お墓の権利を放棄する方法~相続と墓じまい・改葬の手順について~

お墓を相続したけれど、今後の管理は困難であるという方が増えています。最近では、グルーバル化や少子化などでお墓を持つことが難しくなってきています。だからといって、お墓を放棄することは良くありません。今回は、お墓の権利を放棄する正しい方法について詳しく紹介します。

目次

  1. お墓の放棄が社会問題となっている
  2. そもそもお墓の相続とは?
  3. お墓の継承権利の放棄方法
  4. お墓の継承権と相続権の関係
  5. お墓をたたむ手順
  6. お墓の権利放棄と墓じまい
  7. お墓の放棄が社会問題となっているまとめ

お墓の放棄が社会問題となっている

お墓

今の時代、さまざまな理由からお墓を放棄するということはやむを得ないことだとも考えられつつあります。
しかし、無責任に何の手順も踏まずにお墓を放棄することは決してあってはなりません。 
きちんと手順を踏んで、お墓をたたみ、権利の放棄を行う必要があります。

とはいえ、その正しい放棄の仕方について知らない方は多いと思います。
そこで今回終活ねっとでは、そんなお墓の正しい放棄の仕方について詳しく紹介していきます。

今回ご紹介する内容は以下の通りです。

  • そもそもお墓の相続とは?
  • お墓の継承権について
  • お墓の放棄方法 
  • お墓をたたむ手順

お墓は家族の象徴を意味する大切なものです。
様々な理由からお墓を相続することができなくなった場合でも、正しい手順を踏んでお墓の権利を放棄することが大切です。

今回ご紹介する内容が少しでもお墓のことでお悩みの皆さんのお力になれれば幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

実際に墓じまいを検討されている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

また、終活ねっとではお墓探しのお手伝いもさせていただいております。
全国の墓地霊園を様々な条件から検索できるだけでなく、無料で資料請求・見学予約することも可能です。
ぜひこちらもあわせてご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

そもそもお墓の相続とは?

お墓

一般的に相続と言われているのは、被相続人が残した財産や権利を残された相続人が継承することを指しますが、お墓もその相続財産に当たるのでしょうか?

ここでは、お墓を相続するとはどういうことなのかを見ていきましょう。

祭祀財産と継承とは

遺産相続に関する規律は民法によって定められていますが、お墓もこれに従うことになります。

ただし、お墓などは祭祀財産と呼ばれ、民法でいうところの「被相続人の財産に属した一切の権利義務」、つまり一般的にいわれる『相続財産』とは切り離されて扱われ相続する人は「祖先の祭祀を主宰すべきもの」と規定されています。

これは複数の被相続人がいれば、相続財産は法律にしたがってその複数で相続=継承することになりますが、祭祀財産の場合は相続人が複数いてもそれを継承するのは1人であるということを意味しています。

祭祀財産は祖先の祭祀を行うという性質上、相続人で分割することが適当ではないことから、継承者も1人にするように法律で定められているのです。

ここでは、祭祀財産の種類と法律上の継承について解説します。

祭祀財産

祭祀財産と呼ばれるものには「系譜」「祭具」「墳墓」の3つがありますが、それぞれについて見ていきましょう。

系譜

系譜とは先祖からその子孫まで、先祖代々の血縁のつながりが記されている記録のことで、掛け軸や巻物として残っている場合があります。

また、家系図だけでなく過去帳もこれに含まれ、寺院墓地であれば過去帳を寺院が管理している場合もあります。

祭具

祭具とは祭祀を行う際に使用される器具の総称のことで、仏壇や位牌、仏像や神棚、またこれに付属した用具のすべてをさします。

お盆参りで一時的に使われる盆提灯などの道具もこれに含まれます。

墳墓

墳墓とは故人の遺体や遺骨をはじめ、それらが祀られている設備すべてを指します。

祭祀財産の継承

上記で紹介した3つの祭祀財産についての所有権ですが、民法897条で誰に引き継ぐのかが定められています。

お墓などの祭祀財産を相続する人のことを、民法では「祖先の祭祀を主宰すべき者」という表現を使うので、祭祀財産の継承者を「祭祀主宰者」とも呼びます。

ここでは、祭祀財産の継承について見ていきましょう。

故人から相続人としての指名されていたもの

故人の遺言書に書き残されていたり、また、生前から口頭で指名があった場合は指名を受けた相続人が祭祀財産の継承者となります。

口頭での指名はなかなか証明されにくいものですが、生前にお正月やお盆など兄弟や親族が集まるところで、ことあるごとに継承者について述べていたりすれば、それだけでも指名を受けたとされます。

慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべきもの

誰がその祭祀継承者であるかは、それぞれの地方や地域の慣習に従うことを原則としています。

ここでいう慣習とは、被相続人の住所地のある地域のことを指しますが、出身地や職業による特別な慣習があれば、それに従うことになります。

長男でなくても家業を継いだものが後を継ぐ、また、地域によっては一番若い末子が後を継ぐというところもあります。

今でも長男が祭祀継承者になるという慣習が残っている地域は多いですが、家制度での長男や男性の遺族の継承というのは民法でいうところの慣習には含まれません。

家庭裁判所の判断によるもの

故人からの指名もなく、地域の慣習も明らかでない場合においては、慣例として遺族間での話し合いがまとまれば、継承者は誰でもいいことになっています。

話し合いがまとまらない場合には、残された遺族が家庭裁判所に祭祀継承者決定のための調停や審判を申し出ることができ、家庭裁判所の審判によって祭祀継承者を決めることになります。

地方では、祭祀を行うのに手間や費用が掛かることなどから祭祀の継承者になりたくなくて裁判になることがあるようですが、都心の一等地に墓地を持っている場合などでは、祭祀継承の権利を奪い合うために裁判になることもあるようです。

ちなみに、裁判所の審理をゆだねた場合は「一切の事情を考慮する」ということで、被相続人との血縁的な関係だけでは決まらないことになります。

継承権の共同継承や分割継承

基本的に、祭祀財産の継承権を継承するのは1人ですが、特別な事情により共同継承や分割継承が認められたケースがあります。

先妻の子と後妻との間で分割継承を認めた事例、また二つの家の祖先が同じで共同墓地になっていたことから共同継承を認めた事例などですが、認められるのはあくまでも特別な事情の場合のみに限られ、それも裁判所の判断にゆだねられます。

お墓の継承権利の放棄方法

葬儀

祭祀財産は「承継」とも呼ばれることからわかるように、継がなければならないものという仕組みになっており、祭祀継承者に指定された場合は拒否も辞退もできません。

しかし、継承したからといって、法事などの祭祀を執り行わなければならないという義務はなく、祭祀継承者は祭祀財産を自由に売却や処分できるという権利を持ちます。

そのため、継承するものを処分することで、放棄できない継承権をなくしてしまうという方法があります。
つまり、祭祀財産を処分してしまえば、その祭祀財産とともに継承した権利自体が存在しなくなるというわけです。

逆に言えば、お墓の処分も祭祀継承者がいなければできないことなので、今後、祭祀を継承していくことが難しいのなら思い切って処分してしまうのも一つの方法かも知れません。

それぞれの個人の事情により継承したくない場合、また継承できない場合もあるでしょう。
その場合には、お墓をたたむ=墓じまいをすることになります。

長男でも継承放棄できる?

日本においては、すでに16世紀の頃に古くから跡目争いや財産の分散を避けるために、慣習として長子(多くの場合は男子を指します)が家を継ぐといった家制度がありました。

その家制度ですが、江戸時代に一般的になり、明治時代には家督相続制度として民法で明文化されましたが、戦後には廃止されています。
しかし、戦後70年経った今でも多くの方に長男または長子相続の意識が残っており、地方に行くほど強くなる傾向があります。

そもそも、現代においては「長男でも継承放棄できる」どころか、長男が継承しなければならない義務自体が存在しません

一般的な相続財産は兄弟姉妹の間で均等に分割される時代なのですから、祭祀財産のみ長男が継承しなければならないとすること自体が今の時代に即した考え方ではないのです。

長男である方が祭祀継承権を受け継ぐ意志を持たなければ、他の兄弟なり親族が継ぐことになるだけのことです。

お墓の継承権と相続権の関係

お墓

お墓は祭祀財産であること、また継承する人は一人であることが分かりました。

では、祭祀継承者は被相続人や親族に限られるのでしょうか?
また、親族がいない人のお墓は、継承されることはないのでしょうか?

ここでは、お墓の継承と相続権についてみていきましょう。

法廷相続人でなくともお墓の継承はできる

民法で言われる相続財産は、亡くなった方の系譜にしたがって法定相続人に相続されますが、この祭祀財産に限っては、法定相続人でなくても相続することができます

法律による規定が何もないので、被相続人の遺言や指名があれば他人となった前妻やその血の繋がりのない子ども、また、極端な言い方をすれば全くの赤の他人でも継承することはできます。

また、被相続人の遺言や指名があれば、たとえ相続放棄をしても祭祀財産は継承しなくてはなりませんし、逆に負の遺産から逃れるために相続放棄をした場合でも祭祀財産は承継できるのでお墓は手放さずに済みます。

祭祀財産を相続するのは1人ですが、祭祀財産はお金に換金しにくいこともあり、承継者の相続分又は遺留分の算定の時にも相続財産には加えませんので、相続税の課税対象にもなりません。

そういう意味でも、誰が相続しても構わないということになります。

以下の記事では、お墓の継承者についてより詳しく紹介しています。
お墓の継承者の決め方や継承者の優先順位についてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説

昔から「お墓を守る」という言葉はよく聞かれますが、それは具体的にはお墓の継承者となることを意味します。それではお墓の継承者とはどのような人のことを指し、もしいない場合はどのようにすればよいのでしょうか?今回は、お墓を守る担い手である継承者について見ていきます。

葬儀代は相続の対象ではない

葬儀は、追悼儀式を主宰した主催者=喪主が行うもので、基本的にその費用負担は喪主がすべてを負うものです。

基本的な考え方として、初七日までは追悼儀式であり喪主が費用を負担しますが、初七日からは祭祀にあたるので祭祀継承者が費用を負担します。
ただし、近年では都合上、葬儀の日に初七日の法要を営まれることが多いので、その場合は初七日も葬儀費用に含めて考えるのが一般的になっています。

喪主と祭祀継承者は、多くの場合は同一であることが多いのですが、必ずしも同一である必要はなく、別でも構いません。
例えば、ご夫婦のうちのご主人がご両親より先に亡くなった場合など、喪主は妻で祭祀継承者は義理父という場合などがあります。

なので、その葬儀代を祭祀継承者が相続して負わなければならないという責務はありません
また、葬儀費用は相続が開始した後に発生する費用であるため、相続債務にもあたりませんので相続人が応分して負担しなければならないということもありません。
あくまでも、儀式を執り行う主催者の負担ということになりますが、法的な決まりごとは何もないということを覚えておかれるといいでしょう。

ですから、故人が生前に葬儀会社と契約して葬儀費用を用意している場合もありますし、相続遺産の中から支払うことも可能です。
また、その場合には相続税の控除の申告、葬儀費用を加味した遺産分割をすることもできます。

このように、葬儀と祭祀は別ものなので、分けて考えると分かりやすいです。

お墓をたたむ手順

お墓

ここまで、お墓の相続について紹介してきましたが、祭祀継承者になった方の判断で「お墓をたたむこと=墓じまい」ができることがお分かりいただけたと思います。

墓じまいでは

  • お墓の改葬(移転)
  • お墓の処分(撤去)

大きく以上の2つのことについて行いますが、そのためには多くの手続きを必要とします。

お墓には遺骨が納められていますので、その遺骨をどうするかによって手続きが変わってきますがが、一般的に

  • 改葬先の決定
  • 埋葬証明書の作成と発行
  • 改葬証明書の受領
  • 遺骨の取り出し
  • 納骨(散骨も含まれます)
  • 墓石の撤去

以上の手順にしたがって墓じまいを行います。
仏教であれば、遺骨の取り出しと納骨には閉眼供養(魂抜き)と開眼供養(魂入れ)の法要が必要になります。

祭祀継承者は、祭祀財産を自由に売却や処分をする権利を持つとはいえ、独自の判断で行う前に親族間での話合い了承を得ておかないと、後々の親族間トラブルに繋がります。

また、寺院墓地の場合には菩提寺である寺院の住職に相談して理解をいただかないと、こちらも離檀料などで金銭トラブルになることがあります。

墓じまいは、慎重に話を進める必要があります。

以下の記事では、墓じまいの手続きについてより詳しく紹介しています。
墓じまいをする際の手続きや流れについてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

墓じまい・改葬の際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法

少子高齢化などの影響による後継者がいないなどの理由で、いっそのこと墓じまいをして、お墓や遺骨のことに整理をつけようと考える人が増えています。しかし、墓じまいには所定の手続きを踏むことが必要です。今回は墓じまいにまつわる必要な手続きについて見ていきます。

檀家をやめるには?

お墓が寺院にある場合、寺院は「菩提寺」であり、お墓の使用者は「檀家」という関係にあります。

祭祀を継承した場合、被相続人である故人が檀家であればそれも継承することになります。

寺院の行事や寄進なども継承することになるので、そのお寺の宗教や宗派と違う人が継承者となることは難しいことが多く、檀家をやめる=離檀も考えなければいけません。
また、お墓の処分(撤去)や改葬(移転)を考える時も、離檀することになります。

寺院の土地の一部を借りる形でお墓があるわけですから、お墓を移転したり撤去したりするには、寺院に土地を返す手続きとして、墓地使用契約の解除が必要になります。

改葬許可申請書は墓地納骨堂管理者の署名と捺印が、また、埋蔵証明書には埋蔵された方の氏名と死亡年月日、さらにそれを証明するために墓地管理者の署名と捺印が必要です。
どちらも菩提寺の住職に記入をお願いすることになりますので、遺骨を勝手に持ち出すことはできません

離檀がトラブルにならないように、菩提寺の住職によく相談し、やむを得ず檀家をやめる選択をしなければならない事情や状況などを伝え、十分にご理解を頂いてからその手続きを踏んでいきましょう。
今までお墓を守っていただいた寺院への感謝と敬意は忘れないでください。

菩提寺の住職から十分なご理解が頂ければ、離檀も円満に行うことができるでしょう。

以下の記事では、檀家のやめ方について詳しく紹介しています。
檀家をやめる方法や離檀料についてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

檀家をやめるとどうなる?檀家をやめる方法や離檀料の相場を紹介!

経済的・時間的な問題で檀家をやめたいという人もいるかもしれません。 檀家をやめる場合、どのようなメリットやデメリットが想定されるのでしょうか? また檀家をやめる方法や離檀料の相場はいくらなのでしょうか? 今回終活ねっとでは、檀家をやめることについてご解説いたします。

お墓の権利放棄と墓じまい

お墓

身近だった方の遺骨や祖先の遺骨が納められているお墓ですから、できるだけ放棄しないで相続して継承するに越したことはないのですが、時代の流れとともにお墓の在り方なども変わってくるのは仕方がないことです。

お墓の継承が難しくなってきたからと言って、無責任に放置せず、やむを得ないこととはいえ正しい手続きを踏んで放棄することは大切なことです。
また、今後はお墓を持つかどうかの判断も慎重にするようにしましょう。

お墓の権利放棄を検討するなら、できるだけ祖先の霊を安らかに弔う方法を考えるのが、処分することで伴う心の問題の解決にもつながると思います。

墓じまいを考えるなら

  • 永代供養
  • 散骨
  • 樹木葬
  • 納骨堂
  • 手元供養

主に以上のような墓じまい後の改葬方法がありますが、納骨堂への安置は管理料の問題が、また手元供養は手元に遺骨が残るという問題があるので、後々に何も残らないようにしたいなら墓じまいの方法として選択されない方が望ましいでしょう。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

終活ねっとでは、墓じまいの相談を承っております。
墓じまいに必要な行政手続きから、改葬先の手配までしっかりとサポートいたします。
墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ終活ねっとの墓じまいをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

お墓の放棄が社会問題となっているまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、お墓の正しい放棄の仕方について詳しく紹介してきました。

今回ご紹介した内容は以下の通りです。

  • お墓は祭祀財産と呼ばれ、分割できない相続財産である
  • お墓は一人の祭祀継承者にのみ承継され、祭祀継承者に選ばれたものは継承放棄はできないが、処分することで権利をなくすことができる
  • お墓を放棄するには、処分(撤去)または改葬(移転)の方法をとる

個人の土地にあるお墓以外は、お墓は所有権ではなくあくまでも使用権です。
使わなくなる、つまりお参りすることなどが無くなるのであれば、墓石や遺骨を撤去して墓地の所有者=管理者に更地にして返す必要があります。

また、お墓も継承する方がいなければ、無縁墳墓となってしまいます。
継承者が不明になってしまったお墓が、法律にしたがって1年間の公告を行った後に無縁墳墓と判断されれば、お墓は撤去された上、土地は墓地管理者に返還されることになります。
そして、お墓の中にあった遺骨は、その墓地の無縁供養塔などの無縁墓地に合祀されることになります。

お墓は家族の象徴とも言われる大切なものです。
様々な手続きがあり、時間と費用がかかりますが、やむを得ずお墓を放棄せざるを得なくなった場合はきちんと墓じまいの手続きを行うようにしましょう。

今回ご紹介した内容が少しでもお墓のことでお悩みの皆さんのお力になれれば幸いです。

また、終活ねっとでは他にもお墓に関する様々な記事を多数掲載しております。
そちらもぜひご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・放棄」に関連する記事

  • お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策のサムネイル画像

    お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策

    お墓は一般的に長男が継ぐケースが非常に多いです。お墓は長男だけが継ぐものなのか、長男以外でも相続できるのかと疑問を持っている人もいるでしょう。ここでは、お墓を巡った相続問題やその解決策について紹介します。お墓の相続に悩んでいる方はぜひお読みになってください。

  • お墓を遺産相続するのは誰?手続きや決まりごとについてもご紹介!のサムネイル画像

    お墓を遺産相続するのは誰?手続きや決まりごとについてもご紹介!

    お墓を保有している場合、遺産相続する際にどんな問題が発生するのかをご存知でしょうか? 誰がお墓を相続するのか?遺産相続する際の手続きはどうすればいいのか?相続放棄をした場合にお墓は引き継ぐことが可能なのか?など、今回は相続に関する疑問をご紹介していきます。

  • お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!のサムネイル画像

    お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!

    お墓の継承とはどういうことでしょうか。 誰が引き継ぐべきものか、手続きや費用・税金がどうなるか、などよく分からず、自分がお墓を引き継いでよいものかと、悩まれる方も多いと思います。 そこでこの終活ねっとでは、お墓の継承者や手続き・費用・税金などについて、解説します。

  • 墓石の相続は誰が行えばいいの?継承者が行う手続きや費用を紹介!のサムネイル画像

    墓石の相続は誰が行えばいいの?継承者が行う手続きや費用を紹介!

    お墓は身近な存在であり、多くの人がお墓参りに行ったことがあるのではないかと思います。でも墓石がどのように相続されてきたか知っている人は少ないのではないでしょうか。今回は、墓石の相続は誰が行えばいいのか、継承者が行う手続きや費用とともに紹介します。

  • お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!のサムネイル画像

    お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!

    お墓を管理する権利を持つ方が亡くなると、お墓は次の世代に継承されます。しかし突然自分がお墓を継承しなければいけないとなっても、どうしたらいいのかわからないことがたくさんありますよね。そこで今回は、いざとなっても困らないように、お墓の継承について解説いたします。

  • お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説のサムネイル画像

    お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説

    昔から「お墓を守る」という言葉はよく聞かれますが、それは具体的にはお墓の継承者となることを意味します。それではお墓の継承者とはどのような人のことを指し、もしいない場合はどのようにすればよいのでしょうか?今回は、お墓を守る担い手である継承者について見ていきます。

  • お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

    お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

    お墓の相続はどうしたらよいのでしょうか。 お墓の相続については、手続きや内容が複雑でどこからどのように手をつけたらよいのかと、悩まれる方も多いと思います。 お墓の相続について、お墓の相続権は誰にあるのか、手続き・費用から相続放棄までの全てを分かりやすく解説します。

  • お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!のサムネイル画像

    お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!

    お墓の継承の問題は、一家のお墓を今後うまく持続させていけるかどうかにも大きく関わってくる重要なものです。継承させたいという方がいても血縁の有無などが原因で問題となる場合もあります。そこで今回は、お墓の継承にありがちな問題やその解決法について見ていきましょう。

  • お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

    お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

    多くの方にとって、お墓とはご先祖様の眠る場であり、ご先祖様を祀る場であると考えられています。しかし、その一方でお墓そのものが財産でもあります。はたして財産としてのお墓はどのような性格を持っており、それをうまく引き継いでいくにはどうすればよいのでしょうか?

  • お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!のサムネイル画像

    お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!

    お墓を建てたり維持管理したりするには、多額の費用が発生します。その費用負担は長男がするべきなのでしょうか?それとも長男以外に任せてもよいものなのでしょうか?気になるお墓の継承についての疑問を解決します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・放棄」についてさらに知りたい方へ

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策のサムネイル画像

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策

お墓を遺産相続するのは誰?手続きや決まりごとについてもご紹介!のサムネイル画像

お墓を遺産相続するのは誰?手続きや決まりごとについてもご紹介!

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!のサムネイル画像

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!

墓石の相続は誰が行えばいいの?継承者が行う手続きや費用を紹介!のサムネイル画像

墓石の相続は誰が行えばいいの?継承者が行う手続きや費用を紹介!

お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!のサムネイル画像

お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!

お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説のサムネイル画像

お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!のサムネイル画像

お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!のサムネイル画像

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・放棄」についてさらに知りたい方へ

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策のサムネイル画像

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策

お墓を遺産相続するのは誰?手続きや決まりごとについてもご紹介!のサムネイル画像

お墓を遺産相続するのは誰?手続きや決まりごとについてもご紹介!

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!のサムネイル画像

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!

墓石の相続は誰が行えばいいの?継承者が行う手続きや費用を紹介!のサムネイル画像

墓石の相続は誰が行えばいいの?継承者が行う手続きや費用を紹介!

お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!のサムネイル画像

お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと