花葬の意味とは?花葬とは何か、解説いたします

2017-08-08更新

花葬とは

読み方 かそう

別名 花葬儀

白木祭壇で行われる祭壇ではなく、故人の好きだった花や、故人のイメージ・遺族の思いに近い花言葉を持つ花などで作られた祭壇で行う葬儀のことです。
あたたかみのある葬儀になる、様々なアレンジができるとして主に多文化地域での需要が増えています。

花で送る意味

たくさんの花を使用する花葬ですが、花を使って故人を送る、これはどのような宗教を信仰していても共通しています。
感謝や弔いの気持ちをこめて、花を飾り、花で送るのです。

葬儀

花葬は、有名人や芸能人の葬儀によく見られます。

たくさんの花々に囲まれた、美しい装飾が特徴の花の祭壇。
最近では一般的の葬儀にも普及し始めているといいます。

花葬儀が選ばれる理由

従来の葬儀とは違った花葬を選択肢に入れるメリットはなんでしょうか。

デザインの自由性

サイズやデザインを柔軟に考えることができる点において花葬には自由さがあります。
葬儀専門ではなく、経験豊富な葬儀プランナーのいるフローリスト(花屋)で扱うなど多様性が広がっており、故人や遺族の意向に寄り添うスタイルが好評のようです。

十人十色の個性的なデザインのイメージをご覧になりたい方はこちらをご参照ください。

選べる費用

斎場でよりたくさんの花を使いたいという希望から自宅で小規模な花葬をしたいという場合など、様々な要望を叶えられるので、費用の選択肢も広がります。

近年では、故人や遺族の希望で少しでもお葬式にやわらかな雰囲気を出せるようにと、花葬儀を選ぶ人が増えているようです。

関連する記事

  • 墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花のサムネイル画像
    墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花

    お墓参りに欠かせないものは墓花ですよね。実は最近墓花として造花を持参する人が増えているってご存知でしたか?造花でもOKなら長い期間キレイなままでお供え出来て便利ですよね。仏花よりも自由性の高い墓花、知らないマナーや人気の増加をまとめてみました。

  • お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?のサムネイル画像
    お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?

    お盆のお墓参りや、知人の一周忌などにどんなお花を供えたら良いのだろう。お供えしてはいけない花はあるのだろうか。意外と知られていないお供え花の選び方やマナー。今回はお供え花のマナーやその意味についてご紹介していきます。

  • お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像
    お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

    お墓参りにはさまざまなマナーがあります。お供えするお花もその一つです。今回は恥をかかないためにお墓参りにお供えするお花について基本的なことを紹介していきます。

  • お葬式に使われる花とは?意外と知らない花の種類について解説のサムネイル画像
    お葬式に使われる花とは?意外と知らない花の種類について解説

    祭壇を飾ったり、故人に供えたり、花はお葬式に欠かせないものです。お葬式の花にはどんなイメージを持ちますか?白菊を思い浮かべる人が多いですが、現在は他にも様々な種類の花が使われています。枕花や供花といったお葬式に用いられる花について、その種類と共にご紹介します。

  • お墓参りの花の選び方とは?花選びのタブーについても紹介します!のサムネイル画像
    お墓参りの花の選び方とは?花選びのタブーについても紹介します!

    亡くなった方やご先祖様を供養するお墓参り。墓前には気持ちを込めて、一対のお花をお供えしましょう。とはいえ、お供え花にどのような花を選べば良いのか分からない方も多いと思います。そこで今回は、お墓参りの際のお花の選び方やタブーなお花について詳しく紹介していきます。

よく読まれている用語

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連用語

よく読まれている用語

関連する記事

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料