納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

2018-08-21

納骨堂の費用相場について

お墓

近年、納骨堂にご遺骨を納める方が増えています。
かつてはご遺骨の一時的な保管場所と考える方が多かったと思いますが、納骨堂を供養の場として利用される方が増えてきているのです。
少子化でお墓の後継者も見つからず、納骨堂を永代供養の場として生前予約する人も増えています。

納骨堂はメリットが多く、終活の中で検討されたいと思っておられる方も多いでしょう。
ですが、納骨堂について具体的な知識、特に費用について気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回終活ねっとでは、納骨堂の費用の相場について

  • 納骨堂の費用の相場はどのくらいなのか?お墓との違いは?

  • ご遺骨を一時保管する場合や供養の場所として利用する場合の費用は?

  • 納骨堂で永代供養する際の相場は?

  • 納骨堂の利用人数・使用年数などで違いはあるのか?

  • 各地の納骨堂はどんなところがあり費用はどのくらいか?

以上の点を中心にして詳しく解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

実際に、全国の納骨堂の費用を比較してみたいという方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

納骨堂をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

納骨堂の費用について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

納骨堂の利用費用の相場

お墓

まず最初に納骨堂を利用する場合の費用の相場について、普通のお墓の費用との違いを含めて説明します。

納骨堂というと、普通屋内にあるロッカー形式をイメージされる方が多いと思います。
でも、最近の納骨堂は、運営主体や立地などによる違いもありますが、種類や形式も多様になっておいることから、費用もかなり異なります。

中には立派な設備を備えた豪華な納骨堂もあり、費用も高いものもありますが、納骨堂は基本的に墓石が必要ありませんので、お墓に比べると通常費用はかなり安く抑えられます。

東京周辺の例ですと、一般的なお墓にかかる費用は、おおよそ100万円~200万円ですが、納骨堂は、ご遺骨1体用で50万円前後が相場になっています。

納骨堂も個人用・夫婦用・家族用などがあり、収蔵可能なご遺骨数が多いと費用も高くなりますが、一般的なお墓の費用に比べれば、納骨堂の費用はかなり安いと言えます。

それでは、納骨堂の利用の仕方により費用はどのように違うのでしょうか。
納骨堂の利用の仕方は、大きく分けて

  • ご遺骨を一時的に保管してもらう場合

  • お墓の代わりの供養場所として納骨堂を利用する場合

  • 納骨堂で永代供養してもらう場合

以上のような三つのケースが考えられます。
それぞれのケースについて、費用の相場を見ておきましょう。

ご遺骨を一時的に保管してもらう場合

新たにお墓を建てようと思われても、建てるまで時間がかかるというような場合は、納骨堂でご遺骨を一時的に保管してもらうこともできます。
寺院や民営霊園だけでなく、公営霊園にも一時保管できる納骨堂があります。

東京都の場合は、都立霊園(雑司ヶ谷霊園・八柱霊園・多磨霊園)に「一時収蔵施設」と言われるご遺骨を預けられる納骨堂があります。
都立霊園の「一時収蔵施設」の使用期間は原則1年ですが、最大4回まで更新できます。
使用料は1年間2千円です。

一方、民営の一時保管の納骨施設の場合は、使用料は1年間で3千円~1万円前後です。
この他に、契約時に保証金的な性格の預託金が5万円~10万円必要とされる場合や、管理料が年に数万円程度かかる場合もあります。

供養場所として納骨堂を利用する場合

次に供養場所として納骨堂を利用する場合です。

一般のお墓ではなく、霊園墓地の納骨堂にご遺骨を安置することもできます。
この場合は、霊園墓地の管理者に永代供養をお願いするのではなく、ご遺族が納骨堂を一般のお墓の代わりの供養場所として使用するものです。

お墓よりも納骨堂の方が便利だとお考えの方や、いろいろな事情から先祖代々のお墓を引き継げない方などが、納骨堂を供養の場として利用する例も近年増えています。
最近の納骨堂のニーズに応え新しいタイプの納骨堂もでてきています。

納骨堂を代々利用する場合費用として、永代使用料と毎年の管理費が基本的に必要です。
このほかに、寺院の納骨堂では、護寺会費などが求められることもあります。

納骨堂の永代使用料は、納骨堂の種類・形式によりかなり違いがあります。

  • ご遺骨1体用のロッカー式:10万円~50万円前後

  • 複数のご遺骨を収納可能な仏壇式:80万円前後

  • 自動搬送式になっている機械式:100万円以上

納骨堂はマンション型墓地とも言われるように、限られた土地面積に作ることができ、多数のご遺骨を納めることができますので、使用料は一般的に低く抑えることができます。
管理費は、年1万円前後が多くなっています。

以上を学んだ上で、どのような霊園があるのかを知りたい方はこちらで霊園を比較してください。

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

納骨堂で永代供養してもらう際の相場は?

お墓

次に納骨堂で永代供養する際の相場についてご紹介します。
永代供養をする際の相場はどれくらいになっているのでしょうか。

平均的な相場

納骨堂で永代供養する場合の費用は、立地や形式・規模、供養の仕方などにより違いがあります。
一般的に交通アクセスが良いほど使用料は高く、施設が充実した最新の納骨堂は管理費も高くなります。

納骨堂の費用の平均的な相場

  • ご遺骨1体用:50万円前後

  • 家族用:100万円〜200万円

となっています。

永代供養の納骨堂の初期費用は一式費用として請求される場合があります。
一式費用の中には、永代供養料や永代使用料・開眼法要費用・納骨費用などが含まれていたり、さらに戒名や位牌の費用も含まれていることもあります。

納骨堂の管理費は、一式費用に含まれていることも多いのですが、別途一括で最初に支払う形や毎年1万円前後の管理費を支払う形もあります。

初期費用の内訳は必ずしも明確でないこともありますので、どのような費用が含まれているのか、よく確認するようにしましょう。

また、永代供養といっても一定期間経過後には他の方のご遺骨と合祀される例が多くなっています。
この点も注意しておきましょう。

費用の違いの要因

これまでも説明しましたように納骨堂の費用は、ケースによりかなり違いがあります。

納骨堂の費用が違う要因はいろいろありますが、主な要因はどんなことがあるのか、ここで整理しておきましょう。

納骨堂に入れる人数による違い

まず納骨堂に収めることができるご遺骨の数による違いがあります。

  • ご遺骨一体の収蔵用:10万円~50万円程度

  • ご夫婦などを対象の2体用:30万円~80万円程度

  • ご家族用(3人以上):100万円前後

相場です。

中には入れる人数が8人用などと大きな納骨堂もあり、200万円以上の高額になるものもあります。

合祀までの年数による違い

次に合祀までの年数による違いです。

永代供養と言っても 個別の納骨室で永久に供養されるわけではなく、一定期間経過後に合祀墓に移されるのが通例です。
合祀に移されるまでの期間は、17回忌・33回忌・50回忌などの回忌法要が目安にされており、33回忌までとする例が多いです。

中には最初から合祀を選ばれる方もおり、この場合の費用は3万円~10万円とかなり安くなります。
一般的に多い33回忌まで個別に安置するケースですと50万円前後~100万円位です。

管理費はご遺骨が合祀されるまで毎年必要なところもありますが、合祀になると使用料も年間管理料も不要になるのが通例です。

公営か民営・寺院営かによる違い

納骨堂も公営と民営・寺院営があります。
公営は公共団体の施設で、民営・寺院営は宗教法人や霊園・寺院が運営します。

公営の納骨堂の費用は、一般に民営や寺院営の費用より大幅に安くなっています。
一方で公営の納骨堂は利用できる施設の形式や種類・規模などがあらかじめ決まっていることが多く、選択の自由度は民営に比べるとかなり小さくなります。

公営の納骨堂は利用資格などの条件もあり、東京など大都市では人気が高く抽選になることも多く、申し込んでも確実に利用できるわけではないことも考慮しておく必要があります。

各地の納骨堂の利用費・相場

お墓

利用する納骨堂の場所によって値段は大きく変わってきます。
そこで納骨堂を利用する際の場所による費用相場の違いについて説明します。

東京の納骨堂費用相場

東京都の納骨堂は、都心部を中心に都全域にかなりの数があります。

寺院や民営の納骨堂は、収蔵期間が7回忌・13回忌・33回忌までなど幅があります。
費用の相場は、収蔵期間が33回忌までの場合、ご遺骨1体で50万円~100万円前後の所が多く、家族用は100万円~200万円と高くなります。
管理費は別途年1万円~2万円程度必要な場合もあります。

公営の「都立多摩霊園」の納骨堂みたま堂は、30年間個別に安置された後、更新しなければ合葬になります。
使用料は24万3000円(2体用)~40万5000円(6体用)で、管理料が年3010円~5030円です。
都立霊園の費用はかなり安いと言えます。

東京都にある人気の墓地・霊園のランキングをご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

北海道の納骨堂費用相場

北海道の納骨堂は、札幌市やその周辺部を中心に数多くあります。

北海道は冬に雪が降り積もるため、お墓と同様の墓石のある個別安置型の屋内納骨堂も増えており、こちらのタイプの使用料は100万円~200万円、あるいはそれ以上の高額のものまであります。

一般的な納骨堂の費用の相場は、永代供養型のご遺骨2体収蔵用で50万円位です。

福岡の納骨堂費用相場

福岡県の納骨堂は、それほど多くはありませんが、北九州市などに何か所かあります。

費用の相場は、50万円前後になります。

熊本の納骨堂費用相場

熊本県の納骨堂は、熊本市などに寺院が経営する施設が何か所かありますが、数はそれほど多くはありません。

寺院営の納骨堂の費用の相場は、ご遺骨1体用で30万円~50万円、家族用で100万円程度ですが、別に管理費がかかる場合もあります。

熊本市には市営の納骨堂「桃尾霊堂」もあり、期間10年の家族納骨壇(ご遺骨6体まで)が使用料20万円、 期間1年の短期納骨壇(ご遺骨1体)が使用料5千円で、いずれも更新可能です。

納骨堂の費用相場まとめ

お墓

いかがでしたか。
納骨堂の費用の相場について、ケース別に解説しましたが、以下のことが分かりました。

  • 納骨堂は、墓石が必要ないので通常のお墓に比べると費用はかなり安くなる。

  • 納骨堂で遺骨を一時的に保管してもらう場合の費用の相場は、都立霊園は年2千円、民営なら年数千円~1万円前後である。

  • 納骨堂を供養場所として利用する場合の費用は、永代使用料と管理費があり、永代使用料はご遺骨1体用のロッカー式が10万円~50万円、管理費は年1万円前後が多い。

  • 納骨堂で永代供養する場合の費用は、立地や形式などにもよるがご遺骨1体用で50万円前後、管理費は一式費用に含まれることも多いが年1万円前後支払う場合もある。

  • 納骨堂の費用の違いは、入れる人数の違い・合祀までの年数の違い・公営か民営・寺院営かによる違いがある。

  • 公営の納骨堂は、民営や寺院営の費用より安いが、利用資格条件もあり、人気も高く確実に利用できるわけではない。

納骨堂といってもいろいろな形やケースがあり、費用の相場も違いがあるということがお分かりいただけたと思います。

昔ながらのお墓の引継ぎや入手は難しく、また費用面だけでなく利便性などからも納骨堂を求める方が増えており、最近の状況に合った使いやすい便利な新しい形の納骨堂が増えてきています。

今後納骨堂を利用するニーズは一層高くなってくることと思われます。
納骨堂の種類の違いや、それぞれのタイプのメリットやデメリットなどを、日頃からご家族などとよく話し合っておくことも必要です。

いろいろな方のご意見も参考にして、現地も見ておかれるとよいでしょう。

終活ねっとでは、納骨堂以外にも永代供養に関する記事などを多数掲載していますので、ぜひご覧ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

納骨堂にかかる料金について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「納骨堂・相場」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す

お墓・霊園を
お探しの方はこちら

全国から自分にあったお墓を探す
エリア・条件から絞り込み