納骨式での香典袋のマナーとは?|金額相場・表書き・種類・水引

納骨式での香典袋のマナーとは?|金額相場・表書き・種類・水引

納骨式について詳しく知っていますか?遺骨を納めるための式であることを知っている人はいても、金額や香典袋などまでしっかり知っているという人は少ないのでは?今回は納骨式のこと、そして香典袋のことなどを含めて紹介していきます。

最終更新日: 2020年03月11日

納骨式ってどんなもの?

お墓

納骨式とは、ご遺骨をお墓や納骨堂に納めるための式です。
お経を唱えてもらったり、お供え物をしたりします。
場合によってはそのあとに会食を設けることもあります。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

今回「終活ねっと」では、納骨式の香典に関して以下のような事柄を中心に紹介していきます。

  • 納骨式とは?
  • 納骨式の事前準備について
  • 香典袋の書き方や選び方
  • 袱紗について
  • 金額の相場とは?

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。
ぜひ最後までお読みください。

いつ行うのか

納骨式は、いつ行うものということは決まっていません。
多くの人場合、納骨式は四十九日の時に行われる法要と共に行われます。
また、火葬が行われたのちにすぐ行われることもあります。

ただ、納骨式を行う際、ご遺骨を納めるお墓の準備が整っていることが前提条件となります。
元々先祖のお墓がある場合ならすぐに納骨式を行うことは可能です。
しかし、急な出来事である場合が多く、お墓の準備が整っていないことも多々あります。

墓地がない場合は、墓地探しから始めなければなりません。
そのため四十九日に間に合わないということもあります。
その場合は一周忌や三周忌に納骨式を行うということもあります。

手元にご遺骨を持ち続けることは、少なからずリスクも伴うため、三周忌までには納骨式を行うと良いと言われています。

ご遺骨の保管方法

すぐに納骨式を行わない場合、基本的にご遺骨を自宅に持ち帰ります。
しかし置き場所がない場合などの事情によっては、寺院に預かっていただくこともあります。
ですが、寺院でずっと預かってもらえるわけではないので、はやくお墓を用意する必要があります。

ご遺骨の納骨先を探そう!

まだご遺骨の納骨先が決まっていない方は、「終活ねっと」のお墓探しをぜひご利用ください。
全国の霊園・墓地を、地域や宗派など様々な条件から検索することができます。

資料請求や電話対応も可能です。
(無料)

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

納骨式を行うためには事前準備が必要

お墓

納骨式を行うためには準備が必要になります。
ただ、急な出来事であることが多く、いざ納骨式の準備をしなければならないという場面になると焦ってしまうものです。

ここではどのような事前準備をしておけばいざという時に落ち着いて対応できるのかについて解説していきます。

お墓を建てる

まずは、お墓の場所やデザインなどの基本的なことを決める必要があります。
お墓を建てる際には、予算も重要な要素になってくるかと思います。
事前に見積もりなども可能ですので、そのようなサービスの活用をおすすめします。

また近年では、終活ノートに自分の希望するお墓を書き残す方も増えています。
亡くなられた方のの遺志が残っていないか確認した上で進めていく必要があります。

お寺に連絡

寺院への連絡も素早く済ませておくことをおすすめします。
僧侶の手配などは寺院側の調整も必要となるので、事前に行うことでその後の段取りがスムーズになります。

石材店に連絡

墓誌彫刻やお墓のふたを開ける作業がある場合、石材店への連絡も必要です。

ただ、お墓のふたを自分たちで開閉できるタイプもあります。
その場合は、ふたの開閉を石材店に依頼する必要はありません。

必要な書類を揃える

納骨を行うためには、埋葬許可書を管理者に提出する必要があります。
埋葬許可書がなければご遺骨を納めることができません。
埋葬許可証とは、火葬場の印が押された火葬許可証を指すことが一般的です。

参列者の確認、食事や引き出物の準備

納骨式に来てくれる人の連絡し、数が決まれば人数分の食事を用意します。
そして来てくれた人に香典返しとして引き出物を渡すのでその準備も行います。
引き出物はタオルやハンカチなどが多いです。

納骨式で持参する香典袋の作り方

香典

香典袋とは、法要や納骨式で香典を入れる際の包みで、不祝儀袋ともいいます。
書き方にはいくつものマナーがありますので、押さえておきましょう。

表書きの書き方

香典袋の表書きについてご説明します。
上半分に「御香典」、「御仏前」などとかきます。
この表書きは、宗派や時期によって異なるのでご自身の宗派や納骨時期をご確認ください。

そして、下半分には自分の名前を書きます。
人数にもよりますが、連名の場合は基本的にそのまま左横に並べて書きます。

水引きについて

香典袋には水引を使用します。
納骨式の際の香典袋では、白黒の水引を使うのが一般的です。

基本は毛筆書きで

香典袋には毛筆書きで書くのが一般的ですので、毛筆や筆ペンがいいとされています。
ボールペンなどの硬筆は避けた方が良いでしょう。

中袋は必要?

香典袋の中に入れる中袋は、お金を包むための封筒です。
基本お金は中袋で包み、香典袋に包みます。

中袋の表には入れた金額を、そして裏側には自分の名前と住所を書きます。
金額を書く時は、壱萬円といったような旧字体での表記が丁寧です。

また、下記の記事では香典袋の正しい書き方について詳しく紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

納骨式の香典袋に袱紗は必要?

葬儀

用意できるのなら、香典袋を包むための袱紗もあった方がよいでしょう。
袱紗は香典袋を包み、渡す直前に外します。
そして香典袋の下に袱紗を敷いて差し出します。
袱紗は差し出しませんので注意して下さい。

おめでたい席でも使用することができる、紫色の袱紗がおすすめです。
箱に入っているものだと、香典袋を差し出す時に台となるので便利です。

また、袱紗ではなくて切手盆を用いても構いません。

納骨式の香典金額相場

お墓

香典とくれば気になるのは、いくら包めばいいのかではないでしょうか。
香典袋に包む時は4や9など「死」や「苦」が連想されるような金額は入れないようにして下さい。
また、納骨式とあわせて会食がある場合もあります。
その際は、香典だけではなく食事代を多く包みましょう。

納骨式だけを行うときは

納骨式だけ行う場合の香典は1人あたり5千円~1万円くらいが相場とされています。
故人との関係性にもよりますが、納骨式に呼ばれるということは近しい関係の場合がほとんどだと思います。

四十九日に行うときは

四十九日に納骨式を行う場合は、法要や食事会なども一緒に行うことが多いので、金額は高くなります。
故人との関係性や年齢でも変わってきますが、5000円から5万円と言われています。
ちなみに納骨式のお金は、告別式の香典よりはやや少なめです。

また、下記の記事では四十九日の香典の金額相場についてより詳しく紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

一周忌・三回忌に行うときは

一周忌や三回忌に納骨式を行う場合は5000円~3万円が相場となります。
三回忌の頃には、親族のみとなることが一般的です。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

まだご遺骨の納骨先が決まっていない方は、「終活ねっと」のお墓探しをご利用ください。
無料で資料請求や電話対応も可能です。

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

納骨式の香典袋についてまとめ

お墓

いかがでしたか。
「終活ねっと」では今回納骨式の香典袋について解説してきました。
以下はこの記事のまとめになっております。

  • 納骨式とは遺骨をお墓に埋めるための式である。時期は特に決まっていないが多くの場合、四九日の法要と同じタイミングで行う。ただ、お墓の準備が整っていないと納骨は出来ないので注意が必要。

  • 事前準備としてはお墓の建立・寺院や石材店へ連絡・書類準備・参列者の把握などが挙げられる。

  • 香典袋は水引を用いる。表書きは一般的に「御香典」を用いる。基本的には能筆で書くと良い。そして香典を持っていく際には袈裟に包んで持っていくのがマナーである。

  • 香典費用の相場はシーンや故人との関係性で大きく変わる。納骨式のみの場合は5000円~1万円が相場とされている。四九日と同タイミングの場合は5000円~5万円
    、一周忌や三回忌と同タイミングの場合は5000円~3万円が相場とされている。

納骨式は基本的には、身内など近しい人で行うことが多いです。
しかし香典はしっかり包みましょう。
基本的な香典袋の書き方や包み方など紹介していますので、大人のマナーとしてしっかり頭に入れて置いて下さい。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 納骨式に参列する前に知っておきたい正しいマナーのサムネイル画像
    納骨式に参列する前に知っておきたい正しいマナー

    親しい人、家族、親戚が亡くなると慣れないことが多くて戸惑ってしまいますよね。特に、納骨式に参列する機会があまり無くてマナーが分からないという方は多いはずです。正しいマナーを知った上で納骨式へ参列するようにしましょう。

  • 納骨式とはなにか?~納骨式での香典の基本〜のサムネイル画像
    納骨式とはなにか?~納骨式での香典の基本〜

    心の準備もなくいきなりあるお葬式ですが、その後に行われる納骨式や香典など悩みどころがたくさんあります。 今回は、納骨式と香典についてまとめました。

  • 納骨式で失礼のないようにしたい!香典に関するマナーのサムネイル画像
    納骨式で失礼のないようにしたい!香典に関するマナー

    お通夜やお葬式よりもさらになじみの薄いのが納骨式ですよね。そんなよく知らない納骨式の香典やマナーなどを詳しくご紹介します。大人として知っておきたい納骨式における香典やマナーには、一体どのような事があるのでしょうか。

  • 納骨式後の食事の場におけるマナーについて解説します!のサムネイル画像
    納骨式後の食事の場におけるマナーについて解説します!

    遺骨を納めるための大切な儀式である納骨式。この納骨式の後に食事を行うことが多いのですが、どのように行われるか知っていますか?法要の食事の席では、挨拶など覚えておくべきマナーがあって大変です。今回は納骨式での食事の場におけるマナーなどを紹介していきます。

  • 納骨式はどんな流れで行う?|準備・当日・お布施・挨拶のサムネイル画像
    納骨式はどんな流れで行う?|準備・当日・お布施・挨拶

    お葬式と火葬が終了したら残すは納骨式のみです。知人友人のお葬式には参加したことがあっても納骨式に参加はしたことがなく、どんな流れで行われているのか知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では納骨式までの流れと、当日の流れをご説明します。

  • 納骨式を行う時間帯は?所要時間は?する時期はいつ?のサムネイル画像
    納骨式を行う時間帯は?所要時間は?する時期はいつ?

    葬儀の後は納骨式を執り行います。ただ、どれくらい時間を置いてから行うものなのか見当がつきますか?また、納骨式後に大事な予定が入っていた場合、納骨式にどれくらいの時間がかかるかの気になります。今回は、納骨式にかかる時間について調べてみました。

  • お墓への納骨式は四十九日に行われることが多い?のサムネイル画像
    お墓への納骨式は四十九日に行われることが多い?

    お葬式が終われば、お墓などに遺骨を納める納骨式のことを考えなければいけませんよね。では、納骨式と四十九日が一緒に行われることがなぜ多いのでしょうか?今回は、納骨式と四十九日法要についてと同日に行う場合のマナーを解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 「納骨しない」が現代人の新スタイル!気になる疑問を解説のサムネイル画像
    「納骨しない」が現代人の新スタイル!気になる疑問を解説

    身近な人が亡くなって49日が過ぎると「納骨」をしないといけないなぁと考えますよね。ですが、あえて納骨しないという選択をしている人も増えているのです。「納骨しないとまずいんじゃないの?」「納骨しないで供養できるの?」などなど、気になることをまとめてみました。

  • みんなどうしてる?無宗教は?知らないと困る納骨の方法!のサムネイル画像
    みんなどうしてる?無宗教は?知らないと困る納骨の方法!

    身近な人が亡くなった時って、慣れないことばかりで戸惑ってしまいますよね。特に、無宗教の家庭も増え、墓地や菩提寺が無いという家庭も珍しくありません。亡くなって納骨までの方法、無宗教の場合の一般的な納骨方法までまとめてみました。

  • 納骨の法要、かかる費用は?参列時の服装は?お布施の相場は?のサムネイル画像
    納骨の法要、かかる費用は?参列時の服装は?お布施の相場は?

    告別式、お葬式を終え、四十九日を迎えれば納骨ですね。いざ納骨となると、法要の費用はどれくらいかかるのか、挨拶はどうしよう、参列するときの服装は?と分からないことだらけでしょう。そんな納骨の法要にまつわる疑問に答えていきます。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事