樹木葬・自然葬のお参り方法についてマナーなどをご紹介!

樹木葬・自然葬のお参り方法についてマナーなどをご紹介!

終活の中で自分のお墓として樹木葬を選ぶ人は年々増加傾向にあります。しかし、樹木葬の場合、どのようなお参り方法となっているのでしょうか。この記事では、樹木葬のお参り方法について、注意すべきマナーなどを解説していきます。

最終更新日: 2018年05月26日

樹木葬のお参りについて

人々

亡くなった際の供養方法は、時代の流れとともにどんどん変わっていきました。
今の日本では、火葬をして石でできたお墓に入るというのが一般的ですが、価値観の多様化によって、様々な葬儀方法やお墓が生まれてきています。
中でも、樹木葬は自然に寄り添った供養方法として、人々から高い人気を得ています。

しかし、樹木葬にまだ馴染みがない人は、知らないことの方が多くあるでしょう。
その内の1つとして、お参りの仕方があります。
樹木葬のお参りの仕方とはどんなものなのか、注意すべきマナーは何か、分からない点はたくさんあることと思います。

今回の「終活ねっと」では、以下のようなことを解説していきます。

  • 樹木葬はどんな供養方法なのか

  • 樹木葬のお参り方法について

  • 樹木葬のお参りで気を付けておいた方が良い点

樹木葬のお参りの際に気をつけた方が良いマナーを樹木葬の種類別にご説明していますので、是非最後までお読みください。

樹木葬について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

そもそも樹木葬とは

困った人々

家族や友人などが樹木葬を行った場合、どのようにお参りをしたらいいのか知りたいと思われる方も多いと思います。

しかし、樹木葬は新しい供養方法でまだ馴染みがない方も多く、そもそも樹木葬とはどのようなものなのかをご存知でない方もたくさんいると思います。

この項目では、樹木葬とは何か、樹木葬の種類には何があるのかをご説明いたします。

自然葬の一種

樹木葬は自然葬の一種です。
自然葬とは、遺骨や遺灰などを自然の中に葬ることによって自然に還そうとする供養方法のことを指します。
樹木葬は、山や霊園などで樹木の周囲にご遺骨や遺灰などを埋葬するため、樹木葬と呼ばれています。

樹木葬の種類によってはお墓の継承を考える必要がなく、費用もあまりかからないため、自然が好きな人に選ばれやすい供養方法と言えます。

樹木葬には大きく分けて2種類ある

樹木葬には大きく分けて里山型と公園都市型の2種類のタイプがあります。
一つずつ確認していきますので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

里山型樹木葬

一つ目の里山型樹木葬は、街から離れた場所にある山や森などの広い所で埋葬します。
自然を活かした環境に良い方法であり、日本で初めて行われた樹木葬も里山型だったと言われています。

弔い方としては、遺骨を樹木の下に埋めるだけでなく、遺骨を粉砕し粉状にして山に撒くという方法もあります。
目印として墓標を建てる所もありますが、場合によっては遺骨の埋葬をするだけで何もしないこともあります。

また、里山型の樹木葬では一本の木に対し一人またはご家族数人などのご遺骨を埋葬するケースが多いのも特徴です。

公園都市型樹木葬

二つ目の公園都市型樹木葬は、都市部の中にある特定の敷地内で埋葬します。
都市部の中にあるため、里山型よりもお参りには来やすいという利点がありますが、その分場所を広くとることは難しいです。

埋葬方法も、霊園や墓地の樹木が植えられたの区画に複数のご遺骨を埋める方法、ご遺骨の埋葬時に1本の樹木を植樹する方法など、霊園や墓地によって様々です。
ご遺骨を個別に埋葬する場合は、遺族が希望すれば代々継承出来る所や一定期間後に永代供養塔に合祀される所もあります。

また、公園都市型樹木葬には樹木以外の植物が植えられたお庭のような区画に複数のご遺骨を埋葬するといったガーデニングタイプもあります。

樹木葬へのお参りの仕方

人々

樹木葬は都市部で行うにしろ、山林で行うにしろ、自然に関わる形で故人を弔う供養方法です。
そのため、樹木葬へのお参りの仕方は一般的なお墓で行うお参りの仕方とは違う部分があります。

例えば、里山型樹木葬の場合、墓地の管理者へお参りの時期を確認しなくてはならない場合があります。
人がお参りに行く度に管理者は里山の整備をする必要があり、その敷地も都市部の墓地と比べて広いため、管理者の負担が大きいです。
そのため、管理者がお参りの時期を規制している所が多く、事前にお墓参りができる日付を確認しておくことが求められます。

他にも、樹木葬は宗教・宗派を問わないところが多いので、お参りする際に宗教的な作法に関しては気にする必要がないとされています。

樹木葬にお参りする際に注意すべきマナー

困った人々

樹木葬のお参りに関して、作法を気にする必要がないことは先述いたしましたが、もちろんなんでもありというわけではなく、注意しておくべきマナーは存在します。
例えば、騒がしくしない、ゴミを散らかさずに片付けるなど、一般的なお墓参りと同じように常識的なマナーは変わらず守る必要のあります。

しかし、樹木葬だからこそ守らなくてはならないマナーもあります。
また、里山型樹木葬か公園都市型樹木葬によって、片方で出来ないことがもう一方では出来るなど、マナーに違いが出てくることがあります。
この項目では、里山型と公園都市型のマナーで注意すべき点をそれぞれご説明いたします。

里山型の場合

ここでは、里山型の場合のマナーを3つに絞ってご説明いたします。

基本火は使えない

お墓参りと言えば、ライターやマッチなどの火を持っていくことが一般的です。
しかし、お墓のある場所が里山で樹木葬の場合、火を使えば山火事になる危険性が高いため、お線香やろうそくなどに使われる火の使用が禁止とされています。

したがって、里山でお墓参りをする際は、火を使わずに手を合わせたり、お花を供えたりします。

お花の供え方

自然の中にあるお墓だからこそ、お花の供え方も異なります。
お墓参りでお花を供える際は、通常花瓶を使用することがほとんどでしょう。
しかし、お墓は自然の中にあるため、お花を供える際に花瓶を置くことは難しいのです。
そのため、持ってきたお花は土の上に直接置く形で供える場合が多いです。

樹木葬を選ぶ人の多くは自然の中で弔われることを望んでいるため、地面にお花を直接置くことに抵抗のある人は少ないと思われますが、一般的なお墓とは異なるため注意しましょう。

服装

里山型の樹木葬は文字通り、お墓が山の中にある場合が多いため、通常のお墓参りの服装では動きにくかったり、汚れてしまったりする可能性が高いです。

そのため、お参りをする際は多少汚れてもかまわないものであり、なおかつ動きやすい服装の方が望ましいです。

そして、地面が雨でぬかるんでいる場合や斜面がある場合を考慮し、歩きやすく滑りにくい靴を履いていった方が良いでしょう。

時間帯や天候

お参りをする時間帯や天候も気にする必要があります。

時間帯に関しては、午前中や午後の早い時間に済ませておくことをおすすめします。
早めに済ませておく理由は一般的なお墓参りと同じで、暗くなってからのお参りは周囲が見えづらくケガをする危険性が高くなるからです。
さらに、里山だと山道なので斜面になってる場所が多く、より歩きづらくなります。

お参りをする天候に関しては、天気の良い日に行くのが良いでしょう。
里山の中で雨が降ってきた場合、歩きやすい靴を履いていても、滑りやすくなりますので、天候が悪いとあらかじめ分かっている日は無理をしない方が無難です。

公園都市型の場合

ここでは、公園都市型の場合のマナーを2つに絞ってご説明いたします。

お供え物が置けないことも

公園都市型の樹木葬は、里山型と違って火を使える所が多いです。
しかし、場所によってはお供え物を置けない場合があります。
これは墓地や霊園の運営方針によって違い、もちろんお供え物が出来る所もあります。

そのため、事前にお供え物が出来る所であるかの確認をしておいた方が良いでしょう。

合祀の場合はシンボルツリーの前でご供養

シンボルツリーとは、墓標代わりの樹木を指してそう呼びます。
先述したように樹木葬の埋葬方法は色々とあり、1つの区画内に植えた1本の樹木に多くの人の遺骨を埋葬している場合、ご供養はシンボルツリーの前で行います。

一般的なお墓らしさというのが薄く、幻想的な気持ちでお参りやご供養ができます。
しかし、自分やご家族のお墓を考える際に、このような漠然としたお参りに抵抗がある場合には、合祀ではなく1本の樹木に1人分の遺骨を埋葬する方法を選んだ方が良いでしょう。

樹木葬のお参りまとめ

森林

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、樹木葬のお参りについてご説明いたしました。

  • 樹木葬は自然葬の一種で、遺骨や遺灰などを樹木の周囲に埋葬することからそう呼ばれている

  • 樹木葬は大きく分けて、里山型と公園都市型に分けられる。里山型は、山や森など街から離れた場所で埋葬され、弔い方は樹木の下に埋める、遺骨をバラバラにして撒くなどがある。公園都市型は、街中の墓地や霊園など特定の敷地内で埋葬され、埋葬方法は1人の遺骨を埋めるとともに1本の樹木を植樹する方法、1区画に植えられた1本の樹木に複数の遺骨を埋葬するなどがある

  • 里山型の樹木葬のお参りは、事前に管理者へ日付の確認をする必要がある。理由は人が来る度に整備をしていると管理者の負担が大きいので、お参りの時期を規制している所が多いため

  • 樹木葬のお参りで注意すべきマナーは里山型と公園都市型で若干違ってくる。里山型は周囲が自然で囲まれているため、火を使うことが禁止されている。他は花瓶を置くことが難しいため、お花は地面に直接置く、里山なので服装や靴は、動きやすく、歩きやすく、汚れても良いものを選ぶ。それから天候が良い日に早めにお参りを済ませておく

  • 公園都市型は墓地や霊園によって、お供え物が出来ない所がある。他の遺骨とともに埋葬した場合、シンボルツリーの前で供養する

以上のことが分かりました。
里山型の樹木葬の場合、火を使えない、汚れることを前提とした服装など、注意すべきマナーが少し多くなっているんですね。

「終活ねっと」では、「樹木葬のお参り」以外にも樹木葬に関する様々な記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 永代供養で樹木葬を選ぶ理由は?お墓のイメージを覆す!のサムネイル画像
    永代供養で樹木葬を選ぶ理由は?お墓のイメージを覆す!

