墓地・霊園の種類についてそれぞれの特徴と違いを解説します!

私たちは年に何度か墓地・霊園にお墓参りに出かけます。実はこの墓地・霊園にはいくつか種類があります。この墓地・霊園の種類というのは終活をやっていく中でも実はそんなに小さくない要素でもあります。今回は墓地・霊園の種類について詳しく見ていきます。

目次

  1. 墓地・霊園の種類について
  2. 経営主体別墓地・霊園の種類
  3. 永代供養に関する墓地・霊園の種類
  4. 管理の手間がかからない墓地・霊園の種類
  5. 墓地・霊園の種類まとめ

墓地・霊園の種類について

お墓

年に何度かお墓参りなどのために訪れることになる墓地・霊園。
その墓地・霊園のイメージはといえば、どこかのお寺の脇にあって、何らかの供養の際にはその寺院のお坊さんがお経をあげるなどしてくれるというものです。

しかし、現代においては墓地・霊園といってもいろいろな種類がみられるようになってきました。
従来の墓地・霊園だけでなく、昨今の少子高齢化や核家族化の進展の影響によるお墓の跡継ぎ不足という状況を反映して永代供養や納骨堂といった、管理にあまり手間のかからないものも増加してきています。

このように墓地・霊園の形もかつてに比べると非常に多様化してきています。
そこで今回は、このように多様化してきている墓地霊園の種類を見ていきましょう。

今回の記事では、

  • 経営主体別にみた墓地・霊園の種類にはどのようなものがあるのか?
  • 永代供養に関係する墓地・霊園の種類にはどのようなものがあるか?
  • 管理の手間がかからない墓地・霊園の種類にはどのようなものがあるか?

という3つのポイントを中心に話を進めていきます。

経営主体別墓地・霊園の種類

お墓

墓地・霊園の種類と一言で言っても、その見方は人それぞれです。
ここでは最もわかりやすい分け方である、経営主体(墓地・霊園の運営・管理の担い手)別に墓地・霊園の種類を見ていきます。

寺院墓地

墓地・霊園と聞いてすぐにイメージできるタイプのものがこちらの寺院墓地ではないでしょうか。

寺院墓地とは、その名の通り仏教寺院が運営・管理するタイプの墓地のことです。
そして、より厳密に言えば、「墓地」という言葉は多くの場合、寺院墓地のことを指しています。

寺院墓地は運営・管理にあたる寺院に付属している墓地であるため、多くの場合お墓を建てるにはその墓地の運営・管理をしている寺院の檀家(寺院を財政面で支える家のこと)になる必要があります。
そして、宗教的にもその寺院の属する宗派であることが大前提で、それ以外の宗派や宗教に属している場合はその寺院墓地にお墓を建てることを断られることが多いです。

寺院墓地にお墓を持つことになった場合は、檀家としてその寺院を財政面で支える必要が生まれる一方で、お墓の管理や供養、故人に対する法要のことなどについて住職に対面で相談しやすいというメリットもあります。

公営墓地

公営墓地とは、役所、つまり都道府県や市区町村といった地方公共団体が管理・運営する墓地のことです。

地方公共団体が管理・運営にあたっているため、その元手には住民が納めた税金が投入されており、財政的基盤が安定しています。
このため、お墓の敷地の利用料である土地使用料や年々支払う管理費が比較的安いうえ、管理している地方公共団体が財政破たんしない限りつぶれることがないというメリットがあります。

デメリットとしては、利用にあたってはその地方公共団体のある地域に住民票のある人が優先されること、人気のあるところは競争率が高いこと、そして管理が最低限であるため、法要や供養、掃除用具などの手配は利用者自身で用意する必要があることなどがあげられます。

民営墓地

民営墓地とは、民間企業や団体が管理・運営する墓地のことです。

民営墓地の経営については、墓埋法(墓地、埋葬等に関する法律)の規定によって墓地の立地する地域の都道府県知事の許可が必要です。

この許可にあたっては、その経営主体が中長期的に墓地を管理・運営していけるだけの安定した経済的基盤があるかどうかが主な基準となるため、民営墓地は多くの場合、よほどのことがなければつぶれないところが多いです。

民営墓地の土地利用料や管理費は公営墓地のそれに比べると一回り高めに設定されていますが、その分故人の供養や法要、会場での食事などの手配を依頼することもできます
さらに、お墓の掃除用具もそろっていたり、送迎バスの運行を行っているところも少なくありませんので、その点では公営墓地に比べると充実しているともいえます。

みなし墓地

墓地・霊園は、経営主体別にみると以上の3種類のどれかに属するものがほとんどですが、中にはそのいずれにも属さないみなし墓地と呼ばれるものもあります。

これは法律上、本来であれば墓地として認められない種類ではあるのですが、墓埋法の成立(1948年)以前から存在しているため、やむなく墓埋法第26条の規定で管理・運営が許可されている墓地・霊園のことを指します。

ひとまず建前上は許可されているみなし墓地ですが、事業化するとなった場合はあらためて役所の許可を得る必要があります。

永代供養に関する墓地・霊園の種類

お墓

近年では少子高齢化や核家族化の進展によって将来的にお墓の跡継ぎになる人がいないという家庭が増えています。
そして、それらの状況に加えて最近の終活ブームで利用者が増えているのが永代供養と呼ばれるサービスです。

永代供養は故人の遺骨の保管や供養を一括して墓地・霊園の管理者にゆだねるというもので、遺族からすれば定期的にお墓参りに来るだけで事足りるという手間のかからなさがメリットとなっています。

その永代供養に関係する墓地霊園の種類ですが、大きく分けると永代供養墓と合祀墓の2つがあります。

永代供養墓

永代供養墓とは、永代供養を申し込んだ人が利用することのできるお墓のことです。
お墓自体の管理や供養は管理者側がすべて引き受ける代わりに、利用者(故人の遺族など)は管理費をはじめに一括で管理者に支払うという仕組みです。

ちなみに、「永代」とは未来永劫という意味ではなく、永代供養の契約に定められた一定の期間を意味するもので、多くの場合は長くても故人の三十三回忌までとなっています。

永代供養墓にはさまざまな種類があり、個人墓や二人墓、家族墓といったものがあります。
そして、先ほどもふれたように一定期間の間はお墓をほとんど管理の手間をかかることなく利用することができます。

ちなみに、永代供養契約の期間が終了した後は、多くの場合は中に納骨されている遺骨を合祀墓にうつされ、そこでほかの人の遺骨とともに納骨されます。

合祀墓

合祀墓とは、複数人の故人の遺骨を一緒に納骨したお墓のことです。
こちらも家のお墓の跡継ぎがいない場合によく使われるお墓で、故人の遺骨のことで将来的に手間をかけたくないという人が利用者の中心になっています。

永代供養の契約がひとまず終わってから利用される場合もあれば、最初から合祀墓に納骨する形で利用する場合もあります。

合祀墓の管理や供養についても墓地・霊園の管理者が一括して行ってくれるうえ、一度納骨した後は管理費は一切かからないというメリットがあります。
その反面、一度納骨されると特定の故人の遺骨だけを取り出すことが不可能になるということを事前に理解しておくことが重要です。

管理の手間がかからない墓地・霊園の種類

お墓

管理に手間のかからない形のお墓は永代供養墓や合祀墓だけではありません。
近年では、葬儀や埋葬の多様化や簡略化によって納骨堂や樹木葬といった比較的新しいお墓の形も出現してきています。

ここではそれらの新しい形のお墓についてみていきましょう。

納骨堂

納骨堂とは文字通り、故人の遺骨の入った骨壷を大量に保管しておくための建物やスペースのことです。

そして近年では、都市部への人口集中や核家族化の進展などによってもともとの故郷に戻らない人も増えてきています。
そこに経済情勢の変化も加わって、お墓もなるべく簡略化したものを望む人が増加している状況です。

これらの状況を反映して急速に利用者が増えているのが新しい形の納骨堂で、大きく分けて以下のような種類があります。

仏壇式

仏壇式の納骨堂は、文字通り仏壇の形をとっているもので、上側に納骨されている故人に供養をささげるための仏壇が、下側に故人の遺骨を納めておくためのスペースが設けられているのが特徴です。

納骨できる故人の遺骨は2~3人分と、夫婦や核家族分には対応できる仕様となっています。
上の仏壇スペースには、線香をあげたり、故人の好きだったものをお供えすることも可能です。

ロッカー式

ロッカー式は、コインロッカーのような箱の並んだ区画の1室を借りて故人の遺骨を納骨するものです。
そのため、納骨できる故人の遺骨は1人分だけとなっています。

そのうえ、仏壇式や位牌式のように故人に供養をささげるスペースさえもなく、あくまでも保管専用の目的で使用されています。
ただし、その分仏壇式や位牌式に比べると安い料金での利用が可能です。

なお、供養をささげる場合は、いったん故人の遺骨の入った骨壷を取り出して、同じ施設に設けられている専用の供養スペースにて行うことになります。

位牌式

位牌式は、内仏様(仏壇)に位牌がついた形状の納骨堂です。
故人の遺骨を別スペースに預けている形が多いため、ロッカー式に比べても費用をさらに安く抑えることができます
また、個別での収納と場所をとらないという点もメリットです。

ただし、遺骨を別スペースに納骨しているため、故人の遺骨の取出しができない場合や分骨される場合が多いです。

機械式

機械式は近年増えている納骨堂のタイプです。
供養専用のスペースでカードを使えば、納骨してある故人の遺骨の入った骨壷を機械が運んできてくれるので、あとはそこでお供え物を供えるだけで事足ります。

また、線香についても管理者側が用意してくれるため、事前に線香を用意する手間が必要なく、本当にお供えしたいものだけを持ってくればよいので手間がほとんどかからないというメリットもあります。

さらにほとんどの場合が鉄道の駅から比較的アクセスのよい場所に立地しているため、徒歩での移動をほとんどしなくて済みます。

建物自体もきれいで、休憩施設なども充実している点も魅力的です。

樹木葬

近年では環境意識の高まりから、亡くなった後は自然の中で眠りたいという人も増えてきています。
それらの人々を中心に利用者が増えているのが樹木葬と呼ばれる埋葬の方法で、日本では1999年から行われています。

樹木葬は墓石の代わりに比較的低めの木を墓標にして、そのたもとに遺骨を埋葬する形をとっているものです。

樹木葬には大きく分けると以下のような種類があります。

里山型

里山型は、地方の里山の景観と一体になって行われる樹木葬の形です。
主に都市部から遠く離れた地方の山間部で行われることが多く、地元の自然を愛している人が利用するパターンが多いです。

埋葬された故人のそばに立つ樹木は山間部の森林保全の一環で植えられている意味合いもあるため、地元の自然を守ることにもつながります。

ただ、基本的にアクセスの悪いところで行われることがほとんどであるため、遺族のお墓参りの際には移動に苦労を強いられる場合もあります。

公園型

公園型は、都市部郊外で取り入れられている樹木葬の形です。
公園墓地に設けられた専用のスペースで低めの木を植樹してその付近に故人を埋葬します

都市部に居住しながら、亡くなった後は自然の中で安らかに眠りたいという人にとってはうってつけの方法といえます。
スペースのほうも、個人用だけでなく家族用などさまざまなものがあるため、用途によって選択することもできます。

ただし、立地によっては敷地の利用代が高くつく場合もあるため注意が必要です。

墓地・霊園の種類まとめ

お墓

墓地霊園の種類についていろいろと見てきましたが、いかがでしたか?
今回の記事の内容をまとめますと、次のようになります。

  • 経営主体別にみると、寺院が運営する寺院墓地と、地方公共団体が運営する公営墓地、都道府県の認可を受けた民間企業や団体が運営する民間墓地とがある。またこれらのいずれにも当てはまらないみなし墓地というものもある。
  • 永代供養に関係する墓地・霊園には永代供養墓と合祀墓がある。永代供養墓は一定期間の間使われる個人墓や家族墓を指し、合祀墓は他の遺骨とともに納骨されるお墓のことである。
  • 管理に手間のかからない墓地・霊園には納骨堂や樹木葬が挙げられる。納骨堂にはロッカー式や仏壇式、位牌式、機械式がある。樹木葬には地方の山間部で行われる里山型と、都市部郊外の公園墓地で行われる公園型とがある。

ここで見てきたように一言で墓地・霊園の種類といってもこれだけ多くの種類が挙げられます。

言い換えれば、お墓を立てる墓地を選ぶ選択肢も多いので、終活でお墓を立てることを考えている方はぜひともこれらの選択肢をよく検討して、最も希望にそったものを選び出してみてください。

終活ねっとでは「墓地・霊園の種類」以外にも、墓地・霊園に関する記事を多数掲載しています。
ぜひそちらもご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓地・霊園・種類」に関連する記事

  • 墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!のサムネイル画像

    墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!

    墓地や霊園と一口に言っても、墓地・霊園には様々な種類があります。では、墓地・霊園の種類を知りたい時はいったいどのように墓地・霊園を見分ければ良いのでしょうか?今回は墓地・霊園の種類ごとの特徴について解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • お墓の種類は何がある?霊園・供養形態・墓の形等を種類別に解説!のサムネイル画像

    お墓の種類は何がある?霊園・供養形態・墓の形等を種類別に解説!

