日本とは違う?韓国のお墓事情はどうなっているのか!

日本とは違う?韓国のお墓事情はどうなっているのか!

韓流ドラマ・韓流アーティストなどが流行り、韓国旅行をする方が増えています。 日本は、韓国や中国から様々な文化が入ってきました。 韓国の先祖・一族を大事にする気持ちが大きいということが、韓国のお墓を見ることで伝わってきます。 韓国のお墓は、どういうものでしょう。

最終更新日: 2020年02月11日

韓国のお墓事情はどうなっている?

韓国は日本と非常に近く、旅行で行く人も多いと思います。

歴史では中国や朝鮮から様々なものが、日本に入ってきたと言われています。
仏教や儒教など、多くの宗教や思想なども伝わりました。

そんな韓国ですが、お墓事情は日本とは少し違うようです。
朝鮮王朝時代から続く伝統的な埋葬方法とお墓、そして現代の韓国のお墓事情を調べました。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

  • 韓国の伝統的なお墓とは?
  • 韓国の納骨方法は?
  • 韓国のお墓には世界遺産になっているものもある?

外国のお墓事情って、意外と知らないものですよね。
今回は、日本のお隣、韓国のお墓事情を解説します。
ぜひ最後までお読みください。

韓国で昔から続く歴史ある土葬

韓国の埋葬方法は「土葬」が主流でした。
これは韓国の大切な教えである「儒教」の考え方から来ています。

韓流ドラマでも、そのお墓が見ることが出来ます。

儒教的慣習

韓国人は李氏朝鮮(朝鮮王朝)の時代から「儒教」を重んじるようになりました。

儒教とは「孔子」を始祖とする、その思考・信仰の体系です。
紀元前の中国で生まれ、2000年以上に渡る現代まで東アジアにおいて強い影響力を持っている教えです。

現代の韓国でも儒教の考えが根付いています。
儒教での埋葬方法は、土葬です。

「人間は死ねば体は土に還り、魂は空に飛んでいく」
「1度亡くなった故人の遺体を燃やすことは、もう1度亡くなるということだ」
という考えがありました。

そのため儒教を大切にする韓国では、土葬で故人を埋葬していました。
しかしそれは富裕層のみが出来たと言われています。

お金のない人たちは、仏教の埋葬方法である「火葬」を行っていました。
土葬の方法が、韓国独自の大がかりのものだからです。

墓地となる山の入手

韓国の土葬の仕方は先祖代々、子孫に至る世代まで同じ土地で眠れるように山を1つ購入して、そこにお墓を作りました。

1つの山に先祖代々が眠るお墓があり、子孫はその山を守っていくというのが昔からの韓国のお墓です。

韓国の土葬によるお墓

韓国

韓国の土葬方法は「土饅頭型」のお墓が主流です。

山の斜面を開き、穴を掘り土葬します。
土が丸く盛り上げるようにかけて埋葬します。
平地から盛り上がって見えるのが饅頭に似ているため、土饅頭と呼ばれています。

また土饅頭型のお墓の周りには、緑の芝生が生い茂っていて自然と一体化したお墓になっています。

最近のお墓事情

伝統的な土饅頭型のお墓ですが、維持するのが凄く大変と言われています。

山一つを保有し、そこに代々の先祖のお墓があるので、手入れは一族全員がやらないといけないくらい大変です。

またお墓の周りに芝生があるので、草刈など、非常に維持が難しいと言われています。

トラブルもあります。
山を一つ買っているのですが、知らない人のお墓があったということもあります。
その方は風水でその場所が良かったからということでお墓を作ったそうです。

土葬のための土地が不足

1番の問題が山を購入することができないということです。

韓国全土の面積は、北海道より少し広いくらいしかありません。
昔から山が買われ、墓地が作られていますので土地が少なくなっているのです。
山の入手が困難になりました。

韓国ではロッカー式納骨堂が増加

韓国では土地の不足、墓地維持の難しさにより2000年に「葬事等に関する法律」が見直されました。
火葬での納骨の普及を、国と地方自治体が積極的に行うことを義務付けました。

火葬の後、ロッカー式納骨堂へ

国や地方自治体が火葬を義務付けることにより、韓国人が火葬を行う比率が飛躍的に上昇しました。
病気で亡くなった方は、病院と提携している霊園で火葬を行い、納骨堂に納骨する人が増えているそうです。

見た目がロッカールームのようなので、ロッカー式納骨堂と呼ばれています。
骨壺を納められる程度の大きさですが、別の場所に献花台があり、花を供えるなど設備が整っています。

また霊園の納骨堂は、大きな建物です。
そこに沢山の人が出入りしているので、使用している人が多いと思われます。

自然と一緒に「樹木葬」

また韓国では、法律で許可を得た墓地や霊園に埋葬し、周辺にある樹木を墓標とする、または自身で新しい樹木を1本購入して墓標とする埋葬方法も行われています。

また花葬や、芝生などに火葬した遺骨を埋めるという方法もあるそうです。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
樹木葬についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

御影石を使った大きなお墓

韓国は白御影石の産地で、もちろん石づくりのお墓も作られています。

一族が一緒に眠れるように大きなお墓を造り、埋葬しています。

サイズは日本のお墓よりも大きいそうです。

世界遺産になっているものも

儒教での埋葬方法である土葬を行っていた韓国ですが、世界遺産になったお墓があります。

朝鮮王陵40基には歴代の王様が

2009年6月にユネスコ文化遺産に登録されたのが「朝鮮王陵」です。

1392年から518年続いた、朝鮮王朝(李氏朝鮮)の歴代の王様が眠る歴代のお墓です。
ソウル近隣に、40基あります。

1番大きいのはソウルの東にある「東九陵」です。
文字通り、9つの陵が集まっていて公園などもあります。

朝鮮王陵のお墓は、どの場所も自然と調和されたお墓です。

韓国のお墓のまとめ

日本のように、仏式の葬儀を行っていると思われがちな韓国ですが、儒教を昔から大切にし、先祖・家族をとても大事にする土葬を行っていました。

現在の形は変わってきていますが、儒教を現在も重んじている韓国人の先祖を敬う気持ちは変わっていないと思います。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 日本とはちょっと違う?世界のお墓をご紹介!のサムネイル画像
    日本とはちょっと違う?世界のお墓をご紹介!

    お墓と聞いて思い浮かぶのは、お寺や霊園に並ぶ墓石でしょうか?世界には日本とは違った驚くようなお墓を見ることができます。アジアの国々からヨーロッパまで、世界のさまざまなお墓をご紹介します。

  • 海外のお墓ってどんな感じ?様々な国のお墓を紹介しますのサムネイル画像
    海外のお墓ってどんな感じ?様々な国のお墓を紹介します

    その国の文化や習慣によって大きく異なるお墓。海外のお墓事情はどのようになっているのでしょうか?主に宗教の違いから、海外のお墓について調べてみました。

  • お墓の歴史について知りたくないですか?ディープな世界をご案内のサムネイル画像
    お墓の歴史について知りたくないですか?ディープな世界をご案内

    お墓の歴史について考えた事はありますか?お墓参りにはしょっちゅう行くという方も、たまにしか行っていないという方も、お墓の歴史を知ればお墓参りにもっといきたくなるかもしれません。今回は、お墓の歴史についてご説明いたします。

  • お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方のサムネイル画像
    お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方

    お墓を作らないのは一般的ではないと思われている方も多くいらっしゃいます。しかし実は今、お墓を作らない人たちが増えています。これは現代の様々な問題によってお墓のあり方自体が変わってきていることを表しています。この記事では現代のお墓の在り方について見ていきます。

  • 様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像
    様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

    死後ご遺骨を納める場所として最も一般的なお墓ですが、昔と比べて様々な形式のものが生まれています。お墓を建立することができる場所からお墓の形、お墓の在り方などに変化があります。この記事ではお墓に関する色々な形式と違いをまとめ、比較してみました。

  • 昔のお墓は今と違う?【お墓の概念の変遷】と【先祖のお墓探し】のサムネイル画像
    昔のお墓は今と違う?【お墓の概念の変遷】と【先祖のお墓探し】

    現在のお墓は墓石を建ててそこに納骨するのが一般的です。 そもそも昔の日本のお墓はどんなものだったのでしょう? 戦国武将のお墓はあるけど、一般庶民の昔のお墓はあまり見かけないとは思いませんか? ここでは日本のお墓の変遷を時代を追って説明します。

  • 近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像
    近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

    お墓に対する考え方は日々変化しています。少子高齢化や核家族化など、その理由は様々です。近年のお墓事情はどのようになっているのでしょうか?昔と変わったことや海外のお墓事情まで、お墓についてを詳しく解説していきます。

  • 【改葬】土葬のお墓の掘り起こし方は?出た遺骨の供養方法は?のサムネイル画像
    【改葬】土葬のお墓の掘り起こし方は?出た遺骨の供養方法は?

    土葬というと「今の日本で土葬なんてあるの?」と思われますが、一昔前は土葬は普通に行われていました。 古くなった先祖代々のお墓を改装する際は遺骨の掘り起こしをしなければなりません。 そのお墓が土葬だった場合には、掘り起こしで何にか必要なことはあるのでしょうか?

  • 世界のさまざまなお墓について調査しました!のサムネイル画像
    世界のさまざまなお墓について調査しました!

    海外のお墓と聞いて、頭の中に思い浮かべるのは、欧米の映画などで見られる芝生に広がる十字架だったり、プレートが置かれたお墓でしょうか?世界には我々の想像もつかないようなお墓が数多く存在しています。そんな世界のお墓についてご紹介します。

  • 外国の樹木葬事情とは?それぞれの国で異なる特徴や展開のサムネイル画像
    外国の樹木葬事情とは?それぞれの国で異なる特徴や展開

    樹木葬といえば近年、日本でも導入する人が増えてきているお墓の形式の1つです。実は樹木葬は外国でも広く採用されていますが、その事情はそれぞれの国々によっていろいろと違っています。今回は国ごとに事情や特徴の異なる外国の樹木葬について見ていきます。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事