費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

2020-02-22

納骨堂にかかる費用を安く済ませるには?

お墓

後継者がいなくて納骨堂に遺骨を納める場合、できれば費用を安く抑えたいですよね?

でも、安いところを調べる前に、そもそも納骨堂がどんなところであるかもちゃんとわかってない人も多いのではないでしょうか。

  • 納骨堂ってそもそもどんなところなの?

  • 相場はどれくらいなの?

  • どうやって探すのが一番いいの?

上記のような疑問を持っている人も少なくないと思います。

そこで今回「終活ねっと」では以下の項目を中心に、納骨堂の費用と費用以外のポイントについて解説していきます。

  • 納骨堂がどんなところであるか

  • 納骨堂の相場

  • 費用以外にチェックしておくべきポイント

  • 効率のいい納骨堂の探し方

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

納骨堂について理解を深めたいという方のために、納骨堂に関するあらゆる情報をまとめております。

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。

ぜひ最後までお読みください。

納骨堂をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

納骨堂ってどんなところ?

困った人々

納骨堂といってもさまざまなタイプのものがあります。

納骨堂の中に、墓地のようにお墓を建てておいておくことができる形式もあれば、ロッカーのようになっているケースもあるんです。

納骨堂のメリットはたくさん!

ではまず、納骨堂の代表的なメリットを5つ紹介します。

  • お墓を建てる時よりも費用が抑えられる

  • 利便性のよい場所にあることが多く、お墓参りがしやすい

  • 天候を気にしなくてよく、雨風はもちろん、寒暖も気にせずにお参りができる

  • 宗旨・宗派などの宗教的な制約がない

  • お墓参りに全然行けなくても、管理人が掃除などを行ってくれるため、汚くなりにくい。

このようにメリットがたくさんあるので、納骨堂の人気は近年特に上昇しています。

納骨堂にはデメリットもある

しかし、納骨堂はメリットだけではないんです。

まず納骨堂は、お彼岸やお盆のお墓参りを行う人が多い時期には、混みあうことが多いです。
そして納骨堂には契約期間があり、その期間を過ぎると契約を更新しなければなりません。

また、これは墓地の場合でも一緒ですが、利便性のよいところは空きがない場合も。
地域によってはまだ納骨堂があまりないところもあります。

納骨堂の気になる相場は?

お金

納骨堂はお墓を建てるより費用が安いことで知られていますが、実際どのくらい安いのでしょうか。

お墓を建てるの場合の相場

お墓を建てるとなると、墓石の購入、そして永代供養料などを合わせて費用は145〜205万円ほどします。
もちろん、墓石の種類や大きさで費用は前後します。

「終活ねっと」では、お墓に関する記事を多数紹介しております。
お墓にかかる費用について、より詳しく知りたいという方は以下の記事をご覧ください。

納骨堂の場合の相場

そして納骨堂の費用ですが、先ほど紹介した通り、納骨堂と一言でいっても種類があり、種類によって費用は変わってきます。

一般的な納骨堂の場合、10〜100万円程度が相場となっています。

そのため、お墓を建てる金額よりも、かなり安く遺骨を納めることができるのです。

「終活ねっと」では、納骨堂に関する記事を多数紹介しております。
納骨堂にかかる料金について、詳しく知りたい方はこちらの記事もご利用ください。

費用以外のチェックポイント!

人々

デメリットもありますが、メリットも多い納骨堂。
納骨堂を、検討したいという方も多いのではないでしょうか?

次では、納骨堂を選ぶ時に、費用以外でチェックして欲しいポイントを紹介していきます。

①納骨堂の種類

まず、チェックしてほしいのは、納骨堂の種類です。
納骨堂と一言でいっても、その種類はさまざまなんです。

棚式・ロッカー式納骨堂

同じ大きさのお壇が、ずらっと並んでいるタイプの納骨堂です。
このタイプの納骨堂が一番費用が安いです。

しかし一つ一つのスペースが狭いため、供養物などを置くスペースはありません。

仏壇型納骨堂

仏壇がずらっと並んでいるタイプの納骨堂です。
一般的な仏壇型の納骨堂は、上段には仏壇が設置されていて、下段には遺骨を納めておく場所があります。
このタイプの納骨堂は一番費用がかかります。

しかし費用がかかるといっても、もちろんお墓を建てる費用と比べると安いです。
また、しっかりとスペースがあるので、お花やお供え物を置くことができ、お墓のように継承していくことができることも魅力となっています。

骨壺マンション、自動搬送型

最新タイプの納骨堂では、専用カードを使用すれば、自動で遺骨がお参りスペースに来てくれるものもあります。
スペースは個別のスペースになっているので、周りを気にせずにお参りを行うことができます。

また、お花や線香などのお供え物が用意されていることが多いので、もっていく必要がありません。
そのため手ぶらで、お参りに来ることができるのです。

しかし全て機械が操作を行うので、機械が故障してしまった場合お参りをすることができません。
またこのタイプの納骨堂は、全国的にまだ少ないようです。

室内型墓場

こちらのタイプの納骨堂は、墓地が室内にあるような形の納骨堂です。

お墓とどう違うの?と思われる方もいるかもしれませんが、一般的にお墓というのは遺骨を土に埋めるものです。
しかし納骨堂は、土に埋めずに一時的に保管しておくといったものになります。

②条件の確認

納骨堂を選ぶ前には、費用をどれぐらいに設定するのか・どのようなタイプの納骨堂にするのかを決めておきましょう。

そして、公営か寺院か私営管理かどうかを決めなければなりません。
それぞれ特徴が違うのでよく検討する必要があるでしょう。

公営管理の納骨堂

都道府県などの自治体が管理している納骨堂です。

どんなところ?

都道府県が管理しているので、その都道府県に住んでいる人しか利用することができません。

また、手元にすでに遺骨がある方が対象で、いつでも入れるわけではありません。
申込期間が決まっており、その期間にしか応募することができないのです。
そして応募して、抽選に当たらなければ利用することができません。

費用は?

公営管理の納骨堂は、費用が安いです。

都道府県によって費用は変わります。
立地条件のいい東京にある公営の納骨堂は、収蔵期間30年で25万8千円です。

寺院管理の納骨堂

お寺が管理している納骨堂です。

どんなところ?

寺院の中に設けられていることが一般的です。
寺院にお墓を建てる時は、その寺院の檀家にならなければなりません。
しかし、納骨堂の場合は檀家にならなくても利用することができるのです。

費用は?

寺院が管理している納骨堂の費用は、寺院によって異なります。
そのため、事前に費用をチェックしておく必要があるのです。

私営管理の納骨堂

民間企業が管理している納骨堂です。

どんなところ?

私営の納骨堂は、誰でも利用することができるのがポイントです。
その都道府県に住んでいなくても利用でき、宗教なども関係ないといったところが多いので、利用しやすい納骨堂となっています。

費用は?

私営管理の納骨堂は、納骨堂によって異なります。
納骨堂によっては費用が高いところもあるので、注意して下さい。

私営管理の納骨堂の相場は、50万円ほどとなっています。
しかしあくまで相場です。
中には100万円近くする納骨堂も…。

③距離やお参りのしやすさ

納骨堂を選ぶ時には、距離も重要なポイントです。
住んでいる市町村だとお参りもしやすいでしょう。

私営管理の納骨堂の場合、駅からのアクセスがよかったりなどお参りしやすい立地にある納骨堂も多いです。
納骨堂を探す時は、お参りしやすい立地にある納骨堂を選ぶようにしましょう。

④宗教・制度上の条件

納骨堂の宗教には、宗派にはこだわらないという場合、そして宗旨(宗教)にはこだわらないといった考えの納骨堂があります。
似ているようで、この二つはまったく違ったものなのです。

宗派にはこだわらない

これは、仏教であるなら浄土宗でも真言宗でも構わないということです。
キリスト経や神道などの遺骨はだめだということになるのです。

宗旨(宗教)にはこだわらない

そしてこちらは、どんな宗教の人でも利用することができるということです。

もちろんこだわるところも

宗派や宗教にこだわらない納骨堂もありますが、もちろん宗派や宗教にこだわるところもあります。
寺院にある納骨堂は、その宗教、その宗派の遺骨しか認めないというところもあります。
いくら条件にあっていても、この宗教がだめだと絶対に利用することはできません。

⑤支払い方法

納骨堂に支払い方法は、ローンと一括があります。
しかし中には、一括でのみの支払いとする納骨堂もありますので、事前に調べて置く必要があります。
納骨堂の費用は安いところだと安く利用することができますが、それでもやはり大きな買い物になります。
支払方法は、事前にしっかりチェックしておく必要があるでしょう。

⑥故人・弔う側の心情に

納骨堂に遺骨を入れる方の中には、お墓でないことに罪悪感を感じている方もいるようです。
しかし、最近では生前に納骨堂への埋葬を希望される方もいます。

最近では終活という言葉もあります。
エンディングノートというものもだいぶ普及してきました。
生きているうちにお墓のことを話すのはちょっと気がひけるかもしれませんが、一度聞いてみてもいいかもしれません。

コスパの良い納骨堂の探し方

お墓

納骨堂を決めるためにはどうするのがいいのでしょうか。

最低限の条件を決める

納骨堂を決めるためには、まず最低限の条件を決めましょう。
例えば、費用はこのくらいだとか、仏壇式の納骨堂がいいだとかですね。
条件を出せば出すほど、探すのが困難になってしまいます。

全国各地の納骨堂

お墓

ここでは各地の納骨堂をご紹介いたします。

福岡県にある納骨堂

福岡県にある納骨堂を紹介します。

さくら陵苑

福岡県北九州市にある納骨堂です。
こちらの納骨堂は、自動搬送式の納骨堂となっています。

費用は初期費用が10万~15万円、そして管理料が6,000円~18,000円です。
宗旨、宗教は問わないので誰でも利用することができます。

ひびき霊園

こちらは公園墓地にある、屋外型の納骨堂です。
1区画42万円となっています。
管理料はかかりません。
管理棟には和室があり、法要をここで行うことができます。

北海道にある納骨堂

北海道にある納骨堂を紹介します。

札幌もなみ ふれあいパーク

室内墓地型の納骨堂です。
とても室内とは思えないほど明るく、そして緑がたくさんあり、噴水の音も聞こえてきます。
管理棟には葬儀や法要を行うことができる、多目的ホールも完備しています。
費用は初期補用が50万円となっています。

法輪閣

札幌市中央区にある都市型の納骨堂です。
アクセスしやすく、2仏収蔵、4仏収蔵タイプがあります。
初期費用は50万円~。
管理費は年12,000円~24,000円です。
私営の納骨堂なので費用は高めとなっています。

納骨堂の費用と費用以外のポイントまとめ

人々

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、納骨堂について費用面だけでなく、納骨堂選びにおいて大事になるポイントについて以下のことを紹介しました。

  • 納骨堂には様々なメリットがある反面、デメリットも存在する

  • 費用は安くて30万~、高くて80万円くらいである

  • 納骨堂の種類・条件・距離・宗教上の制約などに気を付けておく

  • 効率よく探すためには最低限の条件を決めておく

納骨堂といってもさまざまです。

納骨堂を検討されている方は、まず費用を見る人が多いでしょう。
しかし、費用外にも注目してほしいポイントがあるんです。

まずは、近くにある納骨堂がどんな納骨堂なのかをチェックしてみるのもいいでしょう。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「納骨堂・費用」に関連する記事

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像
    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • 納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像
    納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

    最近では、お墓を新たに建てるよりも納骨堂を購入する方が増えてきています。しかし納骨堂もいろいろあり、どれを選んだら良いか迷いますよね。そこで、納骨堂を購入する時に知っておきたいポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

  • 納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像
    納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    都心では土地の価格が高く、お墓を立てるには多くの費用が掛かります。そこで比較的お金のかからない納骨堂が人気ですが、利用するにはどれほどの料金が掛かるのでしょうか。今回は納骨堂の料金相場について、タイプや要因よりご説明をいたします。

  • 納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像
    納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

    最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

  • 納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像
    納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

    昨今のお墓を確保したり、先祖のお墓を継ぐことが困難な方が増えています。 そこで注目されているのが納骨堂での供養です。 しかし普通のお墓とは異なり費用や供養の方法などわからないことが多いのも確かです。 ここでは納骨堂の費用や施設、供養の方法を説明します。

  • 公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像
    公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

    お墓を建てるのには費用がかかるため、近年では、納骨堂や散骨で供養する方が増えてきています。今回は、その中でも公営の納骨堂での供養を考えている方のために、どんな特徴があるのかをご紹介します。公営と他の納骨堂との違いも含めて見ていきましょう。

  • 納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像
    納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

    皆さんは、納骨堂を利用する場合の費用相場についてご存知でしょうか。納骨堂は、利用方法によってかかる費用も相場もかわります。今回は、納骨堂の様々な利用方法を具体的に挙げながら、必要な費用とその相場について解説します。

  • お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像
    お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。 それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。 お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。

  • 公営納骨堂について特徴や費用相場、オススメの納骨堂も紹介します!のサムネイル画像
    公営納骨堂について特徴や費用相場、オススメの納骨堂も紹介します!

    最近公営納骨堂の利用希望者が増えていますが、民営とどんな違いがあるのか、費用は安いか、管理は大丈夫か、すぐ利用できるのか、どうやって探せばよいか、など疑問点が多く困っている方もいると思います。 ここでは公営納骨堂の特徴や費用の相場、探し方などについて解説します。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す
女性オペレーターの画像

墓地・霊園に関するご相談はこちら

call 0120-585-045

まずはWEBからお墓を探す