お墓が維持できなくなる前に、墓じまい・永代供養を知っておこう

お墓が維持できなくなる前に、墓じまい・永代供養を知っておこう

少子化や地方の過疎化が進む現代で、墓じまいや永代供養という言葉を聞くようになりました。先祖代々、そしていつかは自分たちが眠るであろうお墓の未来に少しでも不安があるようでしたら、ぜひ墓じまいや永代供養について知っておきましょう。

最終更新日: 2020年02月14日

墓じまいという選択肢

お墓

墓じまいをしたいという方の事情は様々です。
遠方に住む子供に負担をかけたくない、継ぐ子供がいない、自分自身が高齢のために墓参りができない、宗教的な感覚が変わってきた、維持費用が負担になっているなどなど。

先祖代々の歴史あるお墓も高額な費用のかかったお墓だからこそ、墓じまいの決断をするのは勇気がいるかもしれません。
しかし少子高齢化の社会では、墓守をする人が足りなくなっていくのは自然なことなのです。

もしも誰もお墓のお世話ができずにお墓が荒れてしまうなら、墓じまいをするほうがご先祖様を大切にしている行為ともいえます。

そういった状況に合わせて、永代供養と呼ばれる供養方法を選ぶ方も増えてきています。

今回「終活ねっと」では、以下の順番で墓じまいと永代供養について解説していきます。

  • 墓じまいに必要な手続き

  • 墓じまいの後の遺骨は?

  • 永代供養のメリット

  • 永代供養のデメリット

  • 墓じまいにかかる費用

  • 墓じまいの費用に関するトラブル

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

墓じまいや永代供養に関する知識を身につけ、今あるお墓をどうするか最適な判断ができるといいですね。
ぜひ最後までお読みください。

実際に墓じまいを検討されている方は、「終活ねっと」の墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまいに必要な手続き

お金

墓じまいをするには、下記の手順で手続きをします。
すべてを代行する業者もありますが、下記の流れを把握しておくとよいでしょう。

1. 親族、寺院に墓じまいについて相談

先祖代々のお墓をたたむということは、一族にとってとても大きな出来事です。
後々トラブルにならないように、親戚全員の許可を得ましょう。
また、檀家となっているお寺がある場合は、必ず相談しましょう。

2.改葬先の決定

取り出した遺骨は新しく別のお墓に移すのか、永代供養をお願いするのか、また別の形で管理するのかを決めます。
改葬の場合は、新しい墓地の契約や墓石の準備が必要になります。

3.書類の準備

まず必要なのは「埋葬許可証」です。
埋葬許可証は元のお墓のある墓地の管理人に発行してもらいます。
次に「受け入れ証明書」を準備します。
受け入れ証明書は、移転先の墓地の管理人や、永代供養をお願いするお寺に発行してもらいます。
最後に、「改葬許可申請書」を用意します。
役所でもらえます。

4.改葬許可申請

埋葬証明書と受け入れ証明書、改葬許可申請書を提出したら、改葬許可証が発行してもらえます。
これで公的な手続きは終了です。

5.業者に依頼

業者には石材店とお墓の解体専門業者があります。
業者によって見積もりの価格が変わるので、少なくとも2~3社から見積もりをとるようにしましょう。

寺院や墓地によっては、提携している石材店がありますので、確認してみてください。
墓じまいの平均費用は160〜230万円です。

6.遺骨の保全

依頼する業者が決まったら、いよいよ遺骨取り出しの作業に入ります。
作業を開始する前に供養をしてもらう必要がありますので、お寺にお願いしておきましょう。

7.墓石の撤去

墓域をまっさらにし、お寺や墓地にお返しします。

墓じまいのあとの遺骨は?

お墓

墓じまいの後取り出した遺骨はどうしたらいいか疑問に思う方も多いと思います。
様々な供養方法を選べるので、最適なものを選びましょう。

永代供養墓に移す

永代供養とは、寺院や霊園が一定期間にわたって遺骨を管理、供養することです。

17回忌、33回忌、50回忌までは納骨堂で個別に遺骨を安置して、後に合祀墓(ごうしぼ)という共同のお墓に入れられる場合や、最初から合祀墓に入る場合など、管理する所によって違いがあります。

散骨・樹木葬など

散骨とは、陸、空、海に粉末状にしたお骨を撒く埋葬法で、近隣の迷惑にならない場所などいくつかの条件をクリアした場合に行えます。

地域により、散骨は条例で規制されいますので、個人ではなく散骨サービスを取り扱っている業者に相談しましょう。

敷地に墓石の代わりに樹木を植えて、その下に遺骨を埋葬することを樹木葬といいます。

ひとつの樹木に複数の遺骨を埋葬するタイプと、個別に木を植えて埋葬するタイプがあります。
樹木の種類は桜、クスノキ、ハナミズキなどさまざまです。

永代供養については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

永代供養墓のメリット

お墓

永代供養のメリットは大きく分けて2点あります。

1つは土地や墓石の費用がかからず、管理費も安く抑えられます。
最初から合祀墓に入る場合の相場はおよそ5万円~10万円、納骨堂に入る場合は10万円~100万円で安置してもらう期間で値段が大きくかわります。

その後の管理費や年会費は不要な場合が多いです。
お墓を立てる時の相場は120~200万円なので、費用はかなりおさえられます。

もう1つのメリットはお墓を親族が管理する必要がなく、場所も交通の便が良い場合が多いので身心共に負担が少ないことです。

実際に永代供養ができる霊園・墓地をお探しの方は、地域別の比較が可能な「終活ねっと」のお墓探しをぜひご利用ください。

永代供養をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

永代供養墓のデメリット

お墓

永代供養のデメリットは合祀墓に安置されると他の故人の遺骨と一緒に眠ることになり、2度と取り出せないことです。
後に子孫が新しくお墓をたてても、そこに入ることはできなくなってしまいます。

また、永代供養は従来のお墓と形式がかわってしまうことから親族、家族間でのトラブルになってしまうこともあります。
お墓があることで確認できる故人と自分たちの絆、それぞれの立場や価値観についてもきちんと話し合ってから永代供養に変えましょう。

墓じまいに必要な費用

お金

墓じまいに必要な費用はお墓の撤去費用と抜魂式、離檀料といったお布施の費用が主なものです。

以下を参考に余裕を持った費用計画を立てましょう。

お布施

お布施には主に離檀料と抜魂式の際のお布施があります。

離檀料とは、墓じまいして檀家をやめる時に支払うお布施のことです。
今までお世話になった感謝の気持ちで、墓じまいのあとその墓地で永代供養に切り替える場合は支払う必要はありません。

法要の1回分がおよその相場となっています。

抜魂式の際のお布施は3万円〜5万円が相場になっています。

お墓の撤去費用

撤去費用はお墓の広さなどによって大きく変わってきます。
重機が入らないなどの理由によって手作業で行われると費用が高くなることもあります。

複数の石材店から見積もりを持らうようにしましょう。

墓じまいの費用については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

墓じまいの費用をめぐるトラブル

困った人々

墓じまいをすることが増えた昨今ではトラブルも増えてきているようです。

檀家が減るということはお寺にとっては死活問題になります。

たとえば離檀料を法外な値段で請求して墓じまいをやめさせようとすることもあります。
離檀料はあくまでこちら側の今までお世話になった感謝の気持ちです。

誠意を持って離檀の事情を話しましょう。

それでも法外な請求をやめない場合には、払いませんと強く出ることも大切です。
行政書士や弁護士などの法律の専門家に相談することも可能です。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

「終活ねっと」では、墓じまいの相談を承っております。
墓じまいに必要な行政手続きから、改葬先の手配までしっかりとサポートいたします。
墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ「終活ねっと」の墓じまいをご利用ください。

墓じまいのトラブルについては、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

墓じまいと永代供養についてまとめ

お墓

いかがだったでしょうか?
今回「終活ねっと」では墓じまいと永代供養に関した以下のことを解説してきました。

  • 墓じまいは各所への申請の後、石材店を探す、抜魂式を執り行う、実際にお墓を撤去する、の順番で行う。

  • 永代供養墓は費用が抑えられ、心身共に負担の少ない供養方法である。

  • 永代供養墓には一度供養すると取り出せないことや、親族間のトラブルの原因となるといったデメリットもある。

  • 墓じまいには主にお布施とお墓の撤去費用がかかる。

  • 墓じまいに関するトラブルには、寺院が法外な離檀料を請求するものなどがある。誠意を持った態度で離檀を申し出て、それでも法外な請求を取りやめない場合は、弁護士や行政書士に相談することも可能。

墓じまいや永代供養の準備には少しばかり時間と労力、それにまとまった費用が必要です。
先々のことを考えるなら、元気なうちに行動に移した方が良いかもしれませんね。

供養の仕方は多様化してきています。
しかしどんな形でも人の心の在り様だけは変わりません。

家族としっかり話し合い、やってよかったと思える墓じまいや永代供養ができたらと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「終活ねっと」では他にも墓じまいに関する様々な記事を掲載しております。
ぜひご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きと費用について解説しますのサムネイル画像
    お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きと費用について解説します

    近年、お墓の管理の負担、後継者不足などを理由に墓じまいをされる方が増えています。しかし、お墓の撤去にはかなりの費用や時間が必要です。墓じまいをするためには、どんな手続きや手順が必要なのでしょうか?今回は、墓じまいの手続きについて解説します。

  • 墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介のサムネイル画像
    墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介

    代々受け継いできたお墓だけど、管理するのが難しくなってきて墓じまいを検討した時、困るのは遺骨の行き先です。最近では、墓じまい後の供養方法の多様化に伴い、遺骨の管理の仕方にも様々な方法があります。今回は、そんな墓じまい後の遺骨の管理方法について詳しく紹介します。

  • 墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説しますのサムネイル画像
    墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説します

    墓じまいは、お墓がある以上いずれ真剣に考えなければいけない事かもしれません。 今回は、墓じまいに関する費用の相場や、様々なケースでかかる費用を中心に 墓じまいで行う儀式、墓じまい後に行う作業などごご紹介します。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像
    墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

    終活を始める時、お墓の行く末も不安の種だと思います。最近では、お墓が遠いことや継承者がいないといった理由からお墓を墓じまい・改葬をする方も増えてきています。今回はそんな墓じまい・改葬をする際の方法や費用、墓じまい後の遺骨の供養方法について詳しく紹介します。

  • 墓じまい・改葬に必要な料金はどのくらい?料金相場を詳しく紹介!のサムネイル画像
    墓じまい・改葬に必要な料金はどのくらい?料金相場を詳しく紹介!

    ご先祖様のお墓を継ぐ人がいなくなってしまった場合は墓じまいをしなければなりません。墓じまいをしないと、そのお墓は無縁仏になってしまいます。では、墓じまいにはどれほどの料金が必要で、内訳はどうなっているのでしょうか?今回は墓じまいの料金について詳しく紹介します。

  • お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!のサムネイル画像
    お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!

    お墓の跡を継ぐ人がいない場合、お墓をどうすればよいのでしょうか。今回「終活ねっと」では、お墓の後継ぎがいない場合の解決策や墓じまいの方法・費用などについて詳しくご紹介していきます。お墓の後継ぎがいない方必見の内容となっております。是非ご覧ください。

  • 「墓じまい」とは何?墓じまいの流れや必要な費用は?のサムネイル画像
    「墓じまい」とは何?墓じまいの流れや必要な費用は?

    将来お墓を守ってくれるという方がいなくて困っていませんか?そこでおすすめなのが墓じまいや改葬という選択肢です。最近、墓じまいをする方が増えてきています。ただ、墓じまいや改葬とはどのようなものかがわからないという方も多いでしょう。そこで今回は、墓じまいや改葬とはどのようなものかを徹底解説していきます。

  • 墓じまいに必要な経費は?費用相場や費用を支払う際の注意点を紹介!のサムネイル画像
    墓じまいに必要な経費は?費用相場や費用を支払う際の注意点を紹介!

    大切なご先祖様へのお墓参りですが様々な理由で行けずにお墓の手入れができなくなってしまうことも。そこで注目されているのが改葬や墓じまい、一体いくらの経費がかかるのでしょうか。今回はそんな改葬や墓じまいに必要な経費や相場、また費用を支払う際の注意点を紹介します。

  • 墓じまい・改葬は弁護士が代行してくれる?手順と費用も解説!のサムネイル画像
    墓じまい・改葬は弁護士が代行してくれる?手順と費用も解説!

    お墓を継ぐ者がいない、お墓が遠方で管理できないといった理由で、墓じまいや改葬を選ぶ人が増えています。何かと複雑な墓じまいの手続きですが、弁護士に依頼することはできるでしょうか。今回は、墓じまいや改葬を弁護士に頼む場合の手順や費用について詳しく紹介していきます。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す