墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!

墓地・霊園の管理費についてご存知でしょうか。近年では、お墓の管理費について詳しく知らず、突然請求がきて慌てる方も増えています。この記事では、墓地・霊園の管理費の相場やその使い方について詳しく解説していきたいと思います。ぜひ最後までお読みください。

目次

  1. 墓地・霊園の管理費について
  2. お墓の管理費はいくらかかるのか?
  3. 管理費はどのような用途に使われるの?
  4. 墓地・霊園の管理費はいつ誰が払うのか?
  5. 管理費が払えなくなった場合どうなる?
  6. 墓地・霊園の管理費についてまとめ

墓地・霊園の管理費について

お金

お墓を建てたはいいものの、墓地・霊園の管理にかかる費用について、いまいちわからないという方も多いのではないでしょうか。

近年、お墓に対する関心も薄くなっていることから、あまり管理がされていないお墓も多くなり、誰が管理するかについてトラブルになるケースが増えてきています。
また、お墓の管理費によってどの程度設備などが異なるのかについてもわからないことが大半ですよね。

お墓の管理をめぐるトラブルやお墓を建てた後に設備について知らない、などの自体を避けるためにも、墓地・霊園の管理費について知っておくことはとても大事ですよね。
この記事では、

  • お墓の管理費は、どのくらいかかるのか。
  • 寺院や霊園によってかかる管理費はどの程度異なるのか
  • 管理費はどのようなことに使われるのか
  • 管理費は誰が払うのが良いのか
  • 管理費を突然請求されたらどのように対処したら良いのか

などについて、解説していきたいと思います。

墓地・霊園の管理費について様々な面から解説して充実した終活をします。
ぜひ最後までお読みください。

お墓の管理費はいくらかかるのか?

お金

墓地・霊園の管理費は、墓地の運営先によって変わります。

墓地の運営団体としては、主に「寺院墓地」「民営霊園」「公営霊園」の三種類があります。
それぞれの運営方法により、管理費の相場が異なりますので、ここではお墓の年間あたりの管理費について解説していきます。

寺院墓地

寺院墓地の場合、管理費は護持会費と呼ばれます。
寺院にお墓を建てる際はそのお寺の檀家となり、護持会費と呼ばれる管理費を払う必要があることもあります。

護持会費は寺院によっても異なりますが、だいたい1万円前後となっています。
管理費自体は民営・公営霊園とさほど差はありませんが、寺院墓地の場合はそのほかにお布施や寄付金などがかかるため、トータルで見るといちばん費用は高くなります。

お布施や寄付も含めた費用を事前に確認して複数の寺院を比べるのが良いでしょう。
ただし寺院の場合は、お墓の管理がしっかりしており、お墓が荒らされるなんてこともないため、安心して預けることができるのがメリットです。

民営霊園

民営霊園は、民間の企業などが運営している霊園です。
管理費は、一般的に5千円から1万4千円が相場だとされています。
民営霊園の場合、管理費以外に費用がかかることがないのが嬉しいポイントです。
この管理費には、園内を気持ちよく使っていただくための清掃費用などに使われることが多いです。

管理費が安いところは、インフラ設備や備品が簡素化されている可能性があるので、値段だけでなく事前に下見をするなどして決めるのが良いでしょう。

ただ、たいていの霊園は設備がしっかり整っている上、アクセスの良い場所にあることが多いので、お墓参りの際に便利となっております。

また、宗派などは関係ない上、公営霊園とは異なり墓石も自由に選ぶことができるため、満足のいくお墓作りをすることができるのも魅力的です。

公営霊園

公営の霊園は、もっとも管理費が安くなっており、4千円から1万円となっております。
こちらも管理費以外かかることはありません。
公営霊園は、地方の自治体が運営をしているため、このように管理費が安くなっております。
また、宗派が問われることもないです。

ただし、公営霊園の場合、利用者はその地域に一定期間住んでいる人のみなど、条件がつく場合もあるので注意が必要です。

こちらの霊園は、費用が安く設備も安定していることから大変人気となっているため、中には順番待ちとなる霊園もあります。
このような背景もあり、スペースが限られていることから、墓石の大きさなどに制限があるところも多いため、事前に確認をしましょう。

管理費はどのような用途に使われるの?

お金

墓地・霊園の管理費さえ支払えば、自分のお墓の管理は全てお任せできると考える方も多いですが、管理費は個々のお墓を管理してもらうための費用ではありません。

では、お墓の管理費はどのような用途に使われているのでしょうか?
ここでは、管理費の用途についてや、自分でやるべき管理について解説します。

墓地・霊園が行ってくれる管理

墓地・霊園が行ってくれる管理は、お墓参りに来てくださった方が園内を気持ちよく使えるようなインフラ整備や清掃をすることです。

つまり、墓地・霊園の管理者はみんなが使うスペースのみの管理を行っており、管理費もその管理のみに当てられるのです。

管理費を払ったからと言って、墓地や霊園の方が個々のお墓の管理を行う訳ではありません
ここのお墓の管理は各自が定期的にお墓参りに来て、故人を慈しみつつ行いましょう。

自分で行うべき管理

自分の家のお墓は自分で管理することが基本となりますが、お墓に関する関心が薄れている現代では、具体的に何をすれば良いのか疑問に思う方も多いでしょう。
ここでは、墓地・霊園ではやってくれず、個人がやるべきお墓の管理や清掃について見て行きます。

お墓の清掃

まずは何と言ってもお墓の清掃ですよね。

墓石ももちろんですが、その周囲もしっかり掃除するようにしましょう。
墓石を水で洗う前に、お墓周辺の落ち葉集めや雑草抜きを行いましょう。
ほうきは寺院に備品として置かれてる場合が多いです。
玉砂利が汚れている場合はその水洗いもすると良いです。

次に、墓石を洗います。
あらかじめスポンジ、雑巾、墓石用洗剤などを持参しておきましょう
水洗いでコケなど大きな汚れを落としたのち、石材用の洗剤でしっかりと汚れを落とします。
塩素系や酸性系の洗剤は墓石の変色の原因となるので使わないようにしてください。

墓石をきれいにしたら、花筒や線香皿もついてに洗いましょう。
その際、お供え物などがあったら撤去してください。

あとはコケが生えないよう、雑巾などで水を丁寧に拭き取れば完璧です。

植木の剪定

特にお盆などは、植木が生い茂るため、お墓まわりの植木の剪定をしっかりとすることが重要です。

剪定バサミを持参し、長くなりすぎた枝を切るようにしましょう。
植木の剪定に関しては、専門家の方に頼むこともできるので、都合のつかない方などは、専門家の方に頼むのも一つの方法です。

献花

お墓を掃除してお墓がきれいになったら、次はお墓にお花を備えましょう。
ちなみに、共花と献花は混同しやすいですが、献花は祭壇などに飾ることによって故人を弔うことを言い、共花はそれに加えて祭壇を装飾する働きがあると区別しましょう。

献花に使う花は、宗派によって異なるのですが、日本で一般的なものでは、白色の菊、蘭、百合が一般的です。
お花の種類は宗派によって異なるため、事前に調べてから献花をするようにしましょう。

墓地・霊園の管理費はいつ誰が払うのか?

困った人々

墓地・霊園の管理費を誰がどのように払うかについては、大きなトラブルとなりやすい問題です。
ここでは、管理費の徴取方法や、誰が払うべきかについて解説します。

管理費の徴取方法

霊園の場合、管理費は、決まった口座に振り込み、年一回引き落としされるのが一般的です。
指定の期日までに振り込むのを忘れないようにしましょう。
期日はいつお墓を建てたかによって異なります。

寺院の場合、振込も可能なことも多いですが、お盆やお彼岸などでお墓参りに行った際に手渡しするのがもっとも良い方法なんだとか。
特に寺院では、住職と先祖代々お付き合いがある場合が多いので、それを引き継ぐという意味でも住職の方に手渡すのが最良でしょう。

渡し方としては、必ずしも封筒にいれて渡す必要はないです。
封筒にいれて渡す場合は、表に護持会費と書いて渡しましょう。
また、封筒は白い封筒がよく、水引はつけないのが一般的です。

半紙に包んで渡すのも良いです。
直接渡すのでなく、お盆の上に載せて渡すのが正式な渡し方だとされています。

管理費は誰が払うべきなのか?

墓地・霊園の管理費は、喪主が事前に指名した方が払うのが一般的です。
お墓というのは、遺産とは関係のないものなので、前もって継承者を喪主が決めておく必要があります。
一度指名されたら、その後お墓の管理をする義務が生じます。

その継承者の決め方としては、遺言として直接口頭で伝える場合もあれば、手紙で残してある場合もあり、いずれの場合も効力を発揮します。
ただし、亡くなった後に誰が管理費を支払うかトラブルにならないよう、しっかり遺言書という形で残しておくのが良いでしょう。
作成した遺言書は弁護士などに預けておくと良いです。

また、正式な継承者となったら、役所で墓地の管理者としての登録をする必要があります。
手数料などもかかって来ますので、事前に確認しておきましょう。

万が一遺言が残っていなかった場合は、縁故者の中で話し合いで決める必要があります。
子供がいれば長男・長女が支払うのが一般的ですが、いない場合はよりお墓に近い方、経済的に余裕のある方が請け負うのが良いでしょう。

喪主は継承者として必ずしも血縁者を指名する必要はありませんが、指名できるのは必ず一人のみです。
継承者の決定がうまくできない場合は、家庭裁判所の仲裁が入り、もっとも継承者として妥当な方を決めることもあります。
そうなると無駄な費用がかかるので、できるだけ話し合いで決めると良いでしょう。

管理費が払えなくなった場合どうなる?

困った人々

墓地・霊園の管理費の支払いができなくなった場合には、様々なトラブルが起こりえます。

ここでは、無縁仏を防ぐ方法や、継承者がいなくなってしまった場合の対処法、管理費を請求された場合にどうすれば良いかなどについて解説します。

無縁墓になるのはいつから?

無縁墓とは、お墓の継承者がいなくなり、管理する人が誰もいなくなったお墓のことを言います。
平成11年には、管理費が支払われなくなってから5年が経ったお墓を撤去しても良いという旨の規定ができました。

管理費が支払われなくなってから3年が経過したお墓には、継承者に管理費滞納についての手紙が郵送で届き、またそのお墓の前に管理費を支払うことを要求した立て看板が置かれます。

無縁墓となってしまったら、そのお墓の遺骨は共同墓へと合葬されてしまい、その後取り出すことはできません。
無縁仏にならないためにもお墓参りをこまめにして、管理費を滞納しないようにしましょう。

管理費が払えなくなったらどうすればいい?

墓地・霊園の管理費が払えなくなった場合は、まずは寺院や霊園などのそのお墓の運営先に相談をしましょう。

引っ越しや経済的事情で管理費が払えなくなることは珍しいことではありません。
運営先が適切な対応を取ってくれるため、必ず連絡をすることが大切です。
もし連絡をとらず、何年も管理費を払わないでほっといた場合は、上述した通り無縁墓となってしまい、処分されてしまいます。

また、管理費を払ってくれそうな親戚に頼むのも一つの方法です。
もし親戚の中で解決することができるようなら、事前に話し合いましょう。

今までの管理費を突然請求された場合

管理費を支払っていた継承者が亡くなる、あるいは引っ越しなどで連絡がつかなくなってしまった場合、管理費が突然請求されることがあります。

そのような場合は、自分が本当に管理費を請求する義務があるのか確認する必要があります。
寺院の方も、継承者と連絡がつかなくなった際に、誰に連絡をすれば良いかしっかり把握できているか限りません。

もし、自分が支払う必要のない管理費であれば、きちんと断りの連絡をしましょう。
また、その故人のお墓をしっかり残したい場合には、管理費などを支払う必要のない樹木葬などをするのも一つの方法です。
いずれにせよ、支払いはすぐにはせず、本当に自分は支払う必要があるのか一度確かめてからすると良いでしょう。

墓地・霊園の管理費についてまとめ

お墓

いかかでしたでしょうか。
この記事では、墓地・霊園の管理費について解説しました。
解説したことをまとめてみますと

  • お墓の管理費は、運営団体によって異なる
  • お墓の管理費の支払い主は、喪主が生前に指名するのが一般的
  • お墓の管理費は、共有スペースのみに使われる費用であるため、個々のお墓の管理は各自で行う必要がある
  • お墓の管理費が支払えなくなった場合は、親戚に相談したり、樹木葬など他の埋葬方法を検討する

上記のようになります。

お墓は購入したらそれで終わりではなく、それを維持する際の管理費が多くかかります。
寺院・霊園の管理費は場所によって大きく異なるので、事前の調査が欠かせません。

お墓の管理費については、トラブルが起こりやすいですが、これらのことを理解することで、より良い終活となるでしょう。

最後までお読みくださりありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓地・霊園・管理費」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「墓地・霊園・管理費」についてさらに知りたい方へ

お墓のランニングコスト、管理費について知っておこうのサムネイル画像

お墓のランニングコスト、管理費について知っておこう

お墓の管理は大変?管理費の相場について紹介しますのサムネイル画像

お墓の管理は大変?管理費の相場について紹介します

墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?のサムネイル画像

墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?

お寺にお墓を置くには?人気の場所も紹介!のサムネイル画像

お寺にお墓を置くには?人気の場所も紹介!

お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!のサムネイル画像

お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!

墓地と霊園は何が違うのか?費用や管理の面から解説します!のサムネイル画像

墓地と霊園は何が違うのか?費用や管理の面から解説します!

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!のサムネイル画像

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!

お墓の維持費・管理費の相場はどのくらい?のサムネイル画像

お墓の維持費・管理費の相場はどのくらい?

墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめましたのサムネイル画像

墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめました

墓地・霊園のお墓の維持費はどのくらい?払えなくなったらどうなる?のサムネイル画像

墓地・霊園のお墓の維持費はどのくらい?払えなくなったらどうなる?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓地・霊園・管理費」についてさらに知りたい方へ

お墓のランニングコスト、管理費について知っておこうのサムネイル画像

お墓のランニングコスト、管理費について知っておこう

お墓の管理は大変?管理費の相場について紹介しますのサムネイル画像

お墓の管理は大変?管理費の相場について紹介します

墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?のサムネイル画像

墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?

お寺にお墓を置くには?人気の場所も紹介!のサムネイル画像

お寺にお墓を置くには?人気の場所も紹介!

お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!のサムネイル画像

お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと