お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

ご先祖様の供養のために行うお墓参り。お墓参りは、1年でどのくらい行くのが良いのでしょうか。今回はお墓参りの回数について、どのくらいの回数行くが良いのか、そしてお墓参りのマナーについてもまとめてみました。

最終更新日: 2020年02月11日

お墓参り、どれくらいの回数いくのが正解?

お墓参りをされたことはみなさんあると思います。
しかし、お墓参りはどのくらいの頻度で行くのが良いのでしょうか?
忙しい毎日の中で、なかなかお墓参りに行くことができないという人は多いと思いますが、行けないことに負い目を感じている人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、お墓参りの回数をはじめ、

  • お墓参りをする理由

  • お墓参りに行くべき時期

  • お墓参りに適した服装

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

お墓参りの頻度に関して詳しく知りたい方のためにあらゆる情報を集め解説しています。

お時間がない方でも、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。

ぜひ最後までお読みいただけると幸いです。

お墓参りをする理由

お墓

お墓参りの回数について考える前に、まずはどのような気持ちでお墓参りに行っているのか考えなければいけません。
ここでは、お墓参りをする理由を整理してみたいと思います。

故人を偲ぶ気持ち

亡くなった後お墓に誰も訪ねてこないと、ご先祖様はとても寂しく思います。
そのため、家族がお墓参りをしてご先祖様に会いに行くのです。

またお墓参りに行くと、亡くなった故人のことを思い出します。
この故人を偲ぶということが、お墓参りでは大切なのです。

無事の挨拶・相談

そしてお墓参りは、故人に挨拶をしたり報告をしたりする時にも行います。
家族の誰かが結婚したり、子どもが生まれたりなど嬉しい報告をしに行く人もいます。

また新年の挨拶に、そしてなにか話したいことがあった時、相談したい時に行くという人もいるようです。

墓石の掃除・維持

お墓参りをする理由として一番多いのは、お墓の掃除でしょう。
一般的に屋外にあるお墓は、雨風にさらされています。

そのため掃除をしないと雑草が生えたり、お墓にコケが生えたりなどで、お墓が劣化してしまうのです。

お墓は手入れをしないとどんどん劣化してしまいます。
お墓は代々引き継いでいかなければならないものなので、お墓を維持するためには定期的に手入れしなければなりません。

世間で言われるお墓参りの時期

お墓

基本的にお墓参りにいつ行くかというのは自由です。
もちろん毎日行っても問題ありません。

しかし一般的に、お墓参りをする時期というものが存在します。
ここでは、一般的にお墓参りに行ったほうがいいとされているタイミングをご紹介します。

お彼岸(春・秋)

太陽が真東から上がって真西に沈み、昼と夜の長さが同じになる、春分の日と秋分の日のそれぞれ前後3日間の合計7日間をお彼岸といいます。
このお彼岸の時にお墓参りをする人が多いです。

理由としては、このお彼岸の時期に仏様の供養を行うと、極楽浄土に行くことができるという言い伝えがあるからです。

お盆

ご先祖様がこの世に帰ってくるといわれるお盆に、お墓参りに行く人も多いです。
お盆の期間は8月13日から16日の4日間となっています。

その4日間の中で、お墓参りをするなら13日が良いと言われています。
お盆入りの日にお墓参りに行くことは、ご先祖様を迎えに行くという意味があるからです。
もちろん13日以外の日にお墓参りをしても問題ありません。

お盆のお墓参りについてはこちらの記事をご確認ください。

年末

年末にお墓参りをし、今年一年無事に過ごすことができましたと報告するためにお墓参りをする人もいます。
年末に行けなかった人は、年始でも構いません。

年始に今年も頑張りますと抱負を伝えても良いでしょう。

命日(月命日)

故人が亡くなった命日にお墓参りをする人もいます。
月命日にお墓参りに行くことを習慣にしている人もいるでしょう。
月命日のたびにお墓参りをするという人は、回数が多くなります。

夏場は墓掃除(雑草処理)のためにも

夏になると雑草が生えるスピードが速くなるので、お墓参りに行きましょう。
草むしりに行く回数は自由ですが、最低でも夏の間に1回は行きましょう。

行く回数が少ないと、その分1回の草むしりが大変になります。
しかし行く回数が多ければ、草むしりは毎回少しで終わるのです。
昼間は暑いので、夏のお墓参りは早朝または夕方など、涼しくなってから行くのがおすすめです。

墓参りが負担になってはいけない

お墓

お墓参りに行くタイミングとして、秋と春のお彼岸、お盆、年末や年始などを挙げました。

しかし、中にはお墓が遠くにある場合や忙しくてなかなかお墓参りができない人もいるでしょう。
お墓参りをすることはとても大切なことですが、それが負担になってしまってはいけません。
ご先祖様も、負担になってまでお墓参りをしてほしくないと思います。

墓参りの回数に正解はない

お墓参りに行く回数は、何回行くのが正解というのはありません。
大切なのは、回数ではないのです。
回数よりも、故人を思う気持ちが大切です。

年に1回しか行けないという人もいるかもしれません。
しかしそれでも何ら問題ありません。

場所・時間を考慮したお墓参り

お墓参りに行く場合、気になるのは行く時間です。
多くの人は午前中にお墓参りに行くケースが多いようです。
しかし、とくにお墓参りの時間は決まっているわけではありません。
都合のいい時間にお墓参りをしましょう。

遠方ならば実家でできる供養を

もしお墓が遠方にあり、お墓参りに行く回数が少ないといった場合は、お家に仏壇があれば仏壇にお参りするという手もあります。

また、故人のことを思い手を合わすということでもよいでしょう。
故人を偲ぶ気持ちがなによりも大切なのです。

墓参り代行という選択

墓参りを代わりに行ってくれる代行業者があります。
お墓の掃除をしてくれることはもちろん、代わりに線香をあげて供養も行ってくれます。
お墓が遠いところにあって、お墓参りになかなか行くことができない人におすすめのサービスです。

また代行業者にお墓参りを頼むとプロによる掃除も行ってくれます。
自分ではできないような掃除をしてくれるので、近くの人も一度頼んでみていいかもしれません。

お墓参りのマナー

お墓

では最後に、お墓参りを行う上でのマナーについて紹介していきます。

お墓参りの服装は?

お墓参りの際の服装について特に決まりはありません。

しかし、お彼岸やお盆などで親戚みんなでお墓参りに行く時には、ブラックフォーマルくらいは着ておいた方がよいでしょう。
喪服を着るまでは必要ありません。

女性は動きやすいパンツスーツがおすすめです。
露出が多い服やミニスカートなどは控えるようにして下さい。
また墓地は歩きにくいので、ヒールのある靴も控えた方がいいでしょう。

霊園の場合、関係者に挨拶を

お墓が霊園や寺院にある場合、きちんと関係者に挨拶しておくようにしましょう。
挨拶はお墓参りの前に行うことが礼儀です。

しかし取り込んでいる場合は後でも構いません。
その時はきちんと、「取り込んでいるようでしたので」と後で伝えておきましょう。

お墓参りの際には必ずお墓掃除を

お参りの前には、きちんとお墓の掃除をしましょう。
雑巾などで墓石を拭き、雑草が生えていれば抜きます。
掃除をして綺麗になってからお花を花立に立てるようにしましょう。
そしてその後、線香を立てお参りしていきます。

お墓参りの時の掃除の仕方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

お墓参りのあれこれについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

お供え物は持ち帰るのがマナー

お墓参りの際に、お供え物をすることがあるかと思います。

しかし食べ物をお供えする時は、よく注意して下さい。
お供えしたものをそのままにしておくと、カラスや猫に荒らされてせっかくきれいにしたお墓が汚れてしまうかもしれません。
お供え物は、持ち帰るのがマナーとなっています。

持ち帰った食べ物は、家に帰って食べても問題ありません。
しかし仏壇に供えなおすことは、失礼になるのでやめましょう。

墓参りの回数についてまとめ

  • 一般的にはお彼岸、お盆、年末、命日などの節目にお墓参りをする

  • 墓参りの回数に正解はなく、故人をしっかりと偲ぶ気持ちこそが大切

今回はお墓参りについて、またお墓参りの回数についてまとめてみました。

回数は多ければいいというものではありません。

回数は少なくても、故人を偲ぶ気持ちを持ってしっかりお参りすればそれでいいのです。
「お墓参りに行けない…」と自分を責める必要はまったくありません。

また、たまに故人を偲んで手を合わせてみてはどうでしょう。
これも立派な供養になると思います。

お墓をお探しの方は
「DMMのお墓探し」で

DMMのお墓探しでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。のサムネイル画像
    お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。

    お盆にはご先祖様が帰ってくるといわれています。ご先祖様を迎えに行く、また会いに行く意味でもお盆にはお墓参りに行きましょう。今回はお盆にぜひ行って欲しいお墓参りについて紹介していきます。

  • お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説のサムネイル画像
    お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説

    お墓参りのマナーはどれくらいご存知でしょうか。自分では身に付いていると思っていても、意外と間違って覚えていたり、まだ知らないマナーがあったりするかもしれません。今回はお墓参りのマナーについて、詳しく解説していきます。

  • お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒にのサムネイル画像
    お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒に

    お墓参りに行くべき日に、どうしても行けない場合がある…そんな時も多いはずです。お墓参りに行かない場合でも、大事なのはご先祖様に感謝する気持ちです。この記事では、お墓参りに行かない場合にできる対処法をご紹介します。

  • 年末にお墓参りに行っても大丈夫?避けるべき日はあるの?のサムネイル画像
    年末にお墓参りに行っても大丈夫?避けるべき日はあるの?

    年末には1年の無事の感謝を込めてお墓参りをし、お墓をきれいに掃除して新年を迎えたいものです。しかし、年末にお墓参りをするものではないという説もあります。本当のところはどうなのでしょうか。それでは詳しくご紹介します。

  • 朝行く?それとも午後?お墓参りの時間について解説しますのサムネイル画像
    朝行く?それとも午後?お墓参りの時間について解説します

    お墓参りに行く時間は決まっているのでしょうか?お墓参りには、行ってはいけない時間帯というものがあるのでしょうか?朝の早い時間や夜はどうなのでしょう?そこでこの記事ではお墓参りの時間について解説しますのでぜひ参考にしてください。

  • お墓参りの頻度はどのくらい?回数や時期について解説しますのサムネイル画像
    お墓参りの頻度はどのくらい?回数や時期について解説します

    皆さんはお墓参りにはどのくらいの頻度で行かれていますか?お墓参りには決まった回数や時期というものがあるのでしょうか?そこでお墓参りはどのくらいの頻度で行くべきなのか、回数や時間帯について解説します。お墓参りのマナーを覚えて、故人やご先祖様に会いに行きましょう。

  • 午後にお墓参りするのはマナー違反?お墓参りに適切な時間帯とは?のサムネイル画像
    午後にお墓参りするのはマナー違反?お墓参りに適切な時間帯とは?

    「午後にお墓参りをすると霊がつく」などということを聞いたことがありませんか。一般的にお墓参りは午前中にするのがよいとされているようです。では、午後にお墓参りをするのはダメなのでしょうか。ここではお墓参りの時間についての疑問にお答えさせていただきます。

  • お墓参りっていつ行くの?お墓参りの時間について解説します!のサムネイル画像
    お墓参りっていつ行くの?お墓参りの時間について解説します!

    お墓参りに行く時間はいつ行くのが正しいのでしょうか?それとも好きに時に不意に行ってもいいものなのでしょうか?そんな疑問を感じたことはありませんか?そこでお墓参りに行く時間帯について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?のサムネイル画像
    お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?

    お墓参りはいつ行けばいいの? そう聞かれると、お盆・年末年始・お彼岸・命日が思い浮かびます。 では、それぞれの時期の中でいつ行けば良いのでしょうか? お墓参りに関する色々な情報を交えて、いつお墓参りに行くべきかを解説したいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。

  • お盆のお墓参りにはいつ行くべき?行く時間や頻度は?のサムネイル画像
    お盆のお墓参りにはいつ行くべき?行く時間や頻度は?

    お盆のお墓参りへは、いつ行けば良いの?「そもそもお盆とはいつ?」という基本的な疑問から、お墓参りの際に役立つ様々な情報まで、お盆のお墓参りに関することを1つずつ解説していきます。お盆の時期に慌てる事がないように、ぜひ最後までご覧ください。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事