お悔やみの意味とは?お悔やみとは何か、解説いたします

読み方 おくやみ

お悔やみとは

悔やみとは、人の死を弔うことを意味します。
訃報を受けた際に、故人を忍んで家族を慰める言葉として、「心よりお悔やみ申し上げます」と声をかけるのが一般的です。
また、葬儀に参列できない場合は、弔電や手紙などで伝えることもあります。

お悔やみの言葉

お悔やみに必要以上の言葉はいりません。
「この度はご愁傷さまです。

「心よりお悔やみ申し上げます。

と心を込めて言うことで、十分に気持ちは伝わります。
死亡原因などを細かく聞くことは厳禁ですので、注意しましょう。

お悔やみを電報で伝える

葬儀や告別式に参列できない場合には、お悔やみの気持ちを電報で伝える方法があります。
お悔やみ電報のことを「弔電(ちょうでん)」と言います。
弔電の台紙の種類についてご紹介します。

押し花、刺繍

台紙の表紙に押し花や刺繍をあしらっており、価格は500円~3,000円位が相場です。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーのアレンジメントと一緒に送れる弔電です。
アレンジメントの種類によって価格が変化します。
5,000円~10,000円くらいが目安です。

花

線香付き

線香と一緒に弔電を送ることができます。
お線香をあげに行きたいという気持ちも一緒に送れますね。

忌み言葉

お悔やみの言葉や手紙などには、あまり使わない方が良いとされる「忌み言葉」があります。
忌み言葉は言い換えて使うようにしましょう。
以下に言い換えの一例をご紹介します。

死に対する直接的な言葉

・死ぬ、死去→永眠、他界
・悲しみ→傷心、断腸
・自殺、急死→突然のご不幸、急なことで

重ね言葉(不幸が重ならないように)

・重ね重ね→加えて、深く
・次々に→たくさん
・再三→大変多く、頻繁に

不幸を連想させる言葉

・壊れる、崩れる→形が変わる
・戻る→赴く
・終わる→ゴールを迎える

関連する記事

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

関連する記事

関連する記事はこちら

お悔やみの言葉のマナーを知らないと恥?メールの送り方や忌み言葉のサムネイル画像

お悔やみの言葉のマナーを知らないと恥?メールの送り方や忌み言葉

葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しようのサムネイル画像

葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しよう

お通夜に送る電報の送り方とは?書き方のマナーについても解説!のサムネイル画像

お通夜に送る電報の送り方とは?書き方のマナーについても解説!

知っておくべきお悔やみのマナーは?お悔やみの言葉や注意点も解説!のサムネイル画像

知っておくべきお悔やみのマナーは?お悔やみの言葉や注意点も解説!

お悔やみの言葉をメールで伝える!マナーや例文についても紹介しますのサムネイル画像

お悔やみの言葉をメールで伝える!マナーや例文についても紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと