アメリカのお墓事情を解説。土葬?火葬?値段は?

アメリカ人の親しい友人でもいない限りは、アメリカのお墓事情や、お墓に対する考え方などに興味を持つことも無いかもしれませんね。日本とはお墓に対する考え方も少し違うようですよ。でも、故人を弔う気持ちにには違いはありません。今回はアメリカのお墓事情のご紹介です。

目次

  1. アメリカのお墓にはどんな特徴があるのか
  2. アメリカのお墓の歴史
  3. アメリカのお墓は土葬なの?
  4. お墓を立てる際の費用は?
  5. アメリカのお墓に書かれた文字の意味は?
  6. アメリカの墓参り
  7. アメリカの墓について まとめ

アメリカのお墓にはどんな特徴があるのか

お墓

アメリカ、国土の面積は日本の約26倍、人口は約2.5倍。

日本とはお墓については少し事情が異なるようです。

埋葬の仕方や葬儀の内容、そしてお墓に対する考え方などの多くが日本とは少し異なっています。

一方で、時代とともに変化もし、お互い、似通った部分も出てきているようです。

アメリカのお墓事情を探ることは、日本の葬儀やお墓の在り方の参考にもなるかもしれませんね。

それではアメリカのお墓について解説して生きます。

是非最後までお読みくだださい!

アメリカのお墓の歴史

アメリカのお墓の歴史は、概ね3つに分けることが出来るようです。

1つは、graveyardと呼ばれる墓地の薄い板状墓石が特徴な植民地時代のお墓です。


2つめは、独立後の1830年代に始まった墓地改革で誕生した、美しく植栽された田園墓地(rural cemetery)、や庭園墓地(garden cemetery)と呼ばれるお墓です。

3つめは、19世紀後半に始まり、現代にも続く、より効率的・合理的に設計され、アクセスを考えた比較的小規模な公園のような景観の墓地「memorial park」です。
田園墓地や庭園墓地などでの成功で誕生した、多くの競争相手の墓地に打ち勝つために、よりブラッシュアップした墓地と言って良いかもしれません。

アメリカのお墓は土葬なの?

アメリカのお墓と言うと、映画などのシーンで見られる、棺を埋葬する土葬のイメージですが、

アメリカでも火葬を望む人が増え続け、地域によって異なりますが、ニューヨークやカルフォルニアなどの都市部では火葬が40%を超えるような地域もあるようです。

火葬が増えた理由の背景には、従来の土葬による法外な費用を請求する葬儀社への批判の意味もあり、「より衛生的で費用を節約できる」として、火葬が広まっているようです。

ただ、その火葬と言っても、少し日本とは様子が違っています。

伝統的な土葬

日本では現在、ほぼ100%が火葬です。

昭和期の初めまで、広く行われていた土葬が日本で廃れた理由の一つは、
「腐敗した遺体が原因の感染症」の恐れがあったとされています。

一方、アメリカの土葬では、遺体が腐敗しないようエンバーミングと呼ばれる処置を行い感染症の原因となるのを防いで埋葬します。

腐敗を引き起こす血液を抜き、防腐剤を注入したり、外観を整えるのがエンバーミングです。

処置の内容によっても違ってきますが、相当な期間常温での遺体の保存も可能になるようです。

一言付け加えると、土葬とキリスト教は、さほど深い関係はないのだそうです。

火葬をする場合も

アメリカでも意外に割合が多い火葬、先ほど書いたように費用面(火葬の方が安く済む)に加え、故人が、「海や山への散骨を望んだ」などの場合もあるようです。

アメリカでの火葬は、日本よりはるかに強い火力のため、骨は殆ど残らず、更に粉砕してしまうため、残るのは遺灰のみです。

日本では、遺族でお骨ひろいをします。

お墓を立てる際の費用は?

お墓

アメリカのお墓事情を見てきました。

さて、実際、アメリカのお墓の値段はどうなんでしょう?

墓地の使用料

アメリカの墓石も、日本と同じで、墓石の費用に加えて文字などの刻印費用が追加となります。

墓地の使用料は、立地条件などにより様々ですが、平均的には2500$程度とされています。
その料金の内訳は、

  • 埋葬区画:600$~
  • 棺を土から守る覆い:600$~
  • 棺の埋葬作業:500$~
  • 墓石:500$+(刻印費用)~
  • +諸費用

です。
この費用に加え、葬儀の費用が必要になります。

土葬の場合の値段

土葬の費用は平均で約7,200$程度。

但し、地域や葬儀社によっても異なるようです。

火葬の場合の値段

火葬の場合は約1,400$程度。

遺灰は散骨されたり、骨壺に収め遺族の家のリビングに置かれたりもするそうです。

アメリカの骨壺は材質はセラミックや金属など、意匠も様々です。
ショッピングセンターなどでも購入できます。

アメリカのお墓に書かれた文字の意味は?

墓石に文字を刻み、故人を偲ぶ習慣は洋の東西を問いません。

最近は、故人の氏名、亡くなった年月日のみを記した、素っ気ない墓石も増えているようですが、
死者のためだけではなく、私たちの心に残るような文章も少なくありません。

R.I.Pの意味は?

欧米の墓石によく刻まれる「R.I.P」

元々は、ラテン語の「 Requiescat in Pace 」の頭文字です。

その意味は 「安らかに眠れ」。です。

他にもどんなものが?

中には、ユーモアあふれる文字もあります。

これは、ある医師の墓石には

「ここに医師リチャードが眠る
この霊園に眠る死者の半分は彼の患者だった」

と彫刻されていました。興味深いですね。

アメリカの墓参り

お墓

日本では、年に数回のお墓参りは、普段の暮らしに定着して久しいものですが、アメリカはどうでしょうか?

アメリカには「お墓参り」の習慣は、一般的では無いようです。
でも、アメリカ人が薄情ということではありません。
いつも、心の中で弔っているんです。

キリスト教の文化では、「死者の魂は神の御許に赴く」との考え方からか、お墓へは葬儀のときだけとか、広い国土で離れた場所には行きづらいなどの事情もあり、お墓参りの習慣はありません。

どちらかと言えば、「故人は、いつも心の中にいる」との考え方です。

アメリカの墓について まとめ

お墓

アメリカのお墓について解説しました。いかがでしたか?

植民地時代の文字通りの墓地に始まり、田園墓地や庭園墓地への変化していったんですね。

宗教観の違いもあり、お墓の様子も日本とは少し違うようですが、故人を弔う気持ちに変わりはありません。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「アメリカ・お墓」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「アメリカ・お墓」についてさらに知りたい方へ

アメリカで火葬が急増中?費用や遺骨の扱いについても紹介します!のサムネイル画像

アメリカで火葬が急増中?費用や遺骨の扱いについても紹介します!

アメリカはなぜ土葬が主流!理由と埋葬方法を詳しくご紹介!のサムネイル画像

アメリカはなぜ土葬が主流!理由と埋葬方法を詳しくご紹介!

日本のお墓の基礎知識や歴史、キリスト教徒のお墓事情などをご紹介のサムネイル画像

日本のお墓の基礎知識や歴史、キリスト教徒のお墓事情などをご紹介

墓地で土葬をお考えの方、日本でもできるの?法律は?のサムネイル画像

墓地で土葬をお考えの方、日本でもできるの?法律は?

日本にも土葬ができる墓地があるの?アメリカは?のサムネイル画像

日本にも土葬ができる墓地があるの?アメリカは?

あなたは知ってますか?アメリカのお葬式事情。のサムネイル画像

あなたは知ってますか?アメリカのお葬式事情。

海外の墓地・霊園事情は?外国人から見た日本のお墓についても紹介!のサムネイル画像

海外の墓地・霊園事情は?外国人から見た日本のお墓についても紹介!

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!のサムネイル画像

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!

土葬と火葬の違いって?歴史や国による違いも解説のサムネイル画像

土葬と火葬の違いって?歴史や国による違いも解説

世界のさまざまなお墓について調査しました!のサムネイル画像

世界のさまざまなお墓について調査しました!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「アメリカ・お墓」についてさらに知りたい方へ

アメリカで火葬が急増中?費用や遺骨の扱いについても紹介します!のサムネイル画像

アメリカで火葬が急増中?費用や遺骨の扱いについても紹介します!

アメリカはなぜ土葬が主流!理由と埋葬方法を詳しくご紹介!のサムネイル画像

アメリカはなぜ土葬が主流!理由と埋葬方法を詳しくご紹介!

日本のお墓の基礎知識や歴史、キリスト教徒のお墓事情などをご紹介のサムネイル画像

日本のお墓の基礎知識や歴史、キリスト教徒のお墓事情などをご紹介

墓地で土葬をお考えの方、日本でもできるの?法律は?のサムネイル画像

墓地で土葬をお考えの方、日本でもできるの?法律は?

日本にも土葬ができる墓地があるの?アメリカは?のサムネイル画像

日本にも土葬ができる墓地があるの?アメリカは?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと