ペットの供養方法は?|お寺・線香・お供え・お花・家・供養グッズ

ペットの供養方法は?|お寺・線香・お供え・お花・家・供養グッズ

今やペットは大切な家族の一員です。いつまでも元気でそばにいて欲しい存在ですね。でも、いつかお別れをする時がきます。その時のことを考えたことがありますか?供養の方法は?供養に必要なものは?等、もしもの時ペットと後悔しないお別れができるように最後までお読みください。

最終更新日: 2020年12月17日

ペットの供養について

ネコ

ペットは大切な家族の一員と考える方は多くいらっしゃいます。
いつまでも元気でそばにいて欲しい存在ですね。
でも、いつかお別れをする時がきます。
その時のことを考えたことがありますか?

今回、ペットの供養について以下の内容を中心にご紹介します。

  • ペットの供養の種類

  • 自宅でペットを供養をする方法

  • ペットの供養グッズ

  • ペットの供花

  • ペットの法要

  • ペット供養をしてくれるお寺・神社

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

ペットの供養について、関連する情報も幅広くまとめています。
時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。

ペットとのお別れが、後悔のないものとなるように、最後までお読みください。

ペット供養の方法の種類

猫

家族のように愛し、一緒に暮らしてきたペットも病気や寿命などでお別れをする時がきます。
そんな時、飼い主様はペットに何をしてあげられるのでしょうか?

ペットの供養に決められたルールはありません。
飼い主様とペットの絆を深めるようなお別れを望む方も多いでしょう。
人と同じように葬儀や納骨などを行う方もいらっしゃるでしょう。

自宅やペットとの思い出の場所などで家族だけで静かにお別れをすることも出来ます。
お友達や生前、ペットと交流のあった方々と語り合ってお別れをすることもあるでしょう。

またお寺や斎場などで行う場合は人と同じような手順があり、ペットの葬儀を行う業者によって色々な方法、サービスがあります。

ペットの供養には法整備がなされてないのが現状です。
納得のいかない供養になったり、トラブルを避けるためにも、数社から見積もりなどを取り、納得のいくまで説明を聞くなどされるのが良いでしょう。

そして良く考えてから飼い主様ご自身にて決めるのが良いでしょう。
周りの意見や商売にされている方に利用されないように心掛けましょう。

それでは、ペットを供養する方法の種類を紹介します。

ペット霊園

ペットを家族として捉える風潮が定着し、人と同じようは供養の仕方を望む飼い主様が増えてきました。
当初は人用の霊園の片隅に埋葬されていましたが、需要の増加に伴いペット専用の霊園も登場しました。
普通の人と同じように、墓石を建てペットのご遺骨を納骨する霊園です。
墓石に名前、メッセージなどを入れることが出来ますが、それなりの費用が掛かります。

また一部のペット霊園では以前から人とペットが一緒に入れるお墓がありましたが、最近では人のお墓にペットも一緒に埋葬できるように整備されている霊園も増えているそうです。
ペット霊園、葬儀社は年々増えてきています。

ペット霊園によっては合同慰霊祭などを定期的に行っているところがあるそうです。
また、ペット霊園によって保管の期間、料金体系が様々ありますので、確認したほうが良いでしょう。

ペット納骨堂

ペットのご遺骨を納骨堂に納骨する場合もあります。
納骨堂によっては個別での納骨、合同での納骨などがあります。

屋内にロッカータイプ、棚タイプ、個室タイプなどのご遺骨を安置するスペースを借ります。
納骨堂は屋内にあるため、お参りの時間や供物などに制限がある場合もあります。

手元供養

家族だったペットを霊園など遠くへ納めたくない、離れたくない、どうすればいいかわからない等の理由からペットのご遺骨を手元に置く飼い主様も多いようです。

手元供養には二つの方法があります。
一つは自宅に置いておく方法、もう一つはアクセサリーなどにして身に着けておく方法です。
自宅に置いておく方法が昔から一般的な供養の仕方です。

自然葬

自然葬とは、ご遺骨を自然に還すことを目的とした供養方法です。

自然葬の中でも人気なのが樹木葬です。
樹木葬とは墓石の代わりに樹木をお墓にします。

「ペットも家族だから一緒のお墓に入りたい」「亡くなっても元気に遊べるように」などの飼い主様の思いから一緒に眠ることのできる樹木葬も増えてきました。

樹木葬の仕方としては、ペットのご遺骨をシンボルツリーの下に他のペットと一緒に埋葬する合祀型、ペットの専用区画に個別に骨壺ごと埋葬する型、飼い主様と一緒の区画に骨壺を埋葬する型があります。

また、海や山、庭などに散骨する方法もあります。
散骨は法律などで規制されてはいませんが、地権者や建造物所有者がいる場所などへの散骨は権利者の許可が必要です。

また、一部の市町村では条例を設けているところがありますので確認が必要です。
どこに散骨する場合でも、お骨をパウダー状にするなど節度を持ってされることが必要でしょう。

自宅でペットの供養をする場合

猫

ペットは大切な家族なのでしばらくはそばにいて欲しいものです。
業者からお骨にして戻されてもどうしていいかわからない、いつか一緒のお墓に入りたいなどの様々な理由から自宅供養という形をとる飼い主様も多いようです。

自宅で供養するということは生前と同じような距離でいられるため、飼い主様にとって悲しみを癒す一助になるようです。

しかし、骨壺を自宅で長期保管する場合、ご遺骨にカビが生えていたということもあるそうなので、湿度の高いところに保管しない、吸湿剤などを入れておく、骨壺のふたをテープなどで密閉するなどの対策を考えたほうが良いでしょう。

屋内での供養

屋内での供養にはご遺骨を骨壺に入れてリビングや生前のペットのお気に入りの場所に安置することが多いようです。
また、小さい仏壇を作って置いておく方法やご遺骨の一部をペンダントに入れて身に着けたり、ご遺骨そのものを加工してアクセサリーにする方法などもあります。

いずれにしても、家族だったペットの存在を身近に感じ、飼い主様の心は癒されることでしょう。
仏壇を置く場合は人間の仏壇とは分けてお祀りするのが一般的だそうです。

庭など屋外での供養

ご自宅のお庭に埋葬すること自体は問題ありませんが近隣住民に迷惑がかかる場合があるので、注意しなければなりません。

ご遺骨をお庭に埋葬してお花や樹木を植える、ペットの屋外用のお墓も販売されており骨壺を入れることが出来ます。
また、パウダー状にして散骨するなどの方法もあります。

ペットの供養グッズ

ねこ

手元供養が一般的であることから、ペットの供養グッズは沢山あります。
羊毛フェルトで作る生前のペットそっくりの人形やペットの写真から作るシルエットチャーム、またご遺骨の一部が入れられるペンダントやリング、ストラップ、ご遺骨自体を加工して作るアクセサリーもあります。
いつも一緒にいたいと思っている飼い主様にはとても人気です。

ではペットの供養グッズを紹介してまいります。

仏具

仏具メーカーが製作しているものも数多くあり、作りも本格的です。
生前のペットのイメージに合うものや、かわいらしい仏具が色々、用意されているそうです。
かわいらしい仏具に手を合わせれば優しい気持ちになれるでしょう。

仏壇

ペット仏壇はコンパクトなサイズになっているものが多いです。
基本的には香皿、供物皿、ろうそく立て、おりん、水入れや写真立てといったものを1セットにしています。
かわいらしいデザインのものが多いので、ペットのイメージに合うものを選んでみてはいかがでしょうか。

骨壷

自宅供養が一般的ということもあり、骨壺は置き場所を選ばず部屋に合うような可愛いデザインのものが多くあります。
業者によってはお骨にする時に骨壺を用意してくれるところもあります。
また、骨壺が大きく場所をとるとお考えの飼い主様には粉骨(パウダー状にする)して、小さい骨壺に入れるということも出来ます。

位牌

人と同じであれば四十九日までおかれる内位牌、四十九日の法要で用いる本位牌がありますが、ほとんどの飼い主様は位牌を用意されたとしてもメモリアル碑として思い出を残すためのものではないでしょうか。
そのため、ペットの姿をいつでも思い出せるように写真立てにメッセージが入れられるようなものが多いようです。

「終活ねっと」では、位牌の購入・相談を承っております。
メーカー様より位牌を直接仕入れているため、スピーディーかつ手ごろな価格での販売が可能です。
ペットの位牌の購入をご検討中の方、位牌についてなにか疑問がある方は、下記のリンクから気軽にご相談ください。

お線香

ペットが亡くなったら、まずは人と同じようにお水や生前好きだったペットフードやお菓子だけでなく、お線香をお供えすることでしょう。

その時、お線香を少し折る飼い主様もいます。
お線香を折るのは人との格差をつけないといけない、人とは違うことを知らせるためと言われています。

お線香をお供えするのは香煙を通じて仏様とお話しするという意味があるそうです。
お線香の長さなどに関わらず、お線香を焚いている間はゆっくりと亡くなったペットとの時間を過ごしましょう。

ペット供養のためのお花は何がいい?

花

お別れの時に棺に入れるお花の決まりは特にありません。
飼い主様のお好きなお花を入れてあげるのが良いでしょう。
ただし、お骨に色がつくとのことで色の濃いお花は避けたほうが良いとされています。

また、友人や知人が大切にしていたペットが亡くなったという話を聞いてお花を手配する方もいらっしゃるでしょう。

ペットの場合は葬儀などを行わない方が多いので、時期に明確な決まりはありませんが、飼い主様はしばらく悲しみに暮れているので、聞いたら早めに贈るのがいいでしょう。
色合いは白を基調にしたお花が多いですが、カラフルなお花で見送ることも多いそうです。
生前のペットのイメージで贈られると良いでしょう。

ペットの初七日

お墓

ペットの忌日も人の場合と同じと言われています。
基本的には7の倍数が忌日と言われています(初七日、三十五日、四十九日など)。
人と同じでお葬式の後に初七日法要を行う飼い主様も増えているようです。

ご自宅にご遺骨がある場合は、忌日にペット霊園に納骨してあげるのが良いとされています。
多くのペット霊園では魂が天国に召されるとされている四十九日に納骨することをすすめているそうですが、飼い主様のお気持ちの整理がつかない場合などはもっと遅い忌日でもよいそうです。

初七日などの忌日は人もペットも同じで、飼い主様が家族だったペットのことを忘れず、ペットのために時間をとってペットを偲んで思い出話などをして供養することが大切なことでしょう。

ペットの供養をやってくれる神社・寺がある

寺

昔から犬や猫を祀る寺院はありました。

ペットもかけがえのない家族という思いが強いほど、より丁寧に供養をしたいと考える飼い主様も多いでしょう。
そのような事情を背景に最近は人と同じようにペット供養に力を入れているお寺や神社が増えているそうです。

ペットの供養についてまとめ

人々

いかがでしたか?

今日はペットと別れの時に後悔しない供養について調べてみました。
ペットの供養には

  • ペット供養にはペット霊園、自宅供養など色々な供養の仕方がある。

  • ペット供養グッズは思い出を残せるものが沢山ある。

  • ペットに供えるお花にはルールはない。

  • ペットの忌日は人と同じ。

など、知っているようで知らないことが多々ありました。

今やペットを家族やパートナーのようなかけがえのない存在として一緒に暮らしている人が多くなりました。
そのため、ペットを失った時のショックで精神的、身体的に問題を抱えてしまうような「ペットロス」が社会問題となっています。

そのような事情もあり、ペット供養は亡くなったペットのためだけでなく、飼い主様が今までの生活を送れるように心の整理をするためにも大切なものになりました。
大切なペットが元気なうちに考え、家族と相談しておかなければならないことがいくつかあります。
いつかお別れする時が来ると漠然と考え、覚悟しているつもりでも、実際の時は辛く何も考えられないかもしれません。

あの時、こうしてあげれば良かった、もっと出来ることがあったのではないかなど、ご自分を責めることもあるかもしれません。

しかし、時が過ぎ、少しづつ悲しみから立ち直った時、家族同然だったペットと一緒に過ごしたかけがえのない時間に感謝し、「そばにいてくれてありがとう、一緒に過ごせて楽しかったよ」とペットに語り掛けられるように飼い主様が納得する形でお別れすることが何より大切なことではないでしょうか。

その時が来たら悲しみの中で慌てたりせず供養できるように参考にされてはいかがでしょうか。

「終活ねっと」は、人の終活だけでなくペットの終活に関する情報も発信しております。

お墓をお探しの方は
「DMMのお墓探し」で

DMMのお墓探しでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
DMMのお墓探しで霊園を探す