お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

お墓そのものがマイカーやマイホームと並ぶほどの一生の買い物といわれている以上、その費用の負担というのは家族の中でも非常に大きな問題です。このため、誰がお墓の費用を負担すべきかを決めておくことが重要となります。今回は、お墓の費用負担について見ていきましょう。

目次

  1. お墓の費用負担について
  2. 誰がお墓の費用を負担するべき?
  3. お墓の購入・維持に必要な費用の目安
  4. お墓の費用負担者がいない場合の対処法
  5. お墓の費用負担についてまとめ

お墓の費用負担について

お墓

お墓に必要な費用はそれほど安いものではありません。
なにしろ、マイホーム(家)やマイカー(自家用車)と並ぶほどの人生の中でも一生の買い物のうちに入る商品の1つです。

そのため、それなりに安定した収入や高額の貯金がある人でなければ、お墓に関する費用はとても払っていけるものではありません。

だからこそ、お墓にまつわる費用を誰が負担していくかというのは非常な大きな問題といえます。
家族や親族の中であらかじめ決めるのが重要なのですが、中にはとてもこのような負担の大きい役目を受けたくないという人もいます。
そのような場合は対処法に悩むケースがないとも限りません。

そこで、今回はお墓関係の費用の負担についていろいろと見ていきましょう。
この記事のポイントとして、

  • そもそも誰がお墓の費用を負担するべきなのか?
  • お墓の購入や維持に必要な費用の目安はどのくらいか?
  • もしも、お墓の費用を負担する人がいない場合は、どのような対処をしていけばよいか?

という3点を中心に据えて、話を進めていきます。

お墓にまつわる費用の負担という、誰にとっても関わりを持つ可能性があるテーマですので、ぜひとも終活の中でも大いに役立てていただければと思います。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容についてご紹介しています。
お墓の費用についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

実際に、全国の霊園の費用を比較してみたいという方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

誰がお墓の費用を負担するべき?

困った人々

お墓の費用の負担という、大きな金額を用意する必要に迫られる問題を誰が背負っていくべきか?
これは家族にとっても非常に重い課題です。

ここではお墓の費用負担を誰がやっていくべきかについて、また決まっていない場合にどのように決めていくかについてを見ていきましょう。

故人が生前に費用を負担しておく場合

近年では終活がブームになっていることもあって、これまでであれば家族のうちの誰かが亡くなった後に用意するお墓ですが、故人が生前にお墓の費用を負担しておくという人が増えてきています。

この場合は、あらかじめその故人が自分の死後のご遺族の方の負担をなるべく軽くしておこうということで、生前に費用を負担しています。

お墓の生前購入という方法は、他にも相続税に対する節税対策といった費用面のメリットがあります。
しかし、同時に生前からお墓を持つことになるため、故人の死後に比べるとより長期にわたって管理費を払っていくというデメリットもあります。

その場合の費用負担者は、お墓を建てた本人という場合もあれば、その本人が元気なうちに指名した家族の誰かという場合も少なくありません。
なお、生前にお墓の承継者に決められた場合は、役所において所定のお墓の名義人変更の手続きが必要です。

お墓の費用負担者が決まっている場合

お墓の費用負担者が事前に決まっているというケースはよく見られることです。
ここではお墓の費用負担者があらかじめ決まっている場合の、お墓にまつわる費用負担について見ていきましょう。

お墓の継承順位は?

祭祀財産(お墓のほか、仏壇や仏具などその家の祭祀を続けていくための財産)のお墓の継承順位については、実は民法で抽象的ながら条文の規定があります。
それを規定している民法897条では、「祭祀を主宰すべき者」でなければいけないとされています。

そして、その「祭祀を主宰すべき者」の決め方ですが、生前に被相続人(つまりお墓を相続させる人=相続される前に家族でお墓を守っていた人)から指定された人か、そうでなければこれまでの慣習(その家の長男が相続するというもの)に基づいて決めるか、家庭裁判所の仲裁で決めるという方法がとられます。

そのため、多くの場合で、お墓を継承していくのはその家の長男です。
家の中では長男がお墓の継承者として指定されることも多いですし、また民法にいう慣習が近代日本の家制度をよりどころにしているためです。

ただ、民法でお墓の継承順位はそこまで厳密に定められていないうえ、近年では長男が地元に戻らないということも多いため、長男が後を継ぐことは念頭に入れつつも、それが実現しにくい場合は長女や次男などといった長男以外の人物にお墓を守らせるというケースも増えてきています

遺言などにより決められた場合

お墓の承継者の決め方としては故人の遺言などで決まる場合もあります。
「遺言など」というのは、遺言以外にも何らかの書面の場合もあれば、口頭で伝える場合もあるためです。

遺言などで決めるという行為自体が、先ほど触れた民法897条の中でお墓などの祭祀財産の継承者を決める方法として規定されています。

さて、お墓の継承者について遺言などで決められた場合は、その継承者がたとえ長男でなくてもそのまま継承者になることができます。
極端な話であれば、その故人の友人でさえも継承者に指定することが可能です。

そして、遺言などで決まった場合は自然と遺言で決まった継承者がお墓の費用を負担していくこととなります。

お墓の継承者以外も費用を一部負担すべきか

お墓の継承者に決まった人の収入や貯金によってはお墓関係の費用を捻出するのが難しいという場合もあります。
特に、昨今の経済情勢ではすべての人が安定した収入源を持っているとは限らず、その経済的な不安定さがある場合は、1人で費用を負担するのは極めて大変なことです。

そこで、お墓の継承者以外の人も費用の一部を負担するべきかという検討課題が出てきます。

結論を言えば、お墓の継承者だけで費用の負担がやりにくいという場合は、自分の兄弟姉妹など協力してもらえる人がいるのであれば、継承者以外の方にも力を貸してもらうのが望ましいです。
さらに、将来同じお墓に入る予定の親族がいるのであれば、なおのこと協力を求めるようにしましょう。

お墓の費用負担者が決まっていない場合

お墓の費用負担者が決まっていない場合はどのように決めていくべきでしょうか?
ここでは、お墓の費用負担者をなるべく円満に決める方法について見ていきましょう。

どのように費用負担者を決めるべきか

お墓を継ぐ人がすでに決まっている場合ならば、そのままそのお墓の継承者が中心になって費用を負担していくことになります。

しかし、それさえも決まっていない場合であれば、やはり兄弟姉妹や親族の中できちんと話し合って決めることが最も有効な方法です。

そして、必ずしも主な費用負担者を決めなければいけない、というわけでもありません。
その点に関しては法律には特にこれといった規定はありませんし、また世間的にお墓の費用の負担に対して相場が決まっているわけでもありません。

そこはやはり、兄弟姉妹や親族の中で資金力のある人が中心になって負担をする、もしくは兄弟姉妹や親族で分担して出し合う、といった方法をとることもできます。

もし、兄弟姉妹や親族の間でお墓の費用の負担についてなかなか決まらない場合は、信頼できる地域の方などの知恵も借りるというのも1つの手です。

お墓の費用を負担したくないときは

兄弟姉妹や親族の中には、そのお墓に入る予定がないといった理由や、経済的に厳しい状況にあるといった理由でお墓の費用を負担したくない人もいます。

このような場合は、やはり家族や親族の話し合いの中でその旨を伝えることが大切です。
特に経済的な理由ということであれば、他の家族の側でも考慮に入れてくれるでしょう。

また、どの家族も何らかの理由で費用の負担をしたくない場合は、永代供養といったお墓を守っていくという選択肢以外の方法を検討してみるのもありです。

お墓を継承する人がいない場合

お墓の費用を負担する人どころか、お墓を継承する人さえもいない場合は、そのお墓を閉じることも考えた方がいいです。
というのは、お墓を継承する人がいなくなれば、そのお墓の管理費を出す人もいなくなり、結果として墓地や霊園の管理者から管理費の未納を理由に無縁墓という扱いを受けるためです。

無縁墓とされたお墓については、墓地や霊園の管理者が官報や立て札を用いて縁故者に申し出るよう呼び掛けられますが、そのまま進展のないうちに1年間経過した場合は、納骨されていた遺骨は無縁仏として合祀され、お墓も撤去されることになります。

このようなことになる前に、お墓の継承者を決められるのであれば決めておき、もし無理だということであれば永代供養や散骨といった手段を考えてみましょう。

実際に霊園をみてみよう

以上を学んだ上で、どのような霊園があるのかを知りたい方はこちらで霊園を比較してください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

お墓の購入・維持に必要な費用の目安

お金

お墓にまつわる費用は、最初にも触れたとおり、決して安いものではありません。
それでは、お墓の購入や維持費の具体的な相場とはどのくらいのものなのでしょうか?

お墓を購入する際の費用の目安

お墓を購入する際にかかる費用は大きく分けると、土地使用料(永代使用料)と、墓石代(石材費と加工費、工事費用)からなります。
これらの金額をまとめた場合、200万円から300万円ほどが一般的な相場となります。

ただ、それぞれの費用は条件によって大きく変動します。

まず、土地使用料はお墓の建っている墓地や霊園の立地する地域の地価によって変わります。
都市部であるほど高く、逆に地方部であれば安い傾向にあります。
東京23区内であれば160万円から200万円、千葉県であれば20万円から40万円といった具合です。

また、墓石代でも石材が国産もしくは海外産であるか、デザインが簡素であるか複雑かによってお墓全体の購入費用は大きく変化します。

お墓の1年あたりの維持費の目安

お墓が建てば、今度はお墓を維持していくための費用(管理費もしくは維持費)を墓地や霊園の管理者に支払っていく必要があります。

このお墓の1年あたりの維持費は1年ごとの支払いが基本なのですが、維持費の相場は墓地や霊園の経営主体によって大きく異なります

最も安く設定されているのは自治体が運営する公営墓地で、4000円から1万円の間が相場です。
また、石材店などの民間企業や公益法人などが運営する民営墓地であれば5000円から1万4000円が相場ですが、少し高めに設定されている分、施設やサービスが充実している場合が多いです。

そして、寺院が管理する寺院墓地は1万円前後が管理費(護持会費)として設定されていますが、他にも1回につき1万円から3万円ほどの行事参加費を支払います。
寺院墓地の管理費のほうが高めですが、その分寺院の住職と対面で供養や法要のことを相談できるというメリットがあります。

お墓にかかる費用についてもっと詳しく知りたいという方は、こちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

お墓の費用負担者がいない場合の対処法

困った人々

もしも、お墓の費用を負担してくれるような人間が家族の中に誰もいない場合は、どのように対処すればよいのでしょうか?

この場合はお墓を閉めるという方法がひとまず考えられますが、その先でご遺骨をどのように扱うべきか悩む方も少なくないのではないでしょうか。

そこで、ここではお墓の費用負担ができる人がいない場合にとれるより具体的な方法について見ていきます。

永代供養してもらう

お墓の費用を負担する人がいない場合、最も手っ取り早供、かつ安い方法として挙げられるのが永代供養してもらうという方法です。

永代供養してもらう方法とは、つまり永代供養墓と呼ばれる合祀墓にご遺骨を納骨し、その後ご遺骨の管理や供養の一切を管理者にやってもらうという方法です。

管理や供養の面でほとんど手間がかからないことに加え、管理費も一切かからないため、費用を負担する人がいないという人を中心にこの方法を用いる人が増えています。

散骨する

海や山など自然の中に散骨するという方法もあります。

散骨を行うには、あらかじめご遺骨を2㎜以下の大きさに粉骨するという作業が必要であったり、散骨場所についてもその土地や海域を利用する人々に配慮する必要があったりしますが、それを差し引いても、特にお墓を建てるわけではないので、費用面の心配は必要ありません

ご遺骨は一度散骨すると、そのまま自然の中に消えていくので、管理や供養の面でほとんど手間がかかりません。

樹木葬する

墓標の代わりに樹木を植えて、そのたもとにご遺骨を埋葬する方法が樹木葬です。

近年の環境意識の向上や、地元の自然とともに眠りたいという人の増加で普及してきています。
こちらも、里山の中や公園墓地の専用スペースに埋葬し、そのあとは特に管理費を支払う必要がありません。

樹木葬についても、一度埋葬したご遺骨は取り出しができないため、管理や供養の面での手間もなくなります

お墓の費用負担についてまとめ

お墓

お墓の費用負担について見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • お墓の費用の負担は、基本的にはそのお墓を継承した人が行うのが望ましいが、費用負担者が決まっていない場合や継承者のみでは負担しきれない場合などは、家族の中でよく話し合って兄弟姉妹などで費用負担を分担するといった方法をとるのもよい。ちなみに、お墓を継承する人がいないと、最悪の場合お墓が無縁墓ということになって撤去される。
  • お墓の購入に必要な費用は200万円から300万円が一般的な相場だが、土地利用代や石材費などの条件によって変動する。維持するための管理費についてもお墓の立っている墓地や霊園の種類などによって大きく変わってくる。
  • お墓の費用負担者がいない場合の対処法としては、まずは墓を閉じるという方法があり、そのあとは永代供養してもらったり散骨したり、樹木葬を行ったりするという方法がある。いずれも、費用の面やお墓の管理・供養の面で手間がほとんどかからない。

お墓の費用を負担するという問題は、中長期的にお墓をどのように守っていくかという問題と密接にかかわっています。

このため、途中でお墓が絶えるようなことがないようにするためにも、お墓の費用を誰がどのように負担していくかについて、前もってよく話し合っておくことが大切です。

今回終活ねっとでは、「お墓の費用の負担」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・費用・負担」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・費用・負担」についてさらに知りたい方へ

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!のサムネイル画像

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!のサムネイル画像

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓の費用を揉めずに分担したい!注意点から費用の種類まで解説のサムネイル画像

お墓の費用を揉めずに分担したい!注意点から費用の種類まで解説

お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!のサムネイル画像

お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!

お墓の費用負担は兄弟間でどのように決めたらいいのか?のサムネイル画像

お墓の費用負担は兄弟間でどのように決めたらいいのか?

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!のサムネイル画像

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!のサムネイル画像

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとはのサムネイル画像

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説のサムネイル画像

お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・費用・負担」についてさらに知りたい方へ

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!のサムネイル画像

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!のサムネイル画像

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓の費用を揉めずに分担したい!注意点から費用の種類まで解説のサムネイル画像

お墓の費用を揉めずに分担したい!注意点から費用の種類まで解説

お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!のサムネイル画像

お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと