を単なる石に戻す作業が行われます。
地域によっては名前の追加彫刻を行う際にお経を読んでもらうことがあります。
その際にお布施料が必要となります。

魂抜きをする際のお布施の相場は、約1万円~5万円ほどとされています。

高額なお布施料を提示されてしまうケースも中にはあるようなので、事前に確認しておくことをおすすめします。
事前にお坊さんへお布施代について聞いておくとスムーズですが、基本的にはお布施は気持ちで渡すものなので、どうしても金額を決めることができないという人は、相場の間を取ってお布施料3万円にお車料5000円を合わせて渡すという方法もあります。

さらに宗派によっても相場があるため、確認すると良いでしょう。

石材店に支払う値段の相場

魂抜きのお布施はお坊さんに支払うものですが、戒名彫刻を行うのは実際には石材店となります。
お墓に戒名を彫る場合、石材店に支払う金額の相場2万円~8万円となっています。

これは、あくまでも1名分の戒名彫刻をする場合の値段になります。
都心部では10万円ほどかかるケースもあるようです。
4万円台の事例が多いようですが、人数やお墓のサイズによって値段は変わってきます。

また、お墓が狭くて彫るスペースがない場合は、霊標(墓誌)を設置すれば戒名彫刻を行うことができます。
霊標が設置されていない場合は、増設費用として約15万円程度かかるようです。
4名ほどの名前なら竿石に彫ることができますが、それ以上の人数の名前を彫りたい場合は霊標も検討しましょう。

ちなみに、石材店が追加彫刻をする場合、現地で彫刻をするのではなく、墓石の彫刻部分を取り外して持ち帰る場合があるため、運搬費用もかかる場合があります。
運搬費用も含まれているのか確認しておくと良いです。

また、お寺によっては石材店と提携していて、指定業者を使用しなければならない場合もあるようです。

戒名を掘らないという選択肢はあるのか?

ここまで戒名を彫る際の値段相場をご紹介してきましたが、戒名を彫らないという選択肢は可能かどうか、疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。

無宗教の人が多い日本人ですが、お墓にはあまりこだわらないという方もいるかもしれません。

結論から言いますと、必ず戒名を彫らなければならないという決まりはありません。

最近の傾向としては、そもそも戒名は受けずに俗名(生前の名前)でお葬式を行う人も増えてきているそうです。
よって、仏教に信仰のない方や戒名の必要性が感じられないという方は、戒名を彫らなくても問題はないのです。

ただ、戒名を彫らない場合、子孫にとってはご先祖様がどんな人だったのか、経緯が分からない場合もあるため、後世に残したいという理由で戒名を彫る場合があるようです。

戒名はいつの時期に彫刻すればいいのか

戒名はいつ彫刻すべきか、というのも悩ましい問題ですよね。

戒名はいつ彫らなければならないという明確な決まりはありませんが、あえて時期を言うとすれば納骨式までに済ませておくと良いです。
納骨は四十九日を目安に行われます。
墓石に戒名を彫刻するのは数日でできますが、2~3週間余裕をもっておくとスムーズです。

しかし、残された家族の気持ちの整理がついていなかったり、亡くなった翌日や数日経過したあとに納骨したりする場合もあるため、絶対に納骨前に戒名を彫刻しないといけないというわけではありません。
地域や宗派によって異なる場合もあるようなので、僧侶や石材店に確認するのが良いでしょう。

墓石にイラストなどの彫刻をする場合

お墓

無宗教の人が多いとされる日本人ですが、仏教に関わりがなかったり、名前を彫るのが嫌だったりする場合、最近では墓石にイラストを彫刻する場合もあるようです。

次に、墓石にイラストを彫刻する場合について詳しく見ていきましょう。

墓石にイラストを彫刻するのは問題ないのか

墓石にイラストを彫刻するのは問題ないのかと思われる方もいると思いますが、結論から述べれば問題ありません

宗派が関係している場合はお題目があるため、その文字を彫りますが、そのような場合でなければ、故人が好きだった言葉やイラストを入れても良いです。
仏教であれば、蓮の花を彫って入れる場合もあるようです。

イラストを彫る場合、故人が好きだった花が人気ですが、最近では技術が進み、愛犬の写真や模様を立体的に彫ったりと多様化してきています。
お墓参りする側も故人のことを想い、昔の思い出に浸ることができそうですね。

イラストを彫刻する際の値段相場

イラストを彫刻する場合、墓石の形は洋型やデザイン型の墓石になります。
イラスト彫刻の値段の相場2万円~5万円程度です。

最近の技術の進歩により、自分で書いたイラストを彫刻してもらうことも可能な石材店もあるそうです。
専用のノミを使用し強弱をつけながら彫っていくことで写真のような仕上がりにする技法を「影彫り」といいます。
料金は石材店によっても違いますし、使用されている石材によっても違いが出てきます。

写真のように色を付けて仕上げることも可能ですが、値段はまちまちで最低でも10万円からと考えておいた方が良さそうです。

見積もりは基礎工事代金も含まれていることがあり、具体的に料金が知りたい方は一度石材店へ問い合わせてみましょう。

墓石への彫刻の値段についてまとめ

お金

今回「終活ねっと」では墓石の彫刻の値段についてお話しましたが、いかがでしたか?
この記事から

  • お墓に家名を彫刻する場合、基本的には墓石代に含まれており平均して70万円~200万円程かかる

  • お墓に戒名彫刻を行う場合、戒名をつけてもらう際の2万円~100万円程度のお布施料と魂抜きの1万円~5万円程度のお布施料、石材店への支払いとして2万円~8万円程度の料金がかかる

  • お墓にイラストを彫刻する場合、約2万円~5万円程度必要となる

以上のことがわかりました。

お墓に家名を彫る場合、戒名彫刻をする場合、イラストを彫る場合の値段の相場についてお分かりいただけたのではないでしょうか。

彫り方や条件によって彫刻費用は変わるので、詳細はお寺や提携している石材店に確認してみることをおすすめします。

「終活ねっと」では、他にもお墓を建てる際に役立つ情報を沢山取り上げていますので、合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 墓石への彫刻は戒名?俗名?どっち? 彫名準備は早めの確認が鍵!!のサムネイル画像
    墓石への彫刻は戒名?俗名?どっち? 彫名準備は早めの確認が鍵!!

    亡くなった時に付けられることの多い戒名。この戒名は墓石に彫られることが多いです。しかし俗名ではいけないのでしょうか?そもそも必ず墓石に彫刻しなければならないものなのでしょうか?今回は気になることをまとめて紹介していきます。

  • 戒名って永代供養墓にも必要?戒名不要の選択肢がある?のサムネイル画像
    戒名って永代供養墓にも必要?戒名不要の選択肢がある?

    最近増えてきているお墓の選択肢、永代供養。今回は永代供養墓について紹介していきます。またお墓に欠かせない戒名は、永代供養の場合どうなるのでしょうか?戒名についてもみていきましょう。

  • 墓石に名前を彫るのに値段はいくらかかる?名前を掘るタイミングは?のサムネイル画像
    墓石に名前を彫るのに値段はいくらかかる?名前を掘るタイミングは?

    お墓がすでにある場合には、そのお墓に納骨をする際に墓石に名前を彫ることになります。この名前を彫るための値段やタイミングが気になっている人もいるのではないでしょうか。ここでは、その墓石に名前を彫るための値段やタイミングについて紹介します。

  • お墓に彫る戒名について解説します!のサムネイル画像
    お墓に彫る戒名について解説します!

    お墓や位牌に書かれている「戒名」は、お葬式でお経と一緒に読み上げられます。戒名とは何故つけられるのかまでは、無宗教の人が多い現在の日本では知らない人がいるでしょう。お墓や位牌に刻む戒名は、故人が極楽浄土にいけるように菩提寺の僧侶がつけてくれる大切な名前です。

  • お墓に文字や絵柄を彫刻する時に知っておきたいことをまとめました!のサムネイル画像
    お墓に文字や絵柄を彫刻する時に知っておきたいことをまとめました!

    お墓を建てる際に彫刻を自由にデザイン出来ることはご存知の方も多いと思います。しかし、お墓を建てる機会はそうあるものではないので、お墓へ彫刻する際に必要な知識は得られにくいのが現状です。今回は、そんなお墓の彫刻する際に必要な費用や手順について詳しく紹介します。

  • お墓の彫刻にかかる費用ってどれくらいなの?お墓の彫刻を徹底解説!のサムネイル画像
    お墓の彫刻にかかる費用ってどれくらいなの?お墓の彫刻を徹底解説!

    お墓には何らかの形で彫刻が施されています。中にはそこに眠る故人の信仰の形が表れている場合も少なくありません。さて、このお墓の彫刻にはどのくらいの費用が必要なのでしょうか?今回は、お墓の彫刻に必要な費用について見ていきましょう。

  • お墓に戒名を彫るのにかかる費用相場はいくら?|戒名料・墓石のサムネイル画像
    お墓に戒名を彫るのにかかる費用相場はいくら?|戒名料・墓石

    戒名について聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。戒名とは「○○院××居士」と記載されるものです。お墓にも戒名は彫られていますが、そのためにどのくらいの費用が必要なのでしょうか。今回は、お墓に戒名を彫るのに必要な費用についていろいろ見ていきましょう。

  • お墓に戒名彫刻をする際の流れや費用の相場をご紹介しますのサムネイル画像
    お墓に戒名彫刻をする際の流れや費用の相場をご紹介します

    お墓を建てた際にさまざまな彫刻が施されていますが、その中でも故人に直接かかわるものが戒名と呼ばれる亡くなってからつけられる名前です。この戒名ですが、どのような流れでお墓に彫刻され、またその際にどのくらいの費用が必要となるのでしょうか?

  • 【解説】墓石に戒名彫刻するための値段相場は?石材店はどう選ぶ?のサムネイル画像
    【解説】墓石に戒名彫刻するための値段相場は?石材店はどう選ぶ?

    墓石に刻まれる一見すると見覚えのないような名前が戒名ですが、戒名彫刻のための値段が気になるという方も多いのではないでしょうか。どのような値段の相場で、かつどのようなプロセスを経て墓石に戒名彫刻が行われるのでしょうか?納得いくお墓建立のために見ていきましょう。

  • 墓石への戒名彫刻はいくらくらいの値段?戒名彫刻に関する疑問を解決のサムネイル画像
    墓石への戒名彫刻はいくらくらいの値段?戒名彫刻に関する疑問を解決

    お墓の悩み事と言えば、墓石のこと、値段のこと、そして戒名のことが思い浮かびます。ここでは、戒名のつけ方や墓石のどこにいつ彫るのか、そして気になる値段の相場といった疑問について取り上げます。ぜひ最後までお読みいただき、これら疑問の解消の一助としてください。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す