お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!

お墓を別の場所へ移動するのは、人によって様々な理由があるかと思います。ですが、お墓の移動をするのが初めての場合、一体どのような手続きが必要となるのか知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、お墓の移動方法について解説します。

目次

  1. お墓の移動について
  2. お墓の移動に必要な手続き
  3. お墓の移動に必要な費用相場
  4. お墓の移動の際のマナー
  5. お墓移動の代行サービスもある
  6. お墓の移動方法まとめ

お墓の移動について

お墓

死は人が生きていく上で避けられないもので、誰にも平等に訪れます。
誰かが亡くなった後、遺された側は故人の為にお墓を建てなければなりません。
近年ではそれ以外の埋葬方法が選択肢として増えつつありますが、まだまだお墓を建てて弔うやり方も支持されています。

ですが、お墓をきちんと建てた後、しばらくたってから別の場所へ移動したくなる場合があります。
理由としては「お墓のある場所が遠すぎてお墓参りがしづらい」「お墓の管理をする人が近くにいない為、実家の近くに移したい」などが挙げられます。
気持ちや状況の変化により、お墓の移動を考えるのは自然なことです。

問題はお墓の移動を決めたとしても、移動するのが初めてだった場合、どのような手続きを踏めば良いのか分からない点です。
「書類は何を用意するべきなのか」「費用はどれくらいかかるのか」など、疑問は尽きないことと思います。
この記事では、お墓の移動について

  • お墓の移動でやらないといけない手続きには何があるか
  • お墓の移動でかかる費用の相場はどれくらいなのか
  • お墓を移動する際に知っておいた方が良いマナーについて

などを解説していきます。

最後の方でお墓を移動する際の服装についても触れていますので、是非参考にしてみてください。

実際にお墓を移動させたい方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

お墓の移動に必要な手続き

お墓

お墓はお寺や霊園など、人によって建てている場所は違ってくるでしょう。
ですが、お墓を移動する上で場所はあまり重要ではありません。
それよりもお墓の移動の為に発生する手続きの方が多くあり、手間と時間がかかります。

そしてお墓の移動が初めてならば、行動を起こす前に準備しておくべきことや誰に何を話しておいた方が良いのかなど、知りたいことは山のようにあるでしょう。
この項目では、お墓の移動をする際にどのような手続きを行えば良いのか、11個に分けて具体的にご説明いたします。

親族との話し合い

お墓を移動する前にやることの1つとして、親族との話し合いがあります。
家の引越しならば当事者が未成年でもない限り、必ずしも誰かの了承を得る必要はありません。
ですが、お墓の引越しになると話は別です。

お墓は誰か1人のものではなく、様々な人と関わりがある大事なものです。
もし管理者1人だけでお墓の移動を勝手にやってしまえば、後々確実にトラブルを引き起こす原因となります。
したがって、管理者1人で改葬を決めるのではなく、親族全員に対して話し合いの場を設ける必要があります。

また、お墓の中から遺骨を1人分だけ移動したいという人もいることでしょう。
移動すること自体は勿論可能ですが、それについても後々のトラブルを避ける為、親族全員と話し合い、お互いに納得した上で行ってください。

お寺・霊園に相談する

お墓を移動する際に話し合いをするのは、親族だけではありません。
現在のお墓を管理・供養しているお寺や霊園にも、お墓の移動について相談をする必要があります。

相談をする理由としては、改葬を勝手に決めて決定事項のように後で話すと、お寺や霊園からの印象が悪くなってしまうことがあげられます。
事前に相談しておくことによって、勝手に決めるのではなく、まず相手の理解を得たいという姿勢を示すことができるのです。

また、お墓の受け入れ先候補のお寺・霊園にも相談しておいた方が良いでしょう。
受け入れ先に相談する理由としては、場所によって改葬の受け入れをしていない場合があるからです。
いざお墓を移動しようとして断られてしまえば、また新たに受け入れ先を探さないといけなくなるからです。

石材店に見積もりを立てる

お墓の移動をする際、どの作業にどれくらいの費用がかかるのかについては、お墓の状況などにより変わってきます。
その為、石材店で見積もりを立ててもらうのが良いでしょう。

ここで注意してほしいのが、見積もりを1箇所の墓地・霊園だけに依頼しない方が良いということです。
1社だけではお墓の移動にかかる費用が高いのか、安いのかという判断がつきにくい為です。
したがって、他の墓地・霊園も候補としてリストアップしておき、それらすべてに見積もりをして費用の比較をしておいた方が良いです。

墓地・霊園によっては、改葬の手続きの手伝いまでしてくれる所もありますので、そういったサービスを行ってくれる墓地・霊園を探してみるというのも良いでしょう。

移転先を決める際には、終活ねっとのお墓探しが便利です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

改葬先のお墓を用意する

ここでは改葬先の墓石を新しく用意する場合と、改葬先でそのまま同じ墓石を使う場合の2パターンをご紹介します。

墓石を新しく用意する場合

墓石を新しく用意する場合、現在の墓石は必要なくなりますので、改葬する際に処分します。
そして石材店で購入した新しい墓石は、改葬先のお墓の完成予定日に合わせて大型トラックなどで輸送します。

気を付けておきたいのが、墓石を購入するタイミングについてです。
先を急ぐあまり、早い段階で墓石だけを先に購入してしまうと、後に状況が変わって改葬を断念した場合に後悔することになるからです。
したがって、墓石を早めに購入するにしても、せめて現在のお墓の管理者へ改葬のことについて相談し、了承をもらってからの方が良いでしょう。

以下のサイトでは、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、最高級の国産墓石を提供しています。
墓じまいをした後に、新しくお墓を購入したい方は、ぜひご覧ください。

墓石をそのまま利用する場合

現在の墓石をそのまま改葬先でも利用する場合、石材店に墓石を改葬元から改葬先へ輸送してもらう必要があります。
大型トラックなどで輸送しますが、改葬先が遠ければ船を利用することもあります。

気を付けておきたい点としては、改葬先が現在使用している墓石を受け入れてくれるかについてです。
お寺や霊園など、どこにおいても墓石についての規定が定められています。
その中には、墓石を新しく建てることは認めていても、別の場所から墓石を移動してくることは認めていない所もあるのです。

墓石を持ってくることを認めている所でも、墓石の大きさや刻まれる文字などに厳密な規定があり、墓石を再加工しなければならない場合があります。

受入証明書の発行

改葬をする際に必要となる書類の1つが受入証明書です。
受入証明書は、改葬する予定のお墓の管理者に発行してもらう書類で、名前の通り改葬先が相手の遺骨を受け入れたことの証明となるものです。
必要となれば墓地の永代使用許可書としても使うことが出来ます。

受入証明書がないと現在のお墓から遺骨を取り出せず、改葬先でも受け入れてもらえないことがある為、必ず発行してもらいましょう。

埋葬証明書の発行

改葬をする際に必要となる書類の1つが埋葬証明書です。

埋葬証明書は故人の火葬をする時に必要とされる書類なので、死亡届を市役所へ提出して発行した時点では火葬許可証として扱われます。
地域によっては、「埋・火葬許可証」とまとめて書かれている場合もあります。
火葬後には故人の遺骨を納骨する際にも求められるので、埋葬証明書の他に納骨証明書とも呼ばれています。

改葬するにあたっては、遺骨の身元を証明する為の書類になるので、現在のお墓の管理者に埋葬証明書を発行してもらって下さい。
また、埋葬していた遺骨の人数が複数の場合、一般的に埋葬証明書はその数に応じた枚数分を用意します。
しかし、埋葬証明書の形式によっては1枚だけで良い場合もある為、記入項目の確認をしておきましょう。

改葬許可証の発行

改葬をする際に必要となる書類の1つが改葬許可証です。
改葬許可証は現在のお墓がある地域の市区町村役場で発行してもらう書類です。
そしてこの書類がないにも関わらず、改葬を勝手に行うことは法律で禁止されています。

地域によって書類の形式は違うものの、一般的には

  • 現在のお墓と改葬先予定のお墓の情報
  • 名前や亡くなった日付など、故人の情報
  • 改葬許可の申請書を提出した者の名前や住所

などといった情報を記入する欄があります。

違うのは書類の形式だけではありません。
改葬先の管理者から受け入れを認めた証として印鑑をもらう必要があるなど、改葬許可申請の際に求められるものは地域によって変わってきます。
したがって、あらかじめ市区町村のホームページでまとめて公開されている情報を確認しておくか、もしくは連絡をとって直接疑問点を聞くなどしておいた方が良いでしょう。

閉眼供養・墓石の撤去

書類を揃えればいよいよお墓の移動を始めることができます。
お墓の移動をする為には墓石の撤去が必要となりますが、その前に閉眼供養を行います。

閉眼供養とは、お坊さんに依頼して墓石から故人の魂を抜く儀式のことを指し、「お性根抜き」や「魂抜き」とも呼ばれています。
これをすることで墓石はただの物体となり、抵抗なく処分できます。
墓石から抜いた故人の魂をどうするのかについては「開眼供養を行う」の項目で後述いたします。

そしてその後は墓石を撤去する為の工事を行います。
今まではその土地の一部を借りていただけなので、お墓を移動するなら更地にして何もない状態にして返さなければいけないのです。

改葬許可証を提出

現在のお墓から遺骨を受け取る為には、改葬許可証を管理者に見せる必要があります。
しかし、改葬許可証を見せて内容の確認をしてもらったら、その場で返してもらいます。

そして改葬先へ着いた後は、お墓の管理者へ改葬許可証の提出をしてください。
改葬許可証の提出をせず、すぐに遺骨を納骨しようとすればこれも法律違反となってしまいます。
改葬許可証を発行してもらった意味がなくなってしまいますので忘れないようにしましょう。

開眼供養を行う

新しくお墓を建てたなら、次は開眼供養を行います。
開眼供養とは、墓石に故人の魂を入れる儀式のことを指しており、「お性根入れ」や「魂入れ」とも呼ばれています。
先述した閉眼供養で抜いた故人の魂を、今度は開眼供養で新しい墓石に再び入れるのです。

予定していたお墓の移動日に来てもらえるよう、事前にお坊さんを手配しておきましょう。
儀式といっても大げさなものではなく、お坊さんにお経を読み上げてもらい、ご家族やご親戚の方々が焼香を行います。
準備しておくものは、お供えものやお花、お坊さんに渡す為のお布施などです。

お墓の移動に必要な費用相場

お墓

皆さんはお墓を建てる際にどれくらいの費用がかかったでしょうか。
お墓の購入には結構な費用がかかりますが、お墓を移動する際にもそれなりに費用がかかります。
そしてその費用の内訳は、お墓本体の購入費用だけではないのです。

それでは他にどのような費用が、どれだけかかるのでしょうか。
この項目では、お墓の移動でかかる費用の相場を3つに分けてご説明いたします。

石材店に支払う作業料

お墓の移動をする際に、頼ることになるのが石材店です。
お墓を撤去する為の工事費用やお墓を建てる費用など、様々な作業にどの程度かかるのかは依頼する内容によって変わってきます。

例えば、お墓のある場所がクレーン車など工事に使う機械を持ってくるのに適しているか、工事に割く為の人員はどの程度必要かなど、状況によって費用は高くも安くもなるのです。
他にも、敷地内にある不要なものを処分したい、移転先が遠いなどの場合、費用は追加でかかります。

一般的な相場としては1㎡あたり約10万円が相場とされていますが、選別した石材店で見積もりをとった方が良いです。
その際は、先述したように見積もり比較するのを忘れないでください。

移転元のお寺に支払うお布施・離壇料の相場

ここでは離檀料お布施の相場について、それぞれご紹介します。

お寺の離檀料の相場

移転する前にお世話になっていた場所がお寺の場合、離檀料を請求される場合があります
お墓を移動させるということは檀家を止めるということです。
その為「今までお世話になりました」という感謝の気持ちを込めてお布施を渡していた習慣が、いつの間にか離檀料という呼ばれ方をされるようになりました。

相場は3万円から20万円程度ですが、この離檀料についてお寺とトラブルになるケースがあります。
お寺側にとって檀家からの寄付やお布施などは収入の1つとなっています。
その為、離檀料を高額請求するお寺もいるのです。

しかし、高額な離檀料は払わずとも法律的に何の問題もありません。
それでもお寺側が納得しない場合、弁護士を挟んだ話し合いをした方が良いでしょう。

離檀料は感謝の気持ちなので、常識の範囲内の金額であれば払った方がよいでしょう。

お寺や霊園に渡すお布施の相場

お墓の移動をする際に閉眼・開眼供養において、お坊さんを呼ぶということは先述いたしました。
その際にお坊さんへお布施を渡すのですが、それは移転元がお寺であっても、霊園であっても同じことです。

お布施の相場はお寺や地域によって違ってきますが、5万円~20万円くらいとされています。

移転先のお寺に支払うお布施の相場

移転先でもお坊さんにお布施を渡します。
相場は先述したお布施の金額と同じです。

お布施はお坊さんへ感謝の気持ちを込めて渡すものの為、金額がはっきりと決まっている訳ではありません。
その為、お布施の金額は極端に安い所もあれば、極端に高い所もあるなど、幅が大きいです。
したがって、どうしても正確なお布施の金額を知りたいという場合はお坊さんに直接聞いてみましょう。

しかし、質問の仕方は工夫する必要があります
お布施の本来の意味を考えると、ストレートに聞いてもお坊さんは答えにくい為、はっきりとした回答は得られないでしょう。

そこで「他の檀家さんはお布施をどれくらい包んでいるのでしょうか?」といった質問をしてみてください。
このように遠回しな聞き方ならば、お坊さんも「他の方は大体これくらいですよ」と答えやすくなります。

新しいお墓を建てるためにかかる費用

お墓を撤去した場合、新しい墓地・霊園でお墓を建てる必要があります。
お墓を建てるためにかかる費用は、全国で145万円〜205万円ほどが相場になっています。

お墓を建てるためにかかる費用について、その内訳などをもっと詳しく知りたいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

お墓の移動の際のマナー

お墓

ここまでは、お墓の移動で必要な手続きの内容とかかる費用の相場についてご説明いたしました。
お墓の移動はやることが多くて大変ですが、他にも知っておいた方が良いことがあります。
それはお墓の移動をする際のマナーです。

マナーを知らないままではどこで相手に対し、失礼な行為をしているのかが分かりません。
ですが、お墓の移動時にどのような点を気を付けておけばマナー違反にならないのでしょうか
この項目では、お墓を移動する際のマナーについて3つに絞り、ご説明いたします。

お寺・霊園への挨拶

改葬が終わった後、ご親族など関係者に挨拶状を送って報告するものですが、改葬の途中で挨拶しなければならない相手がいます。
それが今までお世話になったお寺や霊園への挨拶です。

今まで故人のお墓を管理・供養してもらっていたのに、お墓の工事が終わって次の改葬先へすぐに向かってしまうのは後味が悪いことでしょう。
工事が終わったので次の改葬先へ向かうことと、改めて今までお世話になったことの気持ちを伝えて下さい。
次の改葬先で、工事も開眼供養も終わった後は、これからよろしくお願いしますという挨拶を伝えにいって下さい。

閉眼供養の際の服装など

閉眼供養の際に着る服装について、お墓にまつわることだから喪服だろうと考える方がいらっしゃいますが、それは違います。

確かに故人の葬儀においては喪服の着用が一般的ですが、閉眼供養の服装に関しては全体的に地味なものであれば私服でも構いません。
しかし、私服が嫌な場合、落ち着いた色合いのスーツであればそちらでも問題ないでしょう。
派手な服装やだらしない格好など、非常識な服装でなければ良いのです。

お祝い金について

お祝い金はお坊さんに渡すお布施とは違います。
新しくお墓を建てることをおめでたいこととして捉え、お祝いとして渡すお金のことを指します。

「建碑祝い」と書かれた紅白の祝儀袋で渡しますが、納骨法要がある場合はおめでたいこととはならない為、「御仏前」と書かれた袋で渡しましょう。

お墓移動の代行サービスもある

お墓

お墓の移動には費用だけでなく、手続きやマナーなど気にする点が多く、色々大変であることがわかったと思います。
そんな中、近年お墓の移動(改葬)を代わりにやってくれる代行サービスが登場しています。

代行サービスには、以下のような項目が含まれています。

  • 手続きの代行
  • 離檀交渉(寺院墓地からの改葬の場合)
  • お墓の解体
  • 各種法事・法要の手配
  • ご遺骨の移動

代行サービスの料金は、20〜30万円ほどが相場になっています。

実際にお墓移動の代行サービスをご利用したい方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

お墓の移動方法まとめ

お墓

いかがでしょうか。
この記事では、お墓の移動をする際にどういった手続きが必要なのかということについてご説明いたしました。

  • お墓の移動をする前に親族との話し合い、現在お世話になっているお寺や霊園へ相談しておき不要なトラブルを避ける。石材店で見積もり比較をしてどこが良いかを見極める。改葬する際に新しい墓石を建てるなら墓石単体で先に購入するのは止めておく。墓石をそのまま使うなら改葬先の規定を確認する。
  • 受入証明書と埋葬証明書と改葬許可証を発行してもらう。閉眼供養をして、お墓の撤去工事を行い、改葬先で開眼供養を行う。
  • 石材店に支払う作業料金の相場は1㎡あたり約10万円だが、お墓の状況や依頼者の希望により上下するので見積もりをする。
  • お寺の離檀料の相場は3万円から20万円、お寺や霊園に渡すお布施の相場は移転元でも移転先でも5万円から20万円。本来、お布施は感謝の気持ちを込めて渡すもので具体的な金額は決まっていない。お坊さんに直接聞く場合、他の檀家を引き合いに出してどの程度包んでいるかを聞くと相手も答えやすい。
  • 改葬の際にお寺・霊園への挨拶を忘れず、閉眼供養での服装は全体的に地味なものにする。

以上のことが分かりました。
費用は状況によっていくらでも変わってくる為、事前の見積もりが重要です。

終活をする中で、お墓の移動方法に疑問を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
何かと面倒な手続きが多く、改葬には時間もお金も大いにかかることがわかりました。
それでもこの記事が、お墓の移動方法について知りたいという皆さんの終活の参考になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは「お墓の移動」以外にも、墓じまいや改葬に関する記事を多数紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。

こちらも読まれています

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

終活をはじめる時、お墓の行く末も不安の種だと思います。最近では墓じまいをする家も増えてきました。ここでは、墓じまいの方法や手順、墓じまい後の遺骨の供養方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・移動」に関連する記事

  • お墓の移動にかかる費用や手順などについて詳しく解説します!のサムネイル画像

    お墓の移動にかかる費用や手順などについて詳しく解説します!

    引越しなどにより遠方にあるお墓を近くの墓地に移動したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。お墓をそのまま移動させる場合にはどのような費用がどのくらいかかるのでしょうか。終活ねっとでは今回、お墓の移動にかかる費用と手順をご説明します。

  • お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説しますのサムネイル画像

    お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説します

    お墓の改葬って聞いたことはありませんか?既にあるお墓から別のお墓に移ることを指しますが、お墓が関わることなので個人で勝手にできるものではありません。ここではお墓の改葬に必要な申請やかかる費用などについてまとめいきたいと思います。

  • お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説のサムネイル画像

    お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説

    お墓の改葬は、終活の中でも大変神経を使うお仕事の一つです。新たなお墓でご供養を行う改葬においては、多くの手続きや話し合いを行わなければなりません。この記事ではお墓の改葬に伴う手続きや費用について詳しく解説していきます。

  • 墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説しますのサムネイル画像

    墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説します

    何かしらの理由で墓地・霊園からお墓を移す必要がある場合、様々な手続きや手順を踏まなければなりません。 お墓の引っ越しなど普段の生活では馴染みの無いことなので一般人にはなかなか分かりません。 今回は墓地・霊園からお墓を移す際に必要な手続きや費用を詳しく解説します。

  • お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

    お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

    お墓をお守りするご家族にとって、次の世代にお墓を引き継ぐことが難しい時代となってきました。継承者不足や費用の面から泣く泣くお墓を処分するケースも少なくありません。もしお墓を処分する場合にはどの位の費用がかかるのか、墓じまいにかかる費用の相場について解説します。

  • 古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介しますのサムネイル画像

    古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介します

    建てたばかりのころはとてもきれいだったお墓も年月が経つとそれだけ古いものになります。もし、年月が経って管理する人がいないということになった場合、いったいどのようにすればよいのでしょうか。今回は古いお墓をいかにして処分するかについて見ていきましょう。

  • 納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!のサムネイル画像

    納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!

    納骨堂、またはそれ以外から別の場所へ改葬したい時、具体的にどのような手続きを踏めばよいかご存知ですか?初めてだと勝手が分からず、戸惑う方も多いかと思います。この記事では、納骨堂への改葬、納骨堂からの改葬について解説いたします。

  • 改葬のお布施はどう用意したらいいの?手続きやマナーも紹介します!のサムネイル画像

    改葬のお布施はどう用意したらいいの?手続きやマナーも紹介します!

    改葬は、遠方のお墓から新たなお墓への遺骨の引っ越しです。核家族化や少子高齢化によって改葬は注目を集めています。具体的な届けはどこに出すの?お布施の包み方や渡し方は?改葬の手続きとお坊さんへのお布施について詳しく解説していきます。

  • お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明しますのサムネイル画像

    お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明します

    お墓の整理をしたいと思った時、すぐに行動しようにも、具体的な方法や費用が分からないと少し戸惑ってしまいますよね。何から調べてどのように動けば一番良いのでしょうか。お墓の整理に関わる知識を身につけて、事前準備をしてみましょう。

  • お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

    お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

    先祖代々受け継いで来たお墓でも、引き継ぐ人が無ければお墓を整理して墓じまいをしなければなりません。お墓を整理する際には様々な費用が生じますが、いったいどのような費用が必要になるのでしょうか。今回は墓じまいにかかる費用にいてお話しします。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・移動」についてさらに知りたい方へ

お墓の移動にかかる費用や手順などについて詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓の移動にかかる費用や手順などについて詳しく解説します!

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説しますのサムネイル画像

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説します

お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説のサムネイル画像

お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説

墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説しますのサムネイル画像

墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説します

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介しますのサムネイル画像

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介します

納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!のサムネイル画像

納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!

改葬のお布施はどう用意したらいいの?手続きやマナーも紹介します!のサムネイル画像

改葬のお布施はどう用意したらいいの?手続きやマナーも紹介します!

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明しますのサムネイル画像

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明します

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・移動」についてさらに知りたい方へ

お墓の移動にかかる費用や手順などについて詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓の移動にかかる費用や手順などについて詳しく解説します!

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説しますのサムネイル画像

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説します

お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説のサムネイル画像

お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説

墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説しますのサムネイル画像

墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説します

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと