納骨堂へお参りしたことない人必見!最低限守るべきマナーを紹介

納骨堂へお参りしたことない人必見!最低限守るべきマナーを紹介

納骨堂へお参りするためのマナーはどんなものがあるのでしょうか。納骨堂に遺骨を安置することも一般的になってきましたが、お参りをしたことがある人はまだまだ少ないのではないでしょうか。納骨堂へお参りするマナーをご紹介します。

2020-02-12

納骨堂へのお参りにもマナーがある

納骨堂へお参りする際には、霊園やお寺などにお参りするのと同じく、守らなければならないマナーがあります。
また、納骨堂だからこそ許されていることもあります。

納骨堂だからこそ出来ることと、出来ないことを知っておくと、お参りも行きやすくなります。

  • 納骨堂での作法

  • 納骨堂でのお参りはどんな服装で行けば良いのか

  • お参りに適切な時間と期間

以上の内容を中心に納骨堂へのお参りについてご紹介します。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

納骨堂へのお参りについて理解を深めたいという方のために、納骨堂へのお参りに関する情報をまとめております。

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。

ぜひ最後までお読みください。

納骨堂での作法

納骨堂での作法は、各納骨堂によって基本的なマナーが決まっています。
室内で足元が悪い日でも行きやすいのですが、お線香をあげることが出来ない納骨堂もあります。
納骨堂でのお参りの作法をご紹介します。

お経を読む際の注意

室内で多くの方の方がお参りしているので、お経を大きい声で読み上げるのは控えめにした方がいいでしょう。
室内なので声が反響しやすいです。

お参りの持ち物

納骨堂へのお参りに必要な持ち物は数少ないです。
お墓であれば、お掃除をしてお花を供えて、お線香を焚きますが、納骨堂では掃除もされていてお花を添えることもほぼありません。
数珠やお供えを持っていくだけで、お参りをすることが出来ます。

お寺へ挨拶してから納骨堂へ向かいましょう

お寺が納骨堂を管理している場合は、お参りをする前にお寺に対してのマナーがあります。
納骨堂へお参りに行く前に、本堂へ手を合わせてから故人へお参りすることがマナーです。

お供え物

納骨堂へお参りをする時にも、お墓と同じようにお供え物をすることが出来る場合がほとんどです。
納骨堂ごとにルールが異なりますが、基本的には、持って帰ることが大原則です。
ロウソクやお線香などの物はそのままお供えしておいても問題ありませんが、生ものは帰るときに必ず持って帰ります。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
普通のお墓に参拝する際のお供えのマナーについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

ロウソクは大丈夫?

納骨堂は基本的に室内にあるためロウソクを飾ることはよくても灯すことは禁止されているところもあります。
火を灯したい場合は、電気式のロウソクを使えるようになっています。
火を灯してもいいところであっても、帰る時には、もう一度火が消えているのかを確認しましょう。

ロウソクでお供え

お墓

納骨堂へお参りに行くときにおすすめなのが、故人の好きだった食べ物を模したタイプのろうそくです。
お団子やカップラーメンなど様々なシリーズがあり、納骨堂で販売されていることもあります。
事前に用意しておきたい場合は、近くにある葬儀場で売られています。

お線香は大丈夫?

納骨堂では、火気厳禁も所によってはあります。
しかし、納骨室とはべつに、お参りをするスペースが設けられている所では、お線香をたけることもあります。

納骨堂によっては、管理費に含まれて用意されていることもありますが、故人の好みだった香りのお線香を持って行っても問題ありません。

生花に注意

お墓

お墓でのお参りの場合は、生花を持っていき、そのまま飾って帰ります。
しかし、納骨堂でのお参りで生花を持って行った場合は、帰りに必ず持ち帰ることがマナーです。
どうしてもそのままお供えしたい場合は、各納骨堂によっては造花は良いということもあるので確認が必要です。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
お供えのお花についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

合掌の仕方

納骨堂での合掌は、基本的にお墓と変わりません。

各納骨堂によって納骨の形式は違いますが、ご遺骨に向かって手を合わせてお参りをするのはどの納骨堂でも変わりがありません。

お布施

納骨堂でも、法要をとりおこなうことはできます。
ただし、納骨堂によっては指定の宗派やお坊さんにしか法要を頼むことができない場合があります。

信仰してる宗派のお坊さんを納骨堂に呼びお経を上げてもらうことができるかは、各納骨堂にお問い合わせください。

その際のお布施は地域や宗教・宗派、亡くなってからの期間によっても相場が異なるので、正確な金額というのはなく、気持ちをお渡しします。
祥月命日法要では5000〜1万円、四十九日法要や一周忌法要では3〜5万円、三回忌以降法要では1〜5万円が相場とされています。

法要の日時

法要を納骨堂で行うことも可能です。
しかし、基本的にお参りの方は予約をしてから来るわけではないということと、様々な宗教・宗派の方がいらっしゃいます。

そのため、法要を納骨堂で行うためには、お参りの方が少ない日と時間帯を納骨堂側に確認を取ってから行います。

どんな服装で行けばいい?

納骨堂のお参りへの服装は、特に決まりごとはありません。
法要やかしこまった席に出席する場合は、平服で問題ありません。

しかし、なるべく清潔感のある服装を心がけて納骨堂へ向かうことを心がけてください。

タブーな服装

納骨堂のお参りの際に、決まりごとはないと言いましたが、できるだけ避ける服装はあります。

それは肌の露出が多い服装と、華美な服装です。

様々な方がお参りに来る場ですので、清潔感のある服装を心がけていれば問題ありません。
室内ですので、強い香水をつけることも同様に避けた方が良いでしょう。

足元に注意

納骨堂にお参りする時には、靴を脱いでお参りするところが多くあります。

清潔感のある服装を心がけていても、足元は気を抜きがちです。
靴を脱いだ時のことも想定しておくことをお勧めします。

脱ぎ履きに時間がかかる靴は避け、履きやすい靴を履いていきます。

お参りに適切な時期・時間

お墓

納骨堂はそれぞれにお参りする時間が決められていたり、24時間お参りすることが出来たり様々です。
お参りをしてはいけない時期というのはなく、故人の命日だったりお盆やお正月など、納骨堂が開いていればいつであっても問題ありません。

お盆などの混雑時期

お盆やお正月など、納骨堂もお参りで混むことがあります。

混む時間帯がわかっている場合は、違う時間帯に訪れればいいのですが、わかっていない場合も多くあります。
時期的に混むことがわかっている時には、事前に納骨堂に連絡をすれば教えてもらうことが出来ます。

夜間は注意!

納骨堂によっては、24時間開いているところもあります。

しかし、基本的にお参りをする時間が決まっています。

24時間お参りできる場合であっても、管理人や警備員の方がいる用だったら、入る時と出る時にはご挨拶だけ伝えておくとよいでしょう。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
普通のお墓に参拝する時期についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

納骨堂へのお参りまとめ

お墓

納骨堂へお参りする時にもマナーがあります。
今回は以下のことなどをまとめました。
参考になりましたでしょうか?

  • 納骨堂へお参りに行く前に、本堂へ手を合わせてから、故人へお参りすることがマナー

  • 納骨堂では様々な宗派の人がいるため、大きな声でお経を読むのは避けましょう

  • 生花を持って行った場合は、帰りに必ず持ち帰ることがマナー

  • 納骨堂によってはロウソクを飾ることは許可されているが灯すことは禁止されている可能性もある

  • 肌の露出が多い服装と、華美な服装はタブー

ご先祖さまや近しい方のお墓参りだからこそ、納骨堂のマナーをしっかり守ってお参りしたいものです。
ご先祖さまや故人の方に感謝と近況報告にいってみてはいかがですか?

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
ロッカー式納骨堂での永代供養についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「納骨堂・お参り」に関連する記事

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像
    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像
    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • 納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?のサムネイル画像
    納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?

    納骨堂へのお供えに悩んでいる方は多いです。 お供え物とはお墓や仏壇に花や故人の好きだった食べ物を供える事が一般的ですが、 納骨堂でも同じ様にお供え物をしていいのか?そもそも食べ物は置いていいのか?等 よく分からない納骨堂でのお供え物のマナーについて解説します。

  • 納骨堂にお花を持って行っていいの?納骨堂でのマナーを解説!のサムネイル画像
    納骨堂にお花を持って行っていいの?納骨堂でのマナーを解説!

    お墓参りに行く時は、必ずお花を持って行きますよね。しかし、室内にある納骨堂は、お花を持って行ってもいいものなのでしょうか?お供え物はどうなるのでしょう?そこで、知っているようで知らない、納骨堂でのマナーについて解説します。

  • 納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像
    納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

    最近では、お墓を新たに建てるよりも納骨堂を購入する方が増えてきています。しかし納骨堂もいろいろあり、どれを選んだら良いか迷いますよね。そこで、納骨堂を購入する時に知っておきたいポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

  • 納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像
    納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

    いつまでも近くに置いておきたい遺骨。 でも、いつかは納骨を考える時がきますよね。 ところで、納骨には、お墓だけでなく、納骨堂という選択肢もあることをご存知でしたか? ここでは納骨堂の仕組みについて解説してまいります。どんな仕組みになっているのか参考にされて下さいね。

  • 納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?のサムネイル画像
    納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?

    最近では納骨堂というところはお墓と同じという風に考えられている方も増えてきています。屋内にありお墓参りもしやすいのですが、納骨堂には普通のお墓とは違うルールがあるんです。そこで、納骨堂へお墓参りをする時のマナーや注意点について解説します。

  • 納骨堂のお参りの際、お供え物ってどうすればいい?のサムネイル画像
    納骨堂のお参りの際、お供え物ってどうすればいい?

    お墓参りに行く時は、お供え物を持って行く人も多いでしょう。故人の好きだったものはぜひともお供えしたいですよね。しかし屋内にある納骨堂の場合はお供え物ってどうなっているのでしょう?そこで納骨堂のお参りの際のお供え物について解説しますね。

  • お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像
    お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

    遺骨を供養するために、お墓に納骨するという方が多いのではないでしょうか?しかし最近では納骨堂を購入して供養される方も増えてきています。お墓と納骨堂、どっちで供養するのが良いのでしょう?そこでお墓と納骨堂を徹底比較していきます。

  • 公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像
    公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

    お墓を建てるのには費用がかかるため、近年では、納骨堂や散骨で供養する方が増えてきています。今回は、その中でも公営の納骨堂での供養を考えている方のために、どんな特徴があるのかをご紹介します。公営と他の納骨堂との違いも含めて見ていきましょう。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す
女性オペレーターの画像

墓地・霊園に関するご相談はこちら

call 0120-585-045

まずはWEBからお墓を探す