もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

先祖代々のお墓を守ったり、お墓を建ててそのお墓にご遺骨を納骨するという供養方法ではなく、最近では新しいスタイルの供養方法を選ぶ人が増えてきています。ここではお墓の新しいスタイルについて紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

目次

  1. お墓の新しいスタイルについて
  2. お墓を持たなくてもいいのか
  3. お墓を継承できない場合の永代供養
  4. 新しいご遺骨の供養方法
  5. 手元供養で故人を身近に感じるスタイル
  6. お墓の新しいスタイルについてまとめ

お墓の新しいスタイルについて

お墓

お墓の新しいスタイルについて、最近は故人を供養する方法も色々あると感じる人もいるのではないでしょうか。
テレビや雑誌、インターネットでも永代供養という言葉を良く聞くようになり、今までのスタイルでの供養ではなく、新しいスタイルで供養を考える人も増えてきています。

とはいっても

  • 新しい供養方法にはどのようなスタイルがあるのか
  • どんなメリットやデメリットがあるのか
  • 今お墓がある人でも新しいスタイルで供養できるのか

などのことが気になっている人もいることでしょう。

そこで今回終活ねっとでは、お墓の新しいスタイルについて解説していきます。

  • お墓を持たなくても新しいスタイルで供養できるのか
  • 永代供養について
  • 新しいスタイルのご遺骨の供養方法
  • 故人を身近に感じるスタイルの供養方法

以上の点について紹介します。

今の供養法には少し不満を感じている、新しいスタイルの供養方法で終活を考えている人は、ぜひ最後までお読みください。

お墓を持たなくてもいいのか

困った人々

新しいスタイルの供養方法では、昔から行われている先祖代々のお墓を守る方法ではなく、お墓を持たずに供養する方法もあります。

お墓を持たないことにより、お墓の清掃をする必要もありませんし、お墓の管理負担もなく、お墓を新しく建てることも必要ありません。

ただ、そもそもお墓を持たなくてもいいのかと疑問を感じる人もいると思います。
しかし、お墓を持たなくても供養することができるのが新しいスタイルです。

この新しいスタイルが選ばれるようになっている理由には、現代社会での問題も関係しています。

お墓の維持が難しくなってきている

新しいスタイルが選ばれている理由の多くに、現代社会ではお墓の維持が難しくなってきていることがあげられます。

高齢化によって年々お墓を守るのが難しくなっている人もいますし、少子化によってお墓を守る人がいない場合もあります。
非正規社員が増えている現代では、檀家料を支払うことを負担に感じている人もいるでしょう。

このような現代社会の問題から、お墓の維持が難しくなり、新しいスタイルの供養方法を選ぶ人が増えてきているのです。

新しいスタイルの供養方法は、現代社会に適した供養方法とも考えることができます。

お墓を持たないことによる問題点

では、お墓を持たないことによる問題点は何でしょうか?

お墓は故人をしのぶ場所でもあり、お盆やお彼岸には先祖代々のお墓参りをするのが一般的です。
よって、お墓がなくなると、「お墓参りができない」「どのように供養をしたらいいのか」と思う人もいるでしょう。
しかし、新しいスタイルの供養方法でも、昔から行われているお墓参りをすることができます。

ただ、今あるお墓を処分して新しいスタイルで供養しようとすると、親族間でのトラブルにも発展することがあります。

お墓は先祖代々のご遺骨が納骨され、承継者だけの判断で処分をしてしまうとトラブルのもとです。
お墓の処分を考えている人は、親族ともよく話し合い、納得をしてもらったうえでお墓の処分をしましょう。

お墓を継承できない場合の永代供養

お墓

先祖代々のお墓を守ってきたけど、「子供がいないために、お墓を承継する人がいない」「子供が遠方で生活をしているため、先祖代々のお墓を守るという負担をかけたくない」と考えている人も多いです。

したがって、お墓を継承できない場合に永代供養を選ぶ人が増えてきています。

永代供養にはいくつかの種類があり、メリットやデメリットがあります。
永代供養を考えている人は、これらのこともよく確認してから利用するかを考える必要もあります。

一定期間個人墓として利用する永代供養墓

故人の供養は、やはりお墓を建てて供養したいと考えている方もいるでしょう。

永代供養では、そんな方向けに個人墓として利用する永代供養墓も用意されています。
個人墓を建てるなら、今まで通り、お墓に立ち寄り、お花や故人が好きだったものを供えたり、線香を立てたりすることもできます。

現代社会がどのように変わっても、お墓は今まで通り用意したい人もいます。
しかし、お墓の管理を考えると一般的な墓地にお墓を建てるのは抵抗を感じる人もいるでしょう。

永代供養ではお墓の管理は霊園や寺院がしてくれるので、管理の負担を感じることもありません。
ただし、永代供養での個人墓は一定期間経過すると合祀されるので注意しましょう。

すぐに合祀するスタイルの永代供養墓

永代供養では、個人墓を建てることなく、[emp1]すぐに合祀をするスタイルの永代供養墓[/emp1もあります。
合祀とは、他の人のご遺骨と一緒に埋葬する方法のことです。

合祀といっても、共有の参拝スペースが用意され、お花を供えたり、線香を上げたりすることもできます。
また、お盆やお彼岸などでは合同供養祭なども行われ、お墓参りが難しい時でもしっかりと供養をしてもらえます。

永代供養のメリット

永代供養のメリットには、費用を抑えられる、宗教や宗派を問わない、交通の便が良いなどのメリットがあります。

個人墓を建てると費用は高いですが、合祀をすればお墓を建てる必要がないため、その分費用を抑えることができます。
お墓を建てるとなると数百万円の出費が必要になるケースもあり、子供に自分のためにこの負担をかけさせたくないと、生前に永代供養の利用を考える人もいます。

また、永代供養では宗教や宗派を問わず、どなたでも利用することができますし、霊園や寺院によっては利便性の良い立地のところもあり、お墓参りをする人にもメリットがあります。

その他にも、継承者がいなくても良い、お掃除の手間がないなどのメリットもあります。

お墓の継承者がいなくても構わない

高齢化や少子化によってお墓の継承者がいなくなることは、現代では多くの人が抱える問題となっています。
お墓の継承者がいない状態で放置をしてしまうことで、供養する親族や縁者がいない無縁墓となってしまいます。

都市部では、霊園によってはこの無縁墓が10%程度も占めるとも言われています。

お墓を守る人がいない、先祖代々のお墓を無縁墓にはしたくない人も、お墓の継承者がいない人が多い現代では、この永代供養には大きなメリットを感じている人も多いです。

お墓の清掃などをする必要がない

永代供養墓ではお墓の清掃などをする必要がありません。

お墓があると清掃が大変と感じている人も多いことでしょう。
高齢者にとっては、近くにお墓があってもお墓まで行くのが大変と感じることがあります。
また、お盆やお彼岸前には、お墓を綺麗にしたり、草取りをしたりしたいと思っても、慣れない作業は大変です。

若い人でも仕事が忙しく、お墓の掃除を負担に感じる人もいるでしょう。
お墓の掃除の負担も永代供養を利用することでなくすことができます。

永代供養のデメリット

永代供養ではメリットばかりが注目されますが、デメリットもよく確認して、このデメリットを受け入れられるのかもよく検討しましょう。
ここでは、永代供養のデメリットについて見ていきましょう。

ご遺骨を取り出すことができない

個人墓を利用する場合には、ご遺骨を取り出すことができますが、合祀を利用する場合には、二度とご遺骨を取り出すことができないと考えておきましょう。

なぜなら、合祀は他の人のご遺骨と一緒にしてしまうたので、ご遺骨を埋葬すれば誰のご遺骨なのかを区別することができないためです。

また、個人墓を建てたとしても、一定期間を過ぎれば基本的には合祀となってしまいます。
合祀になる前なら、霊園を変えたいと思えば別の霊園を利用することができますが、個人墓でも合祀となってからではご遺骨の取り出しはできません。

個人墓、合祀ともに、ご遺骨は取り出せないことを了承したうえで永代供養を利用する必要があります。

親族間で揉める可能性がある

永代供養にするときの注意点としては、親族間で揉める可能性があることです。
自分には子供がいないため、お墓の承継者がいないと永代供養を考える人が多いのですが、この際には、一度親族にも相談することをおすすめします。

先祖代々のお墓は、自分の子供達が承継するものだと思っている人もいるでしょうが、自分の子供でなくてもお墓を承継することは可能です。
つまり、お嫁に行って姓が変わっていても、血縁者でなくてもお墓の承継は可能です。

基本的には、お墓の承継は誰でも可能なことから、祭祀承継者の判断でお墓を処分したとしても、そのことで親族間のトラブルが発生しています。
自身がお墓を守ることができなくても、親族の中には先祖代々のお墓を守りたいと考えている人もいるかもしれません。

お墓を処分するかは、承継者の判断ですることは可能ですが、単独で判断するのではなく、親族ともよく話し合ってトラブルが起きないように良い選択をしましょう。

新しいご遺骨の供養方法

人々

お墓を守ること、管理することが困難になった現代では、永代供養は新しいご遺骨の供養方法のスタイルとして多くの人に選ばれています。
新しいご遺骨の供養方法は、この永代供養以外にもあり、自分の希望に合った供養方法を選ぶことができます。

今までは昔からの日本の習慣によって先祖代々のお墓を守るのが一般的で、これが当たり前のことだと思っていた人も多いことでしょう。

しかし、今の現代では昔ながらの供養方法では困難な人も多く、そんな人でも安心して供養ができる方法が選ばれています。

樹木葬

樹木葬を初めて聞いた人もいるかもしれませんね。
一般的なお墓では墓石を建てることでお墓であることが分かりますが、樹木葬は墓石の代わりに樹木を用いたお墓のことです。

シンボルとなる樹木も霊園や寺院によって特徴があり、白やピンク色の花をつけるハナミズキの周りにご遺骨を埋葬する、日本を代表する桜、モミジなどをシンボルとした樹木葬もあります。
その他にも、樹木葬といっても草花で彩られた洋風の樹木葬も存在します。

樹木葬と聞くと散骨をイメージする人もいるかもしれませんが、あくまでも墓石が樹木になっただけで、一般的なお墓と同じ埋葬方法です。
この樹木葬でも、合祀としている埋葬方法もあれば、個別に骨壺を埋葬する方法もあります。

樹木葬では料金が安く設定されていることが多いため、樹木葬を選ぶ人も近年増えてきています。

樹木葬について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

こちらも読まれています

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

散骨

新しい供養のスタイルとして散骨を選ぶ人もいます。
散骨とはご遺骨を粉状にして、海や山などに撒く供養方法のことです。

この散骨では専門業者に依頼をし、個別の散骨でも20~30万円程度ですることができます。
これは船などをチャーターした場合で、委託散骨では5万円程度で済ませることも可能です。

散骨をすることでお墓を建てる必要もないため費用が大幅に削減できますし、霊園や寺院への管理費も必要ありません。
子供にお墓を守るという負担をかけることもなく、残された家族に負担をかけたくない人にも散骨を希望する人がいます。

ただ、散骨をすることでご遺骨を残すことができないため、お墓参りをすることができないというデメリットがあります。

手元供養で故人を身近に感じるスタイル

仏壇

手元供養とは、自宅などでご遺骨やご遺骨の一部を手元に置いて供養する方法のことです。

ご遺骨をお墓などに納骨しなくてもいいのかと心配な人もいるかもしれませんね。
ご遺骨は市区町村から認められた墓地や納骨堂に埋葬するという決まりごとがありますが、自宅でご遺骨を保管しても違法にはなりません。

この手元供養は、お墓を購入する必要もありませんし、管理費もかからず、費用が一切発生しないのがメリットの一つです。
また、家族が亡くなったことを受け入れることがなかなかできず、いつまでも個人をそばで感じていたい人にも、この手元供養が選ばれています。

この供養方法では、全てのご遺骨を手元に置いて供養するのではなく、ご遺骨の一部を手元に置いて供養する新しいスタイルが多くの人に選ばれています。

小さなご遺骨入れに入れる

いつまでもご遺骨を手元に置いて供養したいと考える人も多いのですが、家にご遺骨を置いていることを快く思わない人も多くいます。
そのため、手元供養をしたいと考えている多くの人に、骨壺を小さなご遺骨入れとして用意して、その中にご遺骨の一部を入れて供養をする方法が選ばれています。

骨壺と聞くと白い壺をイメージする人も多いかと思いますが、インテリアにも最適な骨壺も販売され、部屋に置いていても来客者が違和に感じることもありません。
骨壺以外にも、ご遺骨をペンダントに入れるのも人気があります。
ご遺骨の一部をパウダー状にしてペンダントに入れることでいつも一緒に居ることができます。

新しいスタイルの供養方法ですが、綺麗な骨壺やペンダントなどが販売されるようになり、手軽にこの供養をすることができます。

ご遺骨をダイヤモンドにする

小さな骨壺やペンダントに入れるにしても、やはりご遺骨を手元に置くのは抵抗がある人もいるでしょう。
抵抗はあるけど、手元供養をしたいと考えている人に人気となっているのがご遺骨をダイヤモンドにする方法です。

スイスの企業がこのサービスを開始し、ご遺骨を綺麗なダイヤモンドにすることで、周りの目を気にすることなくいつでもそばで供養することができます。
このサービスを利用することで、故人の方が綺麗なダイヤモンドに生まれ変わったと感じる人もいるようです。

ご遺骨から作ったダイヤモンドは、ご遺骨に含まれるホウ素によって青みがあるダイヤモンドになります。
この青色の濃さは人によって違い、ご遺骨で世界に一つしかないダイヤモンドを作ることができます。

お墓の新しいスタイルについてまとめ

人々

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、故人を供養するためのお墓の新しいスタイルについてみてきました。

  • 新しい供養では、永代供養の他にも、樹木葬や散骨、故人を身近に感じるスタイルがある
  • それぞれの供養方法でメリットもあればデメリットもある
  • 新しい供養法を利用することでお墓がなくても故人を供養できる
  • ただし、本当にお墓を建てなくてもいいのかはしっかりと考えないと後悔する可能性もある

などのことが分かりました。
最近は供養方法も大きく変わってきたと感じた人もいるでしょう。

現代では、高齢化や少子化の問題、生活スタイルも大きく変化しています。
この現代社会の問題や変化によって、故人の供養方法も変化しているようですね。
現代社会に合った供養方法で故人の供養、終活を考えてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

シェアする

「お墓・新しい・スタイル」に関連する記事

  • お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?のサムネイル画像

    お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?

    お墓を持たないということについて考えたことはありますか?お墓の後継者がいなかったりしてお墓を必要なしとする人が増えているそうです。お墓を持たないといってもどうすればいいのか分かりませんよね。そんなお墓を持たないことについて今回は調査してみました。

  • お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!のサムネイル画像

    お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

    お墓の継承者がいない、子供に迷惑をかけたくないなどの理由から、お墓を持たない選択をする人が増えています。お墓を持たないことは可能でしょうか。今回はお墓を持たない選択に至る背景と、お墓を持たない場合の供養方法について詳しく解説していきます。

  • お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

    お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

    今、お墓をめぐる様々な問題があふれています。継承者のいないお墓が増加する一方、お墓を持たないことを選ぶ人も少なくありません。少子高齢化や未婚率の上昇、経済の低迷など、目まぐるしい社会の変化と共に表面化してきたお墓が抱える問題についてご紹介します。

  • 永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とはのサムネイル画像

    永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とは

    独身でいることでお墓のことに不安を感じている人もいるのではないでしょうか。 お墓がある人でも承継者がいない、お墓がない人は自分でお墓を建てるのかと不安を感じている人に最適なのが永代供養です。 ここでは、独身の方でも安心な永代供養について解説していきます。

  • 永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

    永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

    近年、少子化や核家族化が進み、承継者がいない墓が多くなりました。将来墓参りをする人がいなくなっても、供養や管理をしてくれる永代供養の家族墓であれば、無縁墓になることもなく安心できますよね。今回は永代供養の家族墓について、どのような特徴があるのか解説いたします。

  • 永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!のサムネイル画像

    永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!

    子世代が遠方に住んでいる人は、お墓の管理についてどのようにお考えですか?永代供養は親子双方にメリットがありますが、一方で思わぬデメリットもあります。永代供養のお墓にした後で困らないよう、デメリットとメリットについてまとめましたのでぜひ参考になさって下さい。

  • 墓石なしのお墓の供養方法について解説しますのサムネイル画像

    墓石なしのお墓の供養方法について解説します

    先祖代々が眠るお墓ですが、最近墓石を持たない「墓石なし」の供養方法が注目を集めています。 墓石なしのお墓とはどのようなものなのでしょうか?墓石を持たない代わりに、どのような供養をするのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

  • 『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

    『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

    少子化や非婚化が進む流れの中、維持や管理に負担がかかるお墓はいらないと考える方が急速に増えています。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養の仕方や墓じまいの方法について解説します。お墓はいるのか?いらないのか?の決定に役立つ、知っておきたい知識です。

  • 墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

    墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

    最近では墓じまいをして手元供養を考える人もいるようです。 手元供養なら身近に遺骨を置くことができるのでいつも一緒にいることができますし、お墓の承継者や経済的な負担の問題から手元供養を選ぶ人もいます。 ここでは、墓じまいをした後の手元供養の方法について紹介します。

  • 近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

    近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

    お墓に対する考え方は日々変化しています。少子高齢化や核家族化など、その理由は様々です。近年のお墓事情はどのようになっているのでしょうか?昔と変わったことや海外のお墓事情まで、お墓についてを詳しく解説していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・新しい・スタイル」についてさらに知りたい方へ

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?のサムネイル画像

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!のサムネイル画像

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とはのサムネイル画像

永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とは

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!のサムネイル画像

永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!

墓石なしのお墓の供養方法について解説しますのサムネイル画像

墓石なしのお墓の供養方法について解説します

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・新しい・スタイル」についてさらに知りたい方へ

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?のサムネイル画像

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!のサムネイル画像

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とはのサムネイル画像

永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とは

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと