四華花の意味とは?四華花とは何か、解説いたします

読み方 しかばな

別名 死花 紙花

四華花とは

四華花とは葬具の一つで、白い紙を細い棒や竹串にらせん状に巻き付け、横向きに細かくハサミを入れたものを言います。
親族はこれを木の台などに刺して葬儀に参列していましたが、最近ではあまり見られなくなっています。

四華花の由来

困った人々

四華花の「花」は沙羅双樹の花に見立てられた装具です。

仏話によれば、お釈迦様が入滅されたとき、樹々草花もこれを悲しみ、沙羅双樹の花は白く変化したといわれています。

この逸話に由来し、故人の往生を願い沙羅双樹の花に見立てた四華花を装具として用いるようになったといわれています。

四華花の作り方は?

材料として、白い半紙と竹ひごを用意します。
基本的には半紙を縦半分に切り、横に切れ込みを入れた後に竹ひごに巻き付けていけば完成です。

地域によっては白い半紙ではなく金色・黄色の紙を用いたり、折り方や切れ込みの入れ方にも様々あるため確認が必要です。

四華花は販売してるの?価格は?

四華花の完成品も販売されていますが、葬儀社など事業者向けの販売が主です。

どうしても個人で買いたい場合には、仏具店などに相談すると良いでしょう。

四華花が単品で販売されていることはあまりなく、位牌などの小物とセットで販売されるケースが多いようです。
その場合の価格は1万円~1万5000円が相場です。

浄土真宗では四華花が禁止されている?

浄土真宗は仏教諸派の中でも独特の教義体系を持ち、お葬式の作法にもそうした独自の考え方が反映されています。

装具にも違いがあり、浄土真宗では一般的には四華花は用いられないと言われます。

関連する記事

  • 墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花のサムネイル画像

    墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花

    お墓参りに欠かせないものは墓花ですよね。実は最近墓花として造花を持参する人が増えているってご存知でしたでしょうか?造花でもOKなら長い期間キレイなままでお供え出来て便利ですよね。仏花よりも自由性の高い墓花、知らないマナーや人気の増加をまとめてみました。

  • 供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょうのサムネイル画像

    供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょう

    お彼岸やお盆など、私たちがお墓参りに行く機会は年に何度かあります。お墓が近くにある場合、季節の行事以外でもお墓参りをする事は意外と多いかもしれません。そしてお墓参りの時にはお花をお供えしますが、お供えするお花には何か決まりのようなものがあるのでしょうか?

  • お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

    お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

    お墓参りにはさまざまなマナーがあります。お供えするお花もその一つです。今回は恥をかかないためにお墓参りにお供えするお花について基本的なことを紹介していきます。

  • 意外と知らない お葬式に使われる花とその種類についてのサムネイル画像

    意外と知らない お葬式に使われる花とその種類について

    祭壇を飾ったり、故人に供えたり、花はお葬式に欠かせないものです。お葬式には白菊というイメージがありますが、現在は他にも様々な種類の花が使われています。枕花や供花といったお葬式に用いられる花について、その種類と共にご紹介します。

  • お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

    お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

    春と秋のお彼岸にお盆、月命日など、節目ごとにお墓参りをする人は多いと思います。お墓に行く時に欠かせないのは花。きれいな花をお供えして故人を弔いますが、この花には決まりがあるのでしょうか?お墓にお供えするのに適した花についてご紹介します。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

関連する記事

関連する記事はこちら

墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花のサムネイル画像

墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花

供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょうのサムネイル画像

供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょう

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

意外と知らない お葬式に使われる花とその種類についてのサムネイル画像

意外と知らない お葬式に使われる花とその種類について

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと