永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えします

近年増えている永代供養ですが、その実態についてご存知でしょうか?費用が安いと良く耳にしますが、どのようなメリットがあるか知ってから選びたいものです。この記事では永代供養を選ぶメリットについて、費用や宗教の違いなど様々な面から解説いたします。

目次

  1. 永代供養が近年人気です
  2. 費用が普通のお墓と比べて安い?
  3. 費用の内訳はどうなってる?
  4. 宗派による供養の違いはあるのか?
  5. 永代供養料には渡し方がある
  6. 永代供養にかかる費用まとめ

永代供養が近年人気です

お墓

永代供養という言葉を、一度や二度は耳にしたことがあるかと思います。
一昔前ならすべての家庭がお墓を持ち、管理と供養を行っていました。

それが近年になり、子供が都会に出てしまい故郷のお墓の管理がしにくくなったことや、少子高齢化でお墓の後継ぎがいないことが問題となり、永代供養墓での供養の人気が増大してきました。

利点ばかりを耳にすることが多いですが、実際のところ永代供養はどのようなメリットがあるのでしょうか。
この記事では主に費用について着目して解説させて頂きます。

主に、

  • 費用が普通のお墓と比べて安いのかどうか
  • 永代供養にかかる費用の内訳
  • 宗派による永代供養の違い
  • 気になる永代供養料の渡し方

について記載しております。

今のお墓の在り方に迷いがある方、これからお墓を建立したいけど迷っている方には是非ご一読頂き、永代供養を選ぶ際の知識にして頂ければ幸いです。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事では永代供養の費用相場・内訳について解説しています。
永代供養を検討している方はぜひ以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

永代供養とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

費用が普通のお墓と比べて安い?

お墓

永代供養は普通のお墓を建立するよりも安く供養ができます。

一体なぜ安いのでしょうか。
その理由について、ここでは確認していきましょう。

安い理由

まずお墓を建立した場合にかかる費用について考えてみましょう。

現代において遺骨の入ったお墓を個人の土地に建立するのは法律により大変難しくなりました。
代わりに霊園などに建立する必要があります。

土地を使用させてもらうのにまず費用がかかります。
そしてお墓自体の費用も必要です。
大体合わせて100万円以上はかかるのが一般的です。

また実家が遠方にある場合は参りのために帰省する必要がありますから交通費がかかり、法要を行う必要もあるので法要での費用、御供え物の費用と、こまごました費用もかさんでいきます。

永代供養になってしまえばこれらの負担が一気に抑えられます。

まず、永代供養ではあまり新しく墓石を使ってお墓を建てることがないため、初めに支払う永代供養料のみでかまいません。
法要もお寺や霊園がその都度行ってくれ、こちらが費用を負担する必要はありません。

永代供養とはいえお参りもできますし、お供え物を置くことも可能なところが多いです。

それを考えても、家のお墓を新たに建立するよりも永代供養ははるかに費用を抑えることができるのです。

相場

永代供養にかかる費用の相場は10万円から150万円ほどと言われています。
とても差が開いていますが、それは永代供養にも様々な種類があるためです。

例えば永代供養のお墓には個別墓、合祀墓などの種類があります。

個別墓は普通のお墓と同じくその故人ひとりのためのお墓を建立する永代供養墓であり、墓石代が必要になってきます。
そうなるともちろん普通にお墓を建立した場合と同じくらいの費用がかかることになります。

お墓の管理や法要などには費用がかからなくなるのがメリットと言えます。

一番費用が安いのが合祀墓になります。
色々な人たちの遺骨を一か所に集め、供養を行います。

合祀墓は新たな場所をほとんど必要としないこともあり、永代供養料が非常に安くなっています。

こういったお墓の種類以外にも、お墓のある場所の環境や供養の充実度などによって費用は変動します。

自分たちの希望にあった永代供養を行ってくれるお寺・霊園を探し、直接話を聞いておくと費用などのトラブルを避けることができます。

費用の内訳はどうなってる?

安く抑えられる永代供養ですが、実際の費用の中身はどうなっているのでしょうか?
それでは永代供養料の内訳について見ていきたいと思います。

永代供養料

永代供養料は基本的に初回に一度払えば終わりです。
永代供養料の中には、普通その場所を使用する料金、納骨したあとの供養費、墓誌や過去帳に刻字する料金が含まれています。

一度費用を支払うだけで、定められた契約期間の間にはなりますが、長期にわたって供養をしていただけるのが永代供養の最大のメリットと言えます。

中には契約期間がない永代供養墓もあるようです。

ただし、墓地によっては定期的にお布施などを納める必要がある場合もあります。
検討している墓地の永代供養に関する方針をきちんと確認しておきましょう。

管理費は?

最初に述べたとおり、一度永代供養料を納めてしまえば管理費も不要です。
永代にわたり、供養を行って頂くことができます。

法要に関しては初めの契約で定められた分まで法要を行ってくれますが、それを過ぎれば合祀され一緒に法要が行われるお寺・霊園がほとんどです。
もう一度永代供養料を支払うことで、個別に法要をしてもらえる契約期間を延長できる場合がありますから、契約期間を延ばしたいと思った場合にはお寺や霊園に相談してみましょう。

永代供養の料金については、こちらの記事も参考にしてください。

こちらも読まれています

永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

宗派による供養の違いはあるのか?

お墓

では、次に気になる永代供養の宗派による違いについて見ていきましょう。

永代供養は宗教を問わず受け入れてくれるものですが、こだわりがある場合は宗派を合わせたほうが良いかと思いますのでご参考になさって下さい。

浄土宗

日本の仏教のひとつで法然を宗祖としているのが浄土宗です。
浄土宗のお寺でももちろん永代供養を行ってくれるお寺はあります。

そして基本的に永代供養は宗派を問いません。
別の宗教を信仰していても、浄土宗のお寺に永代供養を依頼することは何の問題もありません。

ただし、供養の方法は浄土宗の供養方法となります。
また戒名をつけて頂く場合も、浄土宗のやり方に沿った戒名になります。

こだわりがなければ問題ありませんが、こだわりがある場合は宗教を選んで永代供養を依頼した方が良いでしょう。

浄土真宗

浄土宗と似ていて違いはなに?と思われがちなのが浄土真宗です。
こちらは親鸞を宗祖としている宗教になります。

浄土真宗の方が家のお墓を建立した場合、卒塔婆は立てませんから卒塔婆立もありません。
家のお墓を建立した場合にはこういった宗派の違いを気にする必要が出てきますが、永代供養となると別です。

浄土真宗のお寺でも、宗派を問わず永代供養を行って頂くことができます。

やはり供養の方法、戒名の付け方などは浄土真宗のやり方にのっとって行われますので、そこは注意が必要です。

永代供養と宗派についての関係性については、こちらの記事でも詳しく説明しています。

こちらも読まれています

違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!

最近話題になることの多い永代供養ですが、永代供養がなにか分からない人もいると思います。宗派による違いはあるのでしょうか?また宗派が違えば永代供養してもらえなかったりするのでしょうか?ここでは気になる永代供養について詳しくまとめてみました。

永代供養料には渡し方がある

お墓

最後にお寺さんで永代供養をしてもらう場合に、永代供養料をどのようにお渡しすれば良いのか見ていきましょう。

袋は何がいいか

まず近年では永代供養料を銀行振り込みで受け取るお寺も増えています。
まずはお寺さんのほうから永代供養料の説明がありますから、そちらの説明をきき、お寺の方針に沿った方法でお渡しするようにしましょう。
銀行振り込みになった場合はもちろんお渡しする袋や表書きの心配などは不要です。

特に永代供養料の振込などについて言われなかった場合は、手渡しすることになると思って間違いありません。
その場合はどのような袋に入れてお渡しすれば良いか迷うと思います。

この時に注意したいのは、郵便番号の記載欄があるような封筒を使用しないことです。
必ず白無地の封筒を用意するようにしましょう。

また祝儀ではありませんから、熨斗はつけないように気をつけましょう。

水引については迷うところですが、基本的に不要です。
渡す相手に不幸があったときにつけるものですから、お寺にお渡しする際には不要となります。

しかし宗派・地域によっては水引をつける習慣がある場合もあると思います。
その場合はお寺や地域の方に一度確認した方が良いでしょう。

水引は地域差のあるものとなっています。
そのお寺のある地域にあったものを選ぶようにしましょう。

袋の書き方は?

表書きは「永代供養料」で問題ありません。
また「御布施」と書いても良いです。
ただ分かりやすさを重視すれば「永代供養料」と書いた方が良いとされています。

しかし既に「御布施」と書かれた封筒も売られていますし、使用することに問題はありません。

封筒であれば特に中袋を使用せず、そのまま現金を入れてかまいません。
その場合は封筒の裏側に住所と金額を必ず記載するようにしましょう。
中袋を用いる場合は、中袋に住所、氏名、金額を書くようにしましょう。

金額を書く際は額の頭に「金」と書いておきましょう。

金額に使う漢数字は旧字体を使用するとより丁寧な印象を与えることができます。
万円は萬圓、10は壱拾、30万円は参拾萬圓と言った風になります。

これは永代供養料に限らず、お葬式や結婚式でも通じるマナーになっています。
旧字体を使用することをしっかり覚えておきましょう。

永代供養にかかる費用まとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。
個別にお墓を建立し、維持していくことよりも永代供養のほうがかなり安くてメリットがあることがお分かり頂けたかと思います。

今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • 永代供養は墓の土地の使用料や墓石代だけでなく、お参りの費用なども抑えられるためかなり格安で供養が可能。
  • 永代供養にも様々な方法があり、色んな方と一緒に納骨される合祀墓では10万円ほどから納骨できる。
  • 永代供養料を一度納めてしまえば、基本的には管理費がかからない。
  • 永代供養はどの宗派であっても受け入れてくる場合が多いが、法要や戒名などはその宗派によりつけられるので信仰へのこだわりがあれば宗派でえらぶべき。
  • 最近では永代供養等のお布施も振り込み形式にしている所もあるが、手渡しの場合の表書きは「永代供養料」か「お布施」にし、白無地の封筒を使用する。金額を書く際は、頭に金と書き、金額は旧字体で書いた方が丁寧になる。

しかし、まだまだ一家としてのお墓をなくしてしまうことに抵抗を感じる人たちもいます。

費用面や管理面で大変優れている永代供養をしたい気持ちは分かりますが、親族一同の納得を得てから行わないとトラブルに発展する可能性もあります。

永代供養は費用が安く抑えられるだけではなく、寺院での永代供養であればお寺さんによって末永く供養して頂けるものとなっています。
一家としてのお墓はなくすことになりますが、永代供養で故人の魂を供養することは十分可能です。

ぜひこの記事を参考に、費用面のことや供養面のことのメリットを頭に入れて頂き、親族一同の同意を得る足がかりにしていただければと思います。

特に宗派の関係しない永代供養はどんな人でも受け入れてくれます。
今後の新しい供養の形として、永代供養を検討してみてはいかがでしょうか。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

シェアする

「永代供養・費用」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「永代供養・費用」についてさらに知りたい方へ

永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説のサムネイル画像

永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!のサムネイル画像

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

永代供養料とお布施は別?表書きの違いや金額の相場を解説のサムネイル画像

永代供養料とお布施は別?表書きの違いや金額の相場を解説

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?のサムネイル画像

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?

違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!のサムネイル画像

違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?のサムネイル画像

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

永代供養でも年間費用が必要になることもある?理由や相場をご紹介のサムネイル画像

永代供養でも年間費用が必要になることもある?理由や相場をご紹介

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養・費用」についてさらに知りたい方へ

永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説のサムネイル画像

永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!のサムネイル画像

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

永代供養料とお布施は別?表書きの違いや金額の相場を解説のサムネイル画像

永代供養料とお布施は別?表書きの違いや金額の相場を解説

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?のサムネイル画像

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと