午後にお墓参りするのはマナー違反?お墓参りに適切な時間帯とは?

午後にお墓参りするのはマナー違反?お墓参りに適切な時間帯とは?

「午後にお墓参りをすると霊がつく」などということを聞いたことがありませんか。一般的にお墓参りは午前中にするのがよいとされているようです。では、午後にお墓参りをするのはダメなのでしょうか。ここではお墓参りの時間についての疑問にお答えさせていただきます。

2020-01-19

午後のお墓参りについて

お墓

お盆や春、秋のお彼岸、年末、命日などにお墓参りをされる方が多いことと思います。
皆さんは何時頃にお墓参りに行かれますか?

なるべく午前中に行きたかったけれども、用意に時間がかかったり交通渋滞の影響などで、お墓に着いたら午後だったという経験がある方もおられるのではないでしょうか?

またお墓が遠く不便なところにある、午前中は仕事があるなどのさまざまな理由から、午後にお墓参りに行かれる方もおられることと思います。

午後にお墓参りをするのはだめだと聞いたことがある方は、お墓参りの時間について気になりますよね。

午後にお墓参りがいけないとされる主な理由として、午後にお墓参りすると例がつく、帰るころには暗くなって危ない、ご先祖様は午前中にしかお墓におられないなどがあります。

どれも根拠が薄い理由のように感じますが、午後のお墓参りは本当にいけないことなのでしょうか?
また、お墓参りに行くのが遠くて大変。
や墓石が古くなってきたので新しいお墓を建てたい。

という理由から墓じまいを検討されている方は、終活ねっとのお墓探しもご利用ください。
無料で資料請求を行うことが可能です。

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

今回「終活ねっと」では、午後のお墓参りに関して以下のような事柄を中心に紹介していきます。

  • 午後のお墓参りはいけないのか?
  • お墓参りは午前に行く?
  • お墓参りの手順とは?
  • お墓参りに必要なものや服装は?
  • お墓参りの注意点とは?

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。
ぜひ最後までお読みください。

午後のお墓参りはいけない?

お墓

結論から言いますと、午後にお墓参りをしても差し支えはありません。
お墓参りの時間にきまりはないのです。

時間にこだわってお墓参りをしないでおわるよりは、心をこめてお墓参りをすることの方が大切です。
余裕をもってお墓参りをできる時間に行くとよいでしょう。

ただし、地域やお寺、墓地、霊園などのきまりがあるところは、そのきまりにしたがってください。
また、安全面を考えると、暗くなってからのお墓参りは避ける方がよいかと思います。

お墓参りは午前にいく?

お墓

お墓参りは午前に行くことが一般常識となっているようです。

お墓参りが午前中のわけ

では、一般的に午前中にお墓参りをするのが適切であるといわれるのは、どうしてなのでしょうか?

お墓参りの目的は、ご先祖様、故人を偲び、今日自分があることに感謝し、家族や自分の近況を報告することです。
大切な故人に会いに行き、家族や自分の守護をお願いする方も多いことと思います。
ご先祖様がおられるお墓をきれいにしたいという気持ちもあることでしょう。

そのようなお墓参りは何かのついでにするものではなく、その日の中で最も大切な行事となります。
掃除などもしっかり行えるように時間をたっぷりかけたいものです。
そのためにも午前中に行く方が好ましいと考えられてきたのです。

午前中にお墓参りに行くと時間的に余裕があるため、念入りに墓地の掃除ができるというメリットは大きいでしょう。

ただ、墓地が遠いなど諸事情から午後にお墓参りせざるを得ない方もおられるでしょう。

ご先祖様を大切に思い、心を込めてお墓参りできるのであれば、午後でも構わないとされています。

仏様を後回しにしてはいけない?

午前中にお墓参りをするということは、ご先祖様を後回しにせず、お墓参りを最優先にするという考えの表れでもあります。
他の用事を済ませてからではなく、真っ先にお墓参りをしましょうということです。

炊きたてのご飯をお仏飯として一番最初にご先祖様にお供えするのと似ていますね。

ただ、大切なのは気持ちです。
朝一番にお墓参りをしても、掃除もしないでちょっと立ち寄るくらいになるのでしたら、ご先祖様を最優先していることにはならないのではないでしょうか。

気持ちの上でご先祖様を後回しにしていなければ、午後からのお墓参りでも問題ないと思います。

お盆の時期も普段と同じがいいの?

お盆は、亡くなられた方が天(浄土)から帰ってこられる期間と言われています。

お盆の期間は元々7月13日から7月16日の4日間でしたが、明治6年以降、8月13日から8月16日の4日間を指す地域が多くなりました。

ご先祖様の霊はまずお墓にやってきます。
この時期のお墓参りはその霊を迎えに行くという意味があります。
13日の盆の入りかそれまでにお墓参りに行き、お墓を掃除しておきましょう。

13日はご先祖様の霊を家に迎え入れるために、迎え火をたいたり、提灯をともしたりとやることが多く忙しいです。
13日にお墓参りに行かれる場合は、午後より午前中の方がよいでしょう。

お盆の中日である14日、15日はご先祖様は自宅に帰ってきておられるという考え方が一般的ではありますが、この時期にお墓参りをする方もおられるようです。
地域によって習慣も異なるので、それぞれの習慣にしたがってください。

盆の明けである16日の夕方には送り火をたいて、ご先祖様の霊をお見送りしましょう。

お盆のお墓参りについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてご覧下さい。

お墓参りの手順

お墓

ここでは、実際にお墓参りに言った時にどのようにお参りをすれば良いのかについて説明します。

  • 挨拶をする

    まず初めに、お墓に着いたら最初に故人に感謝の気持ちが伝わるような丁寧な挨拶をしましょう。

  • 掃除をする

    墓石の周辺・墓石自体の順番に掃除をしましょう。

  • お墓を清める

    お墓にお水をかけてご先祖様の霊を清めましょう。
    しかし、墓石が傷むなどの理由から、お水をかけない方もいらっしゃいます。
    どちらが正しいということではないので、ご自分の地域や宗派のやり方に沿って行ってください。

  • お供え物・お花をお供えする、線香をあげる

    持ってきたお供え物は、半紙や懐紙を敷いてその上にお供えします。

    お線香のお供え方には、立てる場合もあれば寝かせる場合もあるので、その宗派にあわせてお供えするようにしてください。
    火を消す時は息を吹きかけて消すのではなく、手で仰いで消しましょう。

  • 合掌する

    故人と縁の深い人から順番に合掌をします。
    数珠があれば手に数珠をかけて行ないましょう。
    その際、墓石よりも姿勢が低くなるようにするのが礼儀ですので、しゃがんで行うように注意してください。

  • 片付けをする

    来たときよりもお墓をきれいな状態にして帰ることを心がけましょう。

お墓参りの仕方や手順についてさらに詳しく知りたい方はぜひこちらをご覧ください。

お墓参りに必要なものと服装

お墓

ここまで、お墓参りにいつ行くべきなのかやお墓参りの手順について解説してきました。
ここからは実際にお墓参りに行く際、何を持っていけばいいのか、何を着て行くべきなのかについて説明していきたいと思います。

お墓参りに持って行くもの

ご覧になっている方の中には、お墓参りに何を持っていけばいいのかわからない方もいると思います。
そんな方のためにお墓参りに以下で必要なものを用途ごとに説明します。

お参りに必要なもの

  • 数珠

  • お線香

  • チャッカマン・ライター

  • お花

  • お供え物

お花は一般的に菊が長持ちするため良いとされていますが、故人の方が生前好きだったお花でも構いません。
菊以外のお花にする際には、トゲのないお花にしましょう。

お供え物は、故人が生前好きだった飲食物にしましょう。
お墓参りの持ち物についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

掃除に必要なもの

  • ぞうきん

  • バケツ

  • ゴミ袋

  • スポンジ

これ以外にも、狭い部分の掃除に便利な歯ブラシや手の保護だけでなく掃除にも使える軍手なども持って行くと良いでしょう。
お墓参りの際の墓石の掃除についてさらに詳しく知りたい方はこちらをぜひご覧ください。

お墓参りの際の服装

男性も女性も普段着ている服で構いません。
ですが、派手な色やデザインの服は避けるようにしましょう。
お墓参りの際の服装についてさらに詳しく知りたい方はこちらをぜひご覧ください。

お墓参りの注意点

お墓

墓地・霊園のルールを破らない

ペットを霊園内に入れないなどそれぞれの霊園にルールがありますので必ずそのルールに従うようにしましょう。
また、宗教宗派によりお墓参りの手順に違いがあるので必ず確認の上お墓参りをしましょう。

霊園・墓地について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

お墓参りは一人でいってはいけない?

また、「お墓参りに一人で行ってはいけない」と聞いたことがある方もおられるでしょう。
霊にとりつかれるからだそうです。

これは迷信ですので、気になさらないでください。

一番お墓に近い親族が墓守りをしているケースも多いと思われます。
その方が代表して、一人でお墓参りをされているということもよく耳にします。

ご先祖様を大切にされている方に、よくないことが起こるというのも考えにくいですね。
むしろ一人でお墓参りに行かれる方には、ご加護があってしかるべきです。

一人でお墓参りをすると、話し相手はご先祖様だけですので、大切な亡き方とゆっくりお話しできることでしょう。

午後のお墓参りについてまとめ

お墓

以上、午後のお墓参りはダメなのかという疑問にお答えさせていただきました。

まとめますと、

  • お墓参りを何かのついでではなく最優先にするという考え方から午前中にするというのが一般的です。

  • ただ、お墓参りの時間に特にきまりはなく、午後のお墓参りがいけないわけではありません。

この記事を読んでおられる方は、ご先祖様に失礼があってはいけないと思われる心優しい方だと思います。
大切なのはこういうご先祖様、故人を思う気持ちです。
お墓参りについてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓参り・午後」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す

お墓・霊園を
お探しの方はこちら

全国から自分にあったお墓を探す
エリア・条件から絞り込み