宗派によって異なる納骨堂の仏具について解説!

宗派によって異なる納骨堂の仏具について解説!

納骨堂を運営するのは基本的に寺院、民営、公営の3つです。民営、公営であっても供養を行うのは提携する寺院であって、その納骨堂で用いられる仏具は寺院の宗派によって異なります。 ここでは誰もが気なる納骨堂の仏具に関して説明します。

最終更新日: 2020年02月23日

納骨堂の仏具について

お墓

納骨堂には納骨された遺骨の供養のために祭壇にはさまざまな仏具が存在します。
しかしその仏具はその納骨堂を管理する寺院の宗派によって異なり、同じ仏具であっても使い方が異なります。

一般の生活をしているとあまり目にすることはありませんし、その違いも、なぜ違った使い方をするのかも分かりません。
今回、「終活ねっと」では、日蓮宗と浄土真宗という宗派を例にしながらその違いを見ていきたいと思います。

  • 宗派ごとの納骨堂の仏具

  • 宗派ごとの考え方

  • 仏具の紹介

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。
ぜひ最後までお読みください。

納骨堂の仏具は宗派によって異なる

葬儀

日蓮宗と浄土真宗では教えが全く異なります。
日蓮も親鸞も真剣に人々を救いたいと考えていたとしても同じお釈迦様が説いた『法華経』と『大無量寿経』では根本的に内容が異なるので、二人がたどり着いた教えが異なってしまうのは仕方のないことかもしれません。

しかし共に成仏を説いた経典なので、どちらを信仰したとしても成仏できるという考え方には違いないようです。
教えが違えば仏壇や葬儀の仕方ももちろん異なります。
特に納骨堂など寺院に近い施設であれば、その宗派の違いが色濃く出ます。

日蓮宗の場合

まず日蓮宗のご本尊となるのは、日蓮が生前に表した法華経の世界観を文字で表現した法華曼荼羅です。
それと日蓮聖人本人である場合もあります。
一般の既存の宗派であればお釈迦様や大日如来など、仏教が生まれたインド伝来の神様であることが普通です。
日蓮宗の場合、日蓮が没後に後光厳天皇から日蓮大菩薩の諡号が与えられているので仏教の他の神々と同格に扱われるのです。
また日蓮宗では天照大御神や鬼子母神など神道系の神や仏教では鬼とされる神々も祀られます。
これは法華守護の立場から異教の神々でさえ仏の守護の対象となっていることを意味してます。

浄土真宗の場合

浄土真宗のご本尊は先程から述べているように阿弥陀如来です。
それ以外のご本尊は認められません。
しかし浄土真宗には大きく東本願寺派、西本願寺派、大谷派の三派に別れ、それぞれが祀る阿弥陀如来の形が異なります。
またご本尊の両脇には脇掛と呼ばれる掛け軸を飾ります。
向かって右側に「十字名号」、向かって左側に「九字名号」が飾られます。
別に向かって右側に「親鸞上人」、向かって左側に「蓮如上人」の御影が飾られる場合もあります。
浄土真宗では死後は絢爛豪華な極楽浄土に生まれ変わるとされているため、納骨堂も極楽浄土をイメージした豪華で、金箔などを多用した煌びやかな施設が多いです。

宗派が違えば教えも異なります

仏壇

日蓮宗と浄土真宗では納骨堂にお供えする仏具が異なります。

その理由は、両宗派の根本的な違いにあります。

日蓮宗も浄土真宗も鎌倉時代に生まれた宗派

日蓮宗の開祖は日蓮で、浄土真宗の開祖は親鸞です。
ともに鎌倉時代に自らの宗派を立てたのは同じで、しかも二人とも天台宗の本山である比叡山で学んでいます。
平安時代から鎌倉時代にかけて、武士の台頭や疫病、飢饉などにより政治が大きく乱れ、しかも仏教では末法思想が広がっていました。
実際、比叡山でも僧兵などを有し、本来人々を救うための教えからかけ離れたものとなってきていました。
そして日蓮も親鸞も人々を救うための仏教を模索したのです。

自己の仏性を覚醒すると成仏すると説く日蓮宗

日蓮が自らの教えの根本経典としたのが法華経です。
『法華経』は釈迦が説いた最後の教えとされ、最後の教えだからこそ真の教えだと考えたのです。
『法華経』の題目を唱え、その教えに従い、釈迦と同じように自らの中にある仏性を目覚めさせることで釈迦と同じように成仏できると考えたのです。
他の宗派が中国からの伝来した既存の宗派の影響を色濃く受けているのに対し、日蓮の考え方は日蓮独自の解釈です。

阿弥陀如来に救いを求めることで成仏できると説く浄土真宗

一方親鸞が開いた浄土真宗は法然が広めた浄土宗をさらに推し進めて、他力本願と呼ばれるように浄土宗の本尊でえある阿弥陀如来にすがればどんな悪人でも極楽浄土に生まれ変われるという教えです。
親鸞も釈迦の出世本懐の経典である『大無量寿経』こそ釈迦の真の教えてあると考えています。
この『大無量寿教』で人々を救うために現れるとされているのが阿弥陀如来で、阿弥陀如来は衆生の全てを救済する存在なのでどんな人でも阿弥陀如来の名号である「南無阿弥陀仏」と唱えれば、阿弥陀如来が救いに来て、極楽浄土で成仏できると説いたのです。

同じ成仏でも日蓮宗と浄土真宗では過程が異なる

日蓮宗も浄土真宗もどちらも成仏するこをを目的とした教えです。
しかし根本経典や教えの内容が全く異なり、日蓮宗がひたすら自己の内面に仏本来の姿を求め成仏すするのに対し、浄土真宗ではひたすら阿弥陀如来に己を委ねることで成仏するのです。
このように教えが違えば、儀式に使われる法具や用法が異なることは容易に想像ができることでしょう。

代表的な仏具

仏壇

ここでは一般的な納骨堂で使用されるさまざまな仏具についてご説明します。

過去帳

過去帳は故人の法名や戒名、この世で名付けられていた俗名、死亡年月日、享年などを記録しておく帳簿で、今で言えば故人のデータベースのようなものです。
納骨堂では和本型の装訂が用いられることが多く、表紙は西陣織などの金襴緞子や唐木、中の紙は和紙である場合が多いです。
そして過去帳は日蓮宗と浄土真宗ではその記入の仕方が異なります。

日蓮宗ではさらに日蓮聖人や歴代の御法主(その宗派の長のこと)上人の命日、日蓮聖人のご法難、お題目なども合わせて記載されており、日々のお勤めや供養には欠かせない法具となっています。

浄土真宗では位牌替わりに用いられますが、あくまでも家族が故人について知ることが出来る記録程度の扱いです。
浄土真宗では故人の魂は直ぐに阿弥陀如来によって成仏してしまうので、亡くなった後ではこの世のことはあまり意味を成さないのです。

納骨堂では過去帳は納骨された故人一人一人の記録となるので大切に保管されます。

位牌

位牌とは故人の法名や戒名を記す木牌です。
故人一人に対し一つの位牌が作られ、故人の魂の寄り代となるものです。
位牌に関しては浄土真宗以外は特にこれといった決まりはなくどのような材質、デザインの位牌を用いても構いません。
基本的に自分の好きな位牌を選んで構わないのです。

一方浄土真宗では、基本的には位牌は用いられません。
仮に用いたとしても繰り出し位牌です。
繰り出し位牌とは中に数枚の木の板が収められるようになっている箱型の位牌で、箱の前面は窓が開けられ、そこで故人の法名が見れられるようになっています。
一族の法名がまとめてこの位牌の中に納められます。
これも浄土真宗が故人の魂は阿弥陀如来に救われ直ぐに極楽浄土に行ってしまうためこの世に未練はなく、むしろ阿弥陀如来を信仰することの方が大切という考えの表れです。

位牌は追善供養が終了すれば納骨堂を管理する寺院でお焚き上げなどされ処分されます。

「終活ねっと」では、位牌の購入・相談を承っております。
メーカー様より位牌を直接仕入れているため、スピーディーかつ手ごろな価格での販売が可能です。
位牌の購入をご検討中の方、位牌についてなにか疑問がある方は、下記のリンクから気軽にご相談ください。

鈴(りん)

私たちが仏具として真っ先に思い浮べるのは、チーンと鳴らすでしょう。
鈴は読経の際にその区切りとして、もしくは邪念を払うものとして鳴らされます。
ここの考え方は宗派によって異なります。

鈴の構成

鈴は鈴、鈴布団、鈴台、鈴棒の4つの部品から構成されます。
鈴は大徳寺などの特殊は鈴を除き、銅を主体とした金属を鍛金かヘラ作りで作られます。
豪華なものでは銀や18金などを用いて作られることが有り、使われる金属によって余韻が異なります。
輪の本体に関しては宗派によって大きな違いはありませんが、鈴台に関しては宗派によって違いがあります。
特に浄土真宗では各派によって鈴台の形が異なります。
本願寺派は六角形の鈴台が用いられます。
大谷派は四角形の鈴台を用い、鈴布団も一般的な丸型の布団ではなく、輪っか状の「りん輪」と呼ばれる鈴布団に乗せて用いられます。

宗派による鳴らし方の違い

鈴は宗派によって鳴らす意味合いが異なりますので、鳴らし方もやはり異なります。
ここでは日蓮宗と浄土真宗について説明します。

日蓮宗では八万四千の御仏に自身の念が届くようにと心を込めて打ち鳴らします。
また鈴の音はご先祖様や御仏と向き合った時に邪念を打ち払う意味合いでも鳴らします。
日蓮宗では鈴は読経の時に鳴らすと指示されています。

浄土真宗でも読経の際にしか鈴は鳴らしません。
阿弥陀如来はすべての人々を隈無く見ておられるので、こちらに振り向いてもらうために鈴を鳴らす必要はないという考え方からです。
基本的に読経の時に鳴らすだけで、一般家庭では読経の始め、中、終わりに各1回づつ鳴らします。
納骨堂ではそこを管理する寺院が供養を担当しますので、始めに2回、中に1あるいは2回、最後に3回鳴らします。

仏飯器

仏飯器は供養で重要な徳目の一つである飲食供養に用いられる仏具で、主食である米飯を盛る器です。
故人があの世でも飲食に困らないようにという追善供養として用いられます。

日蓮宗では他の宗派と同様に用いられます。
朝に供物である米飯をお供えし、午後には下げます。

浄土真宗ではご本尊である阿弥陀如来へ仏飯器を二対一組で使用します。
もし脇掛に親鸞上人と蓮如上人がいらした場合には、その前にそれぞれ一つ仏飯器をお供えします。
また大谷派では盛曹という器具を使いご飯を筒状にしてお供えします。

茶湯器

茶湯器は仏飯器と同じく飲食供養に用いられる仏具で、故人があの世でも喉が渇いて苦しまないようにお茶を淹れるための蓋付きの器です。

日蓮宗では仏飯器と同様に用法は他の宗派と大差はありません。

浄土真宗では茶湯器は用いられません。
その代わりに華瓶が用いられ、中には水を入れます。
故人は阿弥陀如来によってあらるものが満ち足りた極楽浄土に導かれているので、そこでのどが渇くなどといったことはないというのが理由です。

高月

高杯とも書きます。
仏飯器、茶湯器と並び飲食供養に用いる仏具で、故人が生前好きだった食べ物や季節の水菓子、お菓子などを盛ってお供えします。
本来は命日など特別な日に用いられるものですが、納骨堂では参拝者が故人に会いに来ること自体がすでに特別なことなので常設されています。

日蓮宗ではやはり他の宗派と同様に用いられます。

浄土真宗の場合は高月ではなく供笥が用いられます。
本願寺派は六角形、大谷派は八角形の器が用いられます。
法要の時などにお餅や砂糖菓子、果物などを山盛りにしてお供えします。

納骨堂の仏具まとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では、納骨堂の仏具について解説してきました。
納骨堂では故人の供養のためにさまざまな仏具が用いられています。
しかし宗派によって祭壇で用いられる仏具が異なり、同じ仏具であっても納骨堂を管理する寺院によってその使い方違います。
ここでは日蓮宗と浄土真宗を例に違いを述べてきましたが、最後に少しまとめておきます。

  • 納骨堂では故人を記録するために過去帳が用いられます。過去帳には故人の法名か戒名、俗名、没年月日が記載されます。日蓮宗では更に日蓮上人などの宗派の事象が記載され、供養の際に法具として用いられます。

  • 位牌は故人の魂の寄り代とて法名か戒名を書いて用いますが、浄土真宗では阿弥陀如来によって故人はすでに極楽浄土に導かれていると考えていることから用いません。用いても数人分を一緒に収める繰り出し位牌を用います。

  • 鈴はどの宗派でも用いますが、浄土宗では一般の人が故人を供養する際には鳴らしません。浄土真宗で鳴らすのは読経の時だけです。

  • 仏飯器・茶湯器・高月は故人の供養の際にお供え物を盛る容器です。浄土真宗では故人は阿弥陀如来によって飲食の不自由の無い極楽浄土に導かれていると考えられているので、お供え物は阿弥陀如来や親鸞上人・蓮如上人への捧げ物として用いられます。

同じ仏具で同じように扱われているように見えても、各宗派によって使い方や解釈が違っていることが分かっていただけたかと思います。
自分の信仰している宗派と違う納骨堂を参拝した時に、道具の用法が違うから間違っていると考えてはいけないのです。
どの宗派も故人が成仏することを願って仏具を用いているのは一緒なのです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は
「DMMのお墓探し」で

DMMのお墓探しでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 少し特殊?浄土真宗式のお墓を買う時に読んでください!のサムネイル画像
    少し特殊?浄土真宗式のお墓を買う時に読んでください!

    浄土真宗には、少し特殊と言うか他の宗派とは違う決まり事がいくつかあります。お墓に関しては、特に決まりごとが多くあります。どのような決まりごとが、浄土真宗でお墓を建てる時に有るのか調べてみました。

  • 浄土真宗本願寺派の【納骨】はどんなもの?大谷派とはどう違う?のサムネイル画像
    浄土真宗本願寺派の【納骨】はどんなもの?大谷派とはどう違う?

    浄土真宗の本願寺派は、親鸞聖人に始まる浄土真宗の中でも京都の西本願寺を本山とする代表的なグループの1つです。そしてその納骨の方法は一般のものとは少し異なったユニークなものとして知られています。今回は、浄土真宗本願寺派の納骨のやり方を見ていきましょう。

  • 浄土真宗のお墓の建て方やお参りの仕方について詳しく解説します!のサムネイル画像
    浄土真宗のお墓の建て方やお参りの仕方について詳しく解説します!

    日本で最も信徒数の多い仏教の宗派は浄土真宗ですが、実はお墓の建て方やお参りの仕方についても特徴的であることはご存知でしょうか?今回は浄土真宗が持つお墓にまつわる考え方やお墓へのお参りの仕方の特徴などについて見ていきたいと思います。

  • 浄土真宗の門徒が利用できる納骨堂の特徴を紹介します!のサムネイル画像
    浄土真宗の門徒が利用できる納骨堂の特徴を紹介します!

    浄土真宗にはたくさんの寺院がありますが、納骨堂にはどのような特徴があるのでしょうか?お墓ではなく納骨堂の利用を考えている浄土真宗の門徒のために、浄土真宗の納骨堂の費用やメリットについて紹介していきますね。

  • 都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とはのサムネイル画像
    都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とは

    都市部に暮らす人にとって、自分や家族の死後のお墓の管理に悩んでいる人も多いと思います。この問題の解決策の一つの選択肢として近年増えている納骨堂があります。納骨堂とは遺骨を永代供養してくれる施設です。納骨堂のシステムと永代供養について解説します。

  • 納骨堂での納骨に必要な許可等、まとめました!のサムネイル画像
    納骨堂での納骨に必要な許可等、まとめました!

    現代では、お墓での埋葬以外に、納骨堂に遺骨を納めるという選択肢が有ります。お墓での埋葬では埋葬許可証が必要になりますが、納骨堂への納骨の際はどういった許可が必要になるのでしょうか?今回は納骨堂で必要な許可等についてまとめていきます。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 管理の手間が少ない、永代供養の納骨堂を選ぶ方が増えていますのサムネイル画像
    管理の手間が少ない、永代供養の納骨堂を選ぶ方が増えています

    突然ですが、皆さんは亡くなった親族の方の遺骨をどこに埋葬しますか?先祖代々のお墓に埋葬するという人が多いかと思います。しかし、ここ最近では永代供養の可能な納骨堂に埋葬する人も増えています。今回は永代供養できる納骨堂への埋葬について見ていきましょう。

  • 愛するペットが亡くなったとき、納骨堂に納めるという選択のサムネイル画像
    愛するペットが亡くなったとき、納骨堂に納めるという選択

    愛するペットが亡くなった時、あなたはどうしますか?悲しみにくれるでしょう。しかし悲しんでいるわけにはいきません。ペットを埋葬するか、遺骨を納骨堂に納めるかの選択をしなければならないのです。今回は納骨堂を選択する場合についてまとめました。

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像
    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事