ペットのお墓は自宅に建てられる?|供養・方法・費用相場・注意点

ペットのお墓は自宅に建てられる?|供養・方法・費用相場・注意点

ペットの寿命はヒトよりは短くていつかは別れの時がやってきます。亡くなってもずっとそばにいてくれるように自宅にお墓を作ってあげたいと思われている方もいるのではありませんか?そこで愛するペットが亡くなった時に自宅でお墓を作って供養する方法をご紹介します。

2019-11-06

自宅にペットのお墓を作ることについて

お墓

家族の一員として一緒に暮らしてきたペットとも、いつかはお別れする時が来ます。
ペットの寿命は人よりは短いです。
悲しいことですがペットが天国で幸せに暮らしていけるように心を込めて供養してあげましょう。

最近ではペット霊園などで火葬してお墓に入れるという供養の仕方もあります。
しかしペット霊園が近くない、いつもそばにいて欲しいという理由で自宅で供養される方も増えてきています。

そこで今回終活ねっとでは、自宅でのペットの供養について以下のことを中心に解説させていただきます。

  • 自宅でのペットの供養の仕方

  • 自宅に建てるペットのお墓の費用相場

  • 自宅にお墓を建てる時の注意点

  • ペットのお墓のおすすめ商品のご紹介

ペットが亡くなるとペット霊園などで火葬する方が多いです。
その後、そのご遺骨をどのようにして供養するかは人によって様々です。
ペットの供養方法はこうしなければいけないという明確な決まりはありません。
飼い主さんがしてあげたいと思う供養の仕方が一番良い方法と言えます。

この記事ではいろんな供養方法がある中で、自宅でのペットの供養の仕方について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

自宅でのペットの供養の仕方

お墓

愛するペットが亡くなった時に自宅で供養してずっとそばにいて欲しいと願っている方もおられることでしょう。
自宅でペットを供養する方法や注意点などについて解説いたします。

庭がある家

庭がある家であれば、そこに埋葬することによってペットも住み慣れた場所なので安心して眠ることができるでしょう。
また自然に還るという意味でも土に埋めるという方法も良いかもしれません。
自宅の庭にお墓があればいつでもお参りすることもできますし、いつまでも一緒にいるような気がして愛するペットを身近に感じることができます。

ここでは自宅の庭にお墓を作る時の手順や注意点などをわかりやすく解説します。

埋葬する場所

庭に埋葬する場合、まずは火葬するか土葬するかを決めましょう。
猫や小型犬なら土葬でも大丈夫ですが、大型犬は火葬したほうが良いでしょう。

それから埋葬する場所を決めます。
人が踏んだりしないところ、一般的には庭の隅の方に作る方が多いです。
雨水が溜まらない水はけのよい場所にしましょう。
お墓と一目でわかると不快に思う方もいるかもしれませんので、通りや隣近所から見えない場所にお墓を作るのが望ましいです。

どれくらい穴を掘る?

土葬の場合はペットの大きさにもよりますが、どれくらい穴を掘るかという問題についてですが、少なくとも深さ1mぐらいは穴を掘るようにしましょう。
仮装した場合は50cmぐらいの深さでも大丈夫ですが、雨水で土が流れることも考えて上には盛り土をした方がいいでしょう。
浅い穴だと動物が掘り返したり、においがする場合があります。

埋める時は麻などの布に包むか直接埋めるようにしましょう。
ビニールに包むといつまでも土に還ることができませんので注意が必要です。

墓石の用意

埋葬したら目印になるように墓石の用意をしましょう。
墓石用のものを購入してもいいですが、少し大きめの丸く平らな石を拾ってきて置いても構いません。
ちなみに石は公園など公共の場からは持ち帰ることはできません。
川や海岸などで探しましょう。

お線香や花瓶などの用意

お墓ですからお線香やお花などをお供えしてもいいですね。
ペットには宗教の概念はありませんが、供養したいと思う気持ちが大切です。
家族の一員として今まで一緒に暮らしてきたのですから、心を込めてお参りしましょう。
花の種を植えてお墓の周りに常に花が咲いているようにするのもいいですね。

注意点

注意点として、庭に埋葬する時に水道管やガス管などが通っていないかの確認が必要であることが挙げられます。
雨水が溜まりやすいところは避けましょう。

土葬の場合、土に還るには何十年もかかる場合がありますので、引っ越しなどで掘り起こさなければいけないようなかわいそうな事態にならないようによく考えて埋葬しましょう。

庭がない家

マンションなどの庭がない家はどのように供養してあげればいいのでしょう?
庭がない場合は土葬はできませんので、ペット霊園などで火葬してもらいます。
ここでは庭がない場合のペットのお骨を供養する方法をご紹介します。

ベランダでのお花供養

ベランダでのお花供養としてペットのご遺骨をパウダー状にして土と混ぜてプランターに埋葬するという方法があります。
プランターにお花を植えてあげると、常に綺麗な花が咲いてペットの供養にもなります。

ハムスターや小鳥などの小動物の場合は、直接ご遺体を埋葬しても大丈夫ですが完全に体が無くなるのには何十年もかかりますので、掘り起こすことがないように底の方に埋葬しましょう。

大きなご遺骨の場合も同様ですのでパウダー状にするのが望ましいです。

ペット用の仏壇

骨壺を収めることができ、写真も飾れてロウソク立てや線香立て、花瓶などがセットになっているペット用の仏壇もありますのでそちらを用意するのもいいかもしれません。
サイズや素材も様々ありますのでペットのイメージにピッタリなものを探しましょう。

手元供養

お骨をすべてあるいは一部を持ち帰り家に置いておくことを手元供養と言います。
愛するペットと離れたくない、いつも身近に感じていたいという方が行うことが多いようです。

ご遺骨をパウダー状にしてペンダントや指輪に入れることもできます。
かわいい骨壺もありますのでそこにお骨を入れてお部屋の中に置いておくという方法もあります。

散骨

ペットの散骨について法律の規制はありません。
基本的には海でも山でも散骨してもいいということになります。
しかし、最低限のマナーは守りましょう。

また、ご遺骨はできるだけパウダー状にしましょう。
大きな骨のままだと自然に還るのに時間がかかりますし、海岸に流れ着いたりすれば嫌な気持ちになる方もいるかもしれません。

海の場合は、海水浴場や漁港、釣り場近くは避けるようにします。
自宅の庭なら問題ありませんが、山などの場合は所有者の許可が必要な場合もあります。
自治体によってはペットの散骨を禁止しているところもありますので確認が必要です。

自宅で建てるお墓の費用相場はどのくらい?

お金

自宅にペットのお墓を建てる時の費用はどのくらいなのでしょう?
ペットの大きさによりますが、ペット霊園などで火葬をしてもらう時の火葬のみの費用相場は1万円~3万円ぐらいです。

大きさや形によりますが墓石は5000円~5万円ぐらいです。
外国産より国産の御影石は値段が高くなる傾向です。
好きな文字を入れてもらうこともできますし、好きな形に加工してもらうことも可能です。

飼い主さんが気に入った形の墓石を用意されるのが一番です。
感謝の気持ちを伝えて供養してあげることでペットも喜んでくれることでしょう。

お墓の費用について更に詳しく知りたい方はこいらをご覧ください

自宅にお墓を建てる際の注意点

お墓

では自宅にお墓を建てる際の注意点としては何があるでしょうか。
自宅にペットのお墓を建てることは、自分の所有地であれば何も問題ありません。

しかし遺骨にしろ、土葬にしろ、庭などに埋葬した場合、完全に土に還るには長い年月がかかりますので、動物などに掘り起こされないように気を付けましょう。
また、雨で土が流れて埋葬したところがむき出しにならないようにしてください。
臭いがしないように深く埋めて、周りに香りの強い花を植えてもいいかもしれません。
近くに水場や畑がある場合は、汚染する可能性もありますので埋葬する場所をよく考えて決めましょう。

骨壺の自宅安置は問題ないのか

骨壺を自宅に安置すること特に問題ありません
しかし家族間で意見が分かれた場合は、よく話し合って最善の方法を考えましょう。

ペット用の納骨堂に安置することを検討しても良いかもしれません。
お仏壇にペットの骨壺を安置するのは問題はありませんが、ご先祖様の中には動物が苦手な方もいるかもしれません。
ペットの方も落ち着かないでしょうから、ペットの骨壺はお仏壇とは別のところに安置して供養してあげる方が望ましいです。

勝手に自宅に埋葬しても平気?

ペットのご遺骨などを勝手に自宅に埋葬してもいいものなのでしょうか?
自分の所有地なら勝手に埋葬しても基本的には問題ありません。
しかし、ご近所や道路からはっきりとお墓とわかると不快に思う方もおられるかもしれません。
においが気になる場合もあります。

自宅に埋葬する時は、できるだけ目立たないところを選びましょう。
隣近所のことを考えた配慮をすることも大切です。

ペットのお墓におすすめ商品

お墓

ペットのお墓のおすすめ商品をご紹介します。

自宅にペットのお墓を作るまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは自宅にペットのお墓を作ることについて解説いたしましたが、参考になりましたでしょうか?

この記事では以下のような事柄について解説しています。

  • ペットの供養方法に決まりはなく、飼い主さんが納得できるような方法で供養してあげることが大事。

  • 自宅の庭にペットのお墓を作る事は、所有地であれば何も問題ないが、最低限のマナーを守るべき。

  • ペットのお墓の費用相場は火葬費用に1万円〜3万円、墓石代で5000円~5万円。

  • 庭がない場合は、お花供養や手元供養、散骨などの方法がある。

ペットを家族の一員と考えている方は多く、そんな大事な存在だからこそ離れてもそばに感じたいですよね。
自宅でペットの供養をする方法は様々ですが、飼い主さんにとってもペットにとっても最適な方法であることが一番大切です。
自宅でお墓を建てるにあたっての問題と向き合いながら、しっかり気持ちのこもった供養ができるといいですね。
こちらの記事が参考になれば幸いです。

終活ねっとでは、ペットの供養方法や葬式の仕方などもご紹介していますので、他の記事もあわせて読んでご参考にしていただけると嬉しく思います。
最後までご覧いただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「ペット・お墓・自宅」に関連する記事

  • 大切なペットとのお別れ!お墓や供養の方法について考えるのサムネイル画像
    大切なペットとのお別れ!お墓や供養の方法について考える

    長年連れ添ったペットが亡くなると、悲しみも強く直ぐにお別れが出来ないという人も多いでしょう。しかし大切だからこそ、お墓を作ったりして丁重に供養してあげたいと思うもの。そこで今回はペットの供養について、お墓や埋葬方法などもご紹介します。

  • 大切なペットのために・・・最期にやってあげたいペット埋葬とはのサムネイル画像
    大切なペットのために・・・最期にやってあげたいペット埋葬とは

    ペットは心を癒す存在で家族同然に思っている人がほとんどです。大切な存在であるペットが死んでしまうということはとてもショッキングなことではありますが、愛するペットのために最期にできることは埋葬してあげることです。そこで今回はペットの埋葬についてご紹介します。

  • 愛するペットのために…知っておきたいペット霊園のことのサムネイル画像
    愛するペットのために…知っておきたいペット霊園のこと

    生きている限りは必ず死は訪れ、それは愛するペットでも同じことです。永遠の別れが来た時に愛するペットのためにできることはしっかりと供養してやるということです。近年ではペット霊園を利用する飼い主さんも増えています。そこで今回はペット霊園についてご紹介します。

  • ペットの遺骨はどう供養する?|自宅・埋葬・アクセサリー・パウダーのサムネイル画像
    ペットの遺骨はどう供養する?|自宅・埋葬・アクセサリー・パウダー

    最近はペットも家族の一員として葬儀を挙げ、火葬をして忌う方が増えています。では、火葬後のペットの遺骨はどのように供養すれば良いのでしょうか?一昔前は庭先に埋めるが一般的でしたが、今は様々な弔い方があるようです。今回は、ペットの遺骨供養についてお話しします。

  • ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介のサムネイル画像
    ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介

    ペットも家族同然。そのような想いでペットと生活している人は多いでしょう。でも、命あるものはいつか必ず死を迎えます。ペットのお墓について考えたことはありますか?どのように供養してあげたいですか?また、一緒のお墓に入れることは可能なのでしょうか?

  • 亡くなったペットを納骨堂で供養してもらうにはどうすればいい?のサムネイル画像
    亡くなったペットを納骨堂で供養してもらうにはどうすればいい?

    愛するペットが亡くなり、ペットの納骨堂で供養をしてもらう決心したけれど、どのようにしたらよいのでしょうか。今回はペットの納骨堂の施設や許可、費用はどれくらいかかるのかを、ペットを納骨堂に納めず、自宅で埋葬する方法も含めて紹介します。是非最後までご覧ください。

  • ペットの供養方法は?|お寺・線香・お供え・お花・家・供養グッズのサムネイル画像
    ペットの供養方法は?|お寺・線香・お供え・お花・家・供養グッズ

    今やペットは大切な家族の一員です。いつまでも元気でそばにいて欲しい存在ですね。 でも、いつかお別れをする時がきます。 その時のことを考えたことがありますか? 供養の方法は? 供養に必要なものは?等 もしもの時ペットと後悔しないお別れができるように最後までお読みください。

  • ペットの埋葬についての費用や方法・注意点について解説します!のサムネイル画像
    ペットの埋葬についての費用や方法・注意点について解説します!

    最近はペットを家族同然に可愛がり、亡くなった際にはやはり人と同じように葬儀を出し埋葬を規模する方が数多くいます。 しかし人間と違いペットの埋葬はあまり馴染みがなく、どのような方法があるのか余り情報がありません。 今回はペットの埋葬について説明します。

  • ペットのお墓の費用っていくらかかるの?相場や内訳を紹介します!のサムネイル画像
    ペットのお墓の費用っていくらかかるの?相場や内訳を紹介します!

    家族の一員であるペットとの悲しい別れが来たらお墓に入れてあげたいと思いませんか?しかしペットのお墓の費用っていくらぐらいが相場なのでしょうか?そこでペットのお墓の費用について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!のサムネイル画像
    大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!

    大事なペットが亡くなってしまったらどうすればいいのでしょうか。ペットを永代供養をする場合にはどのような手続きが必要なのか、その費用はどのくらいかかるのかご紹介します。また永代供養以外の供養の方法もご紹介します。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す
女性オペレーターの画像

墓地・霊園に関するご相談はこちら

call 0120-585-045

まずはWEBからお墓を探す