永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

先祖代々檀家の家系の場合、永代供養墓に移りたいとなると大変です。一体どんなことが大変なのか知っていますか。今回は、檀家の場合永代供養墓に移るためになにをしたらいいのかなにが大変なのかを紹介していきます。

目次

  1. あなたの永代供養墓を考えるきっかけは?
  2. 寺・檀家問題
  3. 檀家であるメリットは?
  4. 檀家であるデメリット
  5. 永代供養のことを理解して
  6. お寺での永代供養を望むなら
  7. お寺ではない永代供養の方法
  8. 改葬の手続きについて
  9. 先祖のこと、後世のことを考えた決断を

あなたの永代供養墓を考えるきっかけは?

お墓

最近増えてきた永代供養墓
自分が死んでお墓に入るとなった時、誰がそのお墓を守ってくれるのか考えたことはありませんか?
自分が入ったお墓を守ってくれる人が誰も居ない場合はどうしますか?

自分がお墓に入った時に、誰もお参りに来てくれないのはとても寂しいですよね。
そのような背景があり、永代供養墓を検討する人が増えてきています。
今回は

  • 寺・檀家問題
  • 檀家であるメリット
  • 檀家であるデメリット
  • 永代供養について
  • お寺ではない永代供養の方法
  • 改葬の手続きについて

以上のものを紹介していきます。

全国の永代供養できる霊園を比較してみたいという方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

永代供養とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

寺・檀家問題

寺

永代供養をしようと考えている場合、まず考えなければならないのはお寺との間に発生する檀家問題です。
そもそも檀家とは、特定のお寺で、葬祭供養を独占的に行ってもらうことを約束した家系のことを言います。
檀家になった場合、その檀家になった人の奥さん、また子供や孫も同じお墓に入り供養してもらうことになるのが一般的なのです。

親の宗派と自分の宗派が違う

一般的に檀家となった家系は同じ宗派になります。
もし親と自分の宗派が違う場合、お寺では同じお墓に入ることができません。
お寺は、同じ宗派の集まりのところが多いからです。
そのため、親と宗派が違う場合は別のお墓を検討しなければならないのです。

費用・経済的理由

お寺に墓地がある場合、お金がかかることが多いのです。
管理料や修繕費などに費用がかかってしまいます。
檀家になると、お寺の修繕費用を負担しなければならない場合もあります。

この料金は寺院によって異なります。
民間や公営の墓地に比べ費用がかかることになるので、別のお墓に移りたいと思う方もいらっしゃるようです。

檀家であるメリットは?

お墓

ではまずは、檀家であることのメリットを紹介します。
どのようなメリットあるのでしょうか。

檀家になることで、お寺との深い関係性が構築されます。
そして最大のメリットといえばやはり、手厚い供養を受けることができることでしょう。
また葬儀や法要の時に相談しやすく、優先的に法要などを行ってもらうことができます。

檀家であるデメリット

お墓

メリットがあればデメリットもあります。
次に、檀家であることのデメリットを紹介します。
どのようなデメリットがあるのでしょうか。

実は先ほどメリットで紹介したお寺との関係ができるということは、デメリットにもなりうるんです。
というのもお寺と関係ができると、いざお墓を移そうと思った時に、トラブルになってしまうこともあるからです。

このトラブルは、主にお墓を離れる時に払う離檀料がもとで発生することが多いです。
離檀料とは檀家をやめるときに多くの場合お寺に支払うことになるお金のことですが、必ずしも払わなければならないという法律がありません。
また離檀料を支払う場合にも、いくら支払わなくてはならないというのも決まっていません。

そのため決まっていないからといって、支払わなかったために嫌がらせを受けたという話もあります。

そして先ほど紹介した通り、檀家になるとお寺の修繕費を支払わなければならないので、費用がかかります。

メリットももちろんありますが、同時にデメリットもあることを理解しておく必要があります。

永代供養のことを理解して

お墓

永代供養。
よく聞かれる言葉ではありますが、正しい意味を理解していますか?
ここでしっかり、正しい意味を理解しておきましょう。

永代供養とは

お墓参りを行ってくれる人がいない、またお墓参りに行きたくても距離が遠くなかなか行くことができないという人に代わって、寺院や霊園が管理や供養を行ってくれる埋葬方法のことをいいます。

永代だが永遠にではない

永代供養と聞くと、永遠に供養してくれそうですが、実は違います。
永代供養には多くの場合期限があります。
一般的には33回忌までを、永代供養の期間を設定しているところが多いのです。
33回忌を過ぎた場合、合祀されるのが一般的なのです。

以下の記事に永代供養の期間について書いてありすので参考にしてください。

こちらも読まれています

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

実は知らないお墓の話として、永代供養があります。 永代という言葉が使われていますが、実は、期間が定められていることが多いのです。 永代供養の期間についてまとめました。

生前に決めることができる

永代供養墓に入る入らないは、生前から決めることができます。
そのため、子供がいないという人は早くから永代供養墓を選ぶ人もいます。

永代供養墓の別名

永代供養墓は、合祀墓や合同墓、合葬墓などと言われることもあります。
永代供養墓は他の方と同じ墓だったり、同じ納骨室に安置されることが多いからです。

お寺での永代供養を望むなら

お寺

永代供養=お墓と考えている人も多いのではないでしょうか。
お墓で永代供養を望む場合にしっかり知っておいた方がいいことを紹介していきます。

檀信徒契約

寺院で永代供養を行うためには、檀信徒契約を結ばなければなりません。
寺院にある墓地は、ほとんどがこの檀信徒契約を結んでいます。

お寺での永代供養のメリット

寺院で永代供養を行うことのメリットは、管理をしっかり行ってくれるということです。
また法要などを行う場合、お寺の本堂で行うことができる場合もあります。

お寺での永代供養のデメリット

もちろんデメリットもあります。
メリットばかりではありません。
まず、費用が掛かってしまうということでしょう。
寺院で永代供養を行うと、護持会費管理費また寺院の修繕費用を払わなければなりません。
これらに費用が掛かるため、金銭的にとても大変なのです。

修繕費用ってどのくらいかかるの?

この修繕費用は寺院によって異なります。
修繕費用は1世帯ごとに支払うのが一般的です。
一口10万円~高いところだと50万円以上なんてところもあります。
もちろん10万円よりも安い寺院もあるでしょう。

支払えない場合は?

このように寺院と契約すると高額な費用を払わなければならない場合もあります。
しかし中には支払えないという家庭もあるでしょう。
その場合まずは相談してみましょう。
また市役所に相談窓口もありますので、寺院に相談しにくい場合は市役所に相談するといいでしょう。

檀家の永代供養料の相場

寺院によって永代供養料は異なります。
10万円で済むところもあれば、100万円以上永代供養を納めなければいけないところもあるんです。

永代供養墓の相場について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

こちらも読まれています

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

最近、永代供養を申し込まれる方が増えています。興味はあっても「永代供養の相場がどの程度なのか?」「一般的なお墓と何が違うのか?」と、疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこで今回は、話題の永代供養の相場について解説したいと思います。

永代供養料の相場について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

こちらも読まれています

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

最近、永代供養を申し込まれる方が増えています。興味はあっても「永代供養の相場がどの程度なのか?」「一般的なお墓と何が違うのか?」と、疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこで今回は、話題の永代供養の相場について解説したいと思います。

永代供養の相場について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

こちらも読まれています

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

最近、永代供養を申し込まれる方が増えています。興味はあっても「永代供養の相場がどの程度なのか?」「一般的なお墓と何が違うのか?」と、疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこで今回は、話題の永代供養の相場について解説したいと思います。

永代供養を断られることも

寺院にはその寺院の宗派があるところが多いです。
その宗派の教えに背いた場合は、永代供養を断られてしまうこともあるようです。

永代供養をお願いする際の切り出し方

寺院に永代供養をお願いする場合、どのようにお願いするのがいいのでしょうか。

連絡をとり、直接面会して伝える

霊園・墓地について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

こちらも読まれています

霊園と墓地の費用面の違いについて解説します!

新しくお墓を建てようとすればその土地を確保しなければなりません。 法律上お墓は霊園や墓地に建て無ければならないのですが、実はそれぞれ意味が異なり、掛かる費用も違うのです。 ここでは霊園と墓地のそれぞれの特徴や費用面での違いを説明します。

直接会ってお願いすることは、人にお願いする時の基本です。
事前に連絡をしアポを取り、直接面会を行い永代供養したいということを伝えましょう。

自分達がそのお墓に入らない理由を述べる

檀家に入っており、先祖のお墓がある場合に永代供養をお願いしたいということを伝えると、どうして自分の先祖のお墓に入らないのかを聞かれることと思います。
その場合は、素直に自分たちのお墓に入らないことを伝えましょう。
変に嘘をつくと、すぐに見抜かれてしまいます。

永代供養ができる霊園・墓地を探そう!

ここまで、永代供養にするためにはどうしたらよいか説明してきました。

次に、実際に永代供養ができる霊園・墓地を実際に探してみましょう。
全国の霊園・墓地を比較検討する場合は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。

資料請求や電話対応も可能です。
(無料)

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

お寺ではない永代供養の方法

寺

永代供養は寺院で、というイメージが強いかもしれません。
しかし実は永代供養は、寺院以外でも行うことができます。

納骨堂

納骨堂で永代供養が行われる場合が多いです。
永代供養墓がある納骨堂は、近年増えてきています。

本来納骨堂は、お墓に遺骨を埋葬するまでの間、一時的に遺骨を保管しておくためのものでした。
一時的にだったので、預かり期間が定められていることがほとんどだったのです。
しかし最近では、恒久的に遺骨を祭祀することができるようになってきています。

近年納骨堂が増えている

納骨堂は、寺院に比べ比較的低価格で永代供養を行うことができます。
また納骨堂といっても種類があり、ロッカー式であったり、棚式、仏壇式、墓石式、機械式など好きなタイプを選ぶことができるのも、納骨堂が人気で最近増えてきている理由なのではないでしょうか。

どのようなシステムなの?

納骨堂は、管理費を支払い続ける限り永代使用することができます。
しかし寺院の永代供養と同じように33回忌など一定期間安置した後に永代供養墓などにまとめて合祀して供養するタイプが多くなってきました。

納骨堂のメリット

納骨堂は、利便性の良い場所にあることが多いです。
駅に近いところにある納骨堂ならアクセスしやすいです。
また室内にあるので、天候を気にせずお墓参りを行うことができるのです。

そして最大のメリットは費用が安いことではないでしょうか。
寺院の永代供養墓と比べると、費用を安く納めることができます。
といっても、納骨堂にはロッカー型や仏壇型などさまざまなタイプのものがあるので、タイプによっては寺院の永代供養墓よりも高くなる場合もあります。

納骨堂のデメリット

デメリットは、室内なので線香を焚いたりお花をお供えすることができない納骨堂が多いということです。
しかし中には線香を焚いたり、お花をお供えできる納骨堂もあるので、そのような納骨堂を選ぶようにするといいでしょう。
また室内なので墓地などに比べると狭いです。
そのためお墓参りの時期になると混雑することが多いです。

室内墓地に関しては以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

雨でもラクにお墓参りできます!急増中の室内墓地について

現在都市部ではお墓のマンションのような室内墓地が急速に増えています。雨や雪の日でも足元を気にせずにお墓参りができ、アクセスが便利な室内墓地。その最新型のスタイルと気になる費用についてご案内します。

公営霊園でも永代供養墓

市町村が管理している公営霊園でも、永代供養墓があるのです。
寺院や納骨堂の永代供養墓と、どのようなところが違うのでしょうか。

ここが違う!

寺院や納骨堂と、公営霊園の永代供養墓が違っているのは、供養はしてくれないということです。
公営霊園は、合葬式墓地であることが多いです。
この合葬式墓地は、管理の人がしっかり管理してくれます。
しかし、僧侶がお経を読んでくれたりなど供養は行っていないのです。

公営霊園のメリット

メリットは、費用を安くすませることができるのです。
供養という宗教的な概念がない方は、このような永代供養墓でも良いですね。
また公営の霊園の場合、宗教や宗派は問わないところが多いです。
どんな人でも利用することができるのです。
費用もとても安く、公営霊園の永代供養墓の相場は10万円となっているのです。

公営霊園のデメリット

やはり先ほどから紹介している、供養がないということでしょう。
また合葬式墓地の場合、二度と遺骨を取り出すことができません。
そしてお墓の前で手を合わせるといった、お墓参りはできないのです。

墓地の種類、「公営墓地」「民営墓地」にかんしては以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

公営墓地と民営墓地の知っておきたいメリット・デメリット

公営と民営では、どちらがどの様な特徴をもっているのか、公営墓地と民営墓地それぞれに関する情報をメリット・デメリットを挙げて、わかりやすくご説明します。

改葬の手続きについて

お墓

お墓に入っており、永代供養墓に移りたいという場合もあります。
その場合、お墓に埋葬した遺骨を一旦取り出さなければなりません。
遺骨を一旦取り出すためにはさまざまな手続きが必要となるのです。

遺骨を取り出すために

まず、遺骨を取り出さす必要があります。
遺骨を取り出す時には、住んでいる自治体に行き改葬許可を貰わなければなりません。
改葬許可書というのですが、この改葬許可書をもらうことは、法律で決められています。
勝手に遺骨を取り出すと罰せられるので注意しなくてはなりません。
そして、改葬を行う場合、お墓を置いてある墓地の協力がなければ行うことができません。
そのため、墓地や霊園の管理者にも連絡をし許可を貰う必要があるのです。

永代供養墓から使用許可書を

新しく遺骨を移す永代供養墓から、使用許可書を貰う必要があるのです。
この許可書がないと始まりません。

改葬許可書を貰うためには

改葬許可書を貰うためには、お墓がある市町村の役場から埋葬許可書を貰い、そして新しく遺骨を移動させる市町村の受入証明書が必要となります。
埋葬許可書、そして受入証明書この2つを用意して改葬許可書を貰うことができるのです。
どんな理由があっても、必ず2つの証明書が必要となるので注意しなければなりません。

石材店へ連絡

遺骨を取り出す作業は、石材店が行います。
ですので、改葬許可書が用意できたら石材店に連絡してください。
寺院や納骨堂にお墓がある場合、そこの寺院や納骨堂と連携している石材店でないと遺骨を取り出すことができない場合があります。
まず聞いてみるようにしましょう。
思わぬトラブルを引き起こしてしまうかも…。
そして遺骨を取り出した後に、閉眼供養をしなければなりません。
そのため僧侶を呼び、供養してもらわければならないのです。

お墓の引越しの手続きに関しては以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓の引っ越しの手順は?改葬にかかる費用や注意点もご紹介!

お墓の引っ越しをして、今住んでいる近くに移動させたいと考えている人もいるのではないでしょうか。ですが、お墓の引っ越しはそれほど簡単にできるものではなく、様々な手続きや費用が必要になります。ここでは、そのお墓の引っ越しについて解説します。

実際に改葬を検討している方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

終わってから、永代供養墓へ

これらをきちんと行って、永代供養墓へと移動となるのです。
もともとお墓にある遺骨を、永代供養墓へ移すのはとても大変なことなのです。

永代供養ができる霊園・墓地をお探しの方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

先祖のこと、後世のことを考えた決断を

お墓

いかがでしたか?最近選択している人が増えてきている永代供養墓。
寺院と檀家契約をしている場合、どのような形で永代供養を行えばよいかわからない方が多かったと思います。

永代供養と言葉は知っていても、実際どういうものなのか、そしてどういう手続きをすればいいのかなど知らなかったという人も多いのではないでしょうか。
今回の記事では以下のことを紹介していきまいした。

  • 親と自分の宗派が違う、費用・経済的理由で永代供養を考える人が多い
  • 檀家であるメリットは、優先的に相談に乗ってもらえる等手厚い供養を受けられる
  • 檀家である場合お墓を離れる時に払う離檀料お寺とトラブルになりやすいというデメリットがある
  • 寺院で永代供養を行うためには、檀信徒契約を結ばなければならない
  • 永代供養はお墓をしっかり管理してもらえるというメリットと、比較的大きな費用がかかってしまうというデメリットがある
  • 永代供養料の相場は、安いものだと10万円、高いものだと100万円以上
  • 永代供養をお願いする際の切り出し方
  • お寺ではない永代供養の方法には納骨堂や公営霊園などがある

永代供養を考えている人は、しっかり理解しておきましょう。
そして生前のうちに準備しておくことをおすすめします。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

シェアする

「永代供養・檀家」に関連する記事

  • 永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

    永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

    永代供養墓を知っていますか?お寺や霊園が遺族に代わって供養・管理してくれるお墓のことで、お墓の後を継ぐ人がいない方やお墓のことで子供に迷惑をかけたくないという方に選ばれています。この記事では先祖代々のお墓に対する永代供養墓のメリットとデメリットをまとめました。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!のサムネイル画像

    永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

    実は知らないお墓の話として、永代供養があります。 永代という言葉が使われていますが、実は、期間が定められていることが多いのです。 永代供養の期間についてまとめました。

  • 永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

    永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

    少子高齢化や核家族化が進み、お墓の管理や、お墓参りが困難になる場合が増えてきました。 それにより「永代供養」の種類のお墓を選び、故人の供養を任せてもらう人が増えてきています。その「永代供養」とはどんなものでしょうか。種類も合わせて詳しく説明します。

  • 違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!のサムネイル画像

    違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!

    最近話題になることの多い永代供養ですが、永代供養がなにか分からない人もいると思います。宗派による違いはあるのでしょうか?また宗派が違えば永代供養してもらえなかったりするのでしょうか?ここでは気になる永代供養について詳しくまとめてみました。

  • 永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えしますのサムネイル画像

    永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えします

    近年増えている永代供養ですが、その実態についてご存知でしょうか?費用が安いと良く耳にしますが、どのようなメリットがあるか知ってから選びたいものです。この記事では永代供養を選ぶメリットについて、費用や宗教の違いなど様々な面から解説いたします。

  • 永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

    永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

    最近、永代供養を申し込まれる方が増えています。興味はあっても「永代供養の相場がどの程度なのか?」「一般的なお墓と何が違うのか?」と、疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこで今回は、話題の永代供養の相場について解説したいと思います。

  • 墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

    墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

    家族形態やライフスタイルの変化などにより、一家に一つあった家墓の形ではなく、永代供養を選ぶ人が増えてきています。でも、墓地・霊園によって違いがあることをご存知ですか?個人の意向に合った永代供養をするために、最適な墓地・霊園を選ぶためのお手伝いをします!

  • 永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

    永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

    近年、承継問題などでお墓に対する考え方が変わってきました。従来の家族や一族がお墓を守っていく形ではなく、個人や夫婦単位で決められた期間だけ供養してもらう永代供養も増えてきました。この記事では、永代供養の流れについて紹介します。

  • 永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!のサムネイル画像

    永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!

    皆さんは永代供養ができる霊園をご存知ですか。寺院で行う場合とどこが違うのか、気になりますよね。実は費用面も一般墓に比べて安価に抑えられる場合があります。終活を考えていらっしゃる方は、生前墓の申し込みもできる?永代供養の霊園の例についても解説致します!

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「永代供養・檀家」についてさらに知りたい方へ

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!のサムネイル画像

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!のサムネイル画像

違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えしますのサムネイル画像

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えします

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!のサムネイル画像

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養・檀家」についてさらに知りたい方へ

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!のサムネイル画像

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!のサムネイル画像

違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと