真言宗で樹木葬ができる墓地・霊園をすべて紹介します!

真言宗で樹木葬ができる墓地・霊園をすべて紹介します!

ここ数年需要が増えている樹木葬。樹木葬では多くの墓地・霊園が宗教不問としていますが、自分が信仰している宗教・宗派での供養はできるのでしょうか?そこで今回は、真言宗だけど樹木葬で供養してもらいたいという人ために、真言宗の墓地・霊園での樹木葬について説明します。

最終更新日: 2018年09月29日

樹木葬と真言宗について

樹木

今までお墓といえば、先祖から受け継いだものを大事に守っていくという考えが一般的でしたが、「核家族化」や「少子化」により子どもがいない夫婦や独身の人も多く、お墓の継承が難しいという人も増えています。

昨今注目されている樹木葬は、従来のお墓とは違って後継者がいなくても供養してもらえることから、樹木葬での埋葬を希望する人も増えています。

樹木葬は自然の中で供養されることを目的としているため、多くの墓地・霊園が「宗教・宗派は問わない」としていますが、先祖代々真言宗を信じていて真言宗の信徒であったり、寺院の檀家だったりした場合に、真言宗の墓地や霊園で樹木葬をしてもらうことはできるのでしょうか?

そこで今回「終活ねっと」では樹木葬と真言宗について

  • そもそも樹木葬とは

  • 真言宗の人が樹木葬を行うには

  • 樹木葬以外の永代供養の方法

などを中心にご紹介していきます。

真言宗の信徒の方はもちろんですが、真言宗の寺院で樹木葬を考えている方は、この記事を参考にして頂けたらと思います。

樹木葬について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

樹木葬とは

お墓

終活をしていて、お墓や供養について調べていると、墓石を建てるお墓以外にも「樹木葬」や「散骨」「自然葬」といった言葉が目につくかもしれません。
樹木葬とはそもそもいったい何なのでしょうか?

樹木葬とは、土の中にご遺骨を埋葬する際に墓石の代わりに樹木を植樹したり、シンボルツリーとなる木の周りにご遺骨を埋葬して供養する方法のことをいいます。

海や山にご遺灰を撒いて供養する「散骨」と同じ自然葬になりますが、樹木葬は土の中にご遺骨を埋葬するので、法律で決められた場所でしか行うことができません。

日本で樹木葬が始まった当初は里山型といい、自然が多い郊外の墓地や霊園で埋葬した場所に樹木を植樹していく方法が一般的でした。
ですが最近は樹木葬の需要が増えていて、交通のアクセスが良い都市部にも樹木葬ができる都市型公園型といわれている墓地・霊園が作られています。

埋葬方法に関しても、単身者向けの個別埋葬タイプや他の人のご遺骨と一緒に埋葬される合祀タイプの他に、家族や夫婦、ペットと一緒に供養してもらえる共同埋葬タイプなど、ライフスタイルや個々のニーズに合わせた供養方法が選べます。

また、樹木葬は樹木を植樹することで森林や里山の保護になるとして環境にも優しい供養方法として注目されています。
自然の中に埋葬されるだけでなく、墓石を建てない分費用があまりかからないのもメリットといえるでしょう。

真言宗の方が樹木葬をするには

困った人々

真言宗の方が樹木葬をするには、どのようにしたらよいのでしょうか?

墓地や霊園の選び方には樹木葬をしている真言宗のお寺を探すもしくは宗旨・宗派を問わない樹木葬の霊園を探すという二通りの方法があります。

どちらの方法を選ぶにしても、墓地・霊園を見つけるには情報収集をしなければなりません。

先祖代々のお墓が真言宗のお寺にあり、ご自身がお墓の継承者であるなら、菩提寺であるお寺に相談することもできますが、多くの人はインターネットで樹木葬に関する情報収集をするのではないでしょうか。

インターネットには、樹木葬が行える真言宗のお寺や墓地・霊園のサイトの他に、樹木葬にかかる費用や注意点についてまとめたものもありますし、お寺、墓地・霊園の資料請求を一括ですることもできます。

樹木葬ができるお寺や墓地・霊園を決める際には、インターネットや資料で見たイメージだけで決めるのではなく、実際に見学に行き、立地条件や環境についても確認することが大切でしょう。

樹木葬をしている真言宗のお寺を探す

樹木葬を行うには「家族の同意」が必要ですが、樹木葬や散骨といった自然葬は、平成になってから増えてきた「新しいお墓」なので、家族をはじめ周囲の人の理解を得るのが難しいといわれています。

樹木葬は後継者がいなくても供養してもらえることがメリットといわれていますが、従来のお墓のあり方が良いと思っている人たちからすると「合祀タイプ」や「共同埋葬タイプ」が多い樹木葬は、自分の家のお墓ではないという思いが強く、お墓参りがしにくいと感じてしまうかもしれません。

先祖代々で真言宗を信仰しており、実家やご自身が真言宗のお寺とお付き合いがあるというのであれば、樹木葬をしている真言宗のお寺を探して、供養してもらうこともできるでしょう。

一番良いのは、長い付き合いがある菩提寺のお寺が樹木葬を行っていることですが、菩提寺以外の所でも同じ宗派のお寺で樹木葬を行っていれば、供養をお願いしやすいですよね。

お寺での供養が良い点は、一代限りの樹木葬であっても希望があれば年忌法要がしてもらえますし、僧侶をはじめお寺の関係者がお墓を見守ってくれるので、いままでのお墓と同じ供養のスタイルを取ってほしいと希望する家族や親戚に理解してもらえるというメリットもあるはずです。

宗旨・宗派を問わない樹木葬の霊園を探す

最初は樹木葬を行える真言宗のお寺を探していても、なかなかご自身や家族が希望する条件に合わない場合はお寺以外の宗旨・宗派を問わない樹木葬ができる墓地・霊園も探してみましょう。

お墓を作るときの条件といえば「費用」や「交通アクセス」「環境」があると思います。

樹木葬の場合、自然が多い場所に墓地・霊園を設けているお寺もあるので、真言宗のお寺で樹木葬を希望しても「交通のアクセス」が悪かったり、家族がお墓参りに行きにくい場所にあるかもしれません。
このようにお参りに行きやすい場所で樹木葬をしたい場合に「宗旨・宗派に問わない墓地・霊園」も探してみると、意外と条件にあった場所で樹木葬が行える可能性があります。

お寺以外の墓地・霊園の場合、合祀や個別での樹木葬だけでなく、家族や夫婦で埋葬してもらえる樹木もありますし、一代限りではなく先祖代々のお墓のように子供や孫は受け継いでいくシステムの樹木葬ができる墓地・霊園も作られています。

樹木葬は「死んだら自然に還る」ことを目的としており、多くの墓地・霊園が「宗教不問」としています。
宗教不問にすることで、どんなに信仰の人でも受け入れるという自然の力を大事にしているからだといえます。

樹木葬以外の永代供養について

お墓

ここまで、真言宗の人が樹木葬を行う際の墓地・霊園について説明してきましたが、樹木葬以外の埋葬方法として「永代供養」についてもまとめていきます。

永代供養は、樹木葬と同じく後継者がいなくても供養してもらえるので、近年希望する人が増えています。
現代は少子化ということもあり、お墓の継承に不安を抱えている人も多く、実家のお墓からご遺骨を取り出して合祀をする人やお墓はいらないけど「お寺で供養」をしてもらいたいという人が増えているということもあるでしょう。

永代供養の方法はお寺や施設によっても違いますが、合祀までの期間を決めてご遺骨を預かり、弔い上げの際に合祀墓に埋葬する方法と「最初から合祀」の方法があります。

合祀までの期間が決まっている場合には、合祀までの間年忌法要を行うこともできますし、ご遺骨を安置している「供養塔」にお参りすることも可能です。

ただ、合祀墓に埋葬すると、ご遺骨は取り出せなくなるので石のお墓と同じように改葬することができないのがデメリットかもしれません。

樹木葬と真言宗まとめ

お墓

今回「終活ねっと」では真言宗で樹木葬ができる墓地・霊園について説明していきましたが、お墓選びの参考にはなりましたか?
最後に、今回紹介したことをまとめています。

  • 樹木葬は散骨と同じ「自然葬」のひとつであるが、散骨とは違い土の中に埋葬するので、石のお墓と同様に法律で決められた場所以外で埋葬をすることはできない

  • 真言宗の人が樹木葬を行う場合「真言宗のお寺で樹木葬ができる所」を探すか、「宗旨・宗派問わない墓地・霊園」を探すか二通りの方法がある

  • 「真言宗のお寺で樹木葬ができる所」を探す方法は、一般的な供養方法を希望する家族も受け入れやすく、お寺に埋葬するので僧侶に供養してもらえるのもメリットである

  • 樹木葬ができる真言宗のお寺がアクセスが悪かったり、希望の供養方法とは違う場合、「宗旨・宗派問わない墓地・霊園」を探した方が、条件にあった供養方法や樹木葬の墓地を見つけられる可能性がある

  • 永代供養は樹木葬と同じく後継者がいなくても供養してもらえるため、近年希望者が増えている

  • 永代供養には合祀までの期間を決めて供養する方法と最初から合祀をする方法がある

  • 永代供養は合祀までの期間が決まっている場合は、年忌法要や供養塔にお参りをすることもできる

ここまで樹木葬と真言宗について解説してきましたが、自然と一体化する樹木葬と真言宗の教えである「即身成仏」は、決して相容れないことではないといえるでしょう。
「即身成仏」には、仏様と同じ心を持つという意味があり、自然を愛することや大切にすることも同様のことと考えられています。

真言宗を信じている人のなかには、お墓の継承者がいないから「樹木葬」を選ぶのは弘法大師の教えに背くことなのかなと不安になる人もいるかもしれませんが、「死んだら自然に還る」といわれる位なので、真言宗を信仰していながらも樹木葬を選んでも問題はないのです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事