お墓の供花に造花を使うのはあり?なし?身近な疑問を解決します!

最近よくお墓に造花が飾られているのを見かけます。お墓への供花に造花を使うのはマナーとして大丈夫なんでしょうか?実は供花に造花を使っても大丈夫なんです。今回終活ねっとでは、そんな造花に関する情報を詳しく紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. お墓の造花について
  2. お墓にお花をお供えする理由
  3. お墓に供える造花
  4. 造花を使う時に注意したいこと
  5. 仏壇には造花を使えるのか?
  6. 通販で買えるお墓用の造花
  7. お墓用の造花まとめ

お墓の造花について

お墓

お墓参りの時にお花をお供えすることはとても大切なことですよね。
とはいえ、そんな中でもお花はどんなものをお供えしてあげれば良いのか、造花をお供えしてもよいのかというようなお花のお供えに対する疑問が数多くあると思います。

今回終活ねっとでは、そんな皆さんの疑問の一つでもあるお花の造花について詳しく紹介していきたいと思います。

今回ご紹介する内容は以下の通りです。

  • お墓にお花をお供えする理由
  • お墓に供える造花
  • 造花を使うときに注意したいこと
  • 仏壇には造花を使えるのか?
  • 通販で買えるお墓用の造花

造花を使う時の注意点や様々な造花の紹介もしています。
今回の記事が少しでもみなさんのお力になれれば幸いです。

ぜひ最後までお読みください。


また、終活ねっとではお墓探しのお手伝いもさせていただいております。
全国の墓地霊園を様々な条件から検索できるだけでなく、無料で資料請求・見学予約することも可能です。
ぜひこちらもあわせてご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

お墓にお花をお供えする理由

お墓

まず始めに、なぜお墓にはお花がお供えされるようになったのでしょうか。
ここでは、お墓にお花をお供えする理由について紹介していきたいと思います。 

お墓に花を供える理由は、遥か釈迦の時代に遡ります。
釈迦が仏になる前、燃灯仏(ねんとうぶつ)という仏様に会う機会がありました。
何か供養したいと考えたものの、何も持ち合わせていませんでした。
そこで青蓮華(しょうれんげ)を買って供養したという話がお経の中に出てきます。
これがお墓に花を供えるようになった始まりだと言われているのです。

また、仏教における供花は修行の1つであるとされています。
厳しい自然に耐えて咲いている花を、修行の誓いとして毎日供えるのです。

お墓に花を供える際は、ご先祖様を大切に思い、花が枯れないように心がけるのが基本です。
しかし、遠方に住んでいたりしてなかなかお墓を訪ねることができない場合もあります。

そこで最近注目されてるようになったのがこれから紹介する造花なのです。

お墓に供える造花

造花

お墓にお花をお供えする理由が分かったところで、ここからはお墓に造花をお供えすることは違反ではないのかという疑問やなぜ造花がお供えされるようになったのか、造花の値段などについて解説していきたいと思います。

造花を供えるのはマナー違反?

まず始めに、造花を供えるのはマナー違反ではないのかということについてです。

花を供える時、生花でなければいけないという決まりは特にありません。
ご先祖様を供養する気持ちがあれば、造花でも生花でもどちらでもよいのです。

昔は庭の花などをお供えしていましたが、時代の流れと共にほとんどの人が購入した花を供えるようになっていきました。
そのような流れから、最近では造花が注目されてくるようになっていったようです。

終活ねっとでは、他にもお墓に関する様々な記事を紹介しています。
お墓参り時の供花にまつわるマナーやルールについて詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧ください!

こちらも読まれています

お墓参りにはどんなお花を持っていく?マナーや費用相場を解説!

家族や友人を偲びお墓参りをするときには、霊園のそばの石材店や花屋で供花を購入することが多いと思います。しかし、できれば亡くなった方の愛した花を供えれば、きっと喜んでくれるに違いありません。今回はお墓参りにおすすめの花の種類やルールなどについて解説をいたします。

造花を供える理由

次に、造花を供える理由についてです。

先述したように、お墓に供える花は常に枯らさないよう心掛けるべきなのですが、実際にはかなり難しいことだと考えられます。
屋外のため日光や風雨にさらされ、生花はあっという間に枯れてしまいます。
毎日水を取り換えることもほぼ不可能です。
枯れたままの花が残っているのはなんとなく寂しいですよね。

しかし造花であれば生花よりも遥かに長持ちします。
天候や環境にもよりますが、だいたい1年くらいは大丈夫です。
水洗いできるものもあります。
また、虫がわいたり腐ったりする心配もありません。
いつ見ても鮮やかな花が枯れずに供えられていることが造花を供える利点であり、造花を供える人が増えている理由なのです。

造花の値段相場

最後に造花の値段相場について紹介します。

お墓に供える造花の値段は様々です。
大きさによって、千円台~1万円を超えるものまであります。
平均的なものは1対で3千円前後のようです。

必要性や供える場所の広さに応じてうまく選ぶとよいですね。

100均でも造花を買うことはできるのか?

皆さんは100均でも造花を購入することができることをご存知ですか。
実は100均でも造花を購入することができます。
また、選ぶお花や組み合わせ方によってとてもきれいな造花を作ることも可能です。

供花は、値段が高価なものが良いという決まりはなく、一番大切なのは故人を供養してあげるという気持ちです。
ぜひこちらも参考にしていただければと思います。

造花を使う時に注意したいこと

葬儀

造花をお供えすることは一見利点ばかりのようにも見えますが、実は注意すべき点もたくさんあります。
ここからは、そんな造花を使う時に注意すべきことについて紹介していきたいと思います。

思わぬトラブルの可能性

まず始めに、思わぬトラブルが生じる可能性があるという点についてです。 

造花の使用率が高くなってきているとはいえ、やはり生花にこだわる人も中にはいます。
造花をお供えしたらお姑さんに叱られ、トラブルになったという事例もあるほどです。
造花を使用することでお墓に通う頻度が少なくなり、手抜きと捉えられてしまったようです。
また、仏教の教えに反すると言う人もいます。
まずは家族に相談し、年長者や本家に合わせることがよさそうですね。

お盆やお正月には生花がおすすめ

次に、お盆やお正月には生花の使用をおすすめするということについてです。

上記のようなトラブルを避けるためにも、普段は造花を使い、お盆やお正月などには生花を使っている人も多いようです。
使う時期やお墓に通える頻度に応じて使い分けるというのも、トラブルをうまく避ける方法だと思います。

風で飛ばされてしまう危険性

最後に、風で飛ばされてしまう危険性があるという点です。

造花は長い間供えておくことが多いですが、物によっては生花とは違い、とても軽量なものがあります。
そのため、供えっぱなしにしている間に風で飛ばされてしまうことがあるのです。
もし可能であれば、供える前に茎の部分に重りのようなものをつけておくとよいかもしれません。

仏壇には造花を使えるのか?

仏壇

ここまではお墓に供える造花について紹介してきましたが、では一方で、仏壇には造花を使えるのかという疑問をお持ちの方も多いと思います。
ここからは、そんな皆さんの疑問を解決していきたいと思います。

お墓でも造花が使えるように、もちろん仏壇に供えるお花も生花でなければいけないという決まりはありません。
仏壇でも造花はご利用いただけます

現在では、技術も進歩し、造花でも素敵な商品が増えてきています。
上記でもご紹介したようにお花を供える際に一番大切なことは、故人を供養してあげるという気持ちです。
お花の価値はお金で決まるものではありません。
その気持ちを一番大切にお花選びをするようにしましょう。

通販で買えるお墓用の造花

葬儀

最近ではネット通販でもお墓用の造花が販売されています。
しかも価格によっては生花と見間違うほどの完成度です。

ここからは通販で買えるお墓用の造花をいくつかご紹介していきます。

ニューホンコン造花 エコ仏花蓮 2本組
ニューホンコン造花 エコ仏花蓮 2本組

商品価格¥1,836

インターネット販売で5つ星評価のリーズナブルなお墓用造花です。
葉から花びらまで1つ1つ丁寧に作られているのがよく分かります。

サイズは約35×19×15㎝、重さは約70gとなっています。
お盆やお正月は生花をお供えし、普段には造花という使い方もできます。

この商品を購入
お墓用の仏花(造花)大 ユリ白(百合、菊、小菊など )1対
お墓用の仏花(造花)大 ユリ白(百合、菊、小菊など )1対

商品価格¥3,240

しっかりした作りで、長期のお供えにもバッチリ対応可能。
菊、百合、蓮華など供花の定番ともいえるお花が揃っています。

高さも55㎝あり、ボリュームたっぷり。
本物そっくりのお墓用造花です。

この商品を購入
【仏花 造花】ふんわりピンクの優しい花束仏花 一対(2束)
【仏花 造花】ふんわりピンクの優しい花束仏花 一対(2束)

商品価格¥7,322

ピンクの花をたくさん使った優しい色合いの供花です。
注文の際に「屋外で使用する」と言うことを伝えると、水に濡れても大丈夫なようにしっかりと茎の部分にテーピングをしてくれるという嬉しいサービスも。

サイズは55×35㎝ですが、差込口の長さに合わせてカットすることも可能です。

この商品を購入

今回は3種類の造花をご紹介しましたが、この他にもインターネット通販で買えるものはまだまだたくさんあります。
使用目的や予算に合わせて、ぴったりなものをうまく選んでみて下さいね。

お墓用の造花まとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、お墓に供える造花についてさまざまな視点から考えてきました。

今回ご紹介してきたことは以下の通りです。

  • お墓にお花をお供えする理由は、釈迦が仏になる前に燃灯仏(ねんとうぶつ)という仏様の供養に青蓮華(しょうれんげ)を買ったことから始まった。
  • 供花はご先祖様を供養する気持ちがあれば、生花と造花どちらでもよい。
    造花の価格は大きさによって様々で、平均的なものは一対3千円前後である。
  • 造花をお供えする理由として、鮮やかな花を枯れずに供え続けられることが挙げられる。
  • 造花をお供えするとお墓に行く頻度が減り、手抜きと思われる場合があり、そこからトラブルに繋がる可能性があるため、事前に家族と相談してからお供えする必要がある。
  • 造花は通販でも購入することができ、使用目的や予算に合わせて様々な種類のものを選ぶことができる。

造花を使用することは経済面や衛生面で便利な部分が多くあります。
お墓に通う頻度も少なくなり、負担も減るでしょう。

しかし「お墓には生花」とこだわりのある方もいるのが事実です。
後からトラブルになるのを防ぐためにも、メリットデメリットを家族でしっかり話し合い、年長者に相談して決めるのがよさそうですね。造花を使用する際は、便利なインターネット通販もぜひ使用してみて下さいね。

終活ねっとでは、他にもお墓に関する記事を多数掲載しています。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

造花に限らず、法事の際にお供えするお花についてもっと詳しく知りたい方は是非こちらもご覧ください!

こちらも読まれています

法事にお供えする、花の種類について紹介します。

お葬式や一周忌、三回忌などの法事で亡くなった方へお花をお供えすることがあると思います。その時にどのような花の種類がお供えに向いているのか、悩んだことはありませんか?今回は、特にお供えにおすすめの花の種類について紹介します。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・造花」に関連する記事

  • お墓のお花を造花にするのはあり?なし?お花事情を探ります。のサムネイル画像

    お墓のお花を造花にするのはあり?なし?お花事情を探ります。

    お墓に欠かせないものと言えばお花です。でも生花はすぐに枯れますし後処理に困っていませんか?造花にしてしまえば見栄えも持ちも良いのではとお考えの方もいるかと思います。ここではお墓に供えるお花を造花にすることに着目してまとめてみました。

  • 今人気です!仏花に造花のフラワーアレンジメントのサムネイル画像

    今人気です!仏花に造花のフラワーアレンジメント

    仏壇や墓前に仏花をお供えしますが、最近では手間のかからない造花アレンジを利用する人が増えています。種類も多く何といっても枯れることのない造花であれば、管理もしやすく手間もかからないため、年配の方にも人気があるようです。ここでは仏花の様々なアレンジを紹介します。

  • 仏壇に飾る花は、造花でも良いの?仏花の種類を解説のサムネイル画像

    仏壇に飾る花は、造花でも良いの?仏花の種類を解説

    仏壇に飾る花は、生花でないといけないのでしょうか?最近は仏壇に造花を飾ることも増えてきています。造花を飾ることののメリット・宗派の見解などをご説明いたします。人気の造花、プリザーブドフラワーをご紹介します。

  • 墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花のサムネイル画像

    墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花

    お墓参りに欠かせないものは墓花ですよね。実は最近墓花として造花を持参する人が増えているってご存知でしたでしょうか?造花でもOKなら長い期間キレイなままでお供え出来て便利ですよね。仏花よりも自由性の高い墓花、知らないマナーや人気の増加をまとめてみました。

  • お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

    お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

    春と秋のお彼岸にお盆、月命日など、節目ごとにお墓参りをする人は多いと思います。お墓に行く時に欠かせないのは花。きれいな花をお供えして故人を弔いますが、この花には決まりがあるのでしょうか?お墓にお供えするのに適した花についてご紹介します。

  • 決まりはあるの?仏壇に飾るお花にこだわりを見せようのサムネイル画像

    決まりはあるの?仏壇に飾るお花にこだわりを見せよう

    仏壇に飾るお花「仏花」には決まりがあるのでしょうか?最近の仏壇に飾るお花事情と、昔からある「しきたり」などまとめてみました。

  • 仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介のサムネイル画像

    仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介

    ご家庭に仏壇がある方にとっては、仏壇に花を供える事は当たり前の事だと思います。しかし、仏壇がないご家庭や、仏壇が身近ではなかった方々にとっては、仏壇に供える花についてはよくわからないですよね。そこで今回は、仏壇の花についていろいろと調べてみました。

  • お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!のサムネイル画像

    お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!

    お墓にお供えするお花についてはお花屋さんなどで購入できますので、詳しく調べた方は少ないと思います。 今回終活ねっとでは、普段あまり調べる機会の少ない仏花について調べてみました。 少しでもお墓にお供えする仏花についての知識を深めていただけるとありがたいです。

  • お墓参りに持っていくべき花束は?値段・種類と気を付けるべきマナーのサムネイル画像

    お墓参りに持っていくべき花束は?値段・種類と気を付けるべきマナー

    お墓参りに行く際に仏花をお供えするのは定番ですよね。でも、他の種類の花束をお供えしようと思ったとき、どんな花を選んだらいいのか不安な方も多いはず。お墓参りで花束をお供えする際の、花の選び方からマナーまでをまとめました。

  • お墓にバラの花を供えるのは禁物?仏花に適した花についてのまとめのサムネイル画像

    お墓にバラの花を供えるのは禁物?仏花に適した花についてのまとめ

    バラといえば気高さを感じる美しさと、とげを持つ花というイメージが強いでしょう。お墓にお供えしてもよいような美しさですが、その割にはお墓でバラを備えているところをあまり見かけないようにも思えます。今回はバラを中心にお墓のお花のことを考えてみましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・造花」についてさらに知りたい方へ

お墓のお花を造花にするのはあり?なし?お花事情を探ります。のサムネイル画像

お墓のお花を造花にするのはあり?なし?お花事情を探ります。

今人気です!仏花に造花のフラワーアレンジメントのサムネイル画像

今人気です!仏花に造花のフラワーアレンジメント

仏壇に飾る花は、造花でも良いの?仏花の種類を解説のサムネイル画像

仏壇に飾る花は、造花でも良いの?仏花の種類を解説

墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花のサムネイル画像

墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

決まりはあるの?仏壇に飾るお花にこだわりを見せようのサムネイル画像

決まりはあるの?仏壇に飾るお花にこだわりを見せよう

仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介のサムネイル画像

仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介

お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!のサムネイル画像

お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!

お墓参りに持っていくべき花束は?値段・種類と気を付けるべきマナーのサムネイル画像

お墓参りに持っていくべき花束は?値段・種類と気を付けるべきマナー

お墓にバラの花を供えるのは禁物?仏花に適した花についてのまとめのサムネイル画像

お墓にバラの花を供えるのは禁物?仏花に適した花についてのまとめ

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・造花」についてさらに知りたい方へ

お墓のお花を造花にするのはあり?なし?お花事情を探ります。のサムネイル画像

お墓のお花を造花にするのはあり?なし?お花事情を探ります。

今人気です!仏花に造花のフラワーアレンジメントのサムネイル画像

今人気です!仏花に造花のフラワーアレンジメント

仏壇に飾る花は、造花でも良いの?仏花の種類を解説のサムネイル画像

仏壇に飾る花は、造花でも良いの?仏花の種類を解説

墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花のサムネイル画像

墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと