墓地で土葬をお考えの方、日本でもできるの?法律は?

墓地で土葬をお考えの方、日本でもできるの?法律は?

墓地で土葬をしたいとお考えの方もいるでしょう。宗派によってという事もあります。日本の墓地で土葬の許可は下りるのでしょうか?詳しく説明していきます。

最終更新日: 2020年02月22日

土葬を希望する際はどうしたらいい?

土葬

日本人で、仏式の場合は、火葬して埋葬することになっていますが、どうしても土葬を希望する時は法律的な問題、宗派の問題、墓地の問題等、どのような仕組みになっているのでしょうか?
具体的にお伝えしていきましょう。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

現在の日本では、人が亡くなると火葬して遺骨をお墓に入れる、というのが最もポピュラーな供養方法です。
ですが、土葬を望む場合、どうすればいいのでしょうか?
今回「終活ねっと」では、

  • 日本の土葬
  • 土葬のお墓の移転

について解説します。
ぜひ最後までお読みください。

日本では土葬が禁止されている?

日本では、埋葬するにあたり、墓地経営、場所など細かい法律があります。
火葬後の焼骨に関してはご存知の方が多いと思いますが、土葬を希望した場合、法律的な問題等があります。

法律上問題あるのか

日本の法律では、死後の埋葬・埋蔵について法律があります。
焼骨埋蔵、土葬埋葬の両面に法律があり、土葬が禁止されているわけではありません。
しかし、土葬の場合、埋葬できる墓地の制限、市条例等、厳しい難題があり、手続きが大変です。

一つ言えることは、「焼骨・亡骸」を自宅に埋葬・埋蔵することはできないということです。
納骨・土葬の許可が下りている場所(お寺・霊園)でなければならないのです。

現状土葬できる墓地は…

日本では、ほとんどの場合火葬が行われます。
日本は土地が狭いので、墓地は土葬に使えるほど広くなく、墓地管理者に拒否されるケースが多いのが現状です。

そのなかで、土葬ができる墓地霊園をいくつかご紹介しておきます。

山梨県北杜市明野町 風の丘霊園
茨城県常総市 朱雀の郷
北海道余市郡 よいち霊園

結局日本で土葬をしたい場合

法律では、土葬を行う場合は、死亡届を出した市町村の許可が必要だとされています。
役所で、土葬許可証を発行してもらう必要があるのです。
発行してもらった土葬許可証を墓地管理者に提出すれば、手続きは完了です。

死因が伝染性の病気などの場合、衛生面で許可が下りないケースもあります。

土葬するにあたり

土葬の会という団体があります。
スムーズに土葬ができる墓地と契約をしている団体サービスです。
会員になることで、宗派や国籍を問わず、土葬できる墓地へのご紹介をしていただけます。

アメリカの墓地事情

お墓

アメリカでは、昔からキリスト教の墓地に埋葬してきましたが、都市化が進み、衛生面や管理などの問題もあり、メモリアルパークへ土葬することが通常となっています。
日本のように火葬して埋葬する形も、少なからず増えてきました。

土地の問題が大きくありますし、管理費も高くなっていきます。
場合によっては、深く深く掘って、最初の人を埋め、その上に次の人を埋めるといった方法で、土地や管理費を抑えるケースもあります。

アメリカでは土葬してもらえる?

日本人がお願いをすれば、アメリカで土葬をしてもらえるのでしょうか?
基本的に答えはNOです。
アメリカ国籍を取得するなど、永住する形を取る必要があります。

アメリカ国籍はないが、アメリカで亡くなった場合は、死亡診断書をもらい、日本大使館で火葬許可書をもらいます。
アメリカで火葬をして、遺骨を日本に持ち帰ることになります。
飛行機で日本に運び帰ることも可能です。
料金がかかります。
遺骨なら費用はかかりません。

土葬のお墓を移転する

土葬墓地から、お墓を移転する場合についてのご説明です。
「墓地を変更して土葬改葬する」「土葬の遺骨を骨壺に入れて改葬する」に分かれます。
どちらを選ぶかは、遺族が決めることではなく、亡骸の状態により判断します。

ご遺体が完全に土に還っていた場合はその土を移すことで改葬します。
ご遺体が遺骨状態の場合は火葬して改葬します。

完全に土に還るまでは約20年から30年かかると言われていますが、実際には掘り返してみないとどのような状態になっているかはわかりません。
もし遺骨が残っていれば、その時は火葬しなければなりません。

遺体の場合は埋葬が可能ですが、骨の場合は焼骨以外埋葬できないと法律で定められているためです。

必要な手続き

改葬許可書交付申請を行います。
墓地納骨堂管理者の印をもらい、改葬の手続きをします。
土葬の遺骨がある場合、火葬許可証も必要になります。

移転先の墓地納骨堂管理者の認めとなる書類も必要です。
火葬して、もしくは土をいただき改葬します。

かかる費用は?

ご遺体の状態によりますが、土葬遺骨が残っている場合は、綺麗に洗浄して火葬をします。
自分でできることではないので、プロにお任せする方が良いです。

土葬する場所にもよります。
基本的には、1体につき10万円前後です。
しかし、その場所へたどり着くまでの道に問題があったりすると、費用が上乗せされます。

遺骨を洗浄してもらう分も、別料金としてかかる場合があります。

土葬の墓地事情についてのまとめ

日本では、土葬をされるところがまだまだあります。
田舎に行くと、代々土葬の方もいます。
法律上は禁止ではありませんが、いろいろな問題に直面し、墓地が少ないのが現状です。

お墓をお探しの方は
「DMMのお墓探し」で

DMMのお墓探しでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 墓地の移転とその手続きについて解説しますのサムネイル画像
    墓地の移転とその手続きについて解説します

    引越しなどで、墓地を移転しなければならない場合があります。この場合、もとの墓石を移す、新しい墓地に墓石を建てる、または納骨堂に納めて永代供養をお願いする方法があります。また、分骨することもできます。この記事では墓地の移転についてその基本を解説します。

  • 埋葬方法について 色々な埋葬方法まとめました!のサムネイル画像
    埋葬方法について 色々な埋葬方法まとめました!

    日本では、埋葬の方法については法律で定められています。火葬も土葬もできますが、土葬の場合には、許可などの条件が厳しいです。そのため、日本の埋葬は、ほとんど火葬です。この記事では、埋葬の方法について、動物の埋葬も含めて説明します。

  • ペットが亡くなったら土葬しても良い?|法律・方法・注意点のサムネイル画像
    ペットが亡くなったら土葬しても良い?|法律・方法・注意点

    歳をとっても、病気になっても、ペットは愛くるしい姿をしていますね。「その姿のまま埋葬したい」「火葬するのはしのびない」と思われ、土葬を選択したい方もいるでしょう。昨今ではペットの葬送方法もたくさんあります。その中で土葬を選ぶのなら、予備知識が必要です。

  • アメリカのお墓事情を解説。土葬?火葬?値段は?のサムネイル画像
    アメリカのお墓事情を解説。土葬?火葬?値段は?

    アメリカ人の親しい友人でもいない限りは、アメリカのお墓事情や、お墓に対する考え方などに興味を持つことも無いかもしれませんね。日本とはお墓に対する考え方も少し違うようですよ。でも、故人を弔う気持ちには違いはありません。今回はアメリカのお墓事情のご紹介です。

  • 【改葬】土葬のお墓の掘り起こし方は?出た遺骨の供養方法は?のサムネイル画像
    【改葬】土葬のお墓の掘り起こし方は?出た遺骨の供養方法は?

    土葬というと「今の日本で土葬なんてあるの?」と思われますが、一昔前は土葬は普通に行われていました。 古くなった先祖代々のお墓を改装する際は遺骨の掘り起こしをしなければなりません。 そのお墓が土葬だった場合には、掘り起こしで何にか必要なことはあるのでしょうか?

  • 日本の墓地で土葬はできるの?|法律・許可・メリット・改葬のサムネイル画像
    日本の墓地で土葬はできるの?|法律・許可・メリット・改葬

    葬法を決める際に、土葬にしてほしいと希望する方は少なくありません。ですが、日本に土葬が可能な墓地はあるのでしょうか?今回は、日本の墓地で土葬をする方法について、そのメリットやデメリットも交えて解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

  • 日本のお墓の基礎知識や歴史、キリスト教徒のお墓事情などをご紹介のサムネイル画像
    日本のお墓の基礎知識や歴史、キリスト教徒のお墓事情などをご紹介

    日本のお墓は、いつ頃から現在のお墓の形になったのでしょうか。また、日本と海外のお墓の違い、特にキリスト教徒のお墓について気になりませんか。お墓を建てる際の手順や注意したいこと、お墓の色々な基礎知識などを取り上げてみたいと思います。ぜひ最後までお読み下さい。

  • 改葬の際の遺骨はどうする?遺骨の自宅保管の改葬手続きも解説!のサムネイル画像
    改葬の際の遺骨はどうする?遺骨の自宅保管の改葬手続きも解説!

    改葬を行う際、遺骨をどうするのかは大きな問題です。改葬先によって費用や手続きも大きく変わってきます。今回終活ねっとでは改葬の際の遺骨について、遺骨を取り出してから納骨するまでを中心に、自宅保管の手続きのやり方や費用まで詳しく解説していきます。

  • 改葬の際の再火葬の手順は?改葬先の選択肢や土葬の場合の対応も紹介のサムネイル画像
    改葬の際の再火葬の手順は?改葬先の選択肢や土葬の場合の対応も紹介

    将来的にお墓を守ってくれる方がいないという理由やお墓が遠くにあってお参りが大変という事情から改葬を行うという方が増えています。しかし、場合によっては改葬の際に再火葬をする必要があるというケースも見られます。果たして再火葬とはどのようなものなのでしょうか?

  • 土葬の改葬には火葬が必要?改葬の手順や費用・再火葬についても紹介のサムネイル画像
    土葬の改葬には火葬が必要?改葬の手順や費用・再火葬についても紹介

    様々な理由からお墓を改葬する方が増えてきています。皆さんは、改葬の内容をご存知ですか?また、最近では土葬の改葬をしたいという方も増えてきています。土葬の改葬の場合、火葬は必要なのでしょうか?今回は、そんな土葬後の改葬に火葬は必要なのか、詳しく紹介していきます。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事