「榊」をお墓に供えて良いのか?お墓に供える植物について

「榊」をお墓に供えて良いのか?お墓に供える植物について

お墓にはお花を供えますよね。では「榊(さかき)」はお墓に供えるものなのでしょうか?仏式と神式でなにか違いはあるのでしょうか?仏式の場合も榊を供えても良いのでしょうか?そんな「榊」について今回は調査してみました。

最終更新日: 2020年12月17日

「榊」ってお墓に供えるものなの?

お墓

お墓参りに行くとき、お墓にお花を供えますよね。
でもその際、お花の種類に決まりごとはあるか気になりませんか?

季節によって咲く花は違うけど、どれでもいいの?
緑色が美しい「榊」は供えても大丈夫?

など疑問に感じたことがある方が多いのではないかと思われます。
今回、「終活ねっと」では、お墓に榊をお供えすることについて、以下の事柄を中心に解説していきます。

  • 榊が仏式のお墓に供えられるのか

  • 神式と仏式ではどう違うのか

  • 榊の種類について

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。

ぜひ最後までお読みください。

神式のお墓では「榊」は定番

榊という植物は、木ヘンに神と書きます。

文字通り、神様に捧げる枝ということで、神事や神式のお墓では定番となっています。
生垣にもよく使われている常緑樹で、花屋でもスーパーでも菊や仏花の近くに置いてあります。

費用は、造花の榊で1000円前後で生榊で2000円前後です。

どちらかというとやはり国内産の方が日持ちするそうです。

元々は神話で神のいる場所に榊を立てたというお話から、神事には榊を使うようになりました。
しかし、昔は榊の無い地域では、椿や楠木、杉や松の枝などで代用していたようです。

現在では流通網も良くなり、輸入品も入るようになったので、榊が生息しない地域でも簡単に手に入るようになりました。

「終活ねっと」では他にも終活やお墓などの記事を掲載しております。
神棚に榊をお供えする場合については、ぜひ以下の記事をご参照ください。

仏式のお墓で榊を供えても良いのか

神式のお墓では榊は定番ですが、仏式の場合はどうなるのでしょう?

定番は「仏花」

仏式の場合は定番は仏花です。

仏花とは仏壇やお墓に供える花のことです。
花屋やスーパーでは数種類の花がバランス良く束ねられて売っています。

大体、一束500円前後のところが多いです。
花屋さんなら、値段によって好きなものを入れて束を作ってくれるところもあります。

自分で好きな花をバラバラに買ってお墓に供えても大丈夫です。

お墓

仏花の定義

仏花とは、仏教において重要なお供え物です。
花は自然の中である命の尊さと、枯れてしまう命のはかなさを示すものとして供えられます。

基本的には生花を使います。
手前側に向けて供えるのは理由があるそうです。

仏様から命の尊さを教えてくださり、慈悲の心で礼拝する私たちを楽しませて頂いているということから来ています。

お花は枯らさないようにしましょう。
最近ではお墓参りにマメに行けないからと造花を使う方も増えています。

しかし、命日や彼岸、お盆、正月には生花をお供えするのが望ましいです。

供える植物に規定はない

仏花で使われる花は菊がほとんどです。
これは日持ちがすることと、浄土に咲いている花が菊だと言われていることからだそうです。

しかし、特に規定はありません。
季節によって花の種類は変わりますし、基本的には派手な色を使うと良いとされています。

形は三角形になるようにすればきれいに見えます。

仏壇の場合は、大きな花だったり花を多く入れると倒れてしまうことがあります。
なので、仏壇ではバランスよく供えましょう。

お墓の場合は、遠くからでもきれいに見えるように大きく派手なものを供えてもいいですね。

バラの花はNGとされている

仏花は特に決まりはないのですが、バラやアザミのようなとげのある花はNGとされています。
また、匂いのきついものもあまり向いていません。

お墓がたくさん並んでいるようなところでは、匂いのきついものを供えると近くのお墓の人が嫌がることがあるからです。

また、アサガオのようなつる草は、花瓶にうまく入らなくて倒れてしまうので仏花には不向きですね。

故人の好きな花なら何でもOK

しかし、故人がバラの花が好きだったのならぜひ供えてあげたいですよね。

基本的には仏花は桜であろうがひまわりであろうが何でも構いません。

特に故人が好きだった花を供えてあげるのが一番の供養になることでしょう。

榊を供えても問題はない

神事の時の定番の榊ですが、仏花として使っても問題はありません。
しかし、本榊はやはり神事の時に使うものですから、なるべくヒサカキを使うようにしましょう。

榊は常緑樹で、一年中グリーンの葉が美しいですね。

カラフルな仏花の中に、グリーンの榊を入れると引き締まったようになり、花の美しさを引き立たせてくれます。

榊=神式の物とは考えず、普通の花の一種として使っても構いません。

地域によっては榊の一種を仏式で供える所も

榊は関東より南の比較的温暖な気候で育ちます。
関東より北の方では類似種である「ヒサカキ」を使うところもあります。

ヒサカキは仏壇や仏式のお墓に供える植物です。
寒い地方では冬場には色花が少なくなるため、常緑種のヒサカキを仏花の代用品として使ってきました。

現在は北の地方でも色花が手に入りますが、昔からの風習でヒサカキを供えているところもあります。

不安ならば墓地管理者への確認を

基本的には榊もヒサカキも仏花としてお墓にお供えしても良いです。
しかし、お寺の中にあるお墓などでは、仏花についても決まりごとがある場合もあります。

不安に思ったなら墓地管理者にたずねるようにしましょう。

「榊」の種類

困った人々

榊という植物は、古くから神事に使われていました。

先のとがった葉は神が降りる目印になると言われており、若松など様々な植物が神事や神棚に供える時に用いられていました。

近年では身近にあり先が尖った常緑樹である榊を使うことが定着しました。

榊には数種類ありますが、現代の日本では「本榊」か「ヒサカキ」のどちらかを用いるところがほとんどです。

本榊

榊の語源は、神と人との境い目にあるということから「境木」と呼ばれるようになった説があります。

または常緑樹で一年中みずみずしい葉を茂らせることから「繁木(サカキ)」と呼ばれるようになったという説もあります。

関東から南の山間などに自生しており、葉が大きく先がとがっていて緑色も濃く、神社や神棚にお供えする時の定番となっています。

ヒサカキ

関東から北の方では本榊は育ちにくいため、代用品としてヒサカキを使うところが多いです。

名前の由来は、本榊に比べて葉が小さいことから「姫榊」あるいは、本榊とは違うものという意味で「非榊」からついたと言われています。

ヒサカキは本榊に比べて葉が小さく、葉の周りがギザギザしていて香りが強いです。
本榊よりは少し葉が薄く、光沢のある緑色になっています。

ヒサカキは仏壇にも供えられる植物であると言われています。

地域によって違う「榊」の呼ばれ方

榊はヒサカキと分けるために「本榊」あるいは「真榊」と呼ばれることもあります。
でも関東から南の地方では「サカキ」といえば本榊のことを指します。

ヒサカキは地域によって「シャシャキ」や「シャカキ」、「栄柴(サカシバ)」「ビシャコ」などと呼ばれることもあります。

本榊は神棚に、ヒサカキは仏壇に供えるものと分けて考えている地域もあります。

地域によっては「サカキ」と言っても本榊のことではなく、椿や楠の枝のことを指すところもあります。

これは古来、本榊の木がない地域が代わりに使っていたころの名残だと思われます。

お墓に供える「榊」について

お墓

いかがでしたか?
今回、「終活ねっと」ではお墓に供える榊について以下のことを解説してきました。

  • 神式では基本的に榊を供える。

  • 仏式の場合は仏花が基本だが、榊を供えても良い。

  • 地域によってはヒサカキを用いるところもある。

榊というものは神式の時に使われるものというイメージが強いですが、仏式の時に使っても何も問題ありません。
一つのきれいな植物として、他の花と共にお墓に供えて故人の冥福を祈りましょう。

「終活ねっと」では他にも終活やお墓に関する記事を多数掲載しております。
下の記事もぜひ、あわせてお読みください。

お墓をお探しの方は
「DMMのお墓探し」で

DMMのお墓探しでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花のサムネイル画像
    墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花

    お墓参りに欠かせないものは墓花ですよね。実は最近墓花として造花を持参する人が増えているってご存知でしたか?造花でもOKなら長い期間キレイなままでお供え出来て便利ですよね。仏花よりも自由性の高い墓花、知らないマナーや人気の増加をまとめてみました。

  • 供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょうのサムネイル画像
    供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょう

    お彼岸やお盆など、私たちがお墓参りに行く機会は年に何度かあります。お墓が近くにある場合、季節の行事以外でもお墓参りをする事は意外と多いかもしれません。そしてお墓参りの時にはお花をお供えしますが、お供えするお花には何か決まりのようなものがあるのでしょうか?

  • お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像
    お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

    お墓参りにはさまざまなマナーがあります。お供えするお花もその一つです。今回は恥をかかないためにお墓参りにお供えするお花について基本的なことを紹介していきます。

  • お墓参りの花の選び方とは?花選びのタブーについても紹介します!のサムネイル画像
    お墓参りの花の選び方とは?花選びのタブーについても紹介します!

    亡くなった方やご先祖様を供養するお墓参り。墓前には気持ちを込めて、一対のお花をお供えしましょう。とはいえ、お供え花にどのような花を選べば良いのか分からない方も多いと思います。そこで今回は、お墓参りの際のお花の選び方やタブーなお花について詳しく紹介していきます。

  • お墓参りに持っていくべき花束は?値段・種類と気を付けるべきマナーのサムネイル画像
    お墓参りに持っていくべき花束は?値段・種類と気を付けるべきマナー

    お墓参りに行く際に仏花をお供えするのは定番ですよね。でも、他の種類の花束をお供えしようと思ったとき、どんな花を選んだらいいのか不安な方も多いはず。お墓参りで花束をお供えする際の、花の選び方からマナーまでをまとめました。

  • お墓にお供えする花はなんと呼ぶ?献花・供花・仏花の違いとは?のサムネイル画像
    お墓にお供えする花はなんと呼ぶ?献花・供花・仏花の違いとは?

    終活をしていると特にお墓のことについて考える必要が出てくると思います。中でもわかりにくいのがお墓に供えるお花の呼び名です。献花や供花、仏花などお花の呼び方は難しく知らない方もいるのでは?今回、「終活ねっと」では献花や仏花などのお花の呼び方について解説します。

  • お墓に供える花は何がいい?|仏花・種類・選び方・おすすめ・注意点のサムネイル画像
    お墓に供える花は何がいい?|仏花・種類・選び方・おすすめ・注意点

    お墓参りの時にはお花を持って行かれる方も多いですよね?ではお花はどのようにして選んでいますか?季節によって種類も変わってきますが、お墓にお供えするお花に決まりやマナーがあるのでしょうか?そこで今回は、お墓に持って行くお花の選び方や相場などを解説します。

  • お墓参りでお供えする花は何が良い?|仏花・種類・相場のサムネイル画像
    お墓参りでお供えする花は何が良い?|仏花・種類・相場

    家族や友人を偲びお墓参りをするときには、霊園のそばの石材店や花屋で供花を購入することが多いと思います。しかし、できれば亡くなった方の愛した花を供えれば、きっと喜んでくれるに違いありません。今回はお墓参りにおすすめの花の種類やルールなどについて解説をいたします。

  • お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!のサムネイル画像
    お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!

    お盆にお墓参りに行く際、お花をお墓にお供えすることが多いのではないでしょうか。お花をお供えする際には、決まり事やお供えしてはいけないお花などがあるといわれています。今回は、お盆のお墓参りのお花についての疑問点を紹介します。

  • 墓地に供える花の選び方は?お墓参りの花に関するマナーも解説!のサムネイル画像
    墓地に供える花の選び方は?お墓参りの花に関するマナーも解説!

    墓地へのお供えものはいろいろとありますが、その中でもお花はお墓を一層華やかに見せて明るい雰囲気を醸し出す効果があります。となるとどのようなお花を選ぶのか、またそれに即したマナーをどう守るかが大切な要素です。今回は墓地に供えるお花の種類やマナーを見ていきます。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事