    現代ではお墓の種類は多岐にわたります。実際にお墓選びを始めると、検討するべき項目の多さに驚くほどです。そこで今回はお墓の種類について解説します。霊園の運営主体や供養の形態、お墓の形など、お墓について種類別に整理することで、あなたのお墓選びに役立ちます。

  • 墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

    墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

    家族形態やライフスタイルの変化などにより、一家に一つあった家墓の形ではなく、永代供養を選ぶ人が増えてきています。でも、墓地・霊園によって違いがあることをご存知ですか?個人の意向に合った永代供養をするために、最適な墓地・霊園を選ぶためのお手伝いをします!

  • お墓探しのポイントは?失敗しないお墓選びについてご紹介します!のサムネイル画像

    お墓探しのポイントは?失敗しないお墓選びについてご紹介します!

    お墓は故人を偲び、代々引き継ぐ大切な場です。 後々問題を残さないためにも慎重に決めたいところです。 でもお墓のことは考えたこともなく、お墓探しのポイントが分からずお困りの方も多いと思います。 失敗しないお墓選びのためにお墓探しのポイントを分かりやすく解説します。

  • 霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!のサムネイル画像

    霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!

    お墓の場所について考えたことはありますか?どのような場所に建てるのがよいのか、費用はどれほどなのか、その選び方のポイントを詳しく解説していきます。お墓の場所の選び方を知ることで、もしものときのために備えておきましょう。

  • 納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!のサムネイル画像

    納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!

    お墓を選ぶ基準は何でしょうか? 近年では、一般的なお墓とは違い「納骨堂」や「永代供養墓」など、ご遺族の方に負担が少ない選択肢を選ぶ人が増えています。 それでは、どのお墓を選べば良いのでしょう? ここでは、納骨堂と永代供養墓の違いや、それぞれの特徴を解説します。

  • 墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!のサムネイル画像

    墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!

    墓地の管理人は誰がしているのかご存知でしょうか?また、終活でお墓の継承者や管理についてどうしようかと考えている方もいらっしゃると思います。そこで、今回終活ねっとでは墓地の管理人や、墓守の仕事について説明したいと思います。どうぞ最後までご覧ください。

  • お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?のサムネイル画像

    お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?

    お墓の管理費用はなぜ納めないといけないのでしょうか? 管理費用は長期に渡って支払う為、きちんとした理由が気になりますよね。 それでは、納めた管理費用は何に使用されて、その相場はどのくらいなのでしょうか? ここでは、一般的なお墓の管理費用の相場と使い道を解説します。

  • 墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめましたのサムネイル画像

    墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめました

    墓地・霊園を使用する立場としては、定期的に払っている管理費がどうなっていて、また墓地・霊園の管理もどのように行われているか気になるところではないでしょうか?今回は、墓地・霊園の管理費がどのようなもので、かつ墓地・霊園の管理がどう行われるかをみていきます。

  • お墓探しのポイントってなに?考えるべきポイントを全てご紹介!のサムネイル画像

    お墓探しのポイントってなに?考えるべきポイントを全てご紹介!

    終活において、お墓探しも多くの方が取り組まれる活動のひとつです。お墓探しを行うときに大切なポイントとはどのようなことでしょうか?お墓は何度も買い換えられるようなものではありませし、お墓探しのうえで大切なポイントをぜひ押さえておいていただきたいと思います!

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓地・霊園・種類」についてさらに知りたい方へ

墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!のサムネイル画像

墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!

お墓の種類は何がある?霊園・供養形態・墓の形等を種類別に解説!のサムネイル画像

お墓の種類は何がある?霊園・供養形態・墓の形等を種類別に解説!

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

お墓探しのポイントは?失敗しないお墓選びについてご紹介します!のサムネイル画像

お墓探しのポイントは?失敗しないお墓選びについてご紹介します!

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!のサムネイル画像

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!

納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!

墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!のサムネイル画像

墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!

お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?のサムネイル画像

お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?

墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめましたのサムネイル画像

墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめました

お墓探しのポイントってなに?考えるべきポイントを全てご紹介!のサムネイル画像

お墓探しのポイントってなに?考えるべきポイントを全てご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓地・霊園・種類」についてさらに知りたい方へ

墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!のサムネイル画像

墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!

お墓の種類は何がある?霊園・供養形態・墓の形等を種類別に解説!のサムネイル画像

お墓の種類は何がある?霊園・供養形態・墓の形等を種類別に解説!

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

お墓探しのポイントは?失敗しないお墓選びについてご紹介します!のサムネイル画像

お墓探しのポイントは?失敗しないお墓選びについてご紹介します!

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!のサムネイル画像

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと