遺骨で作るダイヤモンドとは?必要な遺骨の量や値段、作り方は?

遺骨で作るダイヤモンドとは?必要な遺骨の量や値段、作り方は?

近年どんどん多様化する供養方法。中でもご遺骨をダイヤモンドに加工し、ジュエリーとして手元に残すという新しい供養の形が注目を集めています。とてもロマンチックな供養方法に思えますが、どんなものなのでしょうか。そこで今回は遺骨ダイヤモンドの実態に迫ります。

最終更新日: 2020年02月19日

遺骨ダイヤモンドについて

困った人々

近年どんどん多様化する供養方法。
中でもご遺骨をダイヤモンドに加工し、ジュエリーとして手元に残すという新しい供養の形が注目を集めています。
とてもロマンチックな供養方法に思えますが、どんなものなのでしょうか。
そこで今回は遺骨ダイヤモンドの実態に迫ります。

  • 遺骨ダイヤモンドってどんなもの?

  • どんなダイヤモンドになるの?

  • 日本でご遺骨をダイヤモンドに加工できるの?

  • 料金はやっぱり高額?

  • ペットのご遺骨でもダイヤモンドにできる?

遺骨ダイヤモンドはまだまだ一般的ではないので、よく分からないことが多いですよね。
今回「終活ねっと」では、上記のような疑問を中心に解説しますので、供養の選択のひとつとして考えていただければと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

今では様々な供養方法がありますが、遺骨をダイヤモンドにするなんて特に変わった供養方法ですよね。
ぜひこの記事を参考にしてみてください。

遺骨ダイヤモンドってなに?

困った人々

まずは遺骨ダイヤモンドがどんなものかについてご紹介します。

遺骨ダイヤモンドとは、文字通り故人やペットのご遺骨をダイヤモンドに加工したもので、日本では2005年にサービスが開始されました。
ダイヤモンドは炭素からできた結晶なので、理論上はご遺骨に限らず炭素を含むものなら何でもダイヤモンドにすることができます。

では、ご遺骨がダイヤモンドになる仕組みはどうなっているのでしょうか。

どのようにダイヤモンドに加工するの?

天然のダイヤモンドは、地中深くの高温で高圧という環境条件下で、ダイヤモンドの元となる物質が生成されます。
これがゆっくり地表近くまで上がってくると黒鉛になり、火山の噴火によりマグマと一緒に一気に地表付近へ運ばれることでダイヤモンドが生まれます。

ダイヤモンドを人工で宝飾用レベルに合成するのはかなり難しく高度な技術が必要とされるのですが、製造工程としては、おおまかに以下の流れになっています。

  • ご遺骨にダイヤモンドにするための十分な量の炭素が含まれているかと、その他の構成成分の確認

  • 高温処理にて炭素を抽出

  • 高温・高圧処理にて黒鉛化→ダイヤモンド生成

  • カッティング・研磨・刻印

  • 鑑定・保証書発行

  • ジュエリー加工

高温・高圧というのは具体的には1300℃以上、5万気圧以上で、圧力過程を長くすることであり、この高温高圧より大きなダイヤモンドを作り出すことができす。
想像もつかないほどの温度や圧力ですが、この環境を作り出せるというだけでもやはり特別で、ダイヤモンドを作り出すのが簡単でないことが伺えますね。

この製造工程に加え、ひとつひとつ丁寧に作業する必要があること、海外に輸送する必要があることなどから、制作には半年ほどかかる場合が多いです。
ジュエリーに加工するにはさらに1ヶ月ほど期間がかかります。

ご遺骨の量はどのくらい必要?

加工に必要なご遺骨の量は会社によってまちまちで、60~300gと幅があります。
ご遺骨の成分に占める炭素の割合は2~3%しかないので、ご遺骨の量は多い方が安心ですね。

しかしながら、300gともなると、成人男性のご遺骨の1/4~1/5となります。
東日本では火葬した全骨を骨壺に納めることが多いですが、西日本では納骨の時点で分骨されるため、ダイヤモンドに加工できる量が十分にあるか確認が必要です。

基本的にどの会社も、ダイヤモンドの大きさによって必要なご遺骨の量が変わることはありません。
小さなダイヤモンドを希望していても、会社によって定められた量を準備しておく必要があります。
逆にいくつも制作する場合でも、追加のご遺骨の量はそれほど多くありません。
また、後ほど詳しく説明しますが、必要なご遺骨の量がとれない場合でもダイヤモンドを作ることはできますのでご心配なく。

預ける際は、手軽に郵送でやり取りするところもありますが、直接受け取りに来てくれる会社もあります。
多忙な方は郵送の方が都合がいいこともあるでしょうが量が多いと大変ですし、何より大切なご遺骨ですので、預ける方の顔をしっかり見られる方が安心できそうですね。

ダイヤモンドの色について

故人のご遺骨を元に作られる遺骨ダイヤモンドはどんな仕上がりになるのでしょうか。
ここでは遺骨ダイヤモンドのについて見ていきましょう。

どんな色になるのか

遺骨ダイヤモンドは特に何もしなければ、黄色・透明・青色になることが多いです。

黄色になるのは、空気中に含まれる窒素によるものです。
窒素の量によりオレンジに近い色になることもあります。

窒素を抜くと、色のないクリアなダイヤモンドになります。

青色はご遺骨に含まれるごく微量のホウ素に由来します。
ホウ素の量には個人差があるので、どんな色になるかは出来上がってからのお楽しみとなりますが、透明に近い方から灰色がかった方、濃いブルーになる方まで様々です。
よりしっかりブルーを出したい方にはホウ素を足してもらえる会社もあります。

色を選ぶことはできるのか

上記の色以外にも、カット後にカラートリートメントを施して違った色のダイヤモンドを作ることも可能です。
また、会社やご遺骨によって色合いも少しずつ違います。

故人のイメージに合わせて色も選べるのは嬉しいですね。

日本に遺骨ダイヤモンドの事業主はいるのか

遺骨ダイヤモンドを作成できるところは日本にはありませんが、窓口となる代理店契約をしているところはあります。
いずれもすべてご遺骨は海外に移送されダイヤモンドになってから日本に戻ってくるという形をとっています。
ですので、日本に遺骨ダイヤモンドの事業主はおらず、海外の専門家に任せることになります。

これが出来上がりに時間を要する理由の一つになっています。
ダイヤモンドが完成した後は日本の提携ショップでジュエリーに加工するという会社もあります。

ご遺骨を加工してメモリアルプレートにする会社は日本にもあるので、遺骨ダイヤモンドが今後メジャーになれば、いずれは国内でも生成できるようになるかもしれませんね。

遺骨ダイヤモンドは信用できるのか

ご遺骨をダイヤモンドに加工するには、高温で熱する処理は不可欠です。

しかし、この加熱処理によって細胞が破壊されてしまうため、ダイヤモンドに故人のDNAが残ることはありません
残念ながら、できあがったダイヤモンドがどの炭素から生成されたものであるかを科学的に証明することは不可能です。

そのため、ほとんどの会社で個別にIDナンバーをつけ、間違いのないように厳重な管理のもと細心の注意を払って取り扱われています。

そもそも、ご遺骨に炭素が含まれているかを疑問視する声もあります。
火葬時点で炭素は燃えてしまうのでご遺骨には残らないのではというのがその理由です。
確かに、火葬の際には高温にさらされますが、全てが一気に燃え尽きてしまう訳ではありません。
遺骨ダイヤモンドはこの燃え残りの炭素を抽出して生成することができます。
公証人に立ち会ってもらい、実際にご遺骨からダイヤモンドを生成できることを証明している会社もあります。

当然ながらダイヤモンドに加工してしまうと、ご遺骨は戻っては来ません
信頼によって成り立つサービスですので、利用する際は疑問の残らないようしっかり納得できる会社を選ぶことが重要です。

遺骨ダイヤモンドの料金・価格相場

お金

気になるお値段は、人工とは言えダイヤモンドですのでやはり高額になります。
遺骨ダイヤモンドの費用の相場は、専門家、カラット数、カット方法、カラーなどにより40~200万円以上と10倍以上の開きがあります。

遺骨ペンダントなどご遺骨や遺灰をモチーフに少量入れてジュエリーにするサービスもあり、そちらは3万円ほどで作れるので、やはり遺骨ダイヤモンドはかなり値が張ると言えるでしょう。

ですが、新しいお墓を建てる費用は一般的に145〜205万円かかり、さらに毎年のお布施やお参りのお花、線香などの管理費がずっとかかりますし、何よりお墓を守ることへの負担はかなりのものになる場合があります。

価格だけで決めることはできませんが、金額が大きいので、各社で見積もりを依頼して比較してみるとその時の対応の仕方などでも検討できそうですね。

ペットのご遺骨をダイヤモンドにする

お墓

ご遺骨の量が少ないペットなどの場合も、相談に応じてダイヤモンドを制作してもらえます。
小型犬では十分な炭素が取れないことがあるので、毛や遺品を混ぜることでダイヤモンドに加工できる場合がありまです。

毛をダイヤモンドに加工する

毛からダイヤモンドを制作する場合、必要な毛髪量は2~3gほどとされています。
バストあたりまであるロングヘアーの人で、ストロー1本分くらいの量が大体3gです。
ご遺骨と比べて随分少なくてすむのは、毛髪の成分に占める炭素の割合の違いです。

ご遺骨は2~3%でしたが、毛髪には50%も炭素が含まれています
毛はご遺骨より圧倒的に少ない量でダイヤモンドに加工できるので、火葬前に少し切って残しておくといいですね。

ご遺骨をダイヤモンドに加工してくれる会社

日本に窓口のある、ペットのご遺骨をダイヤモンドに加工してくれる会社を3つ、それぞれの特徴とともに紹介します。
それぞれの会社の特徴を理解して、ご自身の希望に合った会社を選んで見てはいかがでしょうか。

センペル・フィデス

人のご遺骨からダイヤモンドを制作するアルゴダンザという会社のペット専門子会社です。
遺骨ダイヤモンドを取り扱っている会社の中でも最もポピュラーな会社です。

仕上がりは黄色と青色の2色から選べますが、着色はされないので、それぞれの色味には差が出ます。
色はその子の個性として大切にという思いから、色の濃淡などを指定することはできません。
ペットの目や毛の色を連想するという理由で色を選ぶ飼い主の方も多いです。

遺品からの炭素抽出もできますので小さな動物でもダイヤモンドを制作してもらえます。
原石のまま受け取ることもでき、飾らないペットの内側から輝く姿をそのままダイヤに表すことができると評判になっています。
原石はカットダイヤより1~2割安く手に入るのも魅力のひとつです。

ジュエリー加工の際はオーダーメイドで好きなデザインを作ることもできるので、お気に入りのジュエリーを再現したり、リングとペンダントを統一したデザインにしたり、お手持ちの指輪に取り付けたりできます。

ご遺骨の預け方は担当者が直接出向く形をとっています。
ご遺骨も毛もその子本人として、とても丁寧に扱ってくれると好評です。

プレシャスワン

こちらも人のご遺骨からダイヤモンドを作るライフジェムという会社のペット専門ブランドです。

オリジナルは黄みがかったダイヤモンドですが、真空状態で作るカラーレスダイヤモンドも人気です。
日本では珍しいハートカットができます。

もともとジュエリーデザインは豊富ですが、オーダーメイドにも応じてもらえます。
必要なご遺骨・毛の量が少なくすむのも特徴です。

ご遺骨は直接受け取りに来てくれるので安心です。

ハートインダイヤモンド

人の遺骨ダイヤモンドを主に取り扱う会社ですが、ペットのご遺骨や毛にも対応しています。

できあがりはプレシャスワンのダイヤモンドよりオレンジ色の強いダイヤモンドです。

ご遺骨に遺品を混ぜることも、遺品のみでダイヤモンドを作ることもできます。
ハンカチや衣服、日記、ぬいぐるみ、時計の革ベルトなどあらゆるものが炭素を含むので、ペットのお気に入りだった品とともにダイヤモンドに生まれ変わることができます。
特に、そのまま置いておきたいけどにおいが気になる布製品などをダイヤモンドに加工するのはいい方法かもしれません。

ご遺骨の預かりは送られてくる指定のBOXで郵送になります。

遺骨ダイヤモンドまとめ

お墓

遺骨ダイヤモンドについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。
ご遺骨や遺品からダイヤモンドを作り、その輝きとともにこれからの人生を歩んで行けるなんて素敵ですよね。

以下に要点をまとめておきます。

  • ご遺骨から炭素を抽出し、ダイヤモンドを生成する

  • ストレートに作られるダイヤは黄色または青色

  • 日本に窓口はあるが、ご遺骨をダイヤモンドに加工できるのは海外のみ

  • ダイヤモンドが誰のご遺骨から作られたかを証明することはできない

  • 費用は30~300万円以上

  • ペットなどご遺骨が少ない場合は毛や遺品を混ぜて作成できる

遺骨ダイヤモンドは世界で最も美しい供養をされたご遺骨とも言われます。
死後自分がダイヤモンドに生まれ変わると思うと、気分が華やぎませんか?
終活の際にはこんな供養の方法もあると家族に紹介しておきたいですね。

今回「終活ねっと」では、「遺骨ダイヤモンド」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載しておりますのでそちらも参考にして見てはいかがでしょうか。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • ペットの遺骨はどう供養する?|自宅・埋葬・アクセサリー・パウダーのサムネイル画像
    ペットの遺骨はどう供養する?|自宅・埋葬・アクセサリー・パウダー

    最近はペットも家族の一員として葬儀を挙げ、火葬をして忌う方が増えています。では、火葬後のペットの遺骨はどのように供養すれば良いのでしょうか?一昔前は庭先に埋めるが一般的でしたが、今は様々な弔い方があるようです。今回は、ペットの遺骨供養についてお話しします。

  • 人骨で作るダイヤモンドとは?作り方や値段は?のサムネイル画像
    人骨で作るダイヤモンドとは?作り方や値段は?

    近年、大切な人の人骨を使用して人工的にダイヤモンドが作れることが話題になっています。なぜ人骨で作るの?人工とはいえダイヤモンドが作れるの?必要な人骨の量や一般的な金額は?どれぐらいの期間が必要?人骨が人工ダイヤモンドになるのか?などをわかりやすく解説します。

  • ご遺骨から作るアクセサリーとは?|作り方・人気・ペットのサムネイル画像
    ご遺骨から作るアクセサリーとは?|作り方・人気・ペット

    亡くなった方の思い出を偲び、心を込めてご遺骨を供養することは、遺族としてのとても大切な務めです。ご遺骨の供養方法は時代と共にさまざまなスタイルが登場しています。近頃では、愛する故人をいつも身近に感じることができる遺骨アクセサリーが注目を集めています。今回はご遺骨を加工するアクセサリーの種類や注意点などを解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 【解説】遺骨から作る宝石とは?作り方や値段・注意点について解説のサムネイル画像
    【解説】遺骨から作る宝石とは?作り方や値段・注意点について解説

    遺骨ダイヤモンド。この言葉を聞いたことはありますか?信じられないかもしれませんが、遺骨で宝石が作れるんです。一見遺骨から作ったとは思えないほど綺麗な宝石。どのような工程を経て、いったいどんな宝石ができるのでしょうか?

  • 墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介のサムネイル画像
    墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介

    代々受け継いできたお墓だけど、管理するのが難しくなってきて墓じまいを検討した時、困るのは遺骨の行き先です。最近では、墓じまい後の供養方法の多様化に伴い、遺骨の管理の仕方にも様々な方法があります。今回は、そんな墓じまい後の遺骨の管理方法について詳しく紹介します。

  • 愛猫の遺骨はどうやって管理する?|ペット・手元供養・自宅・埋葬のサムネイル画像
    愛猫の遺骨はどうやって管理する?|ペット・手元供養・自宅・埋葬

    「ペットは家族の一員」と考えて、大事に育てている方が沢山います。しかし、猫の命は長くても20年くらいです。いざという時に遺骨をどう供養すればいいのか、猫の遺骨を自宅で供養する場合、どうすればいいのかご説明します。

  • ペットの遺骨カプセルってどんなもの?メリットや注意点を解説のサムネイル画像
    ペットの遺骨カプセルってどんなもの?メリットや注意点を解説

    遺骨カプセルって知ってますか? 愛するペットが死んでしまった時に、形見となるものが欲しくなるのが人情というもの。 遺骨カプセルはペットの遺骨や毛を入れることができるアクセサリー型の容器です。 ペットブームに伴い増えている遺骨カプセルについてお話します。

  • 喉仏のご遺骨が大切にされるのはなぜ?納骨するときは骨壷を分ける?のサムネイル画像
    喉仏のご遺骨が大切にされるのはなぜ?納骨するときは骨壷を分ける?

    喉仏は男性にとっては思春期に声変わりに伴って発達する部分とされています。さて、人が亡くなった際に火葬後のご遺骨でも、どういうわけか喉仏だけ特別扱いされます。それはどのような意味合いが込められているのでしょうか?今回は、ご遺骨の中の喉仏に焦点を当ててみます。

  • 墓じまい後のご遺骨はどうすればいいの?|処分・移動・自宅のサムネイル画像
    墓じまい後のご遺骨はどうすればいいの?|処分・移動・自宅

    墓じまいを考えている方としては、お墓の中にあるご遺骨をどのようにしようかと悩む方も少なくないかと思います。そこで今回は墓じまいの後にご遺骨をどのようにすればよいのかについていろいろと見ていきたいと思います。いくつか方法がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 【墓じまい】ご遺骨の正しい処分方法とは?|納骨後・火葬場・費用のサムネイル画像
    【墓じまい】ご遺骨の正しい処分方法とは?|納骨後・火葬場・費用

    代々お墓を継いでいるとお墓の室の中はご遺骨の入った骨壺にでいっぱいになってしまいます。こうした場合、どのように処分したらよいのでしょうか?またお墓を継ぐ者が絶えてしまった場合も、今あるご遺骨はどのように処分するのでしょう?ここではご遺骨の処分について説明します。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事