永代供養を行ったら、四十九日法要ってどうすればいいの?

永代供養とは、お墓の世話を親族者に代わって、お墓を寺院や霊園が永代にわたって四十九日法要などの供養と管理を行ってくれることです。 と言うことで、永代供養を行ったら四十九日法要も寺院や霊園に任せておけばいいのかどうか調べてみました。

目次

  1. 永代供養の四十九日法要について
  2. 四十九日法要とは?
  3. 永代供養の四十九日法要ってどうするの?
  4. 永代供養の法要と一般的な法要の差異
  5. 寺院・霊園との事前打ち合わせが大切
  6. 永代供養の四十九日法要についてまとめ

永代供養の四十九日法要について

お墓

永代供養とは、お墓参りができない人や法要を営むことができない人に代わって、お墓を寺院や霊園が永代にわたって供養と管理を行ってくれることです。

ということは、永代供養を行ったら、四十九日法要も寺院や霊園に任せておけば滞りなく済ませてもらえるのでしょうか?

この記事では、永代供養の場合の四十九日法要をどうしたらいいのかまとめてみました。

是非最後までお読みください。

永代供養のできる霊園をお探しの方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

四十九日法要とは?

お墓

法要とは、仏教において故人を供養する儀式のことを言います。
仏教において、亡くなってから七日ごとに法事・法要があります。
まず、最初の7日目の「初七日」から始まり、二七日(ふたなぬか)、三七日(みなぬか)となり、49日目の七七日(なななぬか)という名前が付けられています。

この間、7日ごとに閻魔大王(えんまだいおう)による裁きが行なわれ、極楽浄土に行けるかどうか判定されるのが49日目で、忌明けとなります。

遺族は、閻魔大王の裁きの日に故人が成仏できるようにお祈りをするのが慣習となっています。
四十九日法要は、少しでも閻魔大王様から良い評価がもらえるように、遺族が祈ることによって故人の善行を増やしていくという意味で、「追善法要(ついぜんほうよう)」と呼ばれます。

一般的には、初七日以外の法要は遺族だけで供養が行なわれます。
しかし、四十九日の法要だけは忌明けの日として親族や友人、知人も参列し、僧侶による読経や、そのあと参列者の焼香が行われます。
法要の最後は、参列者で会食が行なわれ故人を偲びます。

永代供養の四十九日法要ってどうするの?

お墓

そもそも永代供養とは、かつては先祖代々、数世代にわたり祖先や故人を供養し続ける宗教的な行為を指していました。
しかし、この頃では葬儀業者関係の営業用語として用いられています。

永代供養とは、後継者がいないとか、お墓が遠方にあるとか、体に障害があってお墓参りができないとか、法要を営むことができないなどの人たちのために、永代にわたって寺院や霊園の運営宗教法人が故人の親族に代わって、先祖や個人のお墓や位牌を管理して、毎年の故人の命日や春秋の彼岸、盆などで供養を行ってくれることです。

永代供養を利用するには、寺院や霊園の運営宗教法人と永代供養のための契約を結ばなければなりません。

そのためには、永代供養墓の利用料、お墓や施設の管理費などの費用がかかります。

それでは、永代供養を検討していると、法事・法要は寺院や霊園のほうで執り行ってくれるのかどうかという疑問を持たれる人も多いのでないでしょうか?

ここで、永代供養を行った場合、四十九日法要はどのようになるのか紹介します。

永代供養なので基本は霊園・寺院が行う

永代供養では、法事・法要の供養のすべてを寺院や霊園にお任せすることになります。
少子化が進む中で後継者がいない人たちにとって、永代供養を利用する最大の理由になっています。

しかし、四十九日法要や一周忌の法事はできれば、ごく身近な親族だけも集まって供養してあげれば、故人も喜ばれるのではないでしょうか?

寺院や霊園の仕来りに則り、法事・法要に参列して供養するだけですので前準備も不要であるところが、永代供養のメリットでもあります。

法要に参列することはもちろん可能

四十九日などの法事・法要に参列することはもちろん可能です。

永代供養を契約したら、〝寺院や霊園で執り行われる法事・法要に参列したり、お墓参りに行ってはいけない〟という情報がありますが、それは間違いです。

永代供養では寺院や霊園の運営宗教法人のほうできちんと供養を行ってくれるとしても、家族や親族のごく身近な人たちが集まって供養してあげたほうが、供養される側の人に喜ばれることでしょう。

一般的な法事・法要について知識を身に付けておくと、永代供養墓などを検討するときに役立ちます。

どういった人が参列するの?

一般には、四十九日法要で納骨を行う場合が多いことから、参列者も家族、親族、友人・知人など、みんなが集まって故人を偲ぶのです。

しかし、永代供養の場合には、身内だけで済ましているのが見受けられます。
故人の家族と兄弟で、永代供養を契約した寺院や霊園の仕来りに則って、四十九日法要を執り行われます。

故人への想い次第

参列されるか否かは、故人への想い次第です。
故人の家族や兄弟の中でも、故人自身と確執があったり疎遠であれば、参列しない場合が考えられます。
逆に、生前故人と仲がよく、常時一緒にいた人などは参列したいと希望されるでしょう。

永代供養の法要と一般的な法要の差異

仏壇

人間は必ず死に直面します。
亡くなった後は、家族や後継者などから面倒を見てもらわなければなりません。

人が亡くなったときに、通夜・葬儀を執り行い、初七日、四十九日、百箇日、一周忌、三周忌、七周忌、それ以降三十三回忌と続き、最後は五十回忌まで、法要はあります。
回数は数え年なので、三十三回忌が行われるのは命日から32年後になります。
それらは、永代供養でも一般的な供養でも同じです。
永代供養と一般供養では、遺骨や位牌の管理と供養の仕方が違いますので、法要の仕方も違いがあります。
ここでは、永代供養の法要と一般的な法要の違いについて説明します。

一般的な法要

一般的な法要は、喪主を努めた人が中心に、法要の段取りを決めていく必要があります。
法要を行う日付、時間、お坊さんの予約などを寺院や霊園管理者と調整して決めることになります。
それらが決まったら、参列してほしい人たちに連絡します。

法要するための費用は、その都度、寺院や霊園運営法人に支払います。
費用には、読経をいただいた謝礼のお布施、遠場代などがあります。

永代供養の場合の法要

ほとんどの法要の手続きは、永代供養でも一般と同じです。
一般供養では、後継者がいるのが前提で、先祖代々のお墓を自分たちで永代に守って行きます。
供養する期間が来れば、喪主を努めた人を中心に法要のスケジュールを決めていかなければなりません。
一方、永代供養では後継者がいないので、お墓などの世話を寺院や霊園に任せます。
もちろん年期の法要もお寺や霊園が代わりに行ってくださいます。
法要の度に連絡する必要がないのです。

しかしながら、供養してくれる期間は限られています。
それぞれの寺院や霊園を運営している宗教法人の内規によって違いますが、「永代」といっても供養期間が決められて、それ以降は合祀といって他人の遺骨と一緒に供養されることになります。
その期間は、寺院や霊園で違いますが、多くは三十三回忌までが多いようです。

また、その間の供養の仕方は、宗教や宗派に捕らわれず、無宗教でも場合でも、契約した寺院や霊園の運営法人のしきたりに則って行われます。

法要の規模でも、身内だけというのが多いようです。

寺院・霊園との事前打ち合わせが大切

お墓

永代供養を扱っている寺院や霊園の運営宗教法人には、経営方針があります。
また、永代供養にも多種多様なやり方があり、印刷物などの紙面情報でも内容は大体分かりますが、契約してから後悔しないように事前に寺院や霊園の担当者から直接説明を受けて確認しておくことも大切なことです。

寺院や霊園の運営法人が経営する上での考え方を直接会って確認することで、より一層の安心感につながると思われます。
四十九日法要をどうするかなども話しあうとよいでしょう。

永代供養を申し込む際に検討するポイントを、紹介します。

供養の方法

永代供養の方法として、分骨型と合祀型の2種類あります。
分骨型は、遺骨を故人別に供養する方法です。
一方、合祀型は、遺骨を他の人たちと一緒に供養する方法です。

合祀の場合はお墓代などの費用が少ないというメリットがありますが、一度、合祀墓に遺骨を納めてしまうと取り出すことができなません。
合祀にされる場合には、親族などと相談して決めるようにしましょう。 

費用

永代供養の費用は、永代供養のやり方、永代供養するお寺や霊園がある土地によって異なります。
永代供養は寺院や霊園の運営方法によって形態に差異があり、なかなか比較するのは難しいです。
一概に、高すぎる安すぎる、といえるものではありません。

個別型であれば30万円から50万円、合祀型ならば5万円ぐらいからで提供されているようです。
これらの費用の中には、葬式代は含まれていません。
内訳として、永代供養墓の使用料はじめ、お墓や施設の管理費用、定期的に行われる法要へのお布施などがあります。

契約するとき、寺院や霊園の担当者の説明を聞いて、自分の考えているサービスや供養の仕方など、また費用の折り合わないと思ったら、別なお寺などを探すか、考え直したほうが無難です。

合祀までの期間

個別型での永代供養墓と言っても、永遠に個別型で供養されるわけではありません。

委託した寺院や霊園によってさまざまですが、基本は三十三回忌、長くて50回忌の一定期間を区切りとして、それ以降は合祀で供養する形式をなっています。

合祀までの期間は、委託した寺院や霊園運営法人の内規で決めらており、50年より短い年数の場合もありますので、永代供養を検討する場合には忘れないように注意してください。 

寺院や霊園の供養に対する考え方

永代供養墓はその名の通り、将来にわたって末永く供養をしてもらうようになるお墓です。
そのため、供養してもらうように委託した寺院や霊園が、供養に対してどのような考え方で取り組まれているか確認しておくことも大事です。

永代供養の四十九日法要についてまとめ

仏壇

以上、永代供養を選択した場合の四十九日法要について説明してきました。

永代供養を行ったら四十九日法要をどうしたらいいか、ここまで説明してきたのをまとめました。

  • 49日というのは、亡くなった故人が極楽浄土に行けるかどうかの判定が下される日ということで、忌明けとなります。
  • 四十九日法要とは、遺族がお祈りすることで、故人の善行を足して極楽浄土に行けるようにという仏教の儀式です。
  • 永代供養とは、寺院や霊園の運営宗教法人が、遺族に代わって遺骨や位牌を永代に管理して供養してくれることです。
  • しかし、永代と言っても、故人ごとの供養は一定の期間内です。
  • 長くても年回忌は50回忌までが一般的で、それより短い場合もあります。
  • 個別供養の期間以降は合祀され、故人以外の他人と一緒になった合祀墓できちんと供養されます。
  • 合祀された以降は、遺骨を選別できません。
  • 何回忌までの法事を行うかは寺院や霊園によって異なりますので、契約時に確認することが大事です。
  • 永代供養を契約する際には、供養の期間だけでなく、管理方法や考え方など、事前に打ち合わせして確認することが大切です。
  • 永代供養を契約すれば、寺院や霊園のほうで四十九日法要も執り行ってくれます。

法事・法要は、故人の冥福と成仏を祈るためのとても大切なセレモニーです。
永代供養を利用したからと言って、永代供養を委託した寺院や霊園に任せるだけでなく、できるだけ遺族や親族、生前に親しかった人たちで集まり、故人を偲ぶことで何よりも供養になります。
供養してもらった故人も、きっと喜んでくれるでしょう!

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「永代供養・四十九日法要」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「永代供養・四十九日法要」についてさらに知りたい方へ

永代供養をお願いしたけど法事はやるべき?理由もつけて解説のサムネイル画像

永代供養をお願いしたけど法事はやるべき?理由もつけて解説

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!のサムネイル画像

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!

永代供養で一周忌の法要はやるべき?費用や流れ、注意点を解説のサムネイル画像

永代供養で一周忌の法要はやるべき?費用や流れ、注意点を解説

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説のサムネイル画像

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説のサムネイル画像

永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

永代供養って命日に供養してもらえるの?供養の頻度を紹介しますのサムネイル画像

永代供養って命日に供養してもらえるの?供養の頻度を紹介します

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養・四十九日法要」についてさらに知りたい方へ

永代供養をお願いしたけど法事はやるべき?理由もつけて解説のサムネイル画像

永代供養をお願いしたけど法事はやるべき?理由もつけて解説

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!のサムネイル画像

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!

永代供養で一周忌の法要はやるべき?費用や流れ、注意点を解説のサムネイル画像

永代供養で一周忌の法要はやるべき?費用や流れ、注意点を解説

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説のサムネイル画像

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと