香典の意味とは?香典とは何か、解説いたします

読み方 こうでん

香典とは

香典とは、現金を不祝儀用の水引を結んだ袋(香典袋)に包んだものです。
香の字は、昔故人に対して線香や花を供えていたことを現しています。
故人に対する供養の気持ちを表わすものであり、通夜または告別式の際に持参します。

香典の金額はどのくらい?

香典の金額は、故人とのつき合いの深さによって変わります。
故人が親族でない場合は、一般的に3千円~5千円が妥当な金額となるようです。
しかし、実際の故人との付き合いの程度によって、香典の金額は変わってくるでしょう。

香典を包む際の注意

・4千円や9千円など死や苦を表す金額は避けるようにします。
・新札は、あらかじめ死を予想して用意していたと思われるため、避けなければいけません。
新札を使う場合は、お札に折り目をつけるようにします。

香典袋の種類

香典袋を選ぶ際の注意点としては、香典袋を故人の宗教に合わせて用意することです。
さらに、香典袋の表書きの書き方も、宗教によって異なります。

香典袋の種類

宗教がわからない場合

どの宗教でも使うことができる香典袋の表書きは、「御霊前」です。
また、御霊前は通夜、告別式の両方にも使えます。
水引きは、白黒もしくは、双銀の結び切りのものを使用します。

仏教の場合

仏教の場合の表書きは、「御霊前」「御香典」「御香料」です。
水引きは、白黒もしくは、双銀の結び切りのものを使用します。
また、蓮の花の絵が描かれた熨斗袋は仏式用です。

キリスト教式の場合

キリスト教式の場合の表書きは、「御花料」(プロテスタント)「 御ミサ料」(カトリック)です。
また、ユリの花や十字架などの絵が描かれた熨斗袋は、キリスト教式用です。
水引きは、無くても問題ありません。

神式の場合

神式の場合の表書きは、「御神前」「御玉串料」「御榊料」です。
水引きは、白黒、または双白、もしくは双銀の結び切りものを使用します。

金額による香典袋の違い

香典の金額によっても、香典袋が異なります。
香典の金額が、5千円以下の場合は、水引きが印刷された香典袋を選ぶとよいでしょう。
3万円くらいまでの場合、水引きが黒白、もしくは双銀の香典袋、3万円以上の場合は、高級和紙で且つ、水引きが双銀の香典袋を選ぶとよいでしょう。

香典袋の書き方

名前の書き方

香典袋の水引きの下、つまり下段の中央には、自分の名前をフルネームで書きます。
この際に、薄墨を使って名前を書くようにしましょう。
昔から、訃報を聞いてすずりに涙が落ち、墨が薄まるという意味から薄墨を使用すると言われています。
市販の薄墨の筆ペンがありますが、なければ普通の筆ペンで書いても問題はないでしょう。
但し、ボールペンやサインペンは避ける方がよいでしょう。

夫婦連名の場合

通常は、夫の名前のみとなります。
しかし、夫婦でお葬式に参列する場合や夫婦ともに故人と親しかった場合は、夫婦連名で書きます。

代理で参列する場合

夫がお葬式に参列できず、妻が代理として参列する場合は、夫の名前を書き、左下に小さく「内」と書きます。

グループの場合

3名までは、右側に目上の人の名前を書き、順番に全員の名前を書きます。
4名以上では、中央に代表者の名前をフルネームで書き、その左側に小さく外一同と書きます。
そして、別紙に全員の住所、氏名、それぞれが包んだ金額を書き、袋にいれます。

会社の場合

香典は、会社名だけで出すことはあまりありません。
中央に社長の名前を書き、右側に会社名を添えて書きます。
また、職場で連名で出す場合は、中央に会社の名前、職場の部署一同などと書きます。
そして、別紙に、全員の住所、氏名、それぞれが包んだ金額を書き、袋に入れます。

中袋の書き方

香典袋の中に入れる「中袋」は、中包みとも言われ、住所、氏名、金額を書きます。
金額については、中包みの表面と裏面のどちらに買いても構いません。
住所、氏名については、裏面の左側に書きます。