    自分が死んだ時の供養方法について考えたことはありますか?現在、後継ぎがいない、金銭的負担が大きいなどの理由で、永代供養を望む人が増えてきています。なかでも注目を集め始めているのが樹木葬という永代供養の方法。“自然に還る”樹木葬について、ご紹介します。

  • 樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットものサムネイル画像
    樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットも

    多様化する現代の中で、最近よく耳にする樹木葬。樹木葬っていったいどこでできるの? 費用は一般的な墓地よりも安い?高い? 従来の埋葬方法とどう違うの? メリット・デメリットは? 樹木葬について気になる疑問を一つ一つ解決します。実際に樹木葬ができる墓地もご紹介します!

  • 樹木葬のトラブルって一体何?樹木葬の注意点について解説します!のサムネイル画像
    樹木葬のトラブルって一体何?樹木葬の注意点について解説します!

    「自然に還る」ということで人気を集め、少しずつ全国に広がりつつある樹木葬ですが、その一方で様々なトラブルもあるようです。そこで、樹木葬におけるトラブルとはどのようなものなのか説明します。樹木葬についての理解が深まりますので是非お読みください。

  • 樹木葬のデメリットについて気になるポイントを徹底解説します!のサムネイル画像
    樹木葬のデメリットについて気になるポイントを徹底解説します!

    最近では、樹木葬の情報を目にすることが多くなってきました。 自然志向の方にとって樹木葬は、とても理想的なのではないでしょうか? 物事にはメリット・デメリットがあります。 今回は、樹木葬についてデメリットを中心に解説していきます。 ぜひ最後までご覧下さい。

  • 樹木葬にも種類がある?樹木・埋葬方法・墓地の種類をすべて解説!のサムネイル画像
    樹木葬にも種類がある?樹木・埋葬方法・墓地の種類をすべて解説!

    最近、樹木葬を利用する方が増えていますが、埋葬方法や種類が多く、どんな樹木葬が良いのか、選ぶ際に迷われることも多いと思います。 後々悔いが残らないように、使う樹木や埋葬方法・墓地の形など樹木葬の種類について、選ぶ際の注意点とあわせて解説します。

  • 樹木葬は決められた場所でしかできない?!樹木葬について解説しますのサムネイル画像
    樹木葬は決められた場所でしかできない?!樹木葬について解説します

    エコなイメージで注目される樹木葬!勝手にどんな場所でもしていいの?知らないと大変かも!樹木葬のできる場所は法律で定められているんです。散骨ともまた違う樹木葬に関する法律や、樹木葬にも色々ある種類ごとのメリットとデメリットについて解説いたします!

  • 樹木葬の手続きや埋葬方法について、費用もあわせて紹介しますのサムネイル画像
    樹木葬の手続きや埋葬方法について、費用もあわせて紹介します

    近年では埋葬に対する価値観の多様化からさまざまな埋葬の方法が行われています。このうち樹木の根元にご遺骨を埋めるのが樹木葬です。自然に還ることができるという点で魅力的ですが、実際にやるには所定の手続きが必要です。今回は樹木葬に必要な手続きについて見ていきます。

  • 樹木葬の選び方についてその注意点やメリットを徹底解説!のサムネイル画像
    樹木葬の選び方についてその注意点やメリットを徹底解説!

    樹木葬というと「新しいお墓の形」として注目されている埋葬方法ですが、墓地や霊園の選び方がよくわからないという人もいるでしょう。そこで樹木葬を希望する人に、樹木葬ができる墓地や霊園の選び方のポイントを説明していきますね。

  • 最近話題の樹木葬について解説している本をご紹介します!のサムネイル画像
    最近話題の樹木葬について解説している本をご紹介します!

    最近話題の埋葬の方法の1つとして挙げられるのが樹木葬です。その樹木葬を執り行おうと考えている方も少なくないのではないでしょうか。樹木葬のことを知るにはそのことについて記された本を読むのも1つの方法です。今回は、樹木葬について解説している本をご紹介します。

  • 樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!のサムネイル画像
    樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!

    最近人気のある樹木葬ですが、実際にはどんな埋葬方法なのか、分らない方もいらっしゃると思います。 樹木葬を選択しても本当に問題ないのか、後で困らないかと不安もありますね。 「樹木葬のメリット」について、樹木葬の種類や使用される木、デメリットとあわせて解説します。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事