お墓を処分してしまう!?墓じまい・改葬の手順と費用について解説

先祖代々のお墓を守っていくために、と子孫繁栄を願ったのは昔の話。ライフスタイルの変化や少子化でお墓を守っていくのが難しくなり処分を考えている人も増えてきました。今回は、お墓を処分する「墓じまい」について、どんなことをするのか紹介します。

目次

  1. お墓の処分について
  2. お墓の墓守がいない場合は?
  3. お墓を処分する際に必要な手続き
  4. お墓の処分にかかる費用
  5. 処分の後の遺骨は?
  6. お墓の処分についてまとめ

お墓の処分について

お墓

家長制度の時代は、長男が家の財産をすべて引き継いで、家や墓を守っていました。
婿養子を取って家系が絶えないようにしたり、と昔の人もいろいろと苦労をしてお墓を維持してきました。

生まれ育った地で生涯を送るのが多かった時代でも苦労したお墓の継承。
今では転勤や引っ越しで、生まれた地で生涯を終える人が減っています。
少子化で子どもが少ない、またはいない場合もあります。

このような理由でお墓を継ぐ人がいない家が増えたことで、お墓の処分ってどうしたらいいの?と考える方も多いでしょう。

そこで今回終活ねっとではお墓の処分を指す墓じまいについて、以下の順番で説明していきます。

  • お墓の墓主がいない場合は?
  • お墓の処分に必要な手続き
  • お墓の処分にかかる費用
  • お墓の処分後の遺骨は?

お墓の処分について困った際、参考にしていただければ幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

実際に墓じまいを検討されている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

お墓の墓守がいない場合は?

困った人々

お墓参りに行くと、無縁仏様がいらっしゃいます。
子どもの頃、「お墓を守る人がいなくなると、処分されてここに入るんだよ」と聞いたことがあります。

大家族が多かったのは昔の話。子どもの数が減り、子どもがいない家も増えています。
そんな時、今お墓を管理している人が亡くなって新しくお墓を守ってくれる人がいない場合、お墓は処分されてしまうのでしょうか?

そして、どうすればそのような事態を避けられるのでしょうか?
詳しく説明していきます。

永代供養に改葬する

菩提寺や霊園には、永代供養を行うお墓が設けられている場合があります。
個々にお部屋を用意している場合と、合葬して目印に樹や仏様の像が安置されている場合もあります。

最近では今のお墓を処分して、永代供養のお墓にうつす人が増えています。
いずれも最初に費用がかかるだけで、管理者に永代に渡って供養をしていただくことができます。

散骨・手元供養をする

最近、散骨や手元供養などお墓を持たないかたちを選ぶ人が増えています。

散骨とは、遺骨を粉骨した後に海や川に撒くといった供養方法です。
手元供養は遺骨をお墓ではなく、自分の手元に置いて供養することを指します。

どちらもお墓を持つ必要がなく、費用も安く抑えられるため、墓じまいの後の供養方法として選択される方が増えています。

終活ねっとでは、他にも様々な供養方法を解説した記事を掲載しています。
ぜひ合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養にも種類がある?それぞれの供養の特徴についてまとめました

永代供養といっても、いろいろな形と種類があります。 供養とはご先祖様のこと、家族のこと、そしてその次の世代の子孫のこと。 永代供養のいろんな種類と、それぞれの特徴について詳しくまとめてみました。 ご家族のカタチに合った永代供養があるかもしれません。是非ご覧ください。

お墓を処分する際に必要な手続き

お金

お墓を処分する時には、どのような手続きが必要でしょうか?

ご先祖様がいらっしゃったから今の自分たちがある。
そんな感謝の気持ちをもって気持ちよくお墓を処分しましょう。

親族間で意思の確認をしよう

お墓に連なる親族が自分一人ならいいのですが、他に親族がいる場合は、墓じまいをしようと考えていることを伝えましょう。

勝手にお墓を処分してしまってから意見を言われると、トラブルの原因になります。
まずはこちらの意向を伝えて、気持ちよく同意してもらえるよう誠意を持って確認しましょう。

霊園や墓地の管理者にも報告

親族間で墓じまいの同意ができたら、お墓の管理者に伝えましょう。
墓地は更地にして返す必要があります。
その方法なども教えてもらうといいでしょう。

霊園によっては指定の業者や石材店がある場合もあります。
勝手に処分してトラブルにならないために、しっかりと相談しましょう。

終活ねっとでは墓じまいの際に起きやすいトラブルについても解説しています。
ぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

墓じまい・改葬をする前に、起こりうるトラブルを知っておこう

少子化が進み、先祖代々のお墓も管理を引き継ぐ人がいなくて、お墓が荒れ放題ということも少なくない昨今。ワイドショーでも「墓じまい」を特集することもありますが、そんな「墓じまいに関するトラブル」も発生しています。今回はそんな墓じまいに関するトラブルを紹介します。

お墓の処分にかかる費用

お金

お墓を処分する時には、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?
現在のお墓の大きさや立地によって差がありますが、解説していきます。

必要書類

お墓を処分する際に必要な書類の費用です。

埋葬証明書は500円程度の手数料で発行してもらえます。

改葬する場合は、改葬許可証が必要です。
300円程で発行してもらえます。

いずれも遺骨一体につき1枚必要です。

お墓の処分

お墓の処分には場合によってはかなりの高額な費用がかかります。
主な費用について紹介していきます。

まず、お墓が寺院墓地である場合は、お墓の処分は離檀にあたるので離檀料が発生します。
付き合いの深さや長さを考えて、5万円〜20万円前後が必要となります。

墓石を処分して区画整理する場合は、1平方メートルあたり20万円が相場です。
墓地は更地に戻して返却する必要があります。

そのため、お墓の広さによって費用に差が出てきます。

墓地に納められている遺骨の取り出しには、一体につき1万円以上かかります。
自分で取り出す場合は不要ですが、重い墓石等を動かす必要があるので、専門業者への依頼をお勧めします。

またお墓の処分の前、僧侶に墓石から魂を抜く閉眼供養をしてもらう必要があり、そのお布施として2万円〜5万円が必要となります。

墓じまいの料金については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

墓じまい・改葬に必要な料金はどのくらい?料金相場を詳しく紹介!

ご先祖様のお墓を継ぐ人がいなくなってしまった場合は墓じまいをしなければなりません。墓じまいをしないと、そのお墓は無縁仏になってしまいます。では、墓じまいにはどれほどの料金が必要で、内訳はどうなっているのでしょうか?今回は墓じまいの料金について詳しく紹介します。

処分の後の遺骨は?

お墓

墓地から取り出した遺骨を永代供養や改葬する場合は、その手続きが必要です。

私達が家を引っ越すように勝手にはできませんので、気をつけましょう。
分からない時は、業者さんや霊園の管理者さんに相談するといいですね。

書類を揃える

まず改葬先から受入証明書をもらいます。
改葬地のある自治体から、改葬許可申請書をもらいます。

今ある墓地からは、埋葬証明書をもらいます。
以上3点を今ある墓地の自治体に提出します。

これによって改葬許可証が発行され、手続きは完了です。

墓石から魂を抜く

お寺さんにお経を読んでもらって、仏様の魂を抜く、閉眼供養を行います。
魂が入ったままの状態で、墓じまいすることはできません。
業者やお詣りいただいているお寺さんなどに相談して、供養をしてもらいましょう。

改葬する場合には、お寺さんにお経を呼んでもらって魂を入れる、開眼供養を行います。

改葬する場合

今のお墓の処分が整ったら、遺骨を新しい墓地に改葬しましょう。

個別に埋葬する墓地や、合葬してくれる墓地、永代供養してくれる墓地など様々あります。
いずれにしても、お詣りしやすい場所がいいですね。

散骨や手元供養の場合

お墓を作っても参拝してくれる人もいないし、故人の好きな場所で散骨したい、そんな人もいます。
勝手に散骨する訳にはいきませんので、専門の業者に相談して、粉骨してもらい適切に散骨しましょう。

手元に置いて供養したい場合は、遺骨を洗って殺菌消毒する必要があります。
故人ではなかなか難しいので、こちらも業者さんに相談するといいですね。

土葬の場合

今は火葬して埋葬していますが、昔や地域によっては土葬で埋葬されている場合があります。
個人では対処できないので、墓じまいの際の専門家に相談しましょう。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

終活ねっとでは、墓じまいの相談を承っております。
墓じまいに必要な行政手続きから、改葬先の手配までしっかりとサポートいたします。
墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ終活ねっとの墓じまいをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

お墓の処分についてまとめ

お墓

今回終活ねっとではお墓の処分に関して、以下のことを解説してまいりました。

  • お墓の墓主がいない場合、永代供養やお墓を持たない形の供養を選ぶことで無縁墓になることを防げる。
  • お墓の処分には、親族・墓地管理者から許可を取り、しっかりと相談する必要がある。
  • お墓の処分には主に必要書類の手数料、寺院墓地である場合の離檀料、お墓の撤去・整地費用、お布施代がかかる。
  • 遺骨は書類を提出した後、改葬や散骨、手元供養など様々な供養先から選び供養する。

これから先もずっと守っていってもらえる場合には不要ですが、子どもがいない、孫がいない、という家庭も増えています。

子どもに負担をかけないために、親の代で決断することも大切です。
お墓の処分、というとご先祖様に申し訳ないと感じる方もいらっしゃいますが、お詣りする人がいないのなら、今のうちに適切に対処する方が供養になるのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは他にも墓じまいに関する記事を多数掲載しております。
ぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

墓じまいの際によくある相談とは?墓じまいに関する悩みを解決します

実家のお墓を近くの霊園に改葬したいけれど、墓じまいをどうすればいいのか分からなくて困っている方は増えてきています。お墓を改葬するときに最初に行う墓じまいについて、よく聞かれる相談や悩みごと、お悩みの相談先についてもご説明します。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・処分」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・処分」についてさらに知りたい方へ

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介

墓じまい・改葬に必要な料金はどのくらい?料金相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどのくらい?料金相場を詳しく紹介!

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明しますのサムネイル画像

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明します

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?のサムネイル画像

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?

お墓を手放すにはどうすればいい?墓じまいについて徹底解説しますのサムネイル画像

お墓を手放すにはどうすればいい?墓じまいについて徹底解説します

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

曹洞宗の墓じまいにかかる費用は?墓じまいの手順・流れもご紹介!のサムネイル画像

曹洞宗の墓じまいにかかる費用は?墓じまいの手順・流れもご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・処分」についてさらに知りたい方へ

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介

墓じまい・改葬に必要な料金はどのくらい?料金相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどのくらい?料金相場を詳しく紹介!

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明しますのサムネイル画像

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと