遺骨をブレスレットに?新しい供養の形を探ります!

遺骨をブレスレットに?新しい供養の形を探ります!

手元供養にもいろいろなスタイルがあります。ブレスレットなどアクセサリーに遺骨を入れて身に着ける形、骨壺に入れて家で管理する形。遺骨が入っているとは思えないブレスレットデザインで今の生活スタイルにあう供養の形を紹介します。

2018-05-26

遺骨を納める納骨ブレスレット

大切な家族が突然逝ってしまった喪失感は大変な大きなもの、亡くなった後もいつでもそばに感じていたいと、そんな気持ちを汲み取ってくれるのが、遺骨ブレスレットです。

例えば、もっとお墓参りに行きたいと思うけれど、お墓が遠方に合って頻繁に行くことができなかったり、実家にお仏壇はあるけれど、自分の身近に故人を感じていたい、など理由は様々ですが、遺骨ブレスレットという選択肢を選ぶ方は年々増えてきています。

ソウルジュエリーとは

ソウルジュエリーとは、遺骨の一部を中に入れることができるタイプのアクセサリーで、最近では亡くなった人を身近に感じることができると、年々人気が上がってきました。

ジュエリーというだけあって、様々な形があり、個人様の想いにかなう品物がたくさんそろっています。

遺骨をアクセサリーにするのは良いの?

遺骨をアクセサリーにする、少し前では考えられなかった新しい供養の形です。

遺骨を「身に着ける」というのは、ある意味、「分骨」という考え方にあたります。
分骨は昔から行われている事であり、なんら問題はありません。
遺骨を分けるということに眉をひそめる方がおられるのも事実ですが、宗教上、法律上、ともに全く問題はありません。

一番大切なのは「供養したいと思う心」であり、遺骨を身に着けることも一つの供養だと言えるでしょう。

手元供養とは?

手元供養とは納骨を行わず、自宅に遺骨を置き、供養するという形の事を指します。
遺骨全てではなく、一部の場合もあり、その場合は「分骨」という形になります。
後々、納骨する場合の事も考えて、火葬の際に「分骨証明書」を発行してもらうと良いでしょう。

骨壺

小さな骨壺に遺骨を入れて手元で供養する形です。
骨壺にも自宅に飾って不自然のない、デザイン性に富んだものがたくさんそろっています。

プレート

遺骨をパウダー状にしてセラミックのプレートに加工する形です。
故人の名前やイラスト、写真などを刻むことができ、メモリアルの品としてシンプルで部屋を選ばない品物になっています。

オブジェ

遺骨でガラスや人口石を作り、オブジェに加工します。
デザイン性が高く、おしゃれなメモリアルアートです。

アクセサリー

ブレスレットにお骨を入れるなど、常に身に着けておくことができる手元供養の形です。
身に着けることでいつも個人の事を想うことができると、最近人気がますます高まっているようです。

遺骨をアクセサリーに

遺骨をアクセサリーに入れ、常に身に着ける癒しのアイテムです。
一口にアクセサリーと言ってもたくさんあります。
どんなものがあるのか、一つ一つ見ていきましょう。

ブレスレット

写真のように、革製のブレスレットもあれば、ゴールドやプラチナのものもあります。
いろいろなデザインがありますから、自分の好みに合ったものを選ぶとよいでしょう。

ブレスレットは男性がつけても格好の良いデザインもあります。

ペンダント

ペンダントもいろいろなデザインがあります。
筒状になっているもの、ハートなどモチーフに遺骨を入れるタイプのもの。
また、ロケットになっていて、遺骨と写真を入れられるタイプもあります。

数珠

パウダー状にした遺骨をガラスで包み込んだソウルストーンを親玉に使用した数珠があります。
祈りの気持ちと、故人を想う気持ちが重なってより癒される品になっています。

リング

遺骨を納めているのにとても華奢なデザインのものもあり、人に見られても何も違和感がありません。
メッセージを彫ることもできるうえ、男性用のリングもあります。

価格はどれくらい?

それぞれ品物によって価格は変わりますが、目安としてご参考になさってください。

アクセサリー 1万円~
骨壺 1万円~
プレート 15万円~
オブジェ 5万円~

それぞれ品物によって名前、メッセージ入れに追加料金がかかります。

愛犬やペットの遺骨を

愛犬やペットの遺骨を手元供養される方もたくさんいらっしゃいます。

ペットも大切な家族です。
骨壺に入れて自宅で供養する形、アクセサリーにする形、様々です。

愛したペットの面影を留めるために、生前の写真をもとにそっくりなチャームを制作したり、プレートに写真を印刷したり、いろいろな方法で思い出を刻むことができます。

遺骨ブレスレットのまとめ

葬儀

遺骨ブレスレット、部品の空洞部分に遺骨を入れてブレスレットにする形、また遺骨そのものをパウダー状にして人口石や人口ガラスを作ってブレスレットを作る形。

一口にブレスレットといっても様々です。
またブレスレットだけでなく様々なアクセサリー、手元供養の形があります。

亡くなった人、ペットに執着してはいけませんが、故人を思い出す、そのきっかけに、またいつも手を合わせることができるその環境のために、遺骨を身に着ける、自宅で供養する、現代社会に合う供養の形だと私は思います。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「遺骨・ブレスレット」に関連する記事

  • いつでもどこでも大切な人やペットを想う遺骨ネックレスのサムネイル画像
    いつでもどこでも大切な人やペットを想う遺骨ネックレス

    故人やペットの遺骨をネックレスに封入して、身に付けることができる「遺骨ネックレス」が近年「手元供養」の1つとして注目を浴びています。デザインも材質も素材も様々な種類があります。故人やペットを常に身近に感じられることが人気の理由の1つです。

  • お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えていますのサムネイル画像
    お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えています

    遺骨や遺灰をお墓とは別に自宅などで供養する手元供養が増えています。常に遺骨を身近に置き、故人を偲ぶことができる手元供養について解説します。

  • アクセサリーにほんの少し遺骨を入れて得られる心の安らぎのサムネイル画像
    アクセサリーにほんの少し遺骨を入れて得られる心の安らぎ

    もし亡くなった方が、あなたにとってかけがえのない方だったら、生前よりもその方の存在を大きく感じるのではないでしょうか。傍にいることが当たり前だったら、その喪失感はきっとはかり知れないでしょう。そんな時は遺骨をほんの少しアクセサリーにして身に着けてみてください。

  • いつでもどこでも一緒にいられる。遺骨ネックレスについて。のサムネイル画像
    いつでもどこでも一緒にいられる。遺骨ネックレスについて。

    大切な家族が亡くなった時に、どうしても遺骨と離れたくない、いつでも近くに感じたい。そんな場合には、遺骨ネックレスはいかがでしょうか。手元供養にもなるので、注目されつつある、遺骨ネックレスのあれこれをご紹介します。

  • 遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像
    遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

    遺骨の「手元供養」はお墓のいらない新しい感覚の供養方法です。お墓離れという言葉もある現在、遺骨の「手元供養」が注目を集めています。今回は遺骨の「手元供養」についてご案内します。アクセサリーやプレートなど、手元供養にぜひおすすめのアイテムも紹介していきます。

  • 遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。のサムネイル画像
    遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。

    忘れられない故人がいる。姿は見えなくても、そばにいて欲しい存在との永遠の別れ。そんな時、遺骨を手元供養するという方法はいかがでしょうか?自宅で遺骨を手元供養をする方法をご紹介いたします。

  • 遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像
    遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

    遺骨供養に手元供養という選択肢があるのをご存知ですか?今回は手元供養についてメリット・デメリットから、手元供養を行う際の書類、金額別の遺骨供養方法まで、手元供養に関する情報をまとめてみました。あなたにぴったりの手元供養の方法が見つかるかもしれません。

  • 遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像
    遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

    大切な人を、亡くなった後もずっと身近に感じられたなら…そう思ったことはありませんか? 遺骨を手元供養すればそれが可能になります。 終活ねっとでは遺骨の手元供養について具体的な種類や方法を紹介します。 ぜひあなたに合った形を見つけてくださいね。

  • 新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説のサムネイル画像
    新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説

    昨今の墓地事情や宗教観の変化により遺骨を身近な処で供養する手元供養を選ばれる方々が年々増えています。 新しい供養の在り方として注目を浴びていますが、注意点も存在します。 ここでは手元供養の概念と方法、そして注意点を解説いたします。

  • 手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?のサムネイル画像
    手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?

    亡くなった方が生前身に着けていたものを形見として身に着けるのが今までの一般的な形見でしたが、近年亡くなられた方の遺骨を加工して手元供養をしたり、形見にすることが出来るようになりました。この記事ではその手元供養に必要な遺骨加工について掘り下げていこうと思います。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す

お墓・霊園を
お探しの方はこちら

全国から自分にあったお墓を探す
エリア・条件から絞り込み