お墓ではなく、自宅で供養する場合の注意点

お墓ではなく、自宅で供養する場合の注意点

通常は墓地に遺骨を納めて供養しますが、それぞれの事情から墓地ではなく、自宅で供養するご家庭が増えています。自宅で遺骨を供養する時に気を付ける事とは一体なんでしょうか。

2018-05-26

自宅で供養をする人が増えている?

仏壇

以前までは、宗教法人等が運営している民営墓地や市町村等の地方自治体が運営している公営墓地に遺骨を納めて、盆にはお墓参りをするといった事が主流でしたが、時が経つにつれて様々な事情から墓地ではなく、自宅で供養する方がじわじわと増えてきています。

最初はお墓を買おうとしていたけれど、思っていたよりも高く予算内で買えそうにないと遺骨を持ち帰り、自宅で供養している人や、仕事等の都合でお墓参りに頻繁に行く事が出来ないから自宅が良い、と最初から自宅で供養する事を望む人等、様々です。

自宅供養は「手元供養」とも呼ばれており、勿論違法ではありません。
法律で納骨は市町村が認めている場所でなければならないといった決まりはありますが、これはあくまで「自宅や他人の所有している土地等で、勝手に埋葬行為をしてはいけませんよ」という事です。
なので、土に埋めるような事をせずに、骨壺等に納めて供養する分には違法とはならないのです。
中には遺骨を専用のペンダントに収めて、持ち歩く方もいらっしゃいます。

自宅で先祖供養をする場合に気を付ける事

仏壇

墓地等に移動しなければならないお墓参りとは違い、自宅での供養はご自分の都合に合わせてできるというのが有難いですね。
しかし、自宅で供養する場合に気を付けなければならない点がいくつかあります。

遺骨をどこに納めるか

上記でもお伝えしましたように、自宅の庭等に埋めるのは違法となるので止めておきましょう。

骨壺に納める場合は、高価である必要はありません。
昔は、とにかく立派な良いものをと仏壇や骨壺等にお金をかけていたそうですが、現在では高価なものを買うよりも故人に手を合わせて悼む気持ちが大切だとされていますので、無理して高いものを買う事はありません。

遺骨ペンダントといって、ペンダントに遺骨や遺灰の一部を入れるといった供養方法も人気です。
これならどこにいても故人とともにいられるというメリットがあります。
しかし、持ち歩けるものなので、当然サイズも小さく出かけた先で失くしやすい等の危険もありますので、遺骨ペンダントをご利用になるならば充分にお気をつけ下さい。

骨壺にも遺骨ペンダントにも言える事ですが、ものによっては遺骨や遺灰等を全て入れる事ができない場合もあるでしょう。
その時に、入れられずに残った分は納骨堂等に納める事をおすすめします。

遺骨に生えるカビ

遺骨の保管の仕方によっては、数年後にカビが生える事があります。
カビは丁度良い湿気と温度が保たれた場所ならば、どこにでも繁殖していきます。
一度でも中を確認しようとフタを開けた事があるなら、更に悪化します。
カビは酸素を餌に増殖しますので、遺骨を保管する際はなるべく酸素が入らない状態を心がけましょう。

予算に余裕がある場合、手元供養を想定した専用の骨壺やペンダント等を使用すれば、密閉性等も考慮されていますので、カビの心配を少なくする事はできます。

密閉性がそれほど高くない入れ物を使用するのなら、カビが生えないようにやっておくべき対策は
・風通しを良くする(湿気が少なく、空気の換気がしやすい所にしましょう。

・寒暖差を避ける(気温差で結露が出て、水滴からカビが発生する可能性もあります。

・フタを開けない(酸素がカビ増殖の原因の一つなので、何度もフタを開けないようにします。

等があげられます。

周囲からの反発

・自宅での供養だと故人が成仏できないのではないか。
・お墓を作ってそこにお参りするのが常識である。
・自宅に遺骨がある事に対する嫌悪感。

等々、自宅供養に対して強く反対する方や、反対まではいかなくともやり方に賛成できない方等がいらっしゃる可能性があります。
他にもお墓参りをしたい時に、よそのお宅へ相手の都合を気にしつつお邪魔しなければなりません。
周囲の方々にとってお墓参りが気軽に行けるものではなくなってしまうというデメリットがあるのです。

なので、自宅供養する場合は事前に周囲の考えも確認しておいた方が無難といえます。

自宅で供養する際におすすめの人形

神棚

自宅で供養する際には、手元地蔵を飾ってみてはいかがでしょうか?
骨壺の機能を備えており、見た目にも愛らしく、手を合わせる度に心が和みます。
手元供養におすすめの一品です。

ペットも自宅で供養?

葬儀

人間だけではなく、ペットも自宅で供養する方が増えているそうです。

自宅でペットの遺骨を供養する際に気を付けるべき事は、基本的に人間と変わりません。
違う点をあげるとすれば、人間の遺骨は勝手に自宅の庭等に埋めると違法となりますが、ペットに関しては問題ないという事です。
ペット用の遺骨ペンダントや骨壺もあるそうですよ。

おわりに

葬儀

いかがでしたでしょうか?自宅供養で気を付ける点は思っていたよりも少なかったのではないでしょうか?カビなどにはくれぐれも気を付けつつ、心を込めて手を合わせましょう。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「自宅・供養」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す

お墓・霊園を
お探しの方はこちら

全国から自分にあったお墓を探す
エリア・条件から絞り込み