「塔婆供養」ってなに?意味ややり方を解説!|費用・処分・服装

「塔婆供養」ってなに?意味ややり方を解説!|費用・処分・服装

回忌法要やお盆の時にお墓に立てる塔婆について、故人や先祖の供養のためのものとは知っていながら、塔婆の起源や意味、内容について詳しく知らない人のために、追善供養など実際の塔婆の立て方を含めて解説します。

最終更新日: 2020年02月17日

塔婆の意味を知っていますか

お墓

お盆や法要の時にお墓に塔婆を立てますが、塔婆の意味や塔婆を立てる理由について知っている人は少ないのではないでしょうか。
故人やご先祖を供養するにあたり、塔婆についてきちんと知ったうえで立てればさらに心のこもった供養ができるでしょう。
そこで今回「「終活ねっと」」では、塔婆について以下のことについて解説していきます。

  • そもそも塔婆って何?

  • 塔婆を建てる意味とは?

  • 塔婆はいくらぐらいで買える?

  • 塔婆を処分するときは?

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

塔婆について理解を深めたいという方のために、塔婆に関するあらゆる情報をまとめております。
時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。

ぜひ最後までお読みください。

塔婆(とうば)とは

お墓

塔婆は卒塔婆(そとうば)ともいいます。
お墓の後ろの塔婆立てに立てる1~2mの細長い板で、経文や故人の戒名などが書かれており追善供養のために立てられます。

塔婆の起源

塔婆は古代インドのサンスクリット語で仏塔を意味する「ストゥーパ」が語源で、漢語(中国語)で卒塔婆と書いたものが塔婆とも呼ばれるようになりました。
ストゥーパはインドで仏陀のことを供養するために建てられたものでした。

ストゥーパも仏教と一緒に日本へと伝播しましたが、それが元となって五重塔が建てられるようになったとされています。
その後、五重塔が五輪塔になり、五輪塔を簡略化して同じ意味を持たせたのが塔婆です。

塔婆は供養を意味する

五輪塔は供養塔ともいわれます。
五輪とは仏教で宇宙を構成する5つの要素である五大(空、風、火、水、地)を示しており、人間もこの五大によって生かされていると教えられています。
塔婆にも五輪塔と同じ五大が刻まれており、塔婆を立てることはすなわち供養を表しています

塔婆の種類

塔婆の主な種類は下記のようなものがあります。

  • 板塔婆

    よく見かける塔婆で、厚さ1cmほどで長さ1~2mほどの板でできており、お墓の後ろの塔婆立てに立てます。塔婆または卒塔婆といえば一般的にはこれを指します。

  • 角塔婆

    四角い柱の形をしており先端が尖っています。墓石が出来上がるまで墓石の代わりに墓標として立てることもあります。太さ10cm程度の四角柱で長さ1~2m程度です。

  • 経木塔婆(水塔婆)

    薄い経木で作られた小さな塔婆です。お寺での法要の時に使われることが多く、川に流すこともあるため水塔婆とも呼ばれます。

  • 七本塔婆

    故人の死後、初七日から四十九日まで七日ごとに法要が行われますが、その時に用いられる小型の板塔婆です。

塔婆立ての種類

近年のお墓では塔婆を直接地面に刺すことが少なくなっており、墓石の後ろにある塔婆立てに塔婆を立てます。
塔婆立ては、複数の塔婆が立てられて強風でも塔婆が倒れない構造になっています。
耐久性の高いステンレスや墓石と同じ種類の石材で作られています。

塔婆に書かれている文字

細長い板塔婆には、宗派や地域などにより一部違いはありますが、おおよそ以下の内容が書かれています

  • 戒名

  • 命日

  • 法要の名前(一周忌法要など)

  • 供養年月日(その塔婆を立てた日)

  • 経文

  • 梵字(五大と呼ばれる空、風、火、水、地)

  • 施主名

  • 大日如来を表す梵字(宗派による)

なお、これらは墨汁で手書きされていますが、最近は印刷されたものも増えてきました。

なぜ塔婆を立てるのか

困った人々

お墓の周りに、塔婆が立っているところを見たことがある方は多いと思います。
お墓に立っている塔婆はそのお墓の中で眠っている人がどのような人かということを示す役割を果たしています。
また、仏教において塔婆を立てることは善行であるとされており、自分自身の善を積むことにより故人や先祖への供養になるとされています。

いつ塔婆を立てるのか

困った人々

塔婆は故人や先祖を供養するために立てるもので、基本的にいつ立てても良いとされています。
塔婆を立てることを塔婆供養と言いますが、一般的に塔婆供養は四十九日までの七日ごとの法要、納骨や回忌法要、お盆や彼岸、施餓鬼会などの際に行われます。
塔婆を立てる時期については宗派やその地方の習慣により決まりがあるので、お世話になっているお寺に相談することをお勧めします。
ここでは多くの人が塔婆を立てる追善供養とお盆に行われることの多い施餓鬼について解説します。

追善供養

追善供養とは、一周忌や三回忌などの故人の命日に法要を行う事を言います。
追善とは、亡くなった人に対して行う善行が亡くなった人の供養になり、それが自分の徳を積むことにもなるという考えです。
追善供養の塔婆は法要の施主だけでなく、親族もそれぞれの名前で故人に対して立てることもあります。

お盆の施餓鬼とは

お盆の時期に行われることの多い施餓鬼会(せがきえ)という行事があります。
仏教では、餓鬼と呼ばれる亡者がいつも飢えと乾きに苦しんでおり、この餓鬼に飲食を施して救う機会が施餓鬼会とされています。
施餓鬼会には、檀家の皆さんがお寺に食料を持ち寄り塔婆を立てて餓鬼を供養していました。
これがお盆に塔婆を立てる習慣に繋がっています。

浄土真宗では塔婆を立てない

浄土真宗では他力本願や他力念仏という教えから、亡くなった人はすぐに極楽浄土に往生すると考えられています。
そのため基本的に、塔婆を立てて故人の往生を願う塔婆供養や追善供養は行いません

塔婆の費用

お金

塔婆料という言葉があります。
これは、お寺などで塔婆に文字を書いてもらうことに対する謝礼のことを指します。
塔婆料はお布施などと違い、お寺側が金額を指定します。

塔婆料はだいたい2000円~1万円程度です。
塔婆料をお渡しする際には、香典と同じようにマナーが存在します。

「「終活ねっと」」では、塔婆料について解説した記事も掲載しております。
ぜひこちらもあわせてお読みください。

塔婆の処分

お墓

塔婆を下げる時期

塔婆を下げる時期は特に決められていません
法要などがあるたびに塔婆を立てていくと、いずれ塔婆を立てる場所が無くなります。
そんな場合は、古い塔婆から下げて行けばよいでしょう。

塔婆の処分方法

多くの墓地・霊園では古い塔婆を集める場所があり、そこに集まった塔婆はお寺でお焚き上げをしたり霊園の管理事務所が責任を持って処分してくれますので、個人で処分することはありません

塔婆供養まとめ

お墓

いかがでしたか?
今回、「「終活ねっと」」では、塔婆について解説してまいりましたが、塔婆の知識ついて少しはお役に立てたでしょうか。
要点をまとめると以下のようになります。

  • 塔婆は卒塔婆とも呼ばれ、お墓の後ろに立てて故人を追善供養するための物である

  • 塔婆を立てることで故人や先祖の供養ができるだけでなく、立てた側も徳が積めるといわれている。

  • お盆や周忌法要のタイミングで塔婆を立てるが、浄土真宗では塔婆を立てない。

  • 塔婆料は塔婆に文字を書いてくれた僧侶に渡す謝礼のことで2000円~1万円が相場と言われている。

  • 法要などのたびに塔婆をだんだん立てていき、立てるスペースがなくなってきたところで古い塔婆から捨てていくと良い。塔婆は寺院や霊園にお願いすれば、しっかりお焚き上げをしてくれる。

塔婆は供養塔であり、塔婆を立てるという善を積むことが故人の供養になり、やがて生きている本人にも戻ってくるという仏教の教えを、改めて知ることができたことと思います。

「「終活ねっと」」は他にも多数の終活に関する記事を掲載しています。
ぜひ他の記事もお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す