お彼岸のお墓参りっていつ行くのがいいの?時期や時間について解説!

「寒さ暑さも彼岸まで」と年に2度訪れるお彼岸。言葉は知っているけれども、そもそもお彼岸って何?お彼岸にお墓参りに行くのはなぜ?お彼岸の意味からお墓参りの作法や法要まで、お彼岸について幅広く解説します。

目次

  1. お彼岸のお墓参りについて
  2. そもそもなぜお彼岸にお墓参りに行くの?
  3. お墓参りはいつ頃行くのがいいの?
  4. お彼岸にお墓参りするための準備とは?
  5. お墓参りをするときの作法について
  6. お彼岸法要でのお布施について
  7. お彼岸のお墓参りについてのまとめ

お彼岸のお墓参りについて

お墓

子どもの頃、ご両親に連れられてお墓参りをした経験がある方は、どこか記憶の片隅にお彼岸のお墓参りの風景がありませんか?

住居の近くにお墓があった方なら、行きかう人がお花とお水を手にお墓に向かう姿、また、車に乗って墓苑などに出かけた方なら、お墓参り渋滞とでもいうほどの車の多さが、お彼岸の頃のお墓参りの記憶だったりします。

日本では、お彼岸にお墓参りに行くということが慣習になっていますが、
ここでは

  • なぜ、お彼岸にお墓参りに行くのか
  • お彼岸でお墓参りに行く時期はいつがいいのか
  • お墓参りをするための準備や作法はどうすればいいのか
  • お彼岸法要はどのようにすればいいのか

以上をわかりやすく解説していきます。

そもそもなぜお彼岸にお墓参りに行くの?

お墓

先祖や自分と関係の近い方の遺骨が納められているお墓。

お墓があれば、いつお墓にお参りに行っても良さそうなものですが、ライフスタイルの変化に伴い、近くにお墓がなかったり、お仕事の関係で休みが取れなかったりすると、お参りすることができる日も限られてきます

多くの場合は、節目と呼ばれる時にお墓参りに出かけることも多く、故人の命日であったり、お盆であったり、また大みそかやお正月などの年末年始に出かけるという地域もあります。

そんな節目のひとつとして「お彼岸」も位置付けられています。

お墓参りに行く意味

お墓参りに行く意味は、宗教や宗派によってさまざまで、輪廻転生の考え方がある仏教でも宗派により違いがあります。
先祖が極楽浄土に行きやすくなるという考え方や、祖先に手を合わせるのは仏様に手を合わせることと同じで、自分も死後に極楽浄土に行けるという考え方などがあります。

キリスト教では、亡くなることを「帰天」と呼び、神の国に帰るという考え方から、基本的にはお墓参りに対しては仏教のような考え方はありません。

ただ、日本におけるキリスト教は、プロテスタントとカトリックに多少の違いはあるものの、日本の慣習に従ってお彼岸やお盆などの節目にお参りに行く方も多く、やはり祖先を大切に思う日本古来の信仰文化がベースとなって、お墓が心の拠り所になっている方は少なくありません。

お墓は、亡き人と向き合いながら自分のあるべき姿を確認する場所でもあり、また、掃除や手入れをすることで、思いやりや優しさを育む所だと考えることもできます
お子さん達を含め、家族でお参りすることも、今後のお墓の継承についての教育としても役に立ちますので、終活の一つとしてお参りするのも良いでしょう。

そう考えると、お墓に参るだけでも意味のあることだと言えるでしょう。

お彼岸の意味・時期

お彼岸とはどういった意味を持ち、どのような時期を指すのでしょうか?

死後に渡ると言われている三途の川ですが、わたる前の世界が「此岸(しがん)」で、煩悩と迷いの世界は今を生きる現世であり、三途の川を渡った先が彼岸(ひがん)と呼ばれ煩悩を脱した悟りの世界である極楽浄土を指します。

ここから「お彼岸」という言葉がきていますが、日本古来からの信仰である太陽信仰が発祥ともいわれ、太陽(日の出)に祈りを行う「日願(ひがん)」が西に極楽浄土があると考える仏教思想と結びついたとも考えられています。

また、農耕民族である日本人は、古来より昼と夜の長さが同じになる春分と秋分の日を大切な日として、春は豊穣を祈り、秋は収穫を感謝し、作物を育てる太陽や、自然のすべてに感謝してお供えをしていました。

仏教では、太陽が真東から上り、真西に沈む春分の日と秋分の日は、東にある此岸(現世)と西にある彼岸(極楽浄土)が最も近くなり、この時期に供養をすることで極楽浄土に通じる=行けるとも考えられています。
普段、仏教の修行を積んでいなくても、お彼岸に悟りが開けるようにとの願いを込め、この期間中に西の太陽に向かって祈りを捧げることで煩悩を払うことができるという考えもあります。

お彼岸は祖先や自然に感謝をささげる仏教精進の期間でもありますが、実は日本独自のもので、日本古来の自然信仰と仏教思想、そこに祖先を大事にする儒教的な考え方も加わり、今の「お彼岸のお墓参り」につながっています。

また、暦の上でも春分と秋分の日は二十四節気の一つにあたり、春と秋との折り返し地点でもあります。
お彼岸の期間は、その春分・秋分の日を挟んだ1週間にということになります。

彼岸の入り お中日 彼岸のあけ
初日 前2日 春分・秋分の日 後2日 最終日

ちなみに、国民の祝日に関する法律では、

  • 春分の日:自然をたたえ、生物をいつくしむ日
  • 秋分の日:祖先をうやまい、亡くなった人々をしのぶ日

としていますが、その日にちは太陽と地球との関係によって微妙に変わり、それぞれ春分日と秋分日として国立天文台が発表したものをもとに、閣議で決められます。

お墓参りはいつ頃行くのがいいの?

お墓

お彼岸の意味や由来、また日にちがわかったところで、さっそくお墓参りに出かけることを考えてみましょう。

まずお彼岸の期間は1週間ありますが、いつ行くのが好ましいのでしょうか?

そして大きな霊園や墓苑なら、たくさんの人々がお墓参りに訪れることが予想されます。
なので何時ごろに出かけるのがいいのかという疑問も生まれます。

ここでは、お墓のある場所を念頭において、具体的な日にちと時間を考えるお手伝いをしていきます。

お彼岸期間のいつがいいの?

お彼岸の1週間、「お彼岸の入り」「お中日」「お彼岸のあけ」とそれぞれの呼び名はありますが、この1週間の間はすべて「お彼岸」にあたるので、いつお墓参りに出かけても構いません。

お彼岸の期間に土日など、春分・秋分の祝日以外にもお休みがあれば、そこで出かける方も多いです。

ただ、多くの方が春分・秋分の祝日をお墓参りの日にしていることが多く、この祝日はどこの墓苑も大変な混雑が見られます

住居の近くに墓所があれば、いつ行けばいいのかを気にすることもないでしょうが、限られた駐車場しかない墓苑や寺院なら、公共交通機関を利用するかそれとも休日を外してお参りするか、ぜひ検討した方がいいでしょう。

また、静かにお参りしたい方はできるだけ休日を外してお出かけになることをお勧めします。

時間帯は何時がいいの?

お彼岸にお墓参りをすることは、仏教だけでなく一般的にみられる慣習となっているので、この期間は特別に早朝から開けている墓苑も多いです。
お墓を管理している墓苑や寺院に開園の時間を問い合わせてみましょう。

また、お墓参りはよく「午前中が良い」と言われますが、これはすべての用事を済ませてから出かけるのではなく、一日の生活の中でお墓参りを優先することが祖先を大切に思う気持ちの上で大切だと考えられていたことによるもので、午前に行かなければならないということはありません

お墓のあるところが、どの時間帯でもお参りできる墓所ではなく、寺院や公園墓地など管理者がいる墓苑の場合は、閉園時間の間際にお参りすることは迷惑になるので控えましょう。
また、開放された寺院の場合も、迷惑にならない時間帯を選んでお出かけください。

大きな公園墓地や駐車場の限られた寺院、高速道路を利用するくらい遠くのお墓へのお参りなど、車で出かける場合は、混み具合も予測して行動されることをお勧めします。

また、お参りだけではなく、お墓の掃除もすることを考えると、時間には余裕をもって出かけたいところです。

お彼岸にお墓参りするための準備とは?

お墓

お彼岸は、普段のお墓参りと違った特別な期間である印象を受けます。
お参りする時は、特別な何かを用意しなくてはいけないのでしょうか?

ここでは、お彼岸のお参りの準備ついて解説していきます。

お花・お供え物などご供養に必要なもの

彼岸といえども、いつもと同じお墓参りです。
なので、いつものお墓参りと同様の物を用意してお参りします。

仏教では大事なお供え物として「五供(ごく)」がありますが、以下に述べる5つのお供え物は仏教だけでなくお墓参りの基本の持ち物とされています。

  • 線香
  • ろうそく
  • 食べ物(お供え)

地方などでよく見かける個人の土地にある墓所などは、上記のものをすべてを用意する必要がありますが、寺院や墓苑などの場合は水場もあり、水を入れる桶もあるでしょうから、基本的には水の心配はいりません

また、中にはお線香、お花やろうそくの販売をしているところもあるので、問い合わせてみるといいでしょう。

お供えとしての食べ物ですが、かつては施しの意味があってお墓に放置していましたが、今はカラスが食べ散らかしたりすることもあるので、持ち帰ることが基本になっています。

