お墓を安い値段で購入する方法を解説!安い供養方法はあるのか?

お墓というものの金額は残念ながらそんなに安いものではなく、新規に建てようとすると100万円以上かかります。しかし、実はそんなにこだわりを持ちさえしなければ、思ったより安くお墓を持つというのも夢ではありません。今回は安い値段でお墓を持つ方法を見ていきます。

目次

  1. 安いお墓について
  2. お墓にかかる費用の内訳と相場
  3. 安い値段でお墓を建てる方法
  4. お墓を建てない選択肢
  5. 安いお墓についてまとめ

安いお墓について

お墓

人は亡くなれば多くの場合はその骨をお墓に納めることになります。
そのためにもお墓は必要な存在ですが、実はお墓自体の費用はそんなに安いものではありません。

というのも、新規でお墓を建てようとすると土地代や墓石代などを合わせて最低でも100万円以上もの金額がかかるためです。
こういう場合に、先祖代々のお墓がある家のことをうらやましく思う方も少なくないかと思います。

しかし、そう思った矢先に、お墓を安い値段で持つことができる方法があると言われたらどのように思いますか?
実はお墓にかかる費用についていろいろと知り、それをうまく応用すればなるべく安い値段でお墓を持つことができます。

今回終活ねっとでは、安い値段でお墓を持つことについて見ていきたいと思います。
具体的には、

  • お墓にかかる費用の内訳と、それに対する相場がどれくらいのものか?
  • 安い値段でお墓を建てるにはどのようにすればよいか?
  • お墓を建てない選択肢とはどのようなものか?

という3つのポイントを中心に絞ってみていきたいと思います。

お墓にかかる費用の内訳と相場

お墓

お墓の費用と一言で言っても、実は様々な費用の項目があります。
具体的には、以下の費用がかかります。

  • 墓石そのものの原料にかかる石材費用
  • 石材を加工するための費用である加工費用
  • 墓石そのものの工事のための工事費用
  • お墓の土地を利用するための永代使用料

この項目では、それらの項目についてより詳しい説明をしていきたいと思います。

石材費用

石材費用とは、文字通りお墓の墓石の石材に対して発生する費用のことです。
この費用は石材の生産地や、墓石あたりの石材の使用量によって大きく上下してきます。
なお、お墓の墓石に使われる石材は国産のものと海外産のものを合わせて100種類以上におよびます。

石材の生産地については、国内で生産される国産品は多くの場合で高級なものが使われているため、それによって石材費用が高くつく場合もあります。

一方で、中国やインドのような海外産の石材を使えば、国産の石材よりも安い費用に抑えることができます。

ただし、海外産の石材でもインド産の高級な石材は日本のそれよりも高くなるものがあるため、国産のものが高く、海外産のものが安いと一概に言えない場合もあるので、石材の産地と費用との関係は慎重に見極める必要があります。

安い石材と聞くと、その分経年劣化しやすく質も悪いというイメージもありますが、実際はすべての安い石材がそうではなく、安いものであっても経年劣化に耐えられるものも少なくありません。

また、石材の使用量についても、単純に墓石1つを建てるのと、墓石に加えて周りにいくつもの付属物(霊標板や卒塔婆立てなど)を立てるのでは、その分石材の使用量にも違いが出てきて、結果として石材にかかる費用にも差が出てきます。

このほか見た目が手の込んだお墓と、そうではないシンプルなお墓を建てるというのでも費用に差が出てきます。

このように、お墓の石材一つとっても、生産地や質、石材の使用量、そしてお墓の形状がシンプルかどうかを考えるだけでも石材にかかる費用を高くも安くもできるのです。

加工費用

お墓の墓石は石材だけでなく、その石材に対して様々な加工を加えることではじめて墓石らしくなります。
このため、世間一般でいう「墓石代」とはここで見ていく石材費用と、ここで触れる石材の加工費用とを合計したものとなります。

お墓に対する加工とは、具体的には墓石に文言(「〇〇家先祖代々之墓」や念仏、題目など)の彫刻や、墓石の装飾、さらに花立てや水鉢などお供え物関係の加工などが挙げられます。

もちろん、墓石の彫刻の文言や最低限のお供え物用の加工だけが施されたシンプルなお墓であればある程度安い費用で済みますが、手の込んだ壮麗な装飾やお供え物関係の加工が立派であった場合は費用も高くなります。

また、加工が必要な石材の数が多いほど加工費用も高くなっていきます
このため、区画の広いお墓や、装飾が立派なお墓はそれだけ石材を多く使い、なおかつ加工にも手間がかかるために石材費用とともに加工費用も高いものになっていくのです。

工事費用

施工費とも呼ばれる工事費用は、文字通りお墓を組み立てていくための費用です。

お墓の工事は大きく分けて、お墓を建てる土台をきちんとしたものにする基礎工事、墓石本体の周りの外柵を設置する外柵設置工事、そして、墓石を組み立てたり、その下の納骨スペースを設置や周りに玉砂利を敷いたりする石碑設置工事からなります。

まず基礎工事ですが、お墓が建つ場所に対して行うため、その場所の状況によって工事費が変わってくることが多いです。

具体的には、その場所の立地が平地か山の斜面か、工事を行う際に墓石などを運ぶための道が整備されているか、工事を行う場所がトラックからどのくらい離れているか、特殊な工事用機械が必要かどうか、などといったもので、手間がかかりそうであればその分費用が高くなっていきます。

また、施工するお墓の広さも重要な要素です。
面積が広いほどそれだけ基礎工事が必要となる面積も広くなるため、面積の広さに応じて費用が変わってきます

次に外柵を設置する工事ですが、これは外柵を設置しつつ免震ボンドなどで固定していくものです。
ただし、こちらも面積の広さに合わせて外柵が必要な範囲も変わり、面積の広さによって費用も大きく変わってきます。

そして、石碑設置工事の際には、墓石の構造によっても費用が大きく変わってきます
つまり、シンプルな構造であれば安くなり、複雑な構造であればそれだけ高くなります。
さらに、石材の使用量によって重量も変化するため、地盤が弱い場合は追加で地盤対策も必要となってくる場合もあります。

なおお墓の相場についてですが、ここまでの石材費用や工事費用、加工費用に加えて、建立後の管理費を合計すると150万円から250万円が一般的です。

永代使用料

ここまではお墓そのものを建てるための費用について見てきましたが、お墓は建てた後に半永久的に使われるものです。

ここで発生してくるのが永代使用料と呼ばれるもので、いわばお墓を使用する土地にかかってくる費用のことです。
半永久的にお墓を利用するということは、その土地を半永久的に利用する権利を持っている必要がありますが、そのためには永代使用料を払う必要が生じてきます。

不動産であるため、アクセスの良い場所や人気の高い地域に立地している場所ほど高くなりがちです。
そのため、永代使用料の相場も東京都区内であれば160万円から200万円、東京都の多摩地域や神奈川県であれば40万円から60万円と地域によって異なってきます。

なお、あくまでも「使用料」であるため、お墓の管理費の滞納が目立つ場合や、お墓の跡継ぎがいない場合は利用する権利がなくなってしまうというので注意が必要です。

そのため、なるべく財布とのバランスが取れた立地の選び方が重要となってきます。

安い値段でお墓を建てる方法

お墓

ここまでお墓を建てる際に発生してくる費用や、費用がどのように変化するかについて見てきました。

それでは、なるべく安い値段でお墓を建てるための方法として、どのようなものがあるのでしょうか?

ここではそれについての方法をいろいろと見ていきます。

いずれの方法も導入するだけでかなりの費用節減につながりますので、今や将来の終活の一環としてのお墓の設置にぜひともお役立てください。

お墓スペースの面積を小さくする

まず最初に挙げられる方法としては、お墓スペースの面積を小さくするというものが挙げられます。
いわば、お墓用の土地をあえて狭くするというやり方です。

先ほども見たように、お墓の面積は広ければ広いほど基礎工事にかかる費用も高くなります。
また、広い面積のスペースに合わせてお墓もそれなりに立派なものにしなければ見栄えもよくありませんし、あわせてお墓の周りの外柵も広く展開する羽目になります。

しかし、お墓が小さいスペースであれば、そこに建てるのがシンプルなお墓であっても大変似合うものですし、またシンプルなお墓であれば石材費用や石材を加工する費用をも抑えることができます。

また、スペースが狭ければそれに必要な土地代(永代使用料)も大きく節減することにつなげることが可能です。

このようにお墓のスペースを狭くするだけでも、単に墓石の費用を安くするだけでなく、その他のお墓関係のいろいろな費用において、安く済ませるうえで相乗効果が期待できます
やはりお墓のスペースの面積はそれなりに身の丈にあったものが理想といえるでしょう。

墓石の石材の費用を抑える

墓石に石材は欠かせないものである以上、石材自体の費用を安く抑えるという方法もあります。
具体的には、なるべく安いもので、それでいて質の良い石材を選ぶことができるように石材店に相談するというものです。

というのは、石材の費用が高いもの=質が良いものとは限らないためです。
特に、海外産のものは国産のものに比べて安い傾向にありますが、その中でも質の良いものも少なくありません。

また、石材の値段を安くすれば、その石材を用いてもシンプルなお墓を建ててもつり合いが保てます。
安く、なおかつ質の良い石材を用いたシンプルなお墓ということであれば、あとあとの管理も非常にしやすく、それに伴って管理費もかさむことは少なくなります。

さらに、余計な装飾を施しさえしなければ、なおさらその安めの石材にお似合いともいえます。
さすがに装飾が壮麗であるようにするためには、それなりの石材でなければ見栄えもよくないものです。

また、石材店にしっかり相談するというのも欠かせません。
安価で質の良い石材を探すというだけでも石材にかかってくる費用の節減につなげることができます。

公営の霊園を選択する

公営の霊園は文字通り、地方自治体によって管理されている霊園であるため、利用者が支払う管理費は税金が投入されている分、年間1000円~数千円と普通の霊園に比べると比較的安く設定されています。

この金額は、寺院などによる民間の墓地における管理費が数千円から数万円するのに比べれば、大変破格の安さといえるほどのものです。

さらに、公営霊園であれば宗教や宗派に関係なく遺骨の受け入れもされるため、寺院の持つ墓地などでまれにある宗教・宗派関係のトラブルというものとも縁がありません
実際のところ、無宗教・無宗派の人々でも公営霊園の利用者は少なくありません。

このため、管理費を安く抑えたり、宗教上のトラブルを避けたりするという点においても、公営霊園の利用は大変おすすめといえます。

お墓を建てない選択肢

お墓

近年では、少子高齢化など社会の変化でお墓の跡継ぎに困るという家庭も少なくありません。
そのため、終活の一環として自分の死後のことなどを考えてお墓を建てないという選択肢をとるという方も増えてきています。

ここで紹介する方法は、従来のお金のかかるお墓を建てるという選択肢に比べるといく分か安い費用で故人の遺骨を納骨し、供養することができるという点で注目されているという側面もあります。

しかし、それぞれメリットとデメリットとがあるため、利用を検討する際にはあらかじめ理解しておくべきといえます。

ここでは主に「お墓を建てないという選択肢」にはどのような方法があるか、そしてどのようなメリットやデメリットがあるかについていろいろと見ていきます。

永代供養墓

永代供養墓とは、「永代供養」と呼ばれるお墓を管理する寺院や霊園が一括してお墓の管理や故人の供養を受け持つ供養の仕組みのために設けられたお墓のことです。
多くの場合は、他の故人の遺骨とともに納骨される合祀墓タイプとなっています。

なお、「永代」と聞くと未来永劫のように聞こえますが、実は三十三年忌までや五十年忌までといったある程度の一定期間を指すということはあらかじめ理解しておくことが大切です。

永代供養墓のメリットとしては、お墓の管理やそこに眠る故人に対する供養を墓地を管理する寺院や霊園の側が引き受けてくれるという点です。
このため、お墓の跡継ぎがいなくても、またお墓の後を継ぐべき遺族が日常的に忙しすぎたり、住んでいるところが遠方だったりしてお墓に詣でる余裕がない場合でも安心できるという点です。

デメリットとしては、未来永劫にわたって管理や供養をしてもらえるわけではないことに加え、墓地を管理している寺院や霊園が破産などした場合、途中で永代供養の契約がなくなるため、またお墓のことを考えなくてはならなくなるなどの問題が発生することもあるという点です。

また、永代供養墓の多くは合祀墓であるため、故人の遺骨が一度納骨されると取り出すことができないという点もデメリットとして挙げられます。

納骨堂

納骨堂は、文字通り故人の遺骨を納めた骨壺を安置しておくための建物のことです。
そして、故人を安置するものとしては、お墓の墓石という形ではなく、ロッカー型のものや仏壇型といった形状がとられています。

最近では、全自動納骨堂と呼ばれる、専用のカードをタッチするだけで、故人の遺骨が運ばれてきて、そこで供養ができるというものもあります。

納骨堂に納骨するための費用は、地域によって異なりますが、都市部では高く、逆に地方部で安い傾向にあります。
それでも、お墓を新規に建てるよりも安上がりという費用面のメリットは魅力的です。

ほかにも基本的に室内で保管されているため、天候に関係なくお参りができるということや、宗教や宗派に関係なく利用できる点などがメリットとして挙げられます。

デメリットとしては、こちらも永代供養墓の場合と同様、未来永劫にわたって管理してもらえるというわけではないという点です。
このため、契約期間がある場合には三十三回忌などを区切りにした契約期間が満了した時に、再び遺骨をどうするべきか考えなければいけないという手間が発生します。

ほかにも、お供え物や線香をあげるといった心から故人の喜びそうな行為ができない場合も少なくないというデメリットもあります。
建物内に納骨されているため、お供え物や線香をあげることができない場所もあるのです。

散骨

散骨とは、自然の中に故人の遺骨をまく葬儀の一形式のことです。
近年では、葬儀の多様化に伴って、散骨という方法を利用する方も増えてきています。

散骨の方法として具体的な例として、特定の海域で散骨する海洋散骨や、山間部の中に散骨をする山間散骨が挙げられます。
いずれの方法も、自然の中に散骨するやり方であるうえ、そこに墓石などの墓標は特に必要はないため、比較的費用をかけることなく故人を見送ったり、供養したりすることができる方法といえます。

ただし、散骨をするにはその前に粉骨するという手間が必要となってきます。
というのは、遺骨を2㎜以下の大きさにしないでそのまま散骨すれば、死体遺棄の容疑で刑法で処罰されるためです。

そして、散骨をするにあたってはなるべく他人に迷惑の及ばない海域などで行うようにすることが求められます。
具体的には、海洋散骨であれば漁場や海水浴場から離れた海域で散骨することや、山間散骨であればその山の管理者の許可をもらう必要があります。

このように、散骨する区域にかかわる人たちにも配慮しなければいけないのがデメリットといえるのです。

樹木葬

樹木葬とは、墓石の代わりに比較的背の低い樹木を墓標として、そのたもとに遺骨を納骨するという葬儀の一形式のことです。
こちらもまた、近年の葬儀の多様化の影響を受けて利用者の増えてきている葬儀の方法といえます。

具体的には公園墓地のような自然との調和が図られる形でつくられた墓地の専用のスペースに樹木を植えて、その付近に遺骨を埋めるといったものです。

費用面でも、新しくお墓を建てるやり方に比べると、墓標を人工的に作る要素がほとんどない分、費用をかなり安く抑えることができます。
そのうえ、近年では社会的に環境志向の人々も増えているために、故人が樹木のもとで眠れることを歓迎する傾向もあるため、樹木葬そのものが広く浸透しつつあります。

また、スペース自体も個人用のものから家族ぐるみで利用できるものまで幅広く用意されているため、将来のこともあわせて考えた時に、納骨する故人の数に応じてスペースについて選択肢を持てるという点もメリットです。

ただし、デメリットがないわけではありません。
まず、樹木を墓標代わりにしているため、従来墓石を墓標とみなす現代人の考え方からすれば、樹木にお参りしても、お参りをした実感がわきにくいという点が挙げられます。

また、こちらの方がもっと深刻なのですが、樹木の下に故人が眠っているという点から、遺族のお参り自体が滞りがちになりやすく、結果としてお墓そのものが荒れやすいという欠点もあります。

そうなると、周りに雑草が生い茂り、気が付いた時には故人の眠っている場所の周りの雑草を抜くのに多大な労力が必要となることも少なくありません。
雑草は比較的短期間で伸びてくるため、墓石に比べてある程度まめな管理が必要になるといえます。

樹木葬について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

こちらも読まれています

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

安いお墓についてまとめ

お墓

安いお墓を建てる方法についていろいろと見てきましたが、いかがでしたか?
今回の終活ねっとでは以下のことについて紹介しました。

  • お墓の費用の内訳は、墓石の石材にかかる石材費用、その石材を加工するための加工費用、墓石そのものを建てるための工事費用、そしてお墓の土地にかかる永代使用料がある。墓石やその工事費用に管理費を合計すれば150万円から250万円、永代使用料も地域により異なる金額が発生する。
  • お墓を建てる費用を安くするには、お墓のスペースを小さくすることや、安く質の良い石材を使うこと、そして公営の霊園を選択することが挙げられる。いずれの方法を使うだけでもかなりの費用節減につながる。
  • お墓を建てないという選択肢もあり、主なものとして永代供養墓や散骨、納骨堂、樹木葬という方法がある。いずれも近年の社会の変化の中で利用者が増えているが、それぞれメリットとデメリットがあることは検討の段階であらかじめ理解しておくべきである。

このようにお墓を建てる費用を安くする方法はたくさんあります

ぜひともこれらの方法をいろいろと検討してみて、悔いのないようにお墓を建てることができるように活用してみてください。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

シェアする

「お墓・安い」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・安い」についてさらに知りたい方へ

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとはのサムネイル画像

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説しますのサムネイル画像

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説します

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!のサムネイル画像

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

お墓選びのポイントは?失敗しないお墓の選び方を伝授します!のサムネイル画像

お墓選びのポイントは?失敗しないお墓の選び方を伝授します!

墓石の値段相場はいくらくらい?石材の種類やデザイン別に紹介!のサムネイル画像

墓石の値段相場はいくらくらい?石材の種類やデザイン別に紹介!

お墓を安く買う方法とは?お墓の値段を抑えるポイントまとめ!のサムネイル画像

お墓を安く買う方法とは?お墓の値段を抑えるポイントまとめ!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・安い」についてさらに知りたい方へ

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとはのサムネイル画像

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説しますのサムネイル画像

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説します

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!のサムネイル画像

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと