手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?

手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?

亡くなった方が生前身に着けていたものを形見として身に着けるのが今までの一般的な形見でしたが、近年亡くなられた方の遺骨を加工して手元供養をしたり、形見にすることが出来るようになりました。この記事ではその手元供養に必要な遺骨加工について掘り下げていこうと思います。

2018-05-26

手元供養のための遺骨加工について

葬儀

亡くなられた方を供養する方法といえばまず最初に思い浮かぶのはお墓へ入れる、または納骨堂に収めるのが一般的だったと思います。
ですが、近年の核家族化や価値観の変化などにより手元供養を選択する方が少しずつ増えてきています。

手元供養を行うためにはまずは遺骨を加工して頂く必要があります。
加工の第一歩が「粉骨(ふんこつ)」といい、故人の遺骨を粉末状にして、そこから様々なものに加工する作業に入ります。

この粉骨の際にすべての遺骨を粉骨するものと、ご遺族が形見として残したい分だけを粉骨する分骨(ぶんこつ)という方法があります。

粉骨を選ばれる方は生前に「散骨してほしい」など故人の遺志を汲んで行われる事がほとんどかと思います。
一方、分骨は遺族の方が「故人との心の繋がりをもっていたい」「亡くなってしまったけれど、故人に側にいてもらいたい」という遺された人、遺族の気持ちから選ばれる事が多いのではないかと思います。

この記事では手元供養の際に必要な、遺骨の加工について、

  • 手元供養の種類

  • 遺骨の加工方法

などについて解説して参ります。
是非最後までおよみください。
必ず皆様の終活のお役に立てるかと思います。

そもそも手元供養とは

お墓

そもそも手元供養とは故人の「遺骨」を対象としたもので、「自宅供養」とも言われたりします。

遺骨を加工した状態、またはそのままの状態で自宅等で保管し、亡くなられた故人を身近に置いて偲ぶ事です。


お墓を立てる費用が無い、そんな大それたことはしたくない、など故人の遺志を汲んだものや家庭の事情などから手元供養は着実に増えつつあります。
現代の家族の在り方にマッチしたのが「手元供養」なのかもしれません。

手元供養の種類は大きく分けて2つ

お墓

手元供養の方法は大きく分けると2つあります。
ここからは手元供養の方法をそれぞれ紹介していきたいと思います。

遺骨を加工するもの

故人のお骨をそのまま手元に置いておく事も可能ですが、基本的に手元供養の際には遺骨は粉骨してから加工の作業に入っていくものです。
少し痛ましい気持ちもしますが、必要な作業です。

遺骨を粉骨してミニ骨壺にお骨を収めておくのも一つの手段です。
場所も取りませんし、可愛い・おしゃれなデザインの骨壺も沢山あります。
故人との思い出の写真などと一緒に飾って日常の中に故人を偲ぶ気落ちを溶け込ませるのも良いと思います。

手元供養として遺骨を持ち続けることは決して悪いことなどではありません。
自分が亡くなった時に一緒にお墓に収めたり、散骨を行ってもらったり、供養の方法は遺された遺族の方の自由なのです。

遺骨をそのまま入れるもの

読んで字のごとく、遺骨を加工せず、そのままの状態で骨壺に収めて置いておくことも可能です。
お骨を砕くことに抵抗のある方はお墓や納骨堂などにも遺骨を納め、小さな骨壺に少しだけ遺骨を入れておくのも良いでしょう。

手元供養のための遺骨の加工方法

仏壇

手元供養は基本的に粉骨してから加工に入ると前述しましたが、これからは粉骨された遺骨がどうやって加工されて、様々なものに生まれ変わるのかを詳しく説明していきたいと思います。

粉骨する(パウダー状にする)

粉骨されてパウダー状になった遺骨はその後アクセサリーやボーンチャイナなど様々なものに加工することが出来ます。

ミニ骨壺に遺骨を納める際も粉骨することで置く場所をとらなくとも置いておく事ができて、手元供養の際も場所に困ることが少なくなるでしょう。
ミニ骨壺は手のひらに乗るくらい小さな物もありますし、デザインもかわいらしい物がどんどん増えてきています。
生前から「これにしたい!」というミニ骨壺に巡り合えたら早めに買ってしまうのもアリだと私は思います。

これも自らの最期を自分で演出できる終活の1つなのではないでしょうか?

ダイヤモンド加工をする

ダイヤモンド加工では故人の遺骨や遺髪、遺灰から抽出した炭素から、天然のダイヤモンドが結晶化する過程と同じ方法で合成してつくる人工的なダイヤモンドのことです。

遺骨であり形見でもあるそのダイヤモンドのアクセサリー。
日常的にさり気なく使えるので「大切であった故人と常に近くにいたい」「一緒にいたい」「側にいる気がして心強い」など、自分に寄り添っていてほしい、見守っていてほしい、という遺族の方に人気があります。
ダイヤモンドですので、特に女性の方からの人気が高い加工法ではないかと思います。
人工といえどもダイヤモンド、故人の人生の輝きのように素敵な光を纏うことで自分の人生もより一層輝くことでしょう。

アクセサリーにする

先ほどは「ダイヤモンド」にして側に置いておく、という内容でしたが、他の方法で手元供養をするためのアクセサリーとして遺骨を身に着けることも可能です。

いちばん人気が高いのは小さなモチーフの中に故人の遺骨を粉骨したものを入れて身に着けるネックレスです。
他には指輪、ブローチ、バングルなど様々なアクセサリーで故人と共に在ることもできます。

見た目も普通のアクセサリーと変わりなく美しかったりシンプルなものであったり様々なデザインのものがあります。
遺された遺族の方も手元供養の手段として選択肢も広がります。
アクセサリーにすることでさり気なく身に着ける事ができるのが利点です。

散骨する際にも遺骨の加工・粉骨は必要

海

故人の希望により散骨を行いたいという方も増えてきましたが、散骨の際にも粉骨が必要になってきます。
火葬されただけの遺骨をばらまくのはNGです。
きちんと粉骨をしていただいてから散骨しましょう。

また、散骨を希望する場所にもよりますが、事前に可能かどうか確認をとる必要がある場所もあります。
散骨自体は法律上グレーな立ち位置です。
粉骨する前の遺骨を撒くのは違法になりますが、粉骨した遺骨を散骨する分には、2017年9月現在法的問題はありません。

手元供養のための遺骨加工のまとめ

仏壇

ここまでで手元供養に必要な遺骨の加工について書かせて頂きましたがご理解いただけましたでしょうか?
最後に要点をまとめさせて頂きます。

  • 手元供養には粉骨(骨を砕いてパウダーにする)が必須

  • 粉骨には分骨といって一定量だけ粉骨することもできる

  • 粉骨した遺骨はアクセサリーなど様々な形で遺族の近くに置いておくことができる

  • 散骨の際には粉骨が必要不可欠

以上、手元供養とその際に必要になる遺骨加工についてのまとめでした。
皆様の終活のお役に立てれば何よりです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

終活ねっとでは手元供養だけでなく、永代供養、納骨堂、樹木葬、散骨など様々な供養の方法を詳細に紹介しております。

他の記事もあわせてお読みください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「手元供養・加工」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す

お墓・霊園を
お探しの方はこちら

全国から自分にあったお墓を探す
エリア・条件から絞り込み