地域によっては祖先と一緒に食べるという意味で、参拝者がお墓の前で食べるという慣習があるところもあります。

また、「五供」以外にも、お墓参りの時の持ち物として

  • マッチやライターなど、着火道具
  • お花を切るためのハサミ
  • お墓の掃除道具
  • ゴミ袋
  • 数珠

なども用意しておくといいでしょう。

数珠は仏具にあたりますので、仏教徒でなければ必要ありませんが、寺院にあるお墓に行かれる方は用意しておきましょう

掃除道具

お墓のある場所や建てた時期によって掃除道具も変わってきますが、墓所や寺院などで古くからあるお墓でしたら

  • ほうき、ちりとり、ゴミ袋
  • バケツ
  • 墓石用洗剤
  • タオル
  • 剪定ばさみ
  • 軍手、虫よけスプレー

を用意するといいでしょう。
ただし、お墓を傷つけるものは避けましょう

公園墓地や新しいお墓などは

  • ブラシ(歯ブラシやサッシブラシでも可)
  • スポンジ(長柄のものでも良い)

だけでも十分に綺麗になります。

仏壇にお供えする必要はあるの?

お彼岸のお供え物と言えば、ぼたもちおはぎを想像する方も多いでしょう。

春なら牡丹の花の「ぼたもち」、秋なら萩の花の「おはぎ」。
どちらも呼び名が違うだけで同じものであり、祖先への供物の小豆餡をお花に見立てたもので、お彼岸のお供えの定番ですが、必ずお供えしなければならないというものでもないです。

それでも、小豆の朱色が災難から身を守る厄除けの効果があると言われていますので、仏壇にお供えした後に皆さんでいただくのなら、お供えとしては最適といえます。

ご自分に近い方が亡くなって、はじめてお彼岸を迎える初彼岸の時は、故人を偲んでお花を少し豪華にし、好物だったものをお供えするのも良い供養となります

また、実家や親戚の家に出向いて仏壇参りをするときは、お供えを用意していきますが、その時は不祝儀用の熨斗紙を付けます

この時のお供え物は、ぼたもちやおはぎである必要はなく、日持ちのするお菓子線香などを選びます。

お墓参りをするときの作法について

お墓

3回忌が終わるまでは正式な服装である礼服でお参りする地域もあるようですが、服装は普段着でかまいません
それでも、できるだけ派手な服装は避け、お参りに合わせてお墓の掃除をするなら、動きやすい服装が良いでしょう。

お墓が寺院の墓地である場合は、まずお寺のご本尊にお参りし、ご住職にも挨拶をしましょう。

お墓参りの作法は宗教や宗派、また地域によって違いがありますが、ここでは一般的な作法について簡単に記しておきます。

  • お墓の前で合掌または一礼
  • お墓の掃除
  • そうろくに火を灯し、線香をつける
  • お供えをする
  • 故人と対話する時間(お祈り)
  • 合掌または一礼
  • 後片付け

お彼岸法要でのお布施について

葬儀

お彼岸の期間に、お墓参りだけでなく法要をおこなう場合があります。

初彼岸を迎えた場合は、ご遺族が個別に僧侶に法要をお願いすることができますが、必ずしなくてはならないということはありません
また、初彼岸でなくても、個別に法要をお願いすることもできます。

宗派や地域によっては、毎年お彼岸の法要を行うところもあるので、寺院にたずねてみましょう。

菩提寺があり、寺院とのお付き合いがある場合は、寺院から「彼岸会(ひがんえ)」というお彼岸の合同法要の案内が届きますので、時間の許す限り参加されると良いでしょう。

お布施の用意の仕方

「彼岸会」の合同法要でも、個別の法要でも、法要ですから僧侶へのお布施が必要になります。

一般的に、お布施は奉書紙か白無地の封筒、なければ半紙に包み、「お布施」と表書きをしましょう。
この時水引は書けなくても大丈夫です。
また、ご不幸とは関係がありませんので、不祝儀袋も使いません。

地域によっては、用意する袋の形式に違いがあるので、お近くの文房具店コンビニエンスストアでお布施専用の袋を購入すると良いでしょう。

お布施の相場

お布施は気持ちなので決まった金額はありませんが、3万円~5万円が相場とされ、自宅で行う場合は、お車代を別にして僧侶にお渡しするのが慣例となっています。
お車代は寺院と自宅との距離にもよりますが、3千~5千円が相場と言われています。

彼岸会など合同法要の場合のお布施は、3千~1万円が相場ですが、事前に5千円と指定している寺院も多いです。

菩提寺で檀家となっていれば、参加するしないに関わらず、案内が届けばお布施はお渡しするのが慣例です。

渡す時のマナー

お渡しする時は、切手盆と呼ばれる長方形の小さなお盆に入れて差し出すのが作法とされていますが、お盆がなければ袱紗(ふくさ)に包んでおき、お渡しする時には開いて袱紗にのせたまま差し出すようにします。

合同法要の場合は、袱紗に包んで持参し、受付でお布施を渡します。

法要での服装

お彼岸法要での服装に決まりはあるのでしょうか?

初彼岸の法要の場合、遺族の方は礼服(喪服)で行いますが、親戚や知人の家に出かけるのであればなら平服でも構いません
ただし、派手な服装は控えましょう
また、地域によっては3回忌までは礼服のところもありますので、確認しておくと良いでしょう。

それ以降は、お墓参り同様、派手な服装でなければ平服で構いません。

寺院で行う彼岸会などの合同法要の場合は、礼服である必要はありませんが、地味な色合いのスーツを着るのが無難です。
また、3回忌までは礼服を着るところもありますので、寺院に問い合わせてみると良いでしょう。

お彼岸のお墓参りについてのまとめ

お墓

仏教徒だけに限らず、日本では慣習になっているお彼岸のお墓参りですが、日本独自の仏教行事であることが分かりました。

  • 彼岸のお墓参りは、仏教思想と日本古来の宗教観と祖先を思う気持ちが融合して慣習化した行事
  • お彼岸の期間ならいつお墓参りに出かけても構わない
  • お墓参りの準備や作法は、普段のお墓参りとかわらない
  • お彼岸の法要はやってもやらなくても構わないし、また、寺院で彼岸会という合同法要もある

お彼岸はお盆とは違い、二十四節気の一つの「暦」なので、基本的に特別なことは何もしなくてもいいのです。

それでも、お墓参りをして祖先を供養し、仏様と向き合い、今ある自分を見つめなおして感謝する時間を持つことはとても大切なことです。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、お彼岸を迎える頃には気候が穏やかになり、出かけるのにもちょうど良い季節になります。

なので、お墓がある方はもちろんですが、永代供養をされていても、永代供養されている場所にでかけてお参りされてみてはいかがでしょうか。

今後のご自身の終活を考えるうえでも、役に立つかもしれません。
最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは「お彼岸のお墓参り」以外にも、お墓参りに関する様々な情報を掲載しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「彼岸・お墓参り」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「彼岸・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

9月のお彼岸のお墓参りの方法についてまとめてみましたのサムネイル画像

9月のお彼岸のお墓参りの方法についてまとめてみました

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?墓参りに最適な時期をお教えしますのサムネイル画像

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?墓参りに最適な時期をお教えします

お彼岸供養の流れは?お供え物の種類やお布施の表書きについても解説のサムネイル画像

お彼岸供養の流れは?お供え物の種類やお布施の表書きについても解説

お彼岸のお墓参りに行く際の服装とは?法要がある場合の服装も解説!のサムネイル画像

お彼岸のお墓参りに行く際の服装とは?法要がある場合の服装も解説!

彼岸の法要には何をする?お布施の金額や服装まで徹底的に解説しますのサムネイル画像

彼岸の法要には何をする?お布施の金額や服装まで徹底的に解説します

春分の日のお墓参りについて解説します!のサムネイル画像

春分の日のお墓参りについて解説します!

彼岸明けにお墓参りはしていいの?お供えものは何にしたらいい?のサムネイル画像

彼岸明けにお墓参りはしていいの?お供えものは何にしたらいい?

初彼岸を迎えるために準備するものとは?服装やお返しについても解説のサムネイル画像

初彼岸を迎えるために準備するものとは?服装やお返しについても解説

お盆と彼岸の違いとは?墓参りやお布施についても徹底的に解説しますのサムネイル画像

お盆と彼岸の違いとは?墓参りやお布施についても徹底的に解説します

初彼岸には何をするの?法要は必要?お布施の相場や服装を解説しますのサムネイル画像

初彼岸には何をするの?法要は必要?お布施の相場や服装を解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「彼岸・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

9月のお彼岸のお墓参りの方法についてまとめてみましたのサムネイル画像

9月のお彼岸のお墓参りの方法についてまとめてみました

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?墓参りに最適な時期をお教えしますのサムネイル画像

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?墓参りに最適な時期をお教えします

お彼岸供養の流れは?お供え物の種類やお布施の表書きについても解説のサムネイル画像

お彼岸供養の流れは?お供え物の種類やお布施の表書きについても解説

お彼岸のお墓参りに行く際の服装とは?法要がある場合の服装も解説!のサムネイル画像

お彼岸のお墓参りに行く際の服装とは?法要がある場合の服装も解説!

彼岸の法要には何をする?お布施の金額や服装まで徹底的に解説しますのサムネイル画像

彼岸の法要には何をする?お布施の金額や服装まで徹底的に解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと