墓石の選び方のポイントを解説!良いお墓を建てたい方へ!

墓石の選び方のポイントを解説!良いお墓を建てたい方へ!

墓石にも種類があることを知っていますか?いざ買うとなるとどの墓石がいいのか、選び方がわかりませんよね。今回はそんな墓石の選び方について解説します。これからお墓の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

最終更新日: 2020年02月23日

墓石の選び方について

お墓

身近な方が亡くなられた時や、終活をしている際に選ぶこととなる墓石。
でも実は、同じように見える墓石にも、様々な種類があるということをご存知でしょうか?
ずっと残ることになる墓石…選ぶのなら良いものを選びたいですよね。

でも良い墓石の選び方って何が良いのかよく分かりませんよね。
良い墓石を選ぶには、一体どういうところに注目していったら良いのでしょうか?

そしてお墓を作っていくうえで付き合うこととなる石材店は、どのようなポイントに気を付けながら選んでいけば良いのでしょうか?

そこで今回「終活ねっと」では、墓石の選び方について

  • 良い墓石が持っている特徴

  • 墓石の種類やその違い

  • 墓石を購入するにあたって押さえておきたい石材店の選び方

などを、解説していきます。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

墓石は大きな買い物です。
一生もののお墓になるのですから、良い墓石を選べるように、一緒に見ていきましょう。
ぜひ、最後までお読みください。

以下のサイトでは、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、最高級の国産墓石を提供しています。
国産墓石の購入を考えている方は、ぜひご覧ください。

良い墓石の特徴とは?

お墓

さて、「良い墓石」というのはどのような墓石でしょうか?
見た目の良い墓石でしょうか?
それとも、値段の高い墓石でしょうか?

確かに見た目の良さや値段も墓石を選ぶポイントとして大事ですが、良い墓石の選び方として特に考えたいのは、何といっても材質です。

良い材質の墓石は耐久性があるために長持ちし、見た目の美しさも長続きします。
ずっと残る墓石ですから、選ぶのなら材質に注目しましょう。

それでは、良い墓石の材質の特徴とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?
良い墓石の選び方において、押さえておきたいポイントは4つあります。

  • 耐久性

  • 吸水性

  • 産地

それでは、この4つについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

墓石の耐久性

選び方のポイントとしてまず押さえておきたいのは、耐久性です。
雨風に耐えることができ、長い年月の間、質の良い状態で残り続けることができる墓石が良いですね。

その条件をクリアできる石の種類としては、御影石(みかげいし)が耐久性に優れています。
昔は手で加工していたために、大理石や石灰石の墓石もあったのですが、酸性雨で変色してしまうなど、御影石よりも墓石の劣化が早く、メンテナンスが必要となるというデメリットがあります。

墓石の吸水性

墓石を選ぶうえで耐久性と同じくらい大事なのが、吸水性です。
なぜ吸水性にも注目すべきなのかというと、吸水性があると墓石のひび割れや色落ちなどといった劣化の原因になってしまうからです。

選ぶべきは、やはり吸水性の低い墓石となります。
お墓を立てる場所の気候に合わせて、墓石の持つ吸水性にも注目しましょう。

石の産地

墓石を選ぶうえで、石の産地にも注目することがあるでしょう。
石の産地は国内だけでも香川県や愛媛県、広島県、愛知県など様々です。
また、国内だけでなく中国やインド、アフリカ、アメリカといった海外産の墓石もあります。

ちなみに、国内産だから質が良い、海外産だから質が悪いということはありません。
海外産のものでも、国内産と同じくらい質の良い墓石もあるので、先ほどあげた耐久性・吸水性に注目しながら選んでいきましょう。

墓石の色

墓石には様々な色がありますよね。
主に使われているのは白色や灰色、黒色の墓石でしょうか。
また、この3色以外にも、赤系、緑系、青系の色の墓石もあります。

「黒や赤の墓石だと、縁起が悪いのでは?」と思われるかと思いますが、墓石に関しては「この色は縁起が悪いから使わない方が良い」という決まりはありません。

仏教の色に関する思想において、「青・黄・赤・白・黒」の5色は、仏さまの精神や知恵を表わす色とされています。
なので、黒や赤の墓石だからといって、縁起が悪いことはありません。

縁起や宗派にこだわらず、好みの色の墓石を選びましょう。

墓石の種類

お墓

良い墓石の特徴を抑えたうえで、次は墓石の種類について注目してみましょう。

一般的に墓石の種類でよく使われるのは、御影石です。
良い墓石の特徴である耐久性や吸水性に優れているので、墓石として活用されています。

一口に御影石といっても様々な種類があり、中でも庵治石(あじいし)、大島石、牛岩青石(うしいわあおいし)は、国内産の御影石の中で最高級と評価が高いです。

この他にも、国会議事堂の外装にも使用され、月日が経つと赤みを帯びる議院石、「桜みかげ」とも呼ばれるピンク色が特徴の万成石(まんなりいし)など、様々な特徴を持つ御影石が国内産の墓石として使われています。

また、海外産の御影石でも国内産の性質に負けず劣らずな石があります。
例えば、インド産の石は硬質できめが細かく、海外産でも人気の高い種類の墓石となっています。

他にも、日本の石と材質が似ている中国産、白い御影石の質の良さの評価が高い韓国産、透明感のある石目が特徴の南アフリカ産の石や、黒系の石材の中でも上質さを誇るスウェーデン産が、海外産の墓石としてよく取り上げられます。

石材店の選び方についてのポイント

お墓

さて、良い墓石の特徴や種類が分かったのは良いですが、やっぱり自分で選ぶとなると種類が多くてどれにしたら良いのかわからなくなってしまいますね。
それに、実際にお墓を建てるとなると、自分だけではどうすれば良いのか分かりません。

そんな時に頼れるのが、石材店です。

石材店は、自分が納得のいくお墓を作るときに欠かせないお店です。
とはいえ、石材店もたくさんあって、どういう風に選べばいいのか迷ってしまいますよね。
悪い石材店に当たってしまったら、後々トラブルにもなってしまいます。

それでは、安心してお墓づくりをしていくために、良い石材店の選び方についてのポイントを押さえておきましょう。
ここで注目したいのは4つ。

  • その石材店は親身になって話を聞いてくれるのか

  • 情報開示をきちんとしてくれるのか

  • アフターサービスはどうなっているのか

  • 店舗が墓地の近くにあるかどうか

この4つのポイントについて、一緒に確認していきましょう。

親身になって、丁寧に話を聞いてくれること

やはり何といっても、きちんとこちら側の話を聞いてくれるかどうかです。
親身に話を聞いてくれる石材店は、お客さん目線のお墓を作ってくれるという安心感があります。
話を聞いてくれる以外にも、お墓づくりにあたってのアドバイスをしっかりしてくれるかどうかも注目しましょう。

お墓づくりは分からないことだらけですし、何より大きな買い物にもなります。
自分自身が後悔しないためにも、親身になって相談に乗ってくれる石材店かどうかが、選び方のポイントです。

このポイントで避けたいのが、こちら側の回答を急かしたり、無理に営業してなんとか売りつけようとする態度をとる石材店です。
このような石材店は避け、じっくりこちらの意見を尊重し、一緒にお墓づくりを考えてくれる石材店を探しましょう。

情報をきちんと開示してくれること

石材の種類や産地、品質、価格といった、お客さんが知りたい情報をきちんと開示してくれるかどうかも、良い石材店を選ぶポイントです。
判断素材となる情報をお客さんに多く提供してくれるお店ということは、先ほど説明した「親身になってくれるお店」というポイントにもつながりますね。

その他、正式な見積書や契約書類、お墓を作っていく際の図面やスケジュールなどといったものもきちんと自分たちも把握できるのかにも注目しましょう。

これらの点に注目することで、情報開示を曖昧にされることで後でこちらが不利になるようなトラブルを避けることができたり、しっかりとしたお墓を建ててくれるという確認もできます。

アフターサービスや保証が充実していること

お墓は「購入して作って、はいおしまい」というわけにはいきません。
墓石は年月が経つと痛んだり傾いたりしてしまいます。
そんな時、アフターサービスや保証がしっかりしていると、少ない費用でお墓のメンテナンスをすることができます。

他にも、お墓を維持していくうえでの疑問に答えてくれたり、お墓を引越しさせたりするさいのフォローがあるかどうかも確認しておくと、今後お墓を管理する家族も安心できますね。
これは、家族を安心させるための選び方のポイントにもなります。

このポイントの場合、実際にお墓を作るうえで、アフターサービスや保証もしっかりと契約されているか、契約書にしっかりと確認してくださいね。

石材店が近くにあるか

最後の石材店の選び方のポイントは、石材店が墓地から近いところにあるかどうかです。
というのも、墓地と石材店が近いと、お墓に関しての相談をしやすかったり、アフターケアを受けやすかったりするというメリットがあるんです。

もしも石材店が遠方にある場合、ひび割れや傾きなど、墓石に何かあった時のメンテナンスがしづらいというデメリットがあります。

その他に墓地に近い石材店のメリットとしては、その土地の地盤や地域のしきたりなどが分かっていることも挙げられます。
そのため、その土地にあったお墓を作ってくれるという安心感もありますね。

以下のサイトでは、全国各地の石材店の情報を紹介していますので、石材店をお探しの方はぜひご覧ください。

墓石の選び方についてのまとめ

お墓

いかがだったでしょうか?
今回、「終活ねっと」では墓石の選び方のポイントを解説してきました。
良いお墓を建てるための選び方のポイントとして知っておきたいことは、

  • 墓石は耐久性が高く、吸水性の低いものを選ぶこと

  • 海外産の墓石でも、国内産の墓石との質に差が無いということ

  • 墓石の色は、宗派関係なくどのような色でも良いということ

  • 墓石は一般的に御影石が使われ、産地によって性質が違うこと

  • 石材店には、こちらの側に立ってお墓づくりを考えてくれて、情報開示やアフターサービスが充実している所、墓地の近くにある所を選ぶこと

の4つですね。
終活をするにあたって考えなければいけない墓石選び。

お墓は一生ものの大きな買い物であり、人生を終えた後に静かに過ごす場所になります。
信頼できる石材店のアドバイスを受けながら、自分や家族の納得のいく、素敵なお墓づくりをしていってくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事