愛するペットは永代供養すべき?永代供養ができる霊園と供養法まとめ

愛するペットは永代供養すべき?永代供養ができる霊園と供養法まとめ

楽しい時間をくれたペットがいつかは亡くなってしまう。そんな悲しみの中で、ペットの亡骸をどのようにして供養をしたらいいのか悩みますよね。愛するペットの供養は、永代供養をはじめとして様々な方法があります。今回は、永代供養からその他の供養方法まで一挙に紹介します。

最終更新日: 2020年08月26日

愛しいペット達を永代供養したい

お墓

愛しいペット達がいずれ亡くなってしまったら...
あなたが生きている内は良いですが、いつまでも供養しつづけられるか不安な方も多いでしょう。
ペット供養の中には、霊園を利用して永代供養をするという方法があります。

最近ではペットの永代供養をしてくれる霊園も増えていることから、このサービスを利用したいと考えている人も多いと思います。

しかし、今まで利用したことがない人にとっては、どんなサービスなのか不安を感じる人もいるのではないでしょうか?

ここでは、

  • 永代供養をするメリットやデメリット

  • 永代供養をするための霊園の選び方

  • 永代供養以外の供養方法

について紹介します。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。
どんな供養をするのが愛するペットとあなた自身にとって最も良いのか、この記事を参考にぜひ考えてください。

ぜひ最後までお読みください。

そもそも永代供養とは?

お墓

永代供養という言葉を初めて聞いた人もいるでしょう。
永代供養とは、ペットを供養し続けるのが難しい方にかわり、霊園が永代にわたり供養やご遺骨の管理をしてくれるというものです。

永代供養を利用することで、ペットを人と同じように供養し続けることができます。
そのため、ペットの永代供養は近年注目を集めるようになってきました。

では、次はペットの永代供養をするメリットやデメリットについてみてきましょう。

ペットを永代供養するメリット

葬儀

永代供養を初めて利用する人は、まずどのようなメリットがあるのかをよく確認してみましょう。
永代供養は、自分で供養するのが難しい人には大きなメリットがあるようです。

ペットをしっかりと供養できる

大切なペットを人と同じように供養したいと思っても、お墓を建ててまで供養するのは経済的に難しい人がほとんどでしょう。

また、庭にお墓をつくるといった方法もありますが、マンションの暮らしでは庭もないためこのような供養方法を選ぶことができません。
そんな人に選ばれているのが霊園での永代供養です。

霊園の永代供養では、定期的に供養祭なども行われしっかりと供養をしてもらうことができます。
人と同じようにずっと供養をしてもらいたいと考えている人には最適です。

自分の死後も供養してもらえる

もし、ペット用のお墓をつくって供養をしたとしても、自分がいなくなれば、そのお墓を誰が管理をするのかという問題があります。
自分がいなくなれば誰もお墓の管理をしてくれないのでは、それは良い供養だとは言えないのではないでしょうか。

永代供養であれば、霊園が永代にわたり供養をしてくれるので、このような心配をする必要がありません。
このことも永代供養を利用する大きなメリットです。

ペットを永代供養するデメリット

人々

永代供養のメリットを見ると、良い供養ができると感じたのではないでしょうか。
しかし、人によってはこの永代供養をしたことでデメリットとなることもあります。

ペットと一緒のお墓に入れない可能性が高い

霊園の永代供養を利用して、ペットと同じお墓に入りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
最近ではペットと一緒に入れる霊園も増えてきました。

このような霊園を利用すれば、一緒のお墓に入ることも可能です。
しかし、永代供養を利用したことでペットと一緒のお墓に入れない可能性が高くなることもあります。

永代供養といっても、埋葬の仕方に種類があり、合同埋葬、納骨堂への納骨、自然散骨などがあります。
個別に埋葬をする永代供養でも、一定期間を過ぎれば合同埋葬とする霊園もあります。

合同埋葬はご遺骨を他のペットと一緒にして埋葬をする方法です。
このような埋葬方法では、一緒にお墓に入りたいと思っても、他のペットとご遺骨が一緒になっているので取り出すことができません。

自分のお墓に一緒に入りたいと考えるのなら、ご遺骨を取り出せる方法を選ぶ、もしくは残しておく必要があります。

分骨をしておけば同じお墓に入れる

一緒のお墓に入りたいと考えている人は、分骨をしておくことをおすすめします。
分骨とは、ご遺骨を複数に別けて納骨をすることです。

分骨をしておけば、永代供養によって合祀となっても、分骨したご遺骨を自分のお墓に納骨をすればいいので、一緒のお墓に入ることができます。
ネットでは分骨用の骨壺などの販売されていることから、火葬が終わった時には、用意した骨壺に分骨しておくと良いでしょう。

ペットを先祖代々のお墓に入れても良い?

法律的には、一緒のお墓に入れても問題はありません。
先祖代々のお墓がある人では、そのお墓にペットのご遺骨を入れて、自分もそのお墓に入ればいいと考えている人もいるかもしれません。

しかし、一般的には先祖のお墓にペットのご遺骨を入れません。
法律的には問題ないかもしれませんが、ご先祖様の中には動物が苦手な方もいるかもしれませんし、お墓の使用規定によって一緒にできないケースもあります。

お墓が霊園やお寺にある場合には、そこの管理者の使用規定に沿って埋葬する必要があり、もしペットは埋葬ができないといったルールがあれば、先祖代々のお墓には入れることはできません。

ペットを先祖代々のお墓に入れる場合には、家族や管理者としっかりと相談をして決める必要があります。

頻繁に会いに行けない

ペットを供養できる霊園が増えてきたといっても、コンビニのようにいたるところにあるわけではありません。
自宅によっては、最も近い霊園でも数時間かかるといったケースもあるでしょう。

頻繁にお墓まりをしてあげたいと思っても、これでは現実的に難しいこともあり、これも霊園での永代供養のデメリットです。

時期がくれば他のペットと合祀される

永代供養といっても、通常は一定期間を過ぎれば合祀となります。
個別に埋葬をしていても、いずれは他のペットとご遺骨が一緒にされてしまうということです。

人と同じようにお墓に入れて、お彼岸やお盆にはお墓参りをしたいと考えていても、永代供養では難しいこともあります。

「終活ねっと」では、関連する記事を多数公開しています。
以下には、永代供養についてより詳しく解説した記事をご紹介します。
人間の永代供養についてですが、永代供養という供養法・システムについては同じですので、より深く知りたい方はお読みになってください。

ペットを永代供養する霊園の選び方

お墓

ペットの永代供養におけるメリット・デメリットを確認してきました。
では、永代供養をしよう!と決めて、実際にペット霊園を選ぶときには、どんな基準で選べばよい

  • サービスの内容

  • 立地

  • 費用

  • 景色

を確認すると良いでしょう。

火葬の際には一緒に立ち会いたい、葬儀をしたい、ご遺体のお迎えをしてほしいなど、様々な希望があると思います。
霊園によってサービス内容に違いがあり、希望に合ったサービスを提供しているのかをよく確認する必要があります。
お出迎えをしてくれるところでも、対応エリアが決められているケースがほとんどです。

定期的に会いに行きたいと考えている人にとっては、霊園の場所が重要です。
車で利用する場合には駐車場の有無の確認が必要ですし、電車なら駅から近い霊園を選ぶと良いでしょう。

費用も霊園選びでは重要で、少しでも費用を抑えたい人もいれば、高くてもいいから良い供養をしたいと考えている人もいるでしょう。

霊園によっては安い費用で永代供養ができるところもあれば、高額な永代供養をしている霊園もあるので、自分に合った基準でペット霊園を選んでください。

ペットの永代供養ができる霊園一覧

人々

全国各地にペットの永代供養ができる霊園があります。
初めての霊園選びでは、多くの霊園の中から選ぶのも難しいものです。

大阪、神奈川、埼玉にある霊園を紹介しますので、どのような霊園があるのか参考にしてみてください。

大阪でペットの永代供養ができる霊園

大阪市平野区には「平野動物霊園」があります。
この霊園では、ペットが亡くなった時に連絡をすれば、自宅までお出迎えをしてくれます。
ペット用の棺桶に納棺してくれ、お別れセレモニーをした後に個別火葬をし、納骨までできる霊園です。

アクセスのよい立地で、地下鉄谷町線の出戸駅の1番出口からなら徒歩で7分程度です。
駐車場も完備されているので、お車でお越しの方にも嬉しいですね。

ここの特徴が、1,800室もある納骨室を完備しているところです。
この納骨室には、扉付きタイプの納骨堂と、扉のないオープンタイプの納骨堂があります。

1つの納骨室内であれば何体でも納骨することもできます。
1年更新での契約となり、後で一緒のお墓に入りたいと考えている人にも最適です。

扉付きタイプの納骨堂では、上段が10,000円、中段が12,000円、下段が7,000円です。
オープンタイプの納骨堂では、上段が7,000円、中段が10,000円です。
なおこちらは、2020年2月の調査結果となります。

神奈川でペットの永代供養ができる霊園

料金を比較的安く抑えて永代供養をしてあげたいと考えている人におすすめなのが、神川県川崎市にある「ペットマザー 川崎橘ペット霊園」です。

ご遺体のお迎えやご遺骨のお届けは、川崎市は全域対応していますし、東京都や横浜市も対応しているエリアがあります。

ハムスターや小鳥などであれば、合同火葬ではお出迎えありでも14,000円、チワワやポメラニアン、猫なら21,000円、ビーグルや柴犬では25,000円となっています。
なおこちらは、2020年2月の調査結果となります。

埼玉でペットの永代供養ができる霊園

埼玉県入間郡にある「武蔵野ペット霊園」は、納骨プランが豊富な霊園です。
この霊園には第一霊堂、第二霊堂があります。

第一霊堂ではAプラン~Fプランまで用意され、Aプランは年間35,000円ですが、Fプランなら年間でも3,000円です。
Aプランはこの霊園では最大のサイズで、ガラス扉となっていて、LEDライトで照らされ明るい環境での納骨ができます。

第二霊堂ではAプラン~Eプランがあり、その他にも仏壇での供養が可能となっています。
仏壇の費用として198,000円必要ですが、年間管理費は4,000円です。
なおこちらは、2020年2月の調査結果となります。

その他にも共同墓地への埋葬、粉骨にも対応しています。

最近ではご遺骨をペンダントに入れて、いつも肌身離さず一緒に居たいと考えている人もいます。
ここでは、粉骨もしてくれるので、ペンダントに入れたい、散骨をしたい、分骨をしたいと考えている人にも最適です。

永代供養以外の選択肢

お墓

今回はペットの永代供養について述べましたが、ペットの供養方法は永代供養だけではなく、その他にも色々な方法があります。

それ以外の方法についてもご紹介したいと思います。

ペット専門の霊園に納骨する

ペット専門の霊園では、共同埋葬をするのではなく、ご遺骨を納骨できるところがほとんどです。

個別納骨なら、一緒のお墓に入りたいと考えている人にとって、いつでもご遺骨を取り出せるので安心ですね。
年間の管理費用は必要になりますが、自宅でご遺骨を保管するのが難しいといった人には選択肢の一つになるでしょう。

「終活ねっと」では、関連する記事を多数公開しています。
ペットの納骨堂について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

ペットの散骨をする

ペット供養では散骨を選ぶ人も多いようです。
散骨とは、ご遺骨を粉状にして海や山などにまく方法です。

散骨をすれば、お墓を建てることもありませんし、永代供養碑も必要ありません。
ペットの散骨をしてくれる業者を探して散骨するのも良いですね

ペットの供養を自宅で行う

ペットを自宅で供養する人も多いようです。
これなら、いつでも自宅で供養することができ、管理費用なども必要ありません。

自宅の庭にお墓をつくる

自宅に庭がある人であれば、庭にペットのお墓をつくることもできます。
自宅にお墓をつくるのは法律上問題ないのかと思う人もいるでしょうが、ペットは人間とは違い、庭にご遺骨を埋めても法律上は問題ありません。

お墓をつくる場合は、火葬をせず土葬をする方法と、火葬をしてご遺骨を納骨する方法があります。

火葬をせず土葬をする場合には、穴を深く掘ることが大切です。
浅い穴では動物が掘り起こしてしまうことも考えられますし、腐敗をしたときには悪臭の原因ともなります。

火葬をした場合には、ご遺骨は骨壺から取り出して土に埋めるほうが良いとされています。
骨を土に埋めることで時間はかかりますが土にかえっていきます。

骨壺に入れた状態で埋めてしまうと、骨壺の中に水が入ったり、カビが生えてしまいます。
もし、後で骨壺を取り出すのであれば、自宅で骨壺を管理するか、本格的な墓地を作る必要があります。

「終活ねっと」では、関連する記事を多数公開しています。
ペットのお墓を庭につくることについて詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

手元供養をする

自宅に庭がない人に人気の供養法が手元供養です。
最近では、ネットで手元供養用の骨壺やペットのご遺骨を入れることができるアクセサリーも販売されています。

骨壺と聞くと、人のご遺骨を入れる大きな骨壺をイメージする人も多いでしょうが、手元供養用の骨壺は高さが6センチ程度、直径が4センチ程度ととても小さなサイズです。
しかも、カラーバリエーションも豊富でインテリアとしておくことができる骨壺もあります。

この骨壺に分骨をして納めておけば、いつでも自宅で供養することができますよ。
また、ペットと同じお墓に入りたい人にとっては、手元供養が最良の選択肢ではないでしょうか?

ペットと永代供養まとめ

人々

いかがでしたか?
この文章では、ペットの供養方法についてみてきました。

  • 永代供養では自分の死後も供養してもらえるというメリットがある

  • 永代供養は、場合によっては一緒のお墓に入れないといったデメリットもある

  • 霊園を選ぶときには、サービス内容やアクセス、費用や景色も確認

  • 永代供養以外にも、霊園に納骨をしたり、散骨、自宅での供養方法もある

などのことが分かりました。
ペット供養の方法についてよくわかっていただけたのではないでしょうか。
愛するペットの死後について考えるのは辛いかもしれませんが、その後のことを考えるのが真の愛情と言えるかもしれません。

永代供養ならば、亡くなってしまったペットを供養し続けることができます。
死後も愛するペットを近くに感じていたいならば、手元供養や、一緒にお墓に入ることを考えるのも
良いのではないでしょうか。

様々な供養方法があるので、自分が納得できる方法で供養をしてあげたいですね。
今回の記事が参考になれば幸いです。


「終活ねっと」では、関連する記事を多数公開しています。
ペット霊園などについて詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は
「DMMのお墓探し」で

DMMのお墓探しでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 愛するペットのために…知っておきたいペット霊園のことのサムネイル画像
    愛するペットのために…知っておきたいペット霊園のこと

    生きている限りは必ず死は訪れ、それは愛するペットでも同じことです。永遠の別れが来た時に愛するペットのためにできることはしっかりと供養してやるということです。近年ではペット霊園を利用する飼い主さんも増えています。そこで今回はペット霊園についてご紹介します。

  • ペットが亡くなったときの霊園・墓地ってどうすればいいの?のサムネイル画像
    ペットが亡くなったときの霊園・墓地ってどうすればいいの?

    大切な家族であるペットが亡くなったとき、人間の家族同様、しっかりと見送ってあげたいと思いますよね。どうやって送り出せばいいの?お骨を預ける霊園はあるの?いつか訪れる別れのときの為に、ペットの為の霊園・墓地について学んでみましょう。

  • ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介のサムネイル画像
    ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介

    ペットも家族同然。そのような想いでペットと生活している人は多いでしょう。でも、命あるものはいつか必ず死を迎えます。ペットのお墓について考えたことはありますか?どのように供養してあげたいですか?また、一緒のお墓に入れることは可能なのでしょうか?

  • 亡くなったペットを納骨堂で供養してもらうにはどうすればいい?のサムネイル画像
    亡くなったペットを納骨堂で供養してもらうにはどうすればいい?

    愛するペットが亡くなり、ペットの納骨堂で供養をしてもらう決心したけれど、どのようにしたらよいのでしょうか。今回はペットの納骨堂の施設や許可、費用はどれくらいかかるのかを、ペットを納骨堂に納めず、自宅で埋葬する方法も含めて紹介します。是非最後までご覧ください。

  • ペットの供養方法は?|お寺・線香・お供え・お花・家・供養グッズのサムネイル画像
    ペットの供養方法は?|お寺・線香・お供え・お花・家・供養グッズ

    今やペットは大切な家族の一員です。いつまでも元気でそばにいて欲しい存在ですね。でも、いつかお別れをする時がきます。その時のことを考えたことがありますか?供養の方法は?供養に必要なものは?等、もしもの時ペットと後悔しないお別れができるように最後までお読みください。

  • ペットのお墓の費用っていくらかかるの?相場や内訳を紹介します!のサムネイル画像
    ペットのお墓の費用っていくらかかるの?相場や内訳を紹介します!

    家族の一員であるペットとの悲しい別れが来たらお墓に入れてあげたいと思いませんか?しかしペットのお墓の費用っていくらぐらいが相場なのでしょうか?そこでペットのお墓の費用について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!のサムネイル画像
    大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!

    大事なペットが亡くなってしまったらどうすればいいのでしょうか。ペットを永代供養をする場合にはどのような手続きが必要なのか、その費用はどのくらいかかるのかご紹介します。また永代供養以外の供養の方法もご紹介します。

  • ペットと一緒に入れる永代供養墓の種類から費用まで解説します!のサムネイル画像
    ペットと一緒に入れる永代供養墓の種類から費用まで解説します!

    最近はペットを家族の一員と考える方が増えてきました。それに伴い、ペットの埋葬の方法も変化しています。ペットと一緒に入れるお墓やペットの永代供養はこれからお墓を考える際の大切な要素となってきています。気になるペットと一緒に入れる永代供養について解説します。

  • ペットのお墓の値段ってどれくらいなの?相場や注意点についても紹介のサムネイル画像
    ペットのお墓の値段ってどれくらいなの?相場や注意点についても紹介

    ペットの長寿化に合わせてペットの終活が話題です。ペットの終活ではお墓について考えることが大きな位置を占めています。今回はペットのお墓について値段の相場を中心に解説いたします。値段だけでなくお墓選びの注意点もご説明いたします。ペットの終活に役立つお墓の情報です。

  • ペットの永代供養にかかる費用がどれくらいか徹底解説!のサムネイル画像
    ペットの永代供養にかかる費用がどれくらいか徹底解説!

    大切なペットに万一のことがあった場合にペットの永代供養を選択する方が増えています。ペットのお墓について考えることも終活の一環です。今回はペットの永代供養にかかる費用について詳しく解説します。個別のお墓や合同墓など、埋葬方法によって異なる費用の相場がわかります。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事