会葬の意味とは?会葬とは何か、解説いたします

読み方 かいそう

別名 ご会葬 参列

会葬とは

会葬とは主に葬儀・告別式に参列することを言います。
一般に通夜に参列することは弔問と言われます。

また、会葬する人のことを会葬者と言います。
会葬者の方は遺族に向けてお悔やみの言葉を述べ、葬儀に参列します。

会葬者のマナー

突然の葬儀に戸惑うという方も多いと思いますが、故人の死を悼む場所ですので失礼がないように最低限のマナーを確認しておきましょう。

遺族への挨拶はどうする?

ご遺族への挨拶は、軽く一礼してから、「このたびはご愁傷さまです、心からお悔やみ申し上げます」などと、お悔やみの言葉を簡潔に述べましょう。
ご遺族は何かと取り込んでおられますので、挨拶は手短にした方がよいでしょう。

服装

会葬者の服装は、原則喪服を着用します。
男性はブラックスーツが基本で、ダブルでもシングルでも構いません。
女性は黒のフォーマルドレスであれば、ワンピースでもスーツでも構いません。
靴は男女共に黒のシンプルなデザインのものを選び、光るものは避けましょう。
アクセサリーは結婚指輪以外は外すのが基本です。

時間

葬儀会場には定刻の10~15分前には入場するようにします。
やむを得ない事情で遅れた場合には、目立たないように入場して末席に着席します。

受付の手順

受付ではお悔やみの挨拶をします。
そして、袱紗から香典を取り出し相手から見て表書きが読めるように両手で渡し、記帳を済ませます。
受付を済ませたら着順に参列します。

香典の書き方と包み方

香典の書き方と包み方にも、マナーがありますので注意しましょう。

表書きは?

仏式では通常「御霊前」、「御香典」などと書きます。
49日の忌明け後は「ご仏前」を使いますが、忌明け前は使いません。

ただし浄土真宗では霊や忌の概念がありませんので、最初から「御仏前」を使い「御霊前」を使うことはありません。

薄墨で書くの?

突然の死への悲しみの表現として、薄墨で書きましょう。

のし袋に包むの?

不祝儀用ののし袋である香典袋に包むのが基本的なマナーです。

会葬御礼品

通夜や葬儀に足を運んでいただいた弔問客に対して、お礼として差し上げる品を会葬御礼品と言います。
本来であれば、会葬御礼品は当日、香典返しは49日の法要後に渡すのが一般的ですが、現在では会葬御礼と香典返しを一緒に当日渡す「即日返し」が広まりつつあります。

会葬御礼品の相場は?

会葬御礼品の相場は、500円~1,000程度が相場です。
しかし即日返しの場合は、香典返しも兼ねて渡しますので、香典の金額に関わらず参列者に渡す品物は全て同じものにし、相場は2,000円~5,000円程度です。

会葬礼状とは?

葬儀に参列してくださった方へのお礼状です。
通夜や葬儀の後に会葬御礼品と一緒に手渡しをするのが一般的です。
会葬御礼品とあわせて葬儀社へ手配を依頼しましょう。
別途四十九日の忌明け法要後に香典返しをするときは、忌明けの挨拶状を添えます。

関連する記事

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀のお礼の仕方とは?香典返しの品物や例文とともに解説のサムネイル画像

    葬儀のお礼の仕方とは?香典返しの品物や例文とともに解説

    葬儀が終わってホッとする間もなく、早速しなければならないのが、香典返しなど葬儀への返礼です。香典返しはどうしたら良いのでしょうか?お礼のメッセージは?葬儀の締めくくりとしてお礼を滞りなく済ますことも葬儀の一部ではないでしょうか。

  • 香典返しを当日にしても良いの?メリットとデメリットを解説!のサムネイル画像

    香典返しを当日にしても良いの?メリットとデメリットを解説!

    お通夜や告別式などの際に頂く香典。香典を頂いた際には、香典返しを送る必要があります。通常であれば後日送る香典返しを当日にしても良いのでしょうか。今回終活ねっとでは、香典返しを当日にしても良いのか解説をしていきます。

  • 葬儀後の香典の渡し方は?香典の金額相場や表書きからお返しまで解説のサムネイル画像

    葬儀後の香典の渡し方は?香典の金額相場や表書きからお返しまで解説

    葬儀に参列できなかった場合は、葬儀後に香典を贈ることがあります。葬儀後に香典を贈る場合は、気を付けなければならないことがいくつかあります。今回は、葬儀後に香典を贈りたいと考えてるときの正しい渡し方や金額相場、表書きなどについて詳しく紹介します。

  • 初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

    初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説します

    初七日は葬儀が終わった後に一番初めに執り行われる法要です。親族などの身内だけで集まることが多いため、香典の書き方や金額相場などの詳しい知識があまり広く知られていません。今回は初七日の香典のマナーや書き方の他、いただいた香典のお返しについても解説します。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

関連する記事

関連する記事はこちら

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

葬儀のお礼の仕方とは?香典返しの品物や例文とともに解説のサムネイル画像

葬儀のお礼の仕方とは?香典返しの品物や例文とともに解説

香典返しを当日にしても良いの?メリットとデメリットを解説!のサムネイル画像

香典返しを当日にしても良いの?メリットとデメリットを解説!

葬儀後の香典の渡し方は?香典の金額相場や表書きからお返しまで解説のサムネイル画像

葬儀後の香典の渡し方は?香典の金額相場や表書きからお返しまで解説

初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと