今も続けられている戦没者の遺骨収集について

戦没者の遺骨収集が沖縄・硫黄島・海外などで行われています。この遺骨収集について、関わる人たちや収集の場所や方法などについて解説します。

目次

  1. 遺骨収集は身近な問題
  2. 遺骨収集の現状
  3. 遺骨収集の経緯
  4. 遺骨収集に参加する人々
  5. 参加方法
  6. 遺骨収集を行う地域
  7. 収集された遺骨の供養
  8. 安らかに帰還できますように

遺骨収集は身近な問題

テレビや新聞などで海外のかつての戦地で遺骨収集を行う人々の活動を目にすることがあります。
他人事と思いがちですが、240万人の戦没者の中には自分の親族も少なからずいるはずです。
戦後70年以上が経過して、戦争の記憶が薄れる中で懸命に遺骨収集を行う人たちの活動について、あらためて調べてみました。

遺骨収集の現状

お墓

240万人という膨大な戦没者のうち、まだ半数近くが収容されていない状況です。

海外戦没者遺骨の収容状況(平成28年3月31日現在)
海外戦没者概数約240万人のうち、 収容遺骨概数 約127万柱、未収容遺骨概数 約113万柱
(未収容遺骨の内訳:海没遺骨 約30万柱、相手国事情により収容が困難な遺骨 約23万柱、その他の理由による未収容遺骨(最大) 約60万柱)

*厚生労働省ホームページより

遺骨収集の経緯

・海外での遺骨収容の経緯
昭和27年  海外・南方地域で遺骨収容を開始
平成3年   旧ソ連地域での抑留中死亡者の遺骨収容開始
平成6年   モンゴルでの抑留中死亡者の遺骨収容開始

すでに戦後70年以上が経過しており、情報の減少などの理由から遺骨収容が困難になってきています。

・国内の遺骨収容
沖縄および小笠原返還より、沖縄と硫黄島で遺骨収容を開始

遺骨収集に参加する人々

厚生労働省主催の遺骨収集派遣に参加しているのは以下の団体です。
・遺族会、戦友会
戦死された方々のご遺族、その戦地で戦った元将兵など
・日本青年遺骨収集団(JYMA)
遺骨収集を目的に学生・青年によって設立されたNPO法人

厚生労働省

沖縄以外の海外および硫黄島での遺骨収集は、すべて厚生労働省が主催する政府派遣事業で行われています。

戦没者の遺族会

戦没者遺族の全国組織として昭和22年に創設され、昭和28年に一般財団法人として認可された日本遺族会は、遺骨収集に会員を派遣しています。

JYMA

日本青年遺骨収集団(JYMA)は、1967年に慰霊を目的として前身団体が設立されました。その後1970年に遺骨収集を目的とする現在のJYMAが設立されました。
現在までに政府遺骨収容派遣事業へボランティアとして毎回数名を派遣しています。
また、自主的に海外での調査も行っています。

参加方法

硫黄島および海外での政府遺骨収容派遣に参加したい場合、日本遺族会の都道府県支部に登録している戦没者遺族や、元将兵団体に登録している人は、それぞれの団体が募集している事業に申し込むことができます。
遺族や元将兵でない場合、JYMAに登録して派遣を希望する方法があります。
なお、年齢や語学力に制限はなく、収容作業が行える健康な方ならだれでも応募できます。
派遣にあたり、現地の事情や遺骨収容方法について事前学習があります。

遺骨収集を行う地域

海外の戦地およびアメリカの占領下にあった沖縄と硫黄島で行われています。
これらの地域の中には、海没や自然条件および相手国の事情などで遺骨収容ができない地域もあります。
これらの地域についても遺骨収容ができるよう厚生労働省と外務省が連携して活動しています。

沖縄

沖縄では、公益財団法人沖縄県平和祈念財団が遺骨収集情報の一元化事業及び民間団体等の支援事業を実施する拠点として設置した戦没者遺骨収集情報センターが、遺骨情報の収集と整理、遺骨収集を行う民間団体等への支援、遺骨の収集などを行っています。

硫黄島

硫黄島は現在自衛隊が基地として使用しており、一般人の立ち入りはできません。
そのため遺骨収集にあたっては、政府遺骨収容派遣事業で行われており、自衛隊が収容団の輸送や宿舎および食料などの支援を行っています。

ロシアおよびモンゴル

旧ソ連及びモンゴル地域において、抑留中に死亡した人は5万人以上と言われています。
平成3年よりこの方々の埋葬地の特定や遺骨収集を行い、平成27年度までに約2万柱の遺骨を収容しています。

ニューギニアなど

・戦後70年以上が経過して、情報の減少などにより遺骨収集は困難な状況になりつつあります。厚生労働省では、ニューギニアなどの南方地域での今後の遺骨収容の促進を図るため、この地域での集中的な情報収集を行っています。

・中国にはおおよそ21万人の遺骨があるとされていますが、戦争に対する中国の国民感情などから遺骨収集は困難な状況です。

・北朝鮮にはおおよそ2万人の遺骨があるとされていますが、国際情勢などにより収集は困難な状況です。

・フィリピンにはおおよそ37万人の遺骨が残されています。
昭和30年代から遺骨収集が行われてきましたが、数年前にフィリピン人の遺骨が混入していたなどの問題を受けて現在中断しています。

収集された遺骨の供養

お墓

・収集された遺骨は遺骨収容派遣団により現地で慰霊されたのち日本へ帰ってきます。
・厚生労働省が遺骨の身元を調査し、身元が判明した場合は遺族へ引き渡されます。
その際、希望する遺族にはDNA鑑定を行います。
・身元が確認できない遺骨については、焼骨されたのち東京都千代田区にある千鳥ヶ淵戦没者墓苑に納骨されます。

安らかに帰還できますように

戦後70年以上が経過して、戦争の記憶を伝える人々が少なくなってきました。
遺族会も高齢化して、遺骨収容派遣に参加できる人も減っています。
しかし、海外にはまだ100万人以上の遺骨が眠っています。
厚生労働省をはじめ政府の遺骨収容事業がさらに充実して、早く遺族のもとへ帰ることができることを願います。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「遺骨・収集」に関連する記事

  • いつでもどこでも大切な人やペットを想う遺骨ネックレスのサムネイル画像

    いつでもどこでも大切な人やペットを想う遺骨ネックレス

    故人やペットの遺骨をネックレスに封入して、身に付けることができる「遺骨ネックレス」が近年「手元供養」の1つとして注目を浴びています。デザインも材質も素材も様々な種類があります。故人やペットを常に身近に感じられることが人気の理由の1つです。

  • お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えていますのサムネイル画像

    お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えています

    遺骨や遺灰をお墓とは別に自宅などで供養する手元供養が増えています。常に遺骨を身近に置き、故人を偲ぶことができる手元供養について解説します。

  • 最愛の人・最愛のペットの遺骨を指輪にするのサムネイル画像

    最愛の人・最愛のペットの遺骨を指輪にする

    最愛の方・最愛のペットの遺骨の一部を利用して、指輪にする方が増えています。 遺骨を指輪にすることで、いつでも見守ってもらえる、身近に感じられるなどの安心感が得られるようです。

  • いつでもどこでも一緒にいられる。遺骨ネックレスについて。のサムネイル画像

    いつでもどこでも一緒にいられる。遺骨ネックレスについて。

    大切な家族が亡くなった時に、どうしても遺骨と離れたくない、いつでも近くに感じたい。そんな場合には、遺骨ネックレスはいかがでしょうか。手元供養にもなるので、注目されつつある、遺骨ネックレスのあれこれをご紹介します。

  • 遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!のサムネイル画像

    遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!

    誰のか分からない遺骨が出てきた時、処分に困りますよね。遺骨は正しい処分方法で処分しなければ違法になってしまいます。ごみとして捨てるなんて絶対にしてはいけません。そこで今回は、遺骨の正しい処分の仕方について詳しく紹介していきます。ぜひ最後までお読みください。

  • 遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

    遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

    大切な人を、亡くなった後もずっと身近に感じられたなら…そう思ったことはありませんか? 遺骨を手元供養すればそれが可能になります。 終活ねっとでは遺骨の手元供養について具体的な種類や方法を紹介します。 ぜひあなたに合った形を見つけてくださいね。

  • 新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説のサムネイル画像

    新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説

    昨今の墓地事情や宗教観の変化により遺骨を身近な処で供養する手元供養を選ばれる方々が年々増えています。 新しい供養の在り方として注目を浴びていますが、注意点も存在します。 ここでは手元供養の概念と方法、そして注意点を解説いたします。

  • 火葬後のペットの遺骨はどうすればいいのか?供養方法をお教えしますのサムネイル画像

    火葬後のペットの遺骨はどうすればいいのか?供養方法をお教えします

    最近はペットも家族の一員として葬儀を挙げ、火葬をして忌う方が増えています。では、火葬後のペットの遺骨はどのように供養すれば良いのでしょうか?一昔前は庭先に埋めるが一般的でしたが、今は様々な弔い方があるようです。今回は、ペットの遺骨供養についてお話しします。

  • 遺骨ペンダントとは?選び方やオススメ商品をご紹介!のサムネイル画像

    遺骨ペンダントとは?選び方やオススメ商品をご紹介!

    故人の遺骨を納めるものとしてよくイメージされるものといえば骨壷が挙げられます。しかし、骨壷以外にも遺骨を納めるものは存在します。それが遺骨ペンダントと呼ばれるものですが、この遺骨ペンダントという代物は一体どのようなものなのでしょうか?

  • 大切な人を身に着ける遺骨ペンダント!その防水力は?のサムネイル画像

    大切な人を身に着ける遺骨ペンダント!その防水力は?

    ご遺骨の保管方法は納骨だけじゃない! 普段から大切な人を身に着けることのできる”遺骨ペンダント”。 毎日身に着けるものだから水に濡れても大丈夫なのか、その防水力が気になるところです。 この記事では、遺骨ペンダントの種類やそれぞれの防水力についてご紹介いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「遺骨・収集」についてさらに知りたい方へ

いつでもどこでも大切な人やペットを想う遺骨ネックレスのサムネイル画像

いつでもどこでも大切な人やペットを想う遺骨ネックレス

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えていますのサムネイル画像

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えています

最愛の人・最愛のペットの遺骨を指輪にするのサムネイル画像

最愛の人・最愛のペットの遺骨を指輪にする

いつでもどこでも一緒にいられる。遺骨ネックレスについて。のサムネイル画像

いつでもどこでも一緒にいられる。遺骨ネックレスについて。

遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!のサムネイル画像

遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説のサムネイル画像

新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説

火葬後のペットの遺骨はどうすればいいのか?供養方法をお教えしますのサムネイル画像

火葬後のペットの遺骨はどうすればいいのか?供養方法をお教えします

遺骨ペンダントとは?選び方やオススメ商品をご紹介!のサムネイル画像

遺骨ペンダントとは?選び方やオススメ商品をご紹介!

大切な人を身に着ける遺骨ペンダント!その防水力は?のサムネイル画像

大切な人を身に着ける遺骨ペンダント!その防水力は?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「遺骨・収集」についてさらに知りたい方へ

いつでもどこでも大切な人やペットを想う遺骨ネックレスのサムネイル画像

いつでもどこでも大切な人やペットを想う遺骨ネックレス

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えていますのサムネイル画像

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えています

最愛の人・最愛のペットの遺骨を指輪にするのサムネイル画像

最愛の人・最愛のペットの遺骨を指輪にする

いつでもどこでも一緒にいられる。遺骨ネックレスについて。のサムネイル画像

いつでもどこでも一緒にいられる。遺骨ネックレスについて。

遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!のサムネイル画像

遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと