納骨堂での納骨に必要な許可等、まとめました!

納骨堂での納骨に必要な許可等、まとめました!

現代では、お墓での埋葬以外に、納骨堂に遺骨を納めるという選択肢が有ります。お墓での埋葬では埋葬許可証が必要になりますが、納骨堂への納骨の際はどういった許可が必要になるのでしょうか?今回は納骨堂で必要な許可等についてまとめていきます。

最終更新日: 2020年02月28日

そもそも納骨堂とは?

お墓

納骨堂とは、火葬を経て骨壺に入れた故人の遺骨を納めておく場所の事です。
お墓が出来るまでのつなぎ期間に納骨を行う、という人は稀であり、ずっと遺骨を納める、いわゆる永代契約を行う事の方が一般的です。
民営のものと、公営のものとが有り、納骨堂自体にも様々なタイプが有ります。

今回「終活ねっと」では、納骨堂で必要な許可等について解説していきます。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

納骨堂で必要な許可等について理解を深めたい方のために、納骨堂で必要な許可等に関するあらゆる情報をまとめております。

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。

ぜひ最後までお読みください。

東京都や大阪府等の都会で定着

納骨堂は、地方よりもむしろ、東京都や大阪府等の都会で定着しています。
これらの都会には親族から独立して暮らしていく人達が多くいる事や、新規でお墓を造るよりもコストがかからず手軽である事、未婚率の増加による一人暮らしの人々の増加等がその大きな理由です。
都会では納骨堂を扱っている企業も多く、街中での宣伝広告もまた沢山有ります。

「終活ねっと」では、他にも納骨堂に関する記事を多数紹介しております。
東京都にある人気の納骨堂のランキングをご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

埋葬許可証が納骨堂利用時に必要

お墓

法律上、故人の遺骨を納骨堂に納める際には、お墓に遺骨を納めるのと同様に埋葬許可証が必要になります。

埋葬許可証は火葬場での火葬を経た後に現地で受け取る事が出来るため、それを納骨堂利用時までしっかりと管理しておく必要が有ります。

埋葬許可証は納骨堂利用の手続きの際に担当者に渡し、それ以降は納骨堂のスタッフの方で管理されます。

色々な種類の納骨堂

お墓

納骨堂には、様々な種類のものが有ります。
本項では、それらについて紹介していきます。

仏壇型の納骨堂

2段構造になっている仏壇を使っている納骨堂です。
一般的に上には故人の遺影、位牌を置き、下には遺骨を入れる、という形になります。
下に遺骨を入れるという面では、お墓と形が近いと言えます。

形としては一般家庭にある仏壇とほとんど変わらないので、遺族は納骨堂を訪れた際に特別な許可や操作を経ずにそのままお参りする事が出来ます。

位牌の購入をご検討されている方は、ぜひ「終活ねっと」にご相談ください。
メーカー様より位牌を直接仕入れているため、スピーディーかつ手ごろな価格での販売が可能です。

ロッカー型の納骨堂

ロッカーの中に遺骨を納めるのがこの形式の納骨堂となります。
他の形式と比べて、安価であるのが大きなメリットです。

お参りの仕方に関しては、ロッカーを開けて直接行うものと、スタッフに遺骨を持って来て貰ってから行う場合とが有ります。
どちらになるかは施設によって変わります。

機械型の納骨堂

ICカード等を通して必要な情報を入力すると、自動的に故人の遺骨が運ばれてくるのが機械型の納骨堂です。
カードをかざすといった簡単な過程で遺骨が運ばれてくる手軽さが魅力です。
また、遺族の持っているカード類と施設の機械によって遺骨が管理されているため、セキュリティが他のタイプよりもしっかりしているのもまた大きなメリットです。

お供え物に関する注意点

納骨堂では、いわゆる普通の屋外の墓地の場合と違い、お供え物を置いていけない場合が多いです。
もし持ち込めたとしても、お参りの後に引き取る必要が有る場合がほとんどです。

この理由は、納骨堂の衛生管理上の都合である場合がほとんどです。
ただ、中には置いていける場所も有りますので、お供え物を納めたい場合はそれを考慮に入れて情報収集するのが大切です。

そして、お供え物の取り扱いについては各自が納骨堂のスタッフとしっかりと確認しておく必要が有ります。

納骨堂からお墓に移転したい場合

お墓

心境や状況が変わって納骨堂ではなく、お墓に遺骨を納めたくなった場合には、遺骨を移動する事になります。
その際には様々な許可が必要になります。
本項ではそれらに関する注意点について解説していきます。

遺骨を持ち出す際には許可が必要

故人の遺骨は、遺族ではなく納骨堂のスタッフが管理しているため、許可なく遺骨を持ち出すという訳にはいきません。
移送先の墓石や改装許可証等の手配を経て、それから納骨堂に手続きを行う必要が有ります。

改めて埋葬許可証が必要

納骨堂に遺骨を納めるのと同様、お墓に遺骨を納めるのにも埋葬許可証が必要になります。
そのため、納骨堂に預かってある埋葬許可証を遺骨の移動の手続きの際に返して貰い、それをしっかりと管理しておく必要が有ります。

ペット用の納骨堂も存在する

お墓

納骨堂は、人間だけのものではありません。
なかにはペット用の納骨堂も存在し、管理費は1年あたり1万円前後が相場となります。
タイプはロッカー型のものが一般的で、ペット用の場合はお供え物を置ける場所も少なくありません。

また、それぞれ好きなように飾り付けが出来る場合が多いため、各自のこだわりを反映させやすいのも大きな魅力です。

納骨堂で必要な許可等まとめ

お墓

今回「終活ねっと」では、納骨堂で必要な許可等についてまとめました。
これらの情報が、納骨堂利用の際に役立てばうれしく思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像
    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像
    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • 納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像
    納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

    いつまでも近くに置いておきたい遺骨。 でも、いつかは納骨を考える時がきますよね。 ところで、納骨には、お墓だけでなく、納骨堂という選択肢もあることをご存知でしたか? ここでは納骨堂の仕組みについて解説してまいります。どんな仕組みになっているのか参考にされて下さいね。

  • 納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像
    納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    都心では土地の価格が高く、お墓を立てるには多くの費用が掛かります。そこで比較的お金のかからない納骨堂が人気ですが、利用するにはどれほどの料金が掛かるのでしょうか。今回は納骨堂の料金相場について、タイプや要因よりご説明をいたします。

  • 納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像
    納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

    最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

  • 納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像
    納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

    昨今のお墓を確保したり、先祖のお墓を継ぐことが困難な方が増えています。 そこで注目されているのが納骨堂での供養です。 しかし普通のお墓とは異なり費用や供養の方法などわからないことが多いのも確かです。 ここでは納骨堂の費用や施設、供養の方法を説明します。

  • ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!のサムネイル画像
    ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!

    納骨堂には色々な種類があるけどどのタイプが良いの? この記事では納骨堂の中でも、ロッカー式の納骨堂についてピックアップ! ロッカー式納骨堂のメリット、デメリット、費用について解説してきます! ロッカー式納骨堂以外のタイプについても簡単にご紹介いたします!

  • 公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像
    公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

    お墓を建てるのには費用がかかるため、近年では、納骨堂や散骨で供養する方が増えてきています。今回は、その中でも公営の納骨堂での供養を考えている方のために、どんな特徴があるのかをご紹介します。公営と他の納骨堂との違いも含めて見ていきましょう。

  • 納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像
    納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

    皆さんは、納骨堂を利用する場合の費用相場についてご存知でしょうか。納骨堂は、利用方法によってかかる費用も相場もかわります。今回は、納骨堂の様々な利用方法を具体的に挙げながら、必要な費用とその相場について解説します。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事