金額の書き方

金額については、漢数字で書きます。
例:金額が1万円の場合
金一万円、金壱萬円、金壱萬圓と書きます。
金額の後の「也(なり)」は、つけなくても構いません。

香典袋の郵送

通夜または告別式に出席できない場合は、郵送で香典袋を送ります。
その際には、前もって弔電を打ってから、現金書留で郵送します。
また、お悔やみの言葉を書いた手紙を添えるとよいと思われます。

香典の渡し方

香典をお通夜葬式に持っていく際には、香典袋が折れ曲がるのを避けます。
そのため、袱紗(ふくさ)と呼ばれる布で包みます。

袱紗について

袱紗には、様々な色や種類があります。
お葬式や法要に使用する色は決まっており、香典の金額によって種類が異なります。

袱紗の選び方

お葬式に利用する袱紗の色については、紫、紺、深緑、グレーなどの寒色系を選びます。
紫色は慶事、弔事ともに利用できます。
香典の金額が3万円までの場合は、袋状の手軽に利用できる金封袱紗がよく使われます。
金額が3万円以上の場合は、爪つき袱紗や台付き袱紗がよく使われます。

袱紗の包み方

最初から袋状になっている袱紗もあります。
しかし、そうでない場合は、自分で包みます。
弔事の場合は、袱紗を開くときに、開きが左側にくるようにしなければなりません。
袱紗を裏向きにし、その上に、香典袋を表書きが読める方向で置きます。
中心よりも右側寄りに置き、右側の端を中央へ折り込みます。
次に、上下の端を中央へ折り込み、最後に左の端を折り込みます。
右側の上下に折り目があるかどうか、確認しましょう。

渡すタイミング

通夜やお葬式に参列する際は、受付で香典を渡す方法と直接祭壇に置く方法があります。
最近は、受付で渡すのが一般的です。

受付で渡す

最初に受付で、お悔やみの言葉を伝えます。
もしくは、軽い黙礼でも構いません。
その後、芳名帳に名前と住所を記帳し、香典を渡します。
その際の手順としては、渡す直前に袱紗ごと出し、机の上に置きます。
香典を袱紗から取り出したら、袱紗をすばやくたたみ脇に寄せます。
受付の人から見て、香典袋の表書きが読める向きにし、両手で手渡します。

祭壇に置く

故人の遺影に一礼し、手を合わせます。
その後、袱紗から香典袋を取り出して祭壇に置きます。
表書きの向きは、自分側に向けます。

関連する記事

  • お葬式に参列する際の香典の金額の相場は?続柄ごとの相場も解説!のサムネイル画像

    お葬式に参列する際の香典の金額の相場は?続柄ごとの相場も解説!

    お葬式に香典を持っていくけど、どれくらいの金額を持っていけばいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。お葬式の直前に慌てて準備するということがないように、しっかりと事前に確認しておくことが大切です。そこで今回は香典の金額の相場について解説します。

  • 香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜のサムネイル画像

    香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜

    現在では、金銭で香典をお供えすることが一般的です。そのため、お金を包む香典袋が必要ですが、包む香典金額の相場はいくらでしょうか?香典袋の書き方から香典の金額までお教えします。

  • 仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

    仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

    人生の中で、葬儀に参列するということは誰でも何度かはあります。多くの場合葬儀といえば仏式のものが多いのですが、そうなるとその際に手渡す香典の正しいマナーも覚えておくと便利といえます。そこで今回は、仏式葬儀における香典にまつわるマナーについて見ていきましょう。

  • 葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

    日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

  • 香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説のサムネイル画像

    香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

    お通夜や告別式などで持参する香典には、お悔やみとご供養の気持ちをこめた大切な意味があります。今回は香典の特に表書きについて詳しくご説明します。宗教宗派別の香典の表書きや名前の書き方など、誰もが知っておきたいマナーについてですので最後までご覧ください。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

関連する記事

関連する記事はこちら

お葬式に参列する際の香典の金額の相場は?続柄ごとの相場も解説!のサムネイル画像

お葬式に参列する際の香典の金額の相場は?続柄ごとの相場も解説!

香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜のサムネイル画像

香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説のサムネイル画像

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと