荼毘の意味とは?荼毘とは何か、解説いたします

読み方 だび

荼毘とは

「火葬にする」という意味を持ちます。
漢語では梵焼とも訳され、日本史上では最初の火葬は700年の道昭に対してのものだとされています。
荼毘自体は外来語の音写に当たり、パーリ語(jhāpeti)が基になっています。

荼毘に付す、その伝来

日本では火葬を指します。
歴史関連の映画(主にホラーとなりますが)土中の樽型の棺桶から遺体が動き出して、と有るように当時の日本では故人の遺体は遺棄、風葬、土葬という扱いでした。
そこへ仏教と共にアーリヤ人の風習であった火葬も伝わり日本の葬儀方法に大きな転換期を与えました。
火葬にするということを荼毘に付すと表現する場合、火葬場そのものは荼毘所と表現する事が有ります。

なぜ火葬?

当時のインド(といっても古代インドですが)では一般に四葬と言われ火葬・風葬・水葬・土葬と4種類の葬法がありました。
この中で最も多い葬法が火葬となりますが、その理由としては遺骸を火によって速やかに毀損せしめ、肉体への未練を断ち切るとともに、煙となって天へ上ることで成仏促進の効果があるとされ、四葬の中で最上位に位置付けられていました。
とはいえ、これはヒンドゥー教独特のものでユダヤ・キリスト教の教義とは異なってきます。

同じ火葬でも、

国が違えば作法も違ってきます。
日本では火葬後、遺骨を回収し、骨壺に収め、墓下に安置という流れを採りますが、インドでは骨を拾う習慣はなく、灰となった遺骸はそのまま川へ流されます。
ちなみに日本では人体を燃やした際特有の異臭を避けるため高い煙突から煙を出さない構造へ変化していっているのに対し、インドでは屋外(川の横)で火葬し、そのまま川へ流します。

本の中でも、

一夜(夏目漱石)では「荼毘だ、荼毘だと丸顔の男は~」という記載が有り、また、みちの記(森鴎外)では「泉ある処に近き荼毘所の迹を見る」という風に使われています。
現代では一般に火葬の方を言葉として使用するため荼毘という単語そのものを知らない方も多く居ます。

関連する記事

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

関連する記事

関連する記事はこちら

火葬のマナーを解説!精進落としや焼香、服装のマナーとともにご紹介のサムネイル画像

火葬のマナーを解説!精進落としや焼香、服装のマナーとともにご紹介

土葬と火葬の違いって?歴史や国による違いも解説のサムネイル画像

土葬と火葬の違いって?歴史や国による違いも解説

火葬場の仕事とは?その種類や給料、必要な資格についても解説のサムネイル画像

火葬場の仕事とは?その種類や給料、必要な資格についても解説

日本は火葬先進国!?日本の葬式で火葬が多い理由を探りますのサムネイル画像

日本は火葬先進国!?日本の葬式で火葬が多い理由を探ります

人はなぜ埋葬をするのでしょうか?その意味と事情を探ります。のサムネイル画像

人はなぜ埋葬をするのでしょうか?その意味と事情を探ります。

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと