お墓と仏壇はどう違う?両方必要?相続は?

お墓と仏壇はどう違う?両方必要?相続は?

皆さんの周囲にはお墓と仏壇両方ございますか?またこれからの備えとして、お墓と仏壇を準備されようとしている方はいらっしゃいませんか?お墓と仏壇は両方必要なのか、相続すべきなのか皆さんの疑問にお答えします。

最終更新日: 2020年02月28日

お墓と仏壇どちらも必要な意味は何?

仏壇

故人が供養されている身近な場所と言えば「どこ」を思い浮かべますか?
恐らく、お墓と仏壇と答えられる方が多いのではないでしょうか。

しかし、近年の核家族化が進む中で、特に都市部ではお墓も仏壇も持たない家庭が一般的になっています。

先祖代々のお墓や仏壇をもっているから安心。
そんな風に思っている方も、お子様やご兄弟がこれからもお墓を絶対に継いでくれるという保証はありません。
現在、自分や大切な方が入る予定のお墓や仏壇がない方は一層悩んでしまうのではないでしょうか。

そこでお墓と仏壇、どちらも必要な理由ってなんだろう?
そんな風に考えたことがある方もいるでしょう。
そもそもなぜお墓とお仏壇2つも供養する場所が必要なんでしょうか

今回「終活ねっと」では、お墓と仏壇の必要性について、下記の点に注目しながら解説していきます。

  • お墓と仏壇の違い、およびそれぞれの重要性

  • 「相続」できないお墓と仏壇

  • 閉眼供養(へいがんくよう)すべきお墓と仏壇

  • 承継や相続のあり方

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

供養方法が多様化している現在、お墓と仏壇その両方の持つ意味について解説していきたいと思います。

これから先必ず考えることが必要になる、大切な人の供養方法について考えるきっかけになると思いますので、ぜひ最後までお読みください。

お墓と仏壇の違いとは

お墓

お墓と仏壇はどちらも亡くなられた方を祀り、供養する場所です。
では皆さんは、その根本的な違いについて改めて説明できるでしょうか?

ここではお墓と仏壇の違いについて解説したいと思います。
お墓と仏壇の違いとは一体何なのでしょうか?

納める対象物の違い

お墓にせよ仏壇・位牌にせよ、故人が祀られていることに違いはありません。
しかし、各々で納められる「形」が異なるのです。

お墓

寺院にある墓地や霊園など、基本的に屋外にあるお墓には故人の遺骨が埋葬されています。
では、お墓に魂はないのかというとそうではなく、お墓を完成させる際に開眼法要というものを行い、魂をお墓に入れます。

現在の一般的に普及しているお墓では、通常火葬された遺骨が骨壺に入れられ、お墓の納骨棺に納められています。
遺骨をお墓に納める理由としては、昔から伝え続けられているように「人は亡くなったら自然に還る」ことを実践する形で、遺骨は自然に近い屋外のお墓に埋葬されるのだとされています。
現在では屋内墓地など様々な形式のお墓がでてきましたが、本来は自然に還すために屋外のお墓にいれるのですね。

また、墓地や霊園などではお墓を管理する場所のルールに則らなければなりませんが、お墓を管理できる場所によっては副葬品(ふくそうひん)という故人の遺品をお墓に一緒に納めることができる場合があります。

仏壇と位牌

仏壇や位牌の中にはお墓の場合と同じく故人の魂が入っているとされています。
しかし、仏壇の場合は故人の魂だけでなく、ご本尊様を祀っています。
というより、仏壇は本来、ご本尊様を祀る意味合いの方が大きいです。

ご本尊様とは寺院などで祀られていて、各々の宗派の中で信仰の対象となる方になります。
例えば曹洞宗のご本尊様は釈迦如来です。
そして、仏壇へ位牌を納めるという行為は、仏教的には故人が仏の弟子になるということを表しています。

「成仏してほしい」という言葉の通り、「故人が仏に成る」ために現世では仏壇に位牌を納めるのです。
お墓との違いは、ご遺骨が納められているかどうか、ご本尊様を祀っているかどうかという点にあります。

故人(仏様)との距離の違い

葬儀が行われる際には、自分と故人との関係性を改めて見つめなおし、故人について考えるきっかけになるのではないでしょうか?

葬儀だけでなく、お墓に参拝に行った際、または位牌がある仏壇に向かって手を合わせるときにも、同じような感覚になることがあるかもしれません。

ここで、お墓に参拝に行くことと、仏壇で供養をするということ、それぞれにおいての故人との距離について考えていきたいと思います。

お墓

故人を偲んで供養するためには、自宅から場所が遠いにしろ近いにしろお墓まで行くには多少の時間がかかることがほとんどでしょう。
お墓には、「わざわざ」行くのでしょうか、それとも「好んで」行くのでしょうか。

毎日お墓に行く方はほとんどいないと思いますが、お盆や命日などにお墓にお参りに行くことは、故人を思い出す節目になります。

よって、お墓は故人を思い出すための場所であると言えるでしょう。

仏壇と位牌

一方、お家にある仏壇と位牌はどうでしょうか。

既に自宅に仏壇がある方は、仏壇に手を合わせたり線香をあげることが日常的になっていませんか?
または、お水やご飯など、お供え物を日ごと変えるなどしていらっしゃるのではないでしょうか。

こうした仏壇に向かってする行為をすることで、故人の存在が非常に身近に感じることができます。

仏教的に位牌は故人そのものであると解釈されていますので、仏壇への供養は、日常の中で故人の存在を強く意識することが出来ると言えるでしょう。

お墓と仏壇へどんなものをお供えすべき?

お墓と仏壇の違いについてお話しましたが、お墓と仏壇にはどんなものをお供えすべきなのでしょうか?

基本的には故人の好きだった花や食べ物をお供えするのが好ましいです。
しかし、外にあるお墓へのお供えは、お参りにいったらそのまま持ち帰るようにしましょう。

また、季節によっては暑さで食べ物等のお供え物がすぐにダメになってしまう場合も多いです。
気温や場所のことも考えてお供えものを考えましょう

「終活ねっと」では、お墓のお供えものについて詳しく解説した記事もご用意しておりますので、ぜひあわせてご覧ください。

お墓と仏壇にかかる費用とは?

お墓を一基建てる費用は、お墓のそのものだけでなく墓地や手続きにもかかります。
お墓の建立にかかる費用は、地区やお墓の大きさなどによっても変わりますが、だいたい145万円~205万円程度とされています。

一方で、仏壇にはそのものの費用に設置の金額まで含まれることが多いです。
仏壇にはさまざまなタイプがあり、それによって値段が大幅に異なります。

例えばミニサイズの仏壇は2万円前後であるのに対して、素材にこだわり、一流とされる職人さんが作成した本格的な仏壇は500万円以上することも珍しくはありません。
このように、ものによって値段は変わりますが、一般的なタイプである唐木仏壇の仏壇は、だいたい70万円~100万円程とされています。

「終活ねっと」では、位牌の購入・相談を承っております。
メーカー様より位牌を直接仕入れているため、スピーディーかつ手ごろな価格での販売が可能です。
位牌の購入をご検討中の方、位牌についてなにか疑問がある方は、下記のリンクから気軽にご相談ください。

どちらに重きを置くべきか

これまで、お墓と仏壇の違いについてご説明しました。
では、お墓と仏壇どちらがの方が重要で、どちらを大切にしたらいいのでしょうか。

結論から言えば、どちらが大切かの優劣はありません。

経済的側面で一般的に考えれば、お墓を建てる方が費用がかかりますし、仏壇は比較的安価で済みます。
しかし、お墓も仏壇どちらに関しても重要なのは、供養したいと思う気持ちです。

お墓や仏壇を建てることに経済的負担を感じる場合には、自分の生活が苦しくなってまでも設けるべきか、故人が何を望んでいるのか考えてはいかがでしょうか。

答えは人によって違います。
ご自分と故人の関係や経済状況などを踏まえて、どんな供養方法を選ぶか考えましょう。

お墓と仏壇の相続とは

ご両親や配偶者の死後に「遺産相続」が行われるかと思います。
そんな時に、どんなものを相続するのかご存知でしょうか?

例えば親御さんが亡くなられた後、相続の権利がある配偶者や子は、遺産として家屋や土地などの不動産、貯蓄や株券など現金となるもの、また車などの動産も相続の対象になります。
これらのものは、当然相続税の課税対象となります。

一方で、お墓や仏壇は相続というカテゴリーで継承されるものではありません。

お墓は、「承継する(引き継ぐ)」ものであることをまずご留意下さい。
詳しく言うと、お墓や仏壇は民法で「祭祀財産(さいしざいさん)」という所有権を承継するものと定められています。
祭祀財産には相続税はかかりません。

では、もしあなたが承継者となった際に相続することが難しい場合にはどうすれば良いのでしょうか。

お墓の相続ができない場合

お墓

様々な理由によりどうしてもお墓の相続ができない場合には、近年新たなお墓の在り方として普及しつつある永代供養をお願いするという方法があります。

寺院や霊園などに永代(半永久的に)に渡って代理で供養をしてもらうことを、永代供養と言います。
永代供養すると、個人のお墓は無くなり、共同墓地などで遺骨が管理されます

この時、永代供養代を支払った永代供養者の権利というものは、相続の対象とはなりません。
一度永代供養をしてしまえば、お墓の相続について悩むことはなくなるでしょう。

しかし、永代供養で一度お墓を取り壊してしまうと、あなた本人やお子様の入るお墓を一から探す手間やそれ以外にもいくつかのデメリットが生じます。

「終活ねっと」では永代供養について詳しく解説した記事もありますので、ぜひ以下の記事をご覧ください。

仏壇を相続できない場合

さて、では仏壇の相続はどうでしょうか。

先に述べたように、仏壇も祭祀財産に当たるので、民法の規定により相続は出来ません。
ご家庭にある仏壇は、購入した方が亡くなられたとしても、常にあるものとして引き続き丁寧に祀っておくのが一番良い手段と言えるかもしれません。

しかし、様々な事情で承継者がいなくなる場合には、仏壇を処分しなければいけません。

そんなときには、

  • お焚き上げ(おたきあげ)

  • 仏具店等での処分、引き取り

この2つの方法で仏壇を処分してもらうことができます。
順に見ていきましょう。

寺社・霊園でのお焚き上げ

お焚き上げという仏教行事をご存知でしょうか。
これは、寺院や霊園で仏壇を燃やして供養し、処分してもらうことを指します。
故人が傾倒していた宗派や、お世話になった寺院がある場合にはその寺院や霊園でお焚き上げをしてもらうのが良いでしょう。

お焚き上げは、一般的には各寺院や葬儀社などを通して料金を支払い供養してもらわなければなりません。
また、多くの場合は仏壇をご自身で直接寺院や霊園まで持ち込む必要があります。

供養費は、寺院、仏壇の大きさや遺品の種類や多さによって大きく異なりますので、はっきりと料金の相場を申し上げることはできません。
直接寺院に確認することをおすすめします。

仏具店での処分

寺院でのお焚き上げをする場合、多くは自分で仏壇を持ち込んでお焚き上げをしてもらいます。

一方で、仏具店では家まで引き取りをし、代理で寺院などまで持ち込んでだ上でお焚き上げ供養をしてくれる場合がほとんどです。

費用は、仏壇の大きさや種類、持ち込むか引き取るかで異なりますが、2万円~8万円程度と言われています。

お墓も仏壇も”閉眼供養”を行うべき

開眼供養という言葉はご存知でしょうか?
お墓や仏壇に、個人の魂を入れるための仏教行為の一つです。

つまり、お墓や仏壇には故人の魂が必ず入ってるために、お墓や仏壇を処分する際には必ず開眼供養の反対となる閉眼供養を行わなくてはなりません。

閉眼供養とは

閉眼供養とは、お墓や仏壇から魂を抜く供養のことを指します。

お墓や仏壇などの祭祀財産を様々な理由から処分しなければならない時には、魂をお墓や仏壇から貫く供養をするために、お坊さんに読経してもらい閉眼供養をしましょう。

なおこの時の費用ですが、一般的なお布施と同じく3万円~5万円かかります。

閉眼供養についてより詳しく知りたい方は、「終活ねっと」の以下の記事をご参照ください。

供養がきちんとできる相続を

お墓

自分に万が一があった時の備えは万全でしょうか?
また、その時が来た後、配偶者の方あるいはお子様に相続する遺産の内容は把握していますか?

財産にしろ祭祀財産にせよ、遺産相続は大変手間がかかるものです。
これまで述べてきたように、お墓や仏壇の祭祀財産は一般的な相続とは違い、負担になる場合もあります。

供養も相続も、末代まで続くものとは限りません。
事前に誰が相続、あるいは承継するのか決めておくことが、最もご遺族のためになる相続準備なのかもしれません。

「終活ねっと」には相続に関する無料ご相談窓口があります。
提携している相続診断士やファイナンシャルプランナーがご相談を伺います。
ご相談は初回無料ですので、些細な疑問でも下記のリンクから気軽にご相談ください。

お墓と仏壇の意味と相続まとめ

今回、「終活ねっと」ではお墓と仏壇の意味と相続について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

お話した内容をまとめると以下のようになります。

  • お墓は遺骨を埋葬し節目節目に参拝する場所で、仏壇は故人が宿る位牌を祀りより身近に感じる溜めの場所

  • お墓も仏壇も祭祀財産であり、相続するのではなく承継するもの

  • お墓をやめるときや仏壇を処分するときは、閉眼供養をすべきだということ

  • 後世に正しい供養を行ってもらうためにも、然るべき相続や承継の準備が必要だということ

以上4点に注目しながら解説してきました。

お墓や仏壇は、故人やご先祖様の供養のための場所ですが、相続という点ではなかなか難しい問題が絡むこともあります。
お墓や仏壇について考えることは、故人を悼む方法を考えると共に、自分に万が一があったときのことも考えるきっかけにもなるでしょう。

「終活ねっと」では、お墓や仏壇についての関連する記事をほかにもご用意しておりますので、興味のある方はぜひご覧になってください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • お墓は必要なし?ない場合の供養方法は?|墓じまい・費用・遺骨のサムネイル画像
    お墓は必要なし?ない場合の供養方法は?|墓じまい・費用・遺骨

    お墓を持たないということについて考えたことはありますか?お墓の後継者がいなかったりしてお墓を必要なしとする人が増えているそうです。しかしお墓を持たない場合、供養などはどうすれば良いのでしょうか?そこで今回は、お墓なしの場合の供養について調査してみました。

  • 永代供養にしたら「仏壇・位牌」はどうする?|処分方法・手続きのサムネイル画像
    永代供養にしたら「仏壇・位牌」はどうする?|処分方法・手続き

    お墓の管理や維持が難しくなり、永代供養を選択する家が増えました。その場合仏壇や位牌はどうするべきなのでしょうか。また永代供養してしまえば家で供養することはできないのでしょうか?永代供養後の仏壇や位牌の取扱から供養方法についてまとめてみました。

  • 永代供養にしたけど、仏壇や位牌はどうすべき?処分にかかる費用は?のサムネイル画像
    永代供養にしたけど、仏壇や位牌はどうすべき?処分にかかる費用は?

    様々な理由から永代供養を選択した場合、お墓の問題が解決しても自宅にある仏壇や位牌の問題は残っていますよね。そこで今回は、実際に永代供養にした後、仏壇や位牌はどのようにしていけばいいのかという事を詳しくご紹介します。

  • 永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像
    永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

    近年、少子化や核家族化が進み、承継者がいない墓が多くなりました。将来墓参りをする人がいなくなっても、供養や管理をしてくれる永代供養の家族墓であれば、無縁墓になることもなく安心できますよね。今回は永代供養の家族墓について、どのような特徴があるのか解説いたします。

  • お墓がいらない場合の供養方法は?永代供養や手元供養の方法を解説!のサムネイル画像
    お墓がいらない場合の供養方法は?永代供養や手元供養の方法を解説!

    少子化や非婚化が進む流れの中、維持や管理に負担がかかるお墓はいらないと考える方が急速に増えています。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養の仕方や墓じまいの方法について解説します。お墓はいるのか?いらないのか?の決定に役立つ、知っておきたい知識です。

  • お墓・仏壇の費用の相場や、誰が費用を負担するべきか解説しますのサムネイル画像
    お墓・仏壇の費用の相場や、誰が費用を負担するべきか解説します

    お墓や仏壇を用意しなくてはいけなくなったとき、購入する前に調べてかかる費用の相場は知りたいものです。また、家族や兄弟が多い場合、誰がお墓や仏壇の費用負担をするべきか家族や親族で、もめることもあります。そんなことにならないように事前にまとめてみました。

  • お墓参りと仏壇の違いとは?お参り方法や費用も詳しく解説します!のサムネイル画像
    お墓参りと仏壇の違いとは?お参り方法や費用も詳しく解説します!

    お宅にお仏壇があるという方は多いでしょう。一方、お墓もあるという方も少なくないでしょう。さて、お墓参りとお仏壇へのお参りには違いはあるのでしょうか?一見するとご先祖様を供養することでは同じはずです。今回は、お墓参りとお仏壇へのお参りの違いについて見ていきます。

  • お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像
    お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

    お墓の相続はどうしたらよいのでしょうか。 お墓の相続については、手続きや内容が複雑でどこからどのように手をつけたらよいのかと、悩まれる方も多いと思います。 お墓の相続について、お墓の相続権は誰にあるのか、手続き・費用から相続放棄までの全てを分かりやすく解説します。

  • お墓と仏壇に関するよくある疑問をまとめてご紹介します!のサムネイル画像
    お墓と仏壇に関するよくある疑問をまとめてご紹介します!

    「お墓と仏壇の違い」説明できますか?意外と知られていないお墓と仏壇の違い。違いがわかればお墓と仏壇、どちらが自分に合っているかが分かります。その他にも、費用や相続についてなど、お墓や仏壇に関するよくある疑問についてお答えしていきます。

  • 墓じまい後の仏壇の処分はどうしたらいいの?処分方法や費用を紹介!のサムネイル画像
    墓じまい後の仏壇の処分はどうしたらいいの?処分方法や費用を紹介!

    ライフスタイルの変化に伴い、墓じまいや改葬をする人が増えています。仏壇の処分方法や費用を知らないまま、墓じまいに踏切ることはできませんよね。仏壇を処分し改葬するにあたり、後ろめたさを感じることのない仏壇の処分方法と処分費用をご紹介します